ナカミチ カー オーディオ。 Niro Nakamichi Corporation

カーオーディオスタジアム マニアブログ|カーオーディオ 大阪のカーオーディオスタジアム

ナカミチ カー オーディオ

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、日産のセレナeパワーです。 前に乗っていたお車からシステムを移設して取り付けていたところから、システム変更を行いました。 ドアは方ドア3面のフル防振の施工を行った後に、アウター・スラントのバッフルを製作して、ピュアディオブランドのZSP-MIDを移設して取り付けています。 ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けて、ハイエンドのフロント2WAYとなっています。 更にリアの左のラゲッジ下には25センチ用のエンクロージャーを埋め込んで、ピュアディオブランドの黄色いケブラーコーンの限定のウーファーを取り付けています。 ウーファーには頑丈なグリルを取り付けて、普通に荷物が積める様になっていて・・ ラゲッジの右下には下段にナカミチのパワーアンプを取り付けて、上の段にはピュアディオチューンのチャンネルディバイダーと、ピュアコンが載っていて、スピーカーケーブルはピュアディオブランドのPMBを後ろから前に4本ひいています。 ここまでは昨年の取り付けて、今回は前の車の時からお使いだったサイバーナビを取り外して、アルパインのセレナ専用のフロートタイプのビッグXに交換しました。 上の写真がアップし過ぎてあまり大きさの差がイメージ出来ませんが、7インチから11インチに一気にアップして、大きい画面に慣れるともう7インチには戻れません。 ナビが変わったので中のセッティング機能を一からやり直して、カロッツェリアでタイムアライメントと呼んでいて、アルパインではタイムコレクションと呼んでいる機能は全てゼロにします。 スピーカー・ケーブル・ピュアコンなどが全て上級バージョンを使用しているので、あまりイコライザーを動かさなくても、最初から音は整っています。 サウンドピュアディオのFMのラジオ番組の中の2分のPRのコーナーでは、「なるべくナビはカロッツェリアかアルパインを取り付けて来て下さい。 」と言っていて、以前はあまりアルパインは推奨していませんでしたが、ここ数年は音がかなり良くなって来て、良い音を再生する2メーカーとしてラジオでPRしています。

