フレッツ光 申し込み 電話。 NTT

【公式】SoftBank 光(光回線のソフトバンク光)

フレッツ光 申し込み 電話

(一部時間帯においては、オペレーターが直接受付を行う場合があります)• (一部時間帯においては、オペレーターが直接受付を行う場合があります)• 電話サービスについて サービス内容に関するお問い合わせ 局番なしの「113」 ひかり電話・携帯電話・PHSからは 0120-444113 受付時間:24時間(音声ガイダンスによる録音受付)• 詳しくはをご覧ください。 垂れ下がっている電話線等を見かけましたら 局番なしの「113」 ひかり電話・携帯電話・PHSからは 0120-444113 受付時間:24時間(音声ガイダンスによる録音受付)• 詳しくはをご覧ください。 <留意事項> ・ 勧誘停止手続きが完了するまで、お時間をいただく場合がございます。 ・ 事業者の変更(番号ポータビリティ)や停止登録された電話番号が変更となった場合は、再度登録申請が必要です。 ・ 勧誘を停止するにあたり、停止登録頂いた電話番号及び住所・氏名等お客さま情報を弊社代理店等へ提供いたしますので、予めご了承願います。 ・ 光コラボレーション事業者さまの勧誘停止登録につきましては、恐れ入りますが各光コラボレーション事業者さまの窓口へ直接ご連絡していただくようお願いいたします。 耳や言葉が不自由な方からのお問い合わせなど NTT西日本では、耳や言葉の不自由な方からの電話の故障のご相談、お問い合わせなど、ファクスでお受けするサービスを提供しております。 サービスによって、ご利用手順やファクスの送付先番号、受付時間などが異なりますので、詳しくは各サービスのサイトからご確認ください。 耳や言葉の不自由な方から電話の移転、ご注文、故障などのご相談、サービスのお問い合わせなどをファクスでお受けするサービスです。 耳や言葉の不自由な方からの「104」への電話番号やファクス番号のお問い合わせを、ファクスでお受けするサービスです。 耳や言葉の不自由な方など、電話で電報サービスが利用できない方々を対象としたファクスを利用した電報の申し込み受付をするサービスです。 病院へのお問い合わせ• 本ホームページに関するお問い合わせ 本ホームページに関するお問い合わせはから.

次の

フレッツ光とは?

