口内炎 子供 食事。 手足口病で口内炎が痛いときの食べ物でおすすめは?舌が痛いときは?脱水対策も!

子供が口内炎でも食べられる食事5選と避けた方がよい食べ物

口内炎 子供 食事

口内炎が大きく進行してしまい、特に酸味や辛味が強い食べ物が炎症を起こしている患部(舌や唇裏など)に触れるとしみて、痛くて食事が大変になってしまった方に紹介する食事・料理のレシピです。 簡単にできるメニューを選びました。 口内炎にしみない痛くないもの• 口や体(特に胃などの消化器官)に優しいもの• 栄養がなるべくとれるもの がポイントです。 口内炎だけでなく、食道炎、扁桃腺が腫れているときなどでも使える食事レシピになると思います。 もちろん手足口病にも役立つでしょう。 避けたほうがよい食べ物、料理• 刺激の強い食べ物• カレー、キムチなど• 甘みが強い食べ物• 塩辛い食べ物• 酸っぱい、酸味の強い食べ物• 煎餅など固い食べ物• 水分が少ない、ぱさつく食べ物 また、胃に負担がかかる食事も避けたほうがよいでしょう。 口内炎は胃の粘膜が弱っていると連動しますし、新たな口内炎の原因にもなります。 油物はもちろんですが、消化しにくい食べ物も胃に負担がかかります。 生野菜は、野菜なので口内炎に良い食事と思う人も多いかもしれませんが、生野菜は消化がしにくい食べ物です。 そのため胃への負担が強く、あまり口内炎にとって良い食事とは言えません。 堅いので物理的に痛いという問題もあります。 生野菜を減量に作るグリーンスムージーを食べると口内炎が出来てしまう、というのがまさにその原因によります。

次の

【口内炎のコラム】子供の口内炎 原因と治し方

口内炎 子供 食事

大好きなおかずやお菓子なのに、今日はごきげんが悪い? 子供の様子がいつもと違ったら、お口の中をチェック。 いろんな原因で、子供にできる口内炎は、早めに気付くのが大切。 正しいケアと日頃からの予防で、笑顔をとりもどしてあげましょう。 見つけてあげることが、いちばんのケアです。 食事やおやつをイヤがったり、顔をしかめたり。 子供がいつものようにおしゃべりもしないようだったらお口の中をよく見てあげてください。 口内炎ができているのかも。 できても自分ではうまく伝えられない子供の口内炎、ママや大人がいつもチェックする習慣が何よりも大切です。 歯みがきタイムなどに、よく見てあげてくださいね。 子供の口内炎には、 流行性の病気が原因のものがあります。 口の中は、カラダ全身の健康状態が出やすいところでもあります。 口内炎の症状が病気を知らせることもあるので、よく確かめてください。 カラダを守るチカラがまだ十分でない子供たちは、学校や幼稚園で何かがはやるとハラハラ。 口内炎の症状は、手足口病やヘルパンギーナなど子供特有の感染症でもあらわれるので、病院で診察・治療するなどの早めの判断も重要です。 子供の口内炎の主な種類とあらわれやすい症状 ・アフタ性口内炎・・・お口の中に小さな白か黄色の膜があるただれ など ・手足口病・・ほおや唇の内側や舌などに水ぶくれ など ・ヘルパンギーナ・・・のどの粘膜に小さな白い水ぶくれ など 子供の口内炎の種類 アフタ性口内炎 一般的な口内炎のひとつ。 白くてみつけやすい円状です。 子供の口内炎の多くがアフタ性口内炎と呼ばれる、一般的な口内炎です。 口内の粘膜に小さく白い円状のただれができます。 白や黄色っぽい膜に覆われていることもあり、口の中でもはっきりと見つけやすいのが特徴です。 通常は1~2週間でよくなりますが、痛くてあまり食べてくれない、また夜更かしなどでリズムが乱れると長くなることも。 ヨーグルトや熱くないスープなどで栄養バランスをとりながら、規則正しい毎日を送ることが長引かせない、くり返さないカギです。 手足口病 名前の通り、手足にポツポツ。 舌やのどにまで口内炎ができます。 生後6カ月の乳幼児から小学校に上がる前くらいまでの子供がかかりやすい、ウィルス性の症状。 毎年夏をピークに流行します。 手のひらや指の側面、足にポツポツと発疹や小さな水ぶくれができるのがサイン。 熱が出て、口の中ではほおや唇の内側、舌、のどにまで口内炎ができます。 ヘルパンギーナ 6月くらいからかかる夏風邪。 痛い口内炎と高熱が特徴です。 夏風邪の代表がヘルパンギーナ。 5歳以下ぐらいの子供を中心に6月の後半ぐらいから夏休みにかけて流行します。 口の中に水泡や水ぶくれができ、のどに炎症が起きていたら疑ってみてください。 食べ物を飲み込む時に痛がったり、急に高熱が出るのもこの感染症の特徴です。 いちばんの予防は 好き嫌いのない子供をめざすこと。 好き嫌いが多かったり、お菓子ばかり食べていませんか?口内炎は栄養バランスの乱れが大きな原因です。 中でもビタミンB 2は不足するとお口の粘膜にトラブルが起きやすい状態に。 毎日の食事で上手に補うのがポイントです。 甘いものの食べ過ぎもビタミンB不足を招くので、ちょっとガマンがお約束です。 何よりも作らせない生活が大切です。 成長期をサポートする牛乳や卵は、口内炎のケアにも働くビタミンB 2が豊富なので、積極的に食べさせたいもの。 寝不足も原因になるので、ベッドでの絵本の読み聞かせなどで、寝つきをサポートしましょう。 お口のケアを通して、カラダにも心にもいい生活を。 より健やかに育ってくれそうですね。