次の

オートバックス専売ナカミチの黒い噂・・・ ◆AUDIO STYLE◆

ナカミチ カー オーディオ

更に昔へ遡ります。 80年代〜90年代初めのバブル時代には、ナカミチ自身が企画設計製造まで全て手掛け、国内自社工場製造したカーステレオ用のインダッシュ高級カセットデッキや、や100mb等の大きなハイエンド外付けCDチェンジャーなどがありました。 ところでの年表からの引用ですが、 "MSS(カーステレオ)は海外製、一部日本製もあったようだ。 いずれも開発、製造とも香港、台湾系で行っていたようだ。 " とあります。 July 27, 2013 01:21• こんばんは。 July 27, 2013 06:53• それでその場で聞き返したんですよ。 サンヨーのどのモデルですか?サンヨーは安いから同じモノがあるならそっちが欲しいのででって。 そしたら・・・しどろもどろで同じモノはありませんって言われて。 それで、自分はナカミチの1DINレシーバーと、剥き出しビニールパック詰めのサンヨーの製品とをしげしげと見比べたんですが、シャシーの金型もリアパネルも素材も何もかも全て違ってる。 普通、OEMでしたらフロントパネルのデザイン違いだけで、金型その他多くは共用部品を使いますよね。 見た目で同じだったり、似てるなこれって感じで。 工場のライン的にそうせざるを得ないですし。 それで、逆にオートバックス専用モデルと、高価なナカミチの純正モデルとを比較してみると、今度はフロントパネルどころか、シャーシーもリアパネルも配線も素材もぜ〜んぷ同じパーツ。 即ち同じ場所で作っているヘッドユニット確定。 よって専売品がサンヨー製が事実なら、それ以外も結局サンヨー製って事になります。 ですので、これってオートバックス内部で流れた半可通の噂が、店員を通して全国拡散し一人歩きしたのか、或いは、ナカミチの高級モデルを薦めるために、敢えて利益の少ない専売品を貶めてセールスしてたかではないかと。 それで更なる真相は、台湾か香港企業の製造設計ベースモデルを、ナカミチが意匠デザインしたものだったと。 この手の中華OEMは国内外限らず、高価なオーディオ機器でも実はありふれていたりします。 ナカミチのカセットデッキは初期のアジマス調整付いているのはナカミチメカの日本製で、そうでないと汎用メカを使った大量生産品になりそう。 July 28, 2013 00:41• 暇に任せて用もないのに徘徊しいてた当時のカー用品店々内が想い出されます。 再生したいカセットテープが何本かあるので、ナカミチは無理でも状態の良さそうなデッキを物色してみようかと思っています。 テープのびのび〜だったりしてっ。 July 30, 2013 10:54• ビニールパック詰めは今でもありますよん。 カーナビが主流ですが。 こちらも状態不明ですし段ボール開封するのが怖いです。 デジタル化しようと思いつつ、気付けばほぼ20年以上放置・・・。 90年代のSONY製のテープは大半が劣化して腐ってるだろうなぁ・・・・。 TCK-555ESL使っていたので相性考えてSONYのテープが多かったのですが、 あの当時のSONYの高級メタルテープは漏れなくSONYタイマー入りだったという。 今更ハードオフで漁っても、もうコンディションの良いデッキがなかなか見つからなさそうですし。 July 31, 2013 00:05• >ビニールパック詰めは今でもありますよん。 あらっ。 そうでしたか!見ているようで気に留めていないんですねぇ… 自分。 >今更ハードオフで漁っても、 そうなんですよね。 因みに自分のPCはVAIOですが、SONYタイマーは故障中のようです 笑• July 31, 2013 22:52• 私はPC関係はコストを最優先にした結果、中古とのバルクパーツの寄せ集めで、ここだけ美意識が崩壊してしまってます。 ぶっちゃけ全部入れ替えて見目麗しい形に整理したいです。 January 05, 2016 21:34• そうだったんですか 俺は、昔というかバブル少し前にナカミチのPA-350や?TDなどと言うヘッドユニット とアンプを使用してましたが、流石に定格出力が低くても音の広がりや安定した音に 感動してました。 PA-350は35Wx2で非力に思えるかも知れませんが最大音量でも音割れしませんでした アンプがそうしてたんだと思います。 今でもアンプはナカミチを利用してます。 超えた場合に投稿文が消失しますので、必ず控えを取ってから送信して下さい。 管理人療養中のため、返答が無い場合にもご容赦いただけると幸いです。 箱庭的"AUDIO STYLE"は リンクフリーです。 但し画像ページへの直リンクはご容赦下さい。 文章・画像等の著作権はを運営しているにあります。 全体あるいは一部を問わず無断使用はできません。 Never reproduce or replicate without written permission. audiostyle. netは、楽天アフィリエイト及びAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 その他各アフィリエイトサービスプロバイダの広告配信によって運営されています。 レビューその他コンテンツはあくまで管理人の一意見であり個人的主観に基づきます。 商品ご購入の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。 箱庭的"AUDIO STYLE"を利用することでトラブルが発生した場合にも直接的・間接的問わず如何なる責任も負いかねます。 内容に誤記や不備がある場合も含め、予めご了承くださいませ。 当コンテンツは及びで製作しGoogle Chrome及びIE11で最適化デザインされています。