フレッツ光 申し込み 電話

でも嘘や詐欺まがいの勧誘はダメですよね。 ブロードバンドサポートはNTTグループではない ブロードバンドサポートやブロードバンドナビなどの会社はNTTの商品を売っていることはあってもNTTの関連会社ではないので注意してください。 ただNTT(及びKDDIなど)の商品、サービスを販売しているだけの会社です。 いきなり電話してくる会社はすべて無視して大丈夫です。 乗り換えて安くなるは本当? 光コラボの勧誘電話の多くは、フレッツ光からコラボ光に乗り換えることで値段が安くなる、という内容ですが 実際に安くなることはあまりありません。 何故ならフレッツ光が他社に比べて特別高いわけではないので単に他社回線に乗り換えてもそこまで下げることはできないからです。 そもそも光コラボレーションに限っては回線業者がフレッツを購入して再販しているわけですから極端に安く提供できるわけがありませんよね… むしろ、乗り換えることで料金が高くなったり、フレッツ光への解約手数料などが発生して余計なお金を払うことになったりすることがあります。 ただし、フレッツ光から乗り換えることで スマホセット割が適用される場合は月額料金が大幅に安くなります。 auユーザーがauひかりに加入するのも同じだね。 安くなるケースはスマホセット割 スマホセット割とは大手携帯電話会社が実施しているサービスで、 スマホとインターネットの両方を同じ会社でまとめて契約することで月額料金が安くなるというものです。 スマホセット割はドコモが提供している、ソフトバンクが提供している、auが提供している等があります。 例えば現在ドコモのスマホを利用している場合はフレッツ光から ドコモ光に転用すると「セット割」が適用されます。 セット割ならプランにもよりますがスマホの 月額料金が最大で3,200円も安くなります。 このように、光コラボはスマホとのセット割引を含めて初めてお得になります。 勧誘電話などでよく言う 「乗り換えるだけで安くなる」というのは厳密には間違いで、ほとんどの場合はむしろ損をしてしまいます。 乗り換える場合は必ず本当に安くなるかどうかを調べてから検討しましょう。 勧誘電話の甘い言葉に乗せられてはいけません。 高額キャッシュバックは大半が嘘 光回線の勧誘電話ではよく 「高額のキャッシュバックが貰える」などと言われることがあります。 しかしこれは勧誘するために言っているだけで、実際にはキャッシュバックを貰うのに厳しい条件を満たさないといけなかったり、そもそもキャッシュバックを行っていないのに嘘をついていたりすることもあります。 光回線市場の約4割で使われているサービスですしね。 各事業者がそれぞれフレッツ光にはない独自のサービスを行っており、スマホセット割のようにフレッツ光から乗り換えることで実際に安くなることもあります。 注意しなければならないのは強引に加入させようとする悪徳な代理店です。 光コラボレーション自体はとても良いサービスですし、代理店の中にも優良なお店はたくさんあります。 フレッツ光から光コラボレーションに乗り換える場合は、悪徳な代理店は利用せず、しっかりとした代理店を選ぶことが大事です。 So-net光プラスは安くてお得 光コラボレーション事業者の一例として、を紹介します。 So-net光プラスはプロバイダー会社として有名なSo-netが提供している光回線で、auと提携しているためauスマホの割引、 auスマートバリューが適用できるのが特徴です。 IPv6プラスで高速通信• キャッシュバック20,000円• dポイント2,000円分• フレッツからの乗り換えは工事不要 (それ以外の乗り換えは工事費無料)• ドコモスマホ、携帯とセットで割引 ドコモ光はドコモとセットで割引される唯一の光回線です。 ドコモを利用している方は圧倒的にお得に利用出来ます。 光回線乗り換え等の電話勧誘を断るとっておきの一言(参考) ここからは代理店業者が二度と電話を掛けて来なくなるとっておきの一言を紹介します。 どこでこの番号を知ったんですか? 電話を掛けて来るということは当然あなたの電話番号を知っていて掛けています。 おそらく回線契約時に記入したはずなので顧客リストとして情報が残っているわけですが、勧誘する業者はそのリストを参照し電話しています。 なので例えばフレッツ光を契約して、NTTやその時に契約したプロバイダ会社は当然あなたの電話番号を知っているわけです。 が、以外の身に覚えのない業者からの電話だったらその業者はどこからか知らないけど顧客リストを不当に入手しています。 これは本当によくあることです。 つまり電話主は違法行為を行っているわけなんですね。 そこで、 「どこでこの番号を知ったんですか?」 という問いかけをされると当然相手はビビります。 違法に入手した自覚がある業者なら即電話を切って二度と掛けてくることはないでしょう。 さらにこの一言は正当に顧客情報を入手したNTTやプロバイダ会社にも効果はあります。 何故なら契約時の個人情報は 本来の目的外のことで使用することが禁じられているからです。 つまり顧客管理のためや工事の日時調整、緊急連絡等以外の 勧誘行為等で使用することは禁止されているはずです。 なので、 「入手した番号は勧誘行為に使用して良いんですかね?」 と言ってあげるとそのことを知っている人であればビビります。 「有益な情報を伝えるためです。 」 と上手い逃げ道を言ってくるかも知れないけど、「必要ありません」と返してあげれば一筋縄ではいかないと思い、すぐにあきらめるでしょう。 あなたお名前なんて言うんですか? 電話勧誘業者も電話している人はただの人間です。 特に悪質な業者は会社名しか名乗りません。 何故なら悪いことをやっている自分を知られたくないからです。 なので、 「あなたの名前はなんて言うんですか?」 と聞くとビビって切ることが多いです。 名前をフルネームで聞いて生年月日まで聞かれると、自分が特定されるのではないかと不安になります。 正当で正しい行為をしていると思っている勘違い野郎には効き目がありませんが普通の神経をしている人は、やはりどこかで後ろめたい感情があるはずです。 まあこれもまともじゃない人には効果が薄いかも知れませんが、 「いい加減にしないと警察に訴えますよ!」 と言う前にこの一言を言ってあげると効果があると思います。 まとめ ここまで光回線の電話勧誘に関して解説してきました。 基本的に電話による光回線への勧誘は悪質なことがほとんどなので、すべて断るべきです。 とくにNTTやKDDIを名乗り、光コラボレーションへの乗り換えをすすめてくる電話には注意が必要です。 そういった電話はたいてい代理店が勝手にNTTなどを名乗り、強引に勧誘しようとしているからです。 光コラボレーション自体は悪い物ではないので、乗り換えをする場合は本当に安くなるかを自分でしっかりと調べ、インターネットなどで優良な代理店を探してトラブルなどを起こさないようにしましょう。 そういった勧誘についての質問とその回答をまとめました。

