ポケモン サンムーン アニメ 最終 回。 サトシのポケモン (サン&ムーン)

ついに最終回!ありがとうアローラ!それぞれの旅立ち!!

ポケモン サンムーン アニメ 最終 回

アニポケサンムーンのヒロインに関して、公式上はリーリエとされているが、作中では誰がヒロインなのか明確に描かれておらず、ネットではサトシのアローラでの現地妻は誰なのか長きにわたり議論が重ねられてきた。 アローラガールズの中ではサトシとの絡みがもっとも多く、二次創作でもカップルになることが多いスイレンが有力だとされていたが、結局リーリエがメインヒロインだったようだ。 まさかすぎるどんでん返しにネットが衝撃だ。 リーリエは最終回まで唯一、サトシに対して赤面する場面がなかったそうで、作中では一番ヒロインぽくなかったが、まさかすぎる結末に視聴者が驚きを隠せないでいる。 スポンサードリンク それぞれの別れ サトシとロトムの別れ?ロトムは新種のウルトラビーストを撮影した功績を称えられ、エーテル財団にスカウトされる マオとシェイミの別れ。 結局、伏線を回収することなく仲間とともに旅立っていった ルザミーネ親子の船出。 父親を探す旅へ ロケット団とキテルグマの別れ。 ロケット本部への帰還を命じられたムサシとコジロウだが、アローラでゲットしたミミッキュとヒドイデ、さらにZリングもキテルグマのもとに預け、キテルグマに飛ばされる形でカントーへ戻って行った ククイ、バーネットとの別れ。 2人は結婚していて出番も多く、サトシの実親よりも両親ぽかった またサトシは、アローラでゲットしたポケモンすべてをククイ博士のもとに預けていった。 長期休暇の間の旅ではないことを告げる。 永遠の別れへ 声優陣のコメント 3年間、ありがとうございました! もうスイレンとして言葉を発することがないのだと思うと、自分の中の一部が欠けてしまったような喪失感でいっぱいです。 スイレンと歩んできたこの3年間、とてもとても幸せで、一生の宝物です。 アローラで過ごした日々は一生忘れません。 語りたい想いは山ほどあれど兎にも角にもありったけの感謝の気持ちを込めて。 三年間! 本当に!!! ありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! — 武隈史子 Takeko0223 アローラ地方が舞台のお話はこれで終わりですが、これからスクールのみんなもそれぞれ夢を叶えるためにきっといろんな経験をしていくことでしょう。 カントー地方に戻ることを決めたサトシたち。 関連する記事• 2020. 2020. 2019. 2018. 2019. 2017. 2016. 2016. 2016. 2019.