次の

子供の口内炎の原因は?早く治す4つの対処法と予防策

口内炎 子供 食事

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『知ってた?「 」の種類と症状』をご紹介させて頂きます。 は「6種類」もある は、歯ぐき、頬の内側など、口のなかの粘膜に起こる炎症です。 小さな でも痛みは強烈で、食事をするのが辛く、会話はもちろん、口を動かすこともできないことがあります。 ひと口に「 」といっても、その原因によって種類があります。 それぞれの症状や特徴を理解すると、自分に起こりやすいタイプの予防はもちろん、発症したときには効果的な治療を行うことで、完治までの時間がだいぶ短縮できるでしょう。 には次の6つの種類があります。 ・アフタ性 ・カタル性 ・ウィルス(ヘルペス)性 ・カンジダ性 ・アレルギー性 ・ニコチン性 「アフタ性 」について アフタ性 は、もっとも多くの人に見られるタイプです。 患部は約2〜10mmの楕円形に、表面は白い膜でおおわれ、浅くえぐれているのが特徴です。 頬の内側、唇の裏側、舌の表面や側面、歯ぐきなど粘膜にできやすく、口内に数カ所できることもあります。 約5~6mmまでの大きさのものは「アフタ」と呼ばれ、それ以上のサイズは「潰瘍」と言います。 強い痛みと、飲み物や食べ物がしみるといった症状があります。 詳しい原因は明らかになっていませんが、疲労、ストレス、栄養不足などによる「免疫の低下」が影響していると考えられています。 アフタ性 ができたら、うがいや食後の歯磨きなど口内を清潔に保つことが大事です。 規則正しい生活を心がけ、粘膜の修復に効果的な「ビタミンB2」や「ビタミンB6」を摂取すると治りが早まるでしょう。 「カタル性 」について カタル性 は、口内の粘膜に、赤い斑点状の炎症、水泡、ひび割れなどの症状が見られます。 アフタ性 のように患部との境界が曖昧で、見た目で分かりにくいのが特徴です。 痛みはそれほど強くなく、しかし粘りのある唾液が分泌され、強い口臭が起こることがあります。 カタル性 は、 (1)入れ歯や矯正器具などの接触 (2)熱い飲み物などによる火傷 (3)子どもの指しゃぶり といった物理的な刺激が原因で、起こります。 熱いもの、酸味や辛みの強い食べ物は控えます。 ぬるま湯による頻繁なうがいをおすすめします。 入れ歯、義歯、矯正器具が接触するケースが多いときは、歯科医に相談しましょう。 「ウィルス(ヘルペス)性 」について ウィルス性 は、おもに「単純性ヘルペスウィルス」の感染から発症する です。 そのため、「ヘルペス性 」と呼ばれることがあります。 感染症のため、38度前後の高熱を発することがあります。 乳幼児(約生後6ヶ月〜3歳)にあらわれやすい です。 大人でも疲労がたまっているなどで、抵抗力が低下していると感染します。 小さな水ぶくれ(水疱)が複数個でき、赤く腫れて強い痛みが起こります。 水ぶくれが破れると患部はただれ、そこに腫瘍ができます。 歯ぐきや舌が赤く腫れて、口臭が強く出るのが特徴です。 飲食が辛いため、特に子どもは脱水症状にならないよう注意しましょう。 自然治癒も可能ですが、小児科や内科を受診して、薬物療法による治療が最適です。 「カンジダ性 」について カンジダ性 は、カンジダと呼ばれる真菌(カビ)が口内で繁殖したことで起こる です。 「口腔カンジダ症」あるいは「モリニア症」とも呼ばれます。 粘膜の広い範囲に白い苔のような膜ができるのが特徴です。 白い膜が剥がれると赤く腫れて出血を起こします。 舌がしびれて、味覚障害を引き起こすことがあります。 抵抗力が弱い体に起こりやすく、乳幼児、妊婦、高齢者、 患者、がん患者などに見られます。 治療には、抗真菌剤を含んだ薬によるうがいが効果的です。 軟膏薬の塗布をすすめられることもあります。 抵抗力の低下が影響しているため、栄養バランスのとれた食事を摂るよう心がけます。 「アレルギー性 」について アレルギー性 は、特定の食物、金属(詰め物などの虫歯治療)、薬(抗生剤など)によるアレルギー反応として、口内の粘膜がただれて起こる です。 と合わせて「発疹」が出ることがあります。 医療機関でパッチテストを行い、アレルゲンとなる物質を特定することが大事です。 アレルギー性 の予防には、アレルゲン反応がでる特定の食べ物を摂取しない(あるいは、摂取を控える)、歯科治療であればアレルギーフリーの素材へ交換することが最善策です。 「ニコチン性 」について ニコチン性 は、たばこに含まれるニコチンを長期にわたり摂取したことで起こる です。 「口蓋ニコチン性白色角化症」とも呼ばれる症状です。 喫煙習慣があり、特にヘビースモーカーの人に見られる です。 化学物質による刺激で、口内の粘膜(特に上あご)が厚くなり、赤く腫れたあとに白い潰瘍 があらわれます。 たばこの煙による「乾燥」や「熱さ」も、 を発症しやすくしています。 痛みがあまりないため、自覚症状を感じることはなく、ときどき飲み物や食べ物がしみることがあります。 喫煙者で が頻繁にできるという人は、一度「口腔外科」を受診するとよいでしょう。 予防や治療には、たばこの本数を減らすのがいちばんです。

次の