長岡 市 乳児 死亡。 伊藤法子容疑者(新潟・長岡市職員)3か月の長女殺害!顔画像・何課の職員・犯行動機は?

伊藤法子容疑者(新潟・長岡市職員)3か月の長女殺害!顔画像・何課の職員・犯行動機は?

長岡 市 乳児 死亡

新潟県警は12日、生後3カ月の長女を自宅で殺したとして、同県長岡市末広2丁目、同市職員の伊藤法子容疑者(31)を殺人の疑いで逮捕し、発表した。 「間違いないです」と容疑を認めているという。 県警によると、伊藤容疑者は12日午前11時ごろ、自宅内で長女の光ちゃんに対して床に落とす暴行を加え、殺した疑いがある。 光ちゃんは市内の病院に搬送されたが頭を強く打っており、約1時間半後に死亡が確認された。 死因は脳挫傷。 事件当時、伊藤容疑者は光ちゃんと2人きりだったという。 県警は動機などを調べている。 県警や市消防本部によると、午前11時45分ごろ、伊藤容疑者宅から救急搬送を求める119番通報があった。 通報は伊藤容疑者の親族からで、救急隊員が到着した際、光ちゃんは意識不明の状態だった。 目立った外傷はなかったという。

次の

伊藤法子容疑者(新潟・長岡市職員)3か月の長女殺害!顔画像・何課の職員・犯行動機は?

長岡 市 乳児 死亡

2010年11月中旬、母親の藤井真希さんは大阪府八尾市の「ファミリー・サポート・センター事業」を通じて紹介された女性の自宅を訪れ、生後5カ月のさつきちゃんを預けた。 真希さんは以前から足の痛みを感じており、通院のために、午前9時半から1時間だけ預ける予定だった。 ファミサポのことは、母子手帳をもらうときに受け取ったチラシや、市役所に置いてあったパンフレットなどで知った。 これを利用すれば安心と考えたという。 だが約1時間後、真希さんが病院から戻ると、さつきちゃんは心肺停止の状態だった。 女性宅の玄関扉は開けっ放しになっていた。 中では、女性が慌てた様子で「救急車、救急車」と繰り返していた。 間もなく、救急車が到着した。 救急隊員の救命活動のおかげで、さつきちゃんの心臓は再び動き始めた。 しかし、意識は戻らなかった。 「低酸素状態が長く続いたため、脳へのダメージが大きい。 持って3日だ」。 父親の朋樹さんは、病院でそう告げられた。 いったい、女性宅で何が起きたのか。 事故直後、両親は預けた女性から、次のような説明を受けたという。 ・さつきちゃんが泣いたので、寝かせようと思ってうつぶせに置いた。 うつぶせにしたのは、その方がよく寝ると考えたから。 ・預かっている間、テレビを付けていた。 ・預かっている間に、トイレに行ったことはある。 ・息をしていないのに気付き、うつぶせに寝ていたところを抱き起こして、口から息を吹き込んだ。 すると、鼻からミルクが吹き出した。 ・急いで救急車を呼んだ。 真希さんは言う。 「娘が心肺停止になったのは、うつぶせ寝が原因です。 また、救命措置も不十分でした。 鼻からミルクが吹き出したということは、鼻を押さえずに人工呼吸をしたということ。 心臓マッサージもしていなかったそうです」 預かった女性はさつきちゃんが亡くなった責任を認めず、謝罪もなかった。 しばらくすると代理の保険会社が窓口となったため、直接の連絡がとれなくなった。 保険会社側は「納得いかないなら、法的対応を」と伝えてきたという。 さつきちゃんは3年間の闘病を経て、2013年10月に事故の後遺症で亡くなった。 両親はその翌月の2013年11月、預け先の女性と八尾市、市社会福祉協議会を相手に、約7900万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。 「泣き寝入りか、裁判かの2択を突きつけられ、しかたなく裁判を起こした」と真希さんは言う。 裁判での尋問の段階でも、預かり先の女性は多くの質問に「覚えていません」「わかりません」と答えた。 後悔や反省を問われると「特にありません」と語ったという。 ついに謝罪 一方、大阪地裁の裁判官は2016年12月に「うつぶせ寝が原因で死亡した可能性が高い」という考えを示したうえで、和解を勧めた。 2017年3月3日に成立した和解では、女性が謝罪して、4000万円の和解金を支払うことが決まった。 市と市社協は、再発防止に努めるとした。 和解金は保険会社から支払われるという。 預かり先の女性は、さつきちゃんの遺骨と遺影の前で、謝罪した。 裁判などを通じて女性の態度を見てきた朋樹さんの目には、心からの謝罪には見えなかった。 「しかし、当初から求めていた謝罪をしてもらえたのは、重要なプロセスだった」という。

