ペロ これ は 青酸カリ。 「おまえはもう死んでいる」「ペロ…これは青酸カリ!!!」あの漫画の“名セリフ”本当かどうか調べてみた(ウレぴあ総研)

探偵「ペロ…これは麻薬!青酸カリ!ストリキニーネ!覚せい剤!」←これ

ペロ これ は 青酸カリ

「じゃあ死ねよ」 発言者:山岡士郎/『美味しんぼ』 うつ病にかかって死にたいと言う知人の料理人・岡星に対し、山岡が「じゃあ死ねよ」と突き放すシーン。 コラか本物か悩ましいところだが、本物である。 ただし直後に「死ぬと決めたらもう死んでいるのも同然だ。 気持ちが軽くなっただろう?」「あと1年だけ俺に命を預けないか?」と続く。 過激な言葉で相手をギョっとさせ、きっちり最上級のフォローをする山岡お得意のスタイルだ。 なお、「じゃあ死ねよ」の後にフォローがなく、ダメ押しにもう一度「死ねよ」と言っているのはコラ画像なので注意したい。 もう1つ、ネットで有名なのが栗田さんの「じゃ、こうしましょう。 用意した料理が、美味しければ許す。 まずかったら死刑」というセリフ。 ヒロインキャラがこんな物騒なことを笑顔で言うなんて、もちろんコラ画像……かと思いきや実は紛れもない本物。 前後の文脈を考えても「死刑」が出てくるのは唐突で、しかも当時の栗田さんはこれから新たな生命を生み出す妊婦なのだ。 読者に与えたインパクトは大きかった。 「ペロ…これは青酸カリ!!! 」 発言者:江戸川コナン/『名探偵コナン』 凄惨な連続殺人事件が起こっている最中、コナンが床に落ちていた粉末を舐めて発した(とされる)迷言。 このシーンの画像がネットに出まわり、「人が倒れていた部屋の床にあった粉を躊躇なく舐める」「しかも猛毒だった」ことからネタ的な意味で注目を集めた。 だが実は、これはコラ画像。 改変前のオリジナルは何だったのか? 問題のシーンが収録されているのはコミックス7巻。 コナンのセリフを引用する。 「粉…?」 (ペロ) 「!? こ、これは…」 「麻薬!!! 」 そう、本来のセリフは麻薬だったのだ。 コナン君は猛毒など舐めていないので安心してほしい。 しかしこれはこれで、「怪しい粉を迷わず舐めたことは変わらない」「麻薬なんて口にして大丈夫なのか」「そもそもコナンは麻薬の味をどこで知ったのか」などツッコミどころは残る気がしてならない。 おそるべきは少年探偵のアグレッシブな行動力である。

次の

「ペロッ、…これは青酸カリ!?」「で、味は?」

ペロ これ は 青酸カリ

今日ジャニウェブでたのんだ学校〜のオフショット写真が届きました。 代引きだったんですが(振込み忘れて代引きになった…)、配達のおっちゃんが玄関先で 「(本名フルネーム)さーん!ジャニーズさんからお届けものです!!」 ば、バーロー!!! もう二度とジャニウェブで写真なんか買うもんか…。 さてそんな今日は待ちに待った9係のルでしたね。 まなべせんぱい…ラブ。 かなりビジュアルがよろしかったんじゃないでしょうか? イケメン弁護士…じゅるり。 ワイシャツ姿が妙にえろす。 演技なども、私は冷静に見れなかったのですが、の時とかよりドラマ向けになってたような気がする。 しかし、なぜに真鍋先輩の台詞回しはああもオッサンくさいのか…。 「メシでも食いにいかんか」 「すまんな」 って、お前どこの殿だよ!とつっこんでしまいました。 真鍋先輩が死んじゃって、口から血を流してるのを見て 「あーこれがイノなきにあった、もめたって細工かな? でもファンを怒らせるどころか、かなりの萌え…」 などと思っていたら、鼻になんか詰めてるーー!!! もう終わったと思って油断してたのでかなりの不意打ちでした。 まあでも、一瞬でしたね。 その後マリオ()がとりすがって布がはらりと落ちてしまい真鍋先輩の上半身が露になる、「」のような展開を期待したのですが そんなトラブルは起こりませんでした。 あーあー、博死んじゃったよ〜などと思い、前髪を切りながら見ていると マリオの回想シーンでなんと激しいキスシーンが!! あまりにベロベロしてるから前髪切るの失敗しちゃったじゃないかこのやろうもっとやれ。 フルコースだったなあ。 ありがとう、テレ朝。 浅輪君も変わらずかわいく、係長はかっこよかった。 倫子ちゃんが浅輪君の口についてるクリームをとって食べたとこがスローになってたのが妙にツボで、爆笑でした。 浅輪君と真鍋先輩の大学時代のサッカーシーンなどが出てくると嬉しかったな。 本編に全然関係ないけどね…ただ見たいだけだけどね…。 「浅輪!」 「真鍋先輩!」 「くらえ俺のつぼみショット!!」 的な? sasagimame.