次の

【アニポケ】ポケモンサン&ムーン最終回放送が終了!ファン、視聴者からのメッセージが続々と!【妊娠エンド】

ポケモン サンムーン アニメ 最終 回

しかしポケモンスクールのみんなには、言い出せないでいた。 そんなサトシの前になつかしいポケモンが現れて… 一方、ロケット団も本部から連絡があり、なにやら悩んでいた。 まずはカキがライチのお手伝いをしながら強くなることを報告。 リーリエはマギアナが起動した事を報告してスクールに一緒にやってきます。 そこで、グラジオとルザミーネと共に旅立つ事も報告。 マギアナが起動した時にリーリエのZリング(元はモーンの)がマギアナと反応してモーンの居場所らしき道をしめしたからです。 同時にモーンが見つかるまではアローラには戻らないと宣言しますが見つかったら戻ってくるともスクール組を安心させます。 一方でロケット団にはサカキから連絡があり本部への帰還命令がくだります。 アローラの成果と言われてもヒドイデやミミッキュを連れて行くわけにはいかないロケット団はミミッキュたちとお別れする決意を。 しかし、コジロウがヒドイデに本部に帰ると伝えアローラに残るように言うもヒドイデは勘違いしちゃう。 そんななか、アローラの夕陽を見つめるサトシ。 マサラタウンに帰る事をいつ話すか悩む中、ミミッキュが現れてピカチュウにバトルを挑みますがしばらくして水面に映る自身の中身を見て悲しみに暮れながら去っていきます。 それから、サトシたちは帰ろうとするとソルガレオが現れる。 日が暮れて夜になると森を歩くミミッキュのもとにニャースが。 ニャースは悲しみに暮れるミミッキュの話を聞き、憎しみからは何も生まれないからそろそろ前を向いていこうと慰めます。 そしてロケット団の旅立ち。 ミミッキュとヒドイデとヌイコグマが眠る中、ムサシとコジロウとニャースは気球に。 キテルグマともお別れをするとカントー地方へと飛ばされたのでした! 翌日、リーリエはマオたちのサプライズパーティに呼ばれる。 そこにサトシが遅れてやってくるとソルガレオに乗っているので驚かされる。 サトシはソルガレオと共にウルトラホールの世界に遊びに行っていてウルトラビーストを助けていたと話をします。 更に、ロトム図鑑がその知識量を評価されてエーテルパラダイスで働くことも報告。 宇宙一のポケモン図鑑を作ることに。 そんな時、サトシはマサラタウンに帰る事を報告。 いつか必ずポケモンマスターになると宣言します。 そしてリーリエの旅立ちの時。 リーリエがこれまでの事を回想するとみんなに感謝の気持ちを伝えます。 それから、サトシも旅立ちの時。 カントー行きの飛行機に乗る前にククイ博士とバーネット博士とお別れの言葉。 アローラでの家族との別れみたいなものですね。 ちなみに、ピカチュウ以外のポケモンはククイ博士の家に置いてけぼり。 飛行機は飛び立ち、窓からアローラを眺めてサトシがありがとうアローラと呟くと、カキたちがウルトラガーディアンズの乗り物ポケモンに乗って別れの挨拶をします。 そこで、タイプ:ワイルド(松本梨香さんでは無い方)が流れておしまい。 それぞれの生活が部分的に描かれ、帰ってきたマオの兄がグラシデアの花を持ってきたのでシェイミはスカイシェイミになって仲間と旅立ちましたとさ。 それから、バーネット博士はご懐妊。 もちろん相手はククイ博士でしょうがヤルことはヤルというお盛んな終わり方でした。 よく言えば生命の育みでしょうけど。 ということで、最終回でした! 良いところもあれば悪いところもあり、何というか残念な中途半端さが残ってしまったのではないかと思います。 何でソルガレオが突然現れたのか?マギアナはZリングとどうして反応したのか?この辺りは説明が欲しかったかな?結局モーンとは再会できなかったり、マオのシェイミは何だったのか分からないまま。 (個人的にマオのママとの関係性があったとは思いますが) サトシのポケモンたちも特に別れは無くいつのまにかククイ博士に任せるという…私が嫌いなラスカルの最終回みたいな無責任な雰囲気が。 これでアローラ地方は人間とポケモンの共存とか言ってるから可笑しい。 せめて別れの描写があれば。 やはり終盤の尺不足が原因でしょうか? それと最後まで松本梨香さんではない方のタイプ:ワイルドを使いすぎでしたね。 せめてアローラ!を使いましょうよ…。 アローラ!聞きたかった! てなわけで、泣いても笑っても馬鹿にしても今回で最終回。 3年間お疲れ様でした!.