次の

OCN 光 with フレッツ|NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

フレッツ光 申し込み 電話

その他の「フレッツ光」回線の場合、上り下りともに最大100Mbpsとなります。 インターネットご利用時の速度は、お客さまのご利用環境(PCの処理能力、ハブやルーターなどのご利用機器の機能・処理能力、LANケーブルの規格、集合住宅の場合は当該建物内の伝送方式、電波の影響等)回線の混雑状況、ご利用時間帯によっては大幅に低下することがあります。 快適なIPoE方式によるインターネット接続環境を無料で提供します。 (お客さまのご希望により、OCN利用料とフレッツ光利用料を分けてお支払いいただくことも可能です)。 (料金起算月は利用開始日を含む月とし、利用開始日はNTT東日本・西日本が提供するフレッツ光が開通した日とします。 「2年割」のご利用にはお申し込みが必要で、24カ月間の定期契約です。 契約更新月は割引開始月を1カ月目として25カ月目および26カ月目の2カ月間となり、解約のお申し出がない限り、24カ月ごとの自動更新となります。 契約更新月以外に「2年割」または対象のOCN接続プランを解約された場合は、適用されているOCN接続プランに応じて、ファミリー(戸建て向け)の場合2,400円(不課税)、マンション(集合住宅向け)の場合1,200円(不課税)のお支払いが必要となります。 お客さまのご利用場所が、ご希望プランのサービスエリアであることをご確認ください(一部行政区分と異なる場合があります)。 詳細はNTT東日本・西日本にお問い合わせください。 詳しくはNTT東日本・西日本にお問い合わせください。 本Webサイトからの「OCN 光 with フレッツ」のお申し込みの際は、NTT東日本・西日本の「フレッツ光」回線提供エリア情報をもとに、お客さまがお申し込み可能な「フレッツ光」回線をご案内します。 ただし、実際の「フレッツ光」回線のサービスタイプは、お客さまのご利用地域や設備状況・建物構内の配線方式に基づき、 NTT東日本・西日本からお客さまへのご提案・ご確認を経て確定します。 工事実施前までにお申し込みの取消を行った場合は、OCNの月額利用料金などは請求しません。 ただし、工事日の直前の取消や、お申し込み・取消を繰り返し行った場合は、請求させていただく場合があります。 通信速度はベストエフォートです。 お客さまのご利用環境(PCの処理能力、ハブやルーターなどのご利用機器の機能・処理能力、LANケーブルの規格、集合住宅の場合は当該建物内の伝送方式、電波の影響など)、回線の混雑状況、ご利用時間帯によっては大幅に低下することがあります。 設備などのメンテナンスのため、サービスを一時中断する場合があります。 お客さまのPCとのインタフェースは100BASE-TX、または1000BASE-Tです。 ご利用にあたっては、LANカードおよびLANケーブルをお客さまご自身で用意していただく必要があります。 100Mbpsを超える通信速度でご利用いただくためには、PC・LANカード・LANケーブルなどすべてがギガビット・イーサネット(1000BASE-T)に対応している必要があります。 100Mbpsの通信速度に対応した環境でもご利用いただくことは可能ですが、最大通信速度は100Mbpsとなります。 複数の拠点から同時に接続することはできません。 OCN ダイヤルアクセスのアクセスポイントで接続した場合、別途アクセスポイントまでの通信料金が必要となります。 ご利用にあたっては認証IDと認証パスワードの入力が必要です。 認証IDと認証パスワードについては、開通時にご案内します。 複数端末から同時に接続することはできません。 複数端末でご利用になる場合は、PPPoE(PPP over Ether)のインタフェースとNAT機能を持ったルーターが別途必要となります。 詳細はメーカーにお問い合わせください。 インターネットの速度が遅いと感じる場合は、問題点を見直すことによって、通信速度が大きく改善する可能性があります。 