次の

【長岡】平成30年健康福祉環境の現況

長岡 市 乳児 死亡

2010年11月中旬、母親の藤井真希さんは大阪府八尾市の「ファミリー・サポート・センター事業」を通じて紹介された女性の自宅を訪れ、生後5カ月のさつきちゃんを預けた。 真希さんは以前から足の痛みを感じており、通院のために、午前9時半から1時間だけ預ける予定だった。 ファミサポのことは、母子手帳をもらうときに受け取ったチラシや、市役所に置いてあったパンフレットなどで知った。 これを利用すれば安心と考えたという。 だが約1時間後、真希さんが病院から戻ると、さつきちゃんは心肺停止の状態だった。 女性宅の玄関扉は開けっ放しになっていた。 中では、女性が慌てた様子で「救急車、救急車」と繰り返していた。 間もなく、救急車が到着した。 救急隊員の救命活動のおかげで、さつきちゃんの心臓は再び動き始めた。 しかし、意識は戻らなかった。 「低酸素状態が長く続いたため、脳へのダメージが大きい。 持って3日だ」。 父親の朋樹さんは、病院でそう告げられた。 いったい、女性宅で何が起きたのか。 事故直後、両親は預けた女性から、次のような説明を受けたという。 ・さつきちゃんが泣いたので、寝かせようと思ってうつぶせに置いた。 うつぶせにしたのは、その方がよく寝ると考えたから。 ・預かっている間、テレビを付けていた。 ・預かっている間に、トイレに行ったことはある。 ・息をしていないのに気付き、うつぶせに寝ていたところを抱き起こして、口から息を吹き込んだ。 すると、鼻からミルクが吹き出した。 ・急いで救急車を呼んだ。 真希さんは言う。 「娘が心肺停止になったのは、うつぶせ寝が原因です。 また、救命措置も不十分でした。 鼻からミルクが吹き出したということは、鼻を押さえずに人工呼吸をしたということ。 心臓マッサージもしていなかったそうです」 預かった女性はさつきちゃんが亡くなった責任を認めず、謝罪もなかった。 しばらくすると代理の保険会社が窓口となったため、直接の連絡がとれなくなった。 保険会社側は「納得いかないなら、法的対応を」と伝えてきたという。 さつきちゃんは3年間の闘病を経て、2013年10月に事故の後遺症で亡くなった。 両親はその翌月の2013年11月、預け先の女性と八尾市、市社会福祉協議会を相手に、約7900万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。 「泣き寝入りか、裁判かの2択を突きつけられ、しかたなく裁判を起こした」と真希さんは言う。 裁判での尋問の段階でも、預かり先の女性は多くの質問に「覚えていません」「わかりません」と答えた。 後悔や反省を問われると「特にありません」と語ったという。 ついに謝罪 一方、大阪地裁の裁判官は2016年12月に「うつぶせ寝が原因で死亡した可能性が高い」という考えを示したうえで、和解を勧めた。 2017年3月3日に成立した和解では、女性が謝罪して、4000万円の和解金を支払うことが決まった。 市と市社協は、再発防止に努めるとした。 和解金は保険会社から支払われるという。 預かり先の女性は、さつきちゃんの遺骨と遺影の前で、謝罪した。 裁判などを通じて女性の態度を見てきた朋樹さんの目には、心からの謝罪には見えなかった。 「しかし、当初から求めていた謝罪をしてもらえたのは、重要なプロセスだった」という。

次の