スクラブ 着こなし。 おしゃれなスクラブ着こなしテクニック

メンズジップスクラブ[男性用](76

スクラブ 着こなし

商品説明 FOLKの2020年新商品!色落ちしないタフなジアスクラブ。 スクラブポプリンとジアポプリンで作ったスクラブに次亜塩素酸ナトリウムをかけたところ、ジアポプリンはほぼ色落ちしていません。 医療現場や工業用洗濯で何らかの汚染時に使用されます、次亜塩素酸ナトリウムや過酸化水素水に対して、非常に高い耐性を実証した、医療現場向けの究極の素材です。 感染症対策に対応し、色落ちしないスクラブ! ウイルス対策としての有効な次亜塩素酸での洗濯にも対応する「色落ちしないスクラブ」 熱湯につけても、次亜塩素酸ナトリウムにつけても、リネン洗濯でも、ご自宅やクリニックの洗濯機でも 色落ちしない生地から生まれた新しいスクラブです。 プリント剥がれや刺繍糸のカラーが脱色します。 商品在庫切れと次回入荷予定のお知らせ メーカー入荷の案内です。 弊社への入荷日ではありません。 予約注文ください。 新商品 次回入荷分のご予約を承ります。 加工の追加は商品をカートに入れてから刺繍・プリント加工をご注文ください。 ネーム刺繍はこのページで追加注文出来ます。

次の

おしゃれなデザインスクラブの通販|ユニフォームタウン

スクラブ 着こなし

現役ドクターから医者の卵といわれる研修医まで、医療従事者に幅広く使用されているスクラブですが、たしかにカラーバリエーションは多いものの、スクラブそのものにほとんど柄はなく、単色であるのが一般的です。 海外では総柄物のスクラブも多く使用されていますが、日本ではまださほど出回っておらず、スクラブ上下で同じ色でまとめるのが、無難な着こなしになっています。 例えば、ネイビーのスクラブであればパンツもネイビーの同色、ワインレッドのスクラブならパンツもワインレッドと同一色でまとめるパターンが多いのですが、やはり単調で面白みがないのも事実。 そんな不満をお持ちの方に、ちょっとした着こなしテクニックをご紹介します。 1、七部袖のインナーがアツイ! スクラブは、着たり脱いだりが容易にできような特性を持っているため、全体的にゆったりとしたサイズ感のものが多く、肌の露出などを考慮すると、特に女性はインナーを着用するのが無難です。 スクラブのインナーは、単に半袖Tシャツではなく、スポーツ選手が着用するような肌にぴったりフィットするようなアンダーシャツを着ると、ゆったり目なスクラブも引き締まり感が出てスタイリッシュになります。 半袖のスクラブから出る七部袖くらいのアンダーシャツが絶妙なバランスとおしゃれ感を演出してくれます。 医療系ドラマ「コード・ブルー」でも、緋山美帆子役の戸田恵梨香さんや、冴島はるか役の比嘉愛未さんが、よくこの着こなしスタイルをされていました。 インナーの色はブラックなどの濃色がベスト! 2、黒パンツなら何色のスクラブでも合わせやすい スクラブ上下同色の組み合わせに飽きたら、パンツの色を変えるのも定番の着こなしですが、スクラブは全体的にハッキリとした色味が多いので、組み合わせの悪い色があるのも事実です。 多少なりともファッションに興味がある方なら、普段着で上下同色というのはまず選ばないと思いますが、色の組み合わせは色相環に準拠するので、赤と緑やオレンジと青、パープルとイエローといった補色同士の組み合わせは、まず合いません。 スクラブで想像してみてください。 スクラブがワインレッド・パンツがグリーン、ネイビーとオレンジ・・・ 想像するだけで目がチカチカしそうです(笑)。 そんな上下の組み合わせで悩むなら、無難に黒や白のパンツを組み合わせると良いでしょう。 スクラブが濃色であれば黒パンツ、淡色であれば白パンツといった具合に、意外とシンプルな組み合わせですが、上下でメリハリが付いてスタイリッシュに見えます。 前回記事も参考にしてください。 3、パイピングやステッチ加工のスクラブ 最近は、FOLKやKAZENなどの医療ウェアメーカーのほか、ミズノやアディダスなどのスポーツメーカーが数多くのスクラブを生産しています。 中でも、パイピング加工やステッチなどの入ったスクラブが主流になりつつあり、カラー自体も単色ではなく、2色以上配色されたオシャレなデザインが増えつつあります。 上下同色が単調だと感じる場合には、こうしたワンポイント入ったデザインのスクラブを選択するのも良いでしょう。 ただし、スクラブ自体に複数の色が使用されている場合、パンツの組み合わせは上下同色にするか、白や黒を着用しないと、色数が多すぎてまとまりが悪くなります。 こうしたデザイン要素の強いスクラブは、オシャレな着こなしを目指す中~上級者向けのスタイルとなるので、その点を踏まえてお気に入りの1枚を購入するようにしましょう。