次の

【勝利】アニポケサンムーンのヒロイン・リーリエさん、最終回で告白をしてしまう │ 黒白ニュース

ポケモン サンムーン アニメ 最終 回

しかしポケモンスクールのみんなには、言い出せないでいた。 そんなサトシの前になつかしいポケモンが現れて… 一方、ロケット団も本部から連絡があり、なにやら悩んでいた。 まずはカキがライチのお手伝いをしながら強くなることを報告。 リーリエはマギアナが起動した事を報告してスクールに一緒にやってきます。 そこで、グラジオとルザミーネと共に旅立つ事も報告。 マギアナが起動した時にリーリエのZリング(元はモーンの)がマギアナと反応してモーンの居場所らしき道をしめしたからです。 同時にモーンが見つかるまではアローラには戻らないと宣言しますが見つかったら戻ってくるともスクール組を安心させます。 一方でロケット団にはサカキから連絡があり本部への帰還命令がくだります。 アローラの成果と言われてもヒドイデやミミッキュを連れて行くわけにはいかないロケット団はミミッキュたちとお別れする決意を。 しかし、コジロウがヒドイデに本部に帰ると伝えアローラに残るように言うもヒドイデは勘違いしちゃう。 そんななか、アローラの夕陽を見つめるサトシ。 マサラタウンに帰る事をいつ話すか悩む中、ミミッキュが現れてピカチュウにバトルを挑みますがしばらくして水面に映る自身の中身を見て悲しみに暮れながら去っていきます。 それから、サトシたちは帰ろうとするとソルガレオが現れる。 日が暮れて夜になると森を歩くミミッキュのもとにニャースが。 ニャースは悲しみに暮れるミミッキュの話を聞き、憎しみからは何も生まれないからそろそろ前を向いていこうと慰めます。 そしてロケット団の旅立ち。 ミミッキュとヒドイデとヌイコグマが眠る中、ムサシとコジロウとニャースは気球に。 キテルグマともお別れをするとカントー地方へと飛ばされたのでした! 翌日、リーリエはマオたちのサプライズパーティに呼ばれる。 そこにサトシが遅れてやってくるとソルガレオに乗っているので驚かされる。 サトシはソルガレオと共にウルトラホールの世界に遊びに行っていてウルトラビーストを助けていたと話をします。 更に、ロトム図鑑がその知識量を評価されてエーテルパラダイスで働くことも報告。 宇宙一のポケモン図鑑を作ることに。 そんな時、サトシはマサラタウンに帰る事を報告。 いつか必ずポケモンマスターになると宣言します。 そしてリーリエの旅立ちの時。 リーリエがこれまでの事を回想するとみんなに感謝の気持ちを伝えます。 それから、サトシも旅立ちの時。 カントー行きの飛行機に乗る前にククイ博士とバーネット博士とお別れの言葉。 アローラでの家族との別れみたいなものですね。 ちなみに、ピカチュウ以外のポケモンはククイ博士の家に置いてけぼり。 飛行機は飛び立ち、窓からアローラを眺めてサトシがありがとうアローラと呟くと、カキたちがウルトラガーディアンズの乗り物ポケモンに乗って別れの挨拶をします。 そこで、タイプ:ワイルド(松本梨香さんでは無い方)が流れておしまい。 それぞれの生活が部分的に描かれ、帰ってきたマオの兄がグラシデアの花を持ってきたのでシェイミはスカイシェイミになって仲間と旅立ちましたとさ。 それから、バーネット博士はご懐妊。 もちろん相手はククイ博士でしょうがヤルことはヤルというお盛んな終わり方でした。 よく言えば生命の育みでしょうけど。 ということで、最終回でした! 良いところもあれば悪いところもあり、何というか残念な中途半端さが残ってしまったのではないかと思います。 何でソルガレオが突然現れたのか?マギアナはZリングとどうして反応したのか?この辺りは説明が欲しかったかな?結局モーンとは再会できなかったり、マオのシェイミは何だったのか分からないまま。 (個人的にマオのママとの関係性があったとは思いますが) サトシのポケモンたちも特に別れは無くいつのまにかククイ博士に任せるという…私が嫌いなラスカルの最終回みたいな無責任な雰囲気が。 これでアローラ地方は人間とポケモンの共存とか言ってるから可笑しい。 せめて別れの描写があれば。 やはり終盤の尺不足が原因でしょうか? それと最後まで松本梨香さんではない方のタイプ:ワイルドを使いすぎでしたね。 せめてアローラ!を使いましょうよ…。 アローラ!聞きたかった! てなわけで、泣いても笑っても馬鹿にしても今回で最終回。 3年間お疲れ様でした!.

次の