次の

カーオーディオスタジアム マニアブログ|カーオーディオ 大阪のカーオーディオスタジアム

ナカミチ カー オーディオ

カーオーディオ 音質至上主義 カーオーディオ専門店「モービルサウンドテクノロジー(MST)」では、体感できるカーオーディオ をご提供いたします。 一般のショップではなかなか、手にすることのできない高級スピーカーやアンプを数多くインストール。 最高峰の音を知っているからこそできる、カーオーディオ がMSTにあります!お客様の愛車を素敵なオーディオルームに変えてしまう、予算に応じた無駄のないシステムの提案!業界最先端の設備と技術でカーオーディオを製作!音質に評判のあるプロショップです。 スピーカー交換やアンプ取付、人気急上昇中のDSPの取付セッティングなど、コンピューターを駆使してカーオーディオのチューニングを得意としております。 まずは、お問い合わせ下さい! カーオーディオのトレンドは、日々進化しております。 昔のように、最初にスピーカー交換をしなくても、トランクをアンプで埋め尽くさなくても、デッドニングしなくてもいい音にする事ができます。 ストリーミングで音楽を楽しんだり、ハイレゾ音源をしっかり聴けるシステムを作ったり、システムの組み合わせは無限にあります。 お電話やメールでカウンセリングさせて戴きご予算や希望を考慮して最高のカーオーディオ を楽しんでいただけるようにご提案いたします。 国内外のカーオーディオメーカーのほとんどの商品を取り扱っております。 プロショップと聞くと敷居の高いイメージがあるかもしれませんが、MSTはとってもフレンドリーなショップです。 是非一度、メールや電話、LINEなどでお問い合わせ下さい。 プロが解説!カーオーディオ 1 … MobileSoundTechnologyはこんなお店! モービルサウンドテクノロジーでは、いい音を追求する為に様々な取り組みを日ております。 有名プロショップでの修行を経てカーオーディオショップ「モービルサウンドテクノロジー」を立ち上げました。 ナカミチなどアナログカーオーディオも経験し、現在に至ります。 最近では、機材の進歩で自由に音作りができるようになってきました。 しかしそれらを生かすためには、根本的なインストール技術が必要になります。 アナログシステムで培った技術を今の時代に合わせて提供しているプロショップです。 もちろん、国内のみならず海外からも最新のトレンドを吸収して次世代のカーオーディオを提案しております。 一般のユーザーのみならず、メーカーの試作車両製作など幅広くカーオーディオに携わっております。 多くのお客様に感動のいただける音作りを提案していきますので、是非、モービルサウンドテクノロジーへご相談ください。 MSTはここが強い! より良い音をお客様にフィードバック出来るよう日々試行錯誤しております。 ハイエンドカーオーディオを搭載するデモカーを製作し、最高の音を知っているからこそできる音作りをお客様にフィードバックしております。 エントリーシステムでもより良い音が出せる取付や音質調整などノウハウを生かした施工を行います。 300万クラスのハイエンドカーオディオシステム多数取付実績もあり、カーオディオコンテストでの優勝歴もあるお店です。 当店では製作の車両がカーオディオ雑誌「カーオディオマガジン」の表紙を飾ったり、取材協力も行っております。 マセラティ BLAM アウター• ナビインストール モービルサウンドテクノロジーでは、多彩なナビ加工インストールも行っております。 特に大画面ナビの加工インストールは、車種別キットのない車種でもワンオフパネルの制作から取付を行っております。 インナーバッフル 市販のバッフルボードに比べ、お取付するスピーカーに合わせて専用のインナーバッフルボードを制作し、強固にドアパネルと一体化させることでスピーカーの性能を格段に引き出すことが可能です。 当店のインナーバッフルは、ご予算に応じてMDFとフィンランドバーチ材を使用しております。 リーズナブルにお取付をご希望のお客様にはMDFをおすすめし、ご予算に余裕のあるお客様には強度の高いフィンランドバーチ材のインナーバッフルをおすすめしております。 ワンオフのインナーバッフルを制作することで今までスピーカー交換を諦めていたお客様への可能性も広がります。 参考工賃(下記価格は、左右制作の参考価格です。 車両、スピーカーによって異なります。 ) スタンダードバッフル: 20,000円(税別)~ ハイクォリティバッフル: 30,000円(税別)~• 高級バーチ材バッフル• バッフル CADイメージ• 150プラド BLAM ドアインナー アウターバッフル アウターバッフル加工は、ワンオフインナーバッフルをさらに発展させてスピーカーを外に出し音質向上させます。 