次の

青酸カリとは (セイサンカリとは) [単語記事]

ペロ これ は 青酸カリ

『カリッ、これは青酸ペロッ!』 【概要】 舞台:異空間 現代の方がやりやすいが、時代は問わなくてもいいと思う 形式:クローズド 時間:早いと15秒くらいで終わる。 人数:KPが捌ける範囲でいくらでも 推奨技能:三種の神器さえあれば何とかなる、あとはふざける心 【説明】 n番煎じかもしれなくてひやひやしてます。 このシナリオは1から10まで割とふざけています。 神話生物に独自の解釈が含まれます。 特殊なアーティファクトが手に入ります。 初めて作ったシナリオなのでダメな箇所も多いと思いますが、KPさんに丸投げします。 すみません。 【注意】 転載、自作発言、その他諸々はお控えください。 改変、使用はご自由に。 やった感想などを教えてくれると中の人が喜びます。 次のページからKP情報になります。 PL予定の方はお引き返し下さい。 [newpage] 《あらすじ》 目が覚めると白い部屋!白い粉!倒れた人! えぇ〜、いったいどうなっちゃうの〜!!? 《背景》 コナンくんを読んで、「まじ〜!!?人の子って毒物舐めて、笑ってるの〜!!??くそわろ〜〜!!」ってなったにゃるが、自らそばでその様子を見てみたくてやった。 反省も後悔もしてない。 だってにゃるだもの。 [newpage] 《導入》 みなさまはいつも通りの日常をすごして、寝た。 なんらかの違和感を感じて目を開けるとそこは白い部屋だった!!ああ、いつもの展開だとも、起きたまえ。 わかるわかる。 KPもよくあること過ぎて描写しづらい。 なんもわからん。 〈メモ〉 『ペロッ、これは青酸カリ!してみてよ!!』と書いてある 【聞き耳】 メモから柑橘系の匂いがする。 あぶり出しをすると『本棚の上から2段目、左から6冊目』と書いてある。 数字はデジタル時計のような表記になっていた。 鉛筆でこすれば8になる。 本当は8番目だよという意味 テストプレイではここの表現が難しく、気づいてくれる探索者が少なかったため、凹みではなく、表面が少しざらついてるなどでもいいと思います。 擦り出しを促してください ここで目星クリティカルをしたら『その一段下も』という文字を見つけ、本棚のその位置には魔導書が! 魔導書をプレゼントしたい時にこのルールを使ってください。 これがコラージュされて、「ペロッ、これは青酸カリ!」として流行ったことが分かる。 〈倒れている人〉 男が床に倒れている。 ピクリとも動かない。 【目星】 そばに白い粉が盛り塩のように山になっており、血でダイイングメッセージが書かれている。 クリティカルでこの人が生きていることが分かる。 こいつがにゃるの為。 人間がペロッするのを近くで見たかった。 起こそうとした場合、気を失ってる人を無理に動かしちゃダメでは?などやめさせてください。 何しても起きません。 鉛筆やライターで殺そうとしたら、にゃるさまに逆に殺されると思います。 〈白い粉〉 【薬学】 恐らく青酸カリだとは思うが確証が持てない。 確証が持てないのはこの粉が青酸カリではなく、にゃるが作った魔法の粉『青酸ペロ』だから。 クリティカルならまだ発見されていない、新種の成分、な気がする。 くらい教えてもいいかもしれない。 〈本棚〉 統一性のない雑多な本棚。 よく見るとたくさんの言語が入り交じっている。 【図書館】 毒物の本を見つける。 毒物及び劇物指定令で「シアン化合物」として毒物に指定されている。 』 Wikipedia参照 〈紙で見つけた場所〉 6冊目 海外の言語で書かれた本のようだ。 パラパラと捲ると、紙がひらりと落ちてくる。 『ちゃんと紙を見ろよ、ば〜か』と書かれている。 8冊目 本のように見えるそれは小物入れのようで、中には鍵が入っていた。 3段目8冊目 お好きな魔道書をどうぞ。 〈出口〉 扉にはでかでかと『出口!』と書かれている。 が、鍵が掛かっていてあかない。 舌に広がる甘みに探索者は本能的に多幸感を感じると同時に視界がゆらぎ、まるで地面に吸い込まれるように倒れ込んでしまう。 揺らいでいく意識の中、「あっはは!ほんとにした!!毒物だってわかってて舐めるの馬鹿じゃ〜ん!!!」という、腹の立つ笑い声が聞こえた。 その声がする方に動かぬ体を一生懸命目を向けると、先程まで床に倒れ、死んでいたはずの男が腹を抱えて笑っていた。 男はひーっ!ひーっ!と笑いながら浮かんだ涙を拭うと、こちらを見て、美しく微笑んだ。 「それ、面白かったからあげる!」 そんな声を最後に意識が途切れた。 目を覚ますと自室のベッドの上だった。 何が落ちたか確認をするとそれは白い粉が入った小瓶で、ラベルには『青酸ペロ』と書かれていた。 SAN値報酬 1D6 報酬アーティファクト 『青酸ペロ』 甘くてとても美