次の

メンズ手術衣:スクラブトップス・DECO

スクラブ 着こなし

現役ドクターから医者の卵といわれる研修医まで、医療従事者に幅広く使用されているスクラブですが、たしかにカラーバリエーションは多いものの、スクラブそのものにほとんど柄はなく、単色であるのが一般的です。 海外では総柄物のスクラブも多く使用されていますが、日本ではまださほど出回っておらず、スクラブ上下で同じ色でまとめるのが、無難な着こなしになっています。 例えば、ネイビーのスクラブであればパンツもネイビーの同色、ワインレッドのスクラブならパンツもワインレッドと同一色でまとめるパターンが多いのですが、やはり単調で面白みがないのも事実。 そんな不満をお持ちの方に、ちょっとした着こなしテクニックをご紹介します。 1、七部袖のインナーがアツイ! スクラブは、着たり脱いだりが容易にできような特性を持っているため、全体的にゆったりとしたサイズ感のものが多く、肌の露出などを考慮すると、特に女性はインナーを着用するのが無難です。 スクラブのインナーは、単に半袖Tシャツではなく、スポーツ選手が着用するような肌にぴったりフィットするようなアンダーシャツを着ると、ゆったり目なスクラブも引き締まり感が出てスタイリッシュになります。 半袖のスクラブから出る七部袖くらいのアンダーシャツが絶妙なバランスとおしゃれ感を演出してくれます。 医療系ドラマ「コード・ブルー」でも、緋山美帆子役の戸田恵梨香さんや、冴島はるか役の比嘉愛未さんが、よくこの着こなしスタイルをされていました。 インナーの色はブラックなどの濃色がベスト! 2、黒パンツなら何色のスクラブでも合わせやすい スクラブ上下同色の組み合わせに飽きたら、パンツの色を変えるのも定番の着こなしですが、スクラブは全体的にハッキリとした色味が多いので、組み合わせの悪い色があるのも事実です。 多少なりともファッションに興味がある方なら、普段着で上下同色というのはまず選ばないと思いますが、色の組み合わせは色相環に準拠するので、赤と緑やオレンジと青、パープルとイエローといった補色同士の組み合わせは、まず合いません。 スクラブで想像してみてください。 スクラブがワインレッド・パンツがグリーン、ネイビーとオレンジ・・・ 想像するだけで目がチカチカしそうです(笑)。 そんな上下の組み合わせで悩むなら、無難に黒や白のパンツを組み合わせると良いでしょう。 スクラブが濃色であれば黒パンツ、淡色であれば白パンツといった具合に、意外とシンプルな組み合わせですが、上下でメリハリが付いてスタイリッシュに見えます。 前回記事も参考にしてください。 3、パイピングやステッチ加工のスクラブ 最近は、FOLKやKAZENなどの医療ウェアメーカーのほか、ミズノやアディダスなどのスポーツメーカーが数多くのスクラブを生産しています。 中でも、パイピング加工やステッチなどの入ったスクラブが主流になりつつあり、カラー自体も単色ではなく、2色以上配色されたオシャレなデザインが増えつつあります。 上下同色が単調だと感じる場合には、こうしたワンポイント入ったデザインのスクラブを選択するのも良いでしょう。 ただし、スクラブ自体に複数の色が使用されている場合、パンツの組み合わせは上下同色にするか、白や黒を着用しないと、色数が多すぎてまとまりが悪くなります。 こうしたデザイン要素の強いスクラブは、オシャレな着こなしを目指す中~上級者向けのスタイルとなるので、その点を踏まえてお気に入りの1枚を購入するようにしましょう。

次の