スピーカーの前面に障害物がなくなるので、ダイレクトにスピーカーの音が室内空間に広がります。 また、インナーバッフル部分の高さを稼ぐことができるので高級スピーカーに多い奥行きの問題も解消できスピーカーの選択肢が広がります。 アウターバッフル化するに辺り当店では純正のドアのイメージを崩さないように制作を行っております。 もちろんデザイン性も重視し、自然に純正デザインに溶け込む工夫を凝らしております。 もちろん派手さを出したいお客様には別途LEDによるライトアップや生地の変更も可能です。 また、3Wayシステムのスコーカー取付や、ミッドレンジを2連で取付するなどのドアを丸々加工した施工も可能です。 参考工賃(下記価格は、左右制作の参考価格です。 車両、スピーカーによって異なります。 ) ドアアウター化: 80,000円(税別)~• OLYMPUS DIGITAL CAMERA• OLYMPUS DIGITAL CAMERA• ボルボ クラリオンFDS• ハイエース BLAMアウター• マセラティ BLAM アウター• ツイーター埋込 ツィーターの埋込加工は、主にAピラートリムを加工して、高域専用のスピーカーを埋め込みます。 ツィーターの取付位置を最適化することで、音の広がりや奥行き感が変化して音質が向上いたします。 当店では、専用の計測器にてツィーターの向きと角度を揃え埋込を行います。 お客様には取付後にこの方向に向けてツィーターがついてますとしっかり説明出来る取付を行っております。 また施工難易度の高いミニバン系の三又形状のピラーへも対応可能です。 埋込位置に関しましては、音質向上はもちろん視界の妨げにならないように考慮して制作しております。 参考工賃(下記価格は、左右制作の参考価格です。 車両、スピーカーによって異なります。 ) 1本ピラー: 40,000円(税別)~ 三又ピラー: 70,000円(税別)~• OLYMPUS DIGITAL CAMERA• アンプ&ウーファー ンプやウーファーをレイアウトして魅せる仕様に出来ます。 最近は荷物が積めるストック仕様のインストールも多くなってきております。 価格はお問い合わせください。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA• OLYMPUS DIGITAL CAMERA• スピーカー交換 手軽にカーオーディオの音質向上をさせたい場合に最も有効な作業としては、各オーディオメーカーから発売されているトレードインスピーカーに交換する方法がございます。 純正のデッキのままにもスピーカーを交換することで音の臨場感が増し、良い音で快適なドライブが楽しめます。 手軽にリーズナブルに音質向上をされたいお客様におすすめな作業です。 参考工賃(下記価格は、左右制作の参考価格です。 車両、スピーカーによって異なります。 ) セパレートタイプ:12,000円(税別)~ COAXタイプ :10,000円(税別)~• BMW F30 フォーカル• レクサス IS BEWITH• デッドニング デッドニング作業は、ドア内に専用のデッドニング材を貼り付けることで、音質向上させる作業です。 スピーカー交換と同時の施工はもちろんのこと、純正のスピーカーに施工してもかなり効果が高い作業です。 デッドニング材の糊の部分であるブチルゴムはかなり粘着力があり一度貼ってしまうと再施工が難しいので理論に基づいたデッドニングを行わないと音に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。 また、ただ貼ればいいというわけでもなく、取り付けるスピーカーやバッフルにに応じて最適化する必要があります。 当店では、それらを考慮した上で、主にレジェトレックス、アクワイエ、STPなどの様々なメーカーのデッドニング材をスピーカーに応じて選択し施工しております。 スピーカーが変わった際もステップアップできるように考慮して施工いたします。 また、ドアデッドニング以外にもルーフデッドニングやトランク回りのデッドニングなども可能です。 参考工賃(下記価格は、左右制作の参考価格です。 車両、スピーカーによって異なります。 ) スタンダードプラン: 50,000円(税別)~ 高音質プラン : 70,000円(税別)~ ハイエンドプラン :100,000円(税別)~ スペシャルプラン及びルーフデッドニング、トランク回りなど :要お見積り• OLYMPUS DIGITAL CAMERA• レクサス IS BEWITH•

次の