速度低下につながる主な要因をご確認いただき、快適な速度でインターネットが利用できるよう、環境を見直してみましょう。 OCN 光 with フレッツは料金起算月から2年間を最低利用期間とします。 (料金起算月は利用開始日を含む月とし、利用開始日はNTT東日本・西日本が提供するフレッツ光が開通した日とします。 )料金起算月から2年以内にお客さま都合によりOCN 光 with フレッツを解約された場合には、違約金5,000円(不課税)がかかります。 以下の場合などにも「OCN 光 with フレッツ」が解約となります。 対象プラン以外にプラン変更した場合• お申し込み取消をした場合• OCN提供の「」は、24カ月間の定期契約です。 契約更新月は割引開始月を1カ月目として25カ月目および26カ月目の2カ月間となり、解約のお申し出がない限り、24カ月ごとの自動更新となります。 契約更新月以外に「2年割」または対象のOCN接続プランを解約された場合、または、対象のOCN接続プラン以外のOCN接続プランにプラン変更された場合、適用されているOCN接続プランに応じてファミリー(戸建て向け)の場合2,400円(不課税)、マンション(集合住宅向け)の場合1,200円(不課税)を違約金としてお支払いいただきます。 なお、OCN接続プランの最低利用期間にかかる違約金5,000円(不課税)とは別にお支払いいただくものです。 詳細は「」のWebサイトでご確認ください。 NTT東日本提供の「」の利用期間は2年単位(自動更新)です。 契約更新月以外の利用期間の途中でフレッツ光を解約された場合、ファミリータイプの場合は9,500円(税抜)、マンションタイプの場合は1,500円(税抜)の解約金がかかります。 詳細はNTT東日本へご確認ください。 NTT西日本提供の「」の割引適用開始月を1カ月目として24カ月目の末日までです。 割引適用期間終了日の翌日を含む月を1カ月目として24カ月の末日まで自動延伸します(以後、同様に自動延伸します)。 「光はじめ割」は、NTT西日本へのお申し込みが別途必要です。 「光はじめ割」の適用を希望されるお客さまは、NTT西日本からフレッツ光回線工事に関するお電話があった際などにお申し出ください。 お客さまのご都合により、割引適用期間内(自動延伸後を含みます)に本割引を解約された場合は解約金が必要です。 (フレッツ光ファミリー各タイプを解約の場合は10,000円、フレッツ光マンション各タイプを解約の場合は7,000円)ただし、割引適用期間の満了月とその翌月に解約を行う場合は、本割引の解約金は発生しません。 金額はすべて税抜です。 移転および回線のメニュー変更と同時に本割引を解約された場合も解約金が必要です。 詳細は、NTT西日本にお問い合わせください。 「OCN 光 with フレッツ」は「OCNシャベリッチ」などの「OCN・電話パッケージサービス」の対象外となっております。 マンションタイプの正式な料金はNTT東日本・西日本の調査後に決定します。 「プラン1」は同一集合住宅などで8契約以上が見込める場合、「プラン2」は同一集合住宅などで8契約以上が見込める場合、「ミニ」は同一集合住宅などで4契約以上 が見込める場合となります。 フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ、フレッツ 光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼は、光配線方式のみご利用可能です。 フレッツ光の各種サービスタイプ(サービスプラン)を変更する場合、一部サービスがご利用いただけなくなる場合や、ご利用機器の交換や再設定が必要となる場合があります。 また、別途工事費がかかる場合があります。 OCN 光 with フレッツは初期契約解除制度の対象サービスです。 お客さまが今回お申し込みいただいたサービスの料金、利用上の注意、ご契約内容に関する重要なお知らせなどを記載した「OCNご契約内容のご案内」を受領後8日間は対象サービスのご契約解除の受付が可能です。 詳細は「OCNご契約内容のご案内」をご確認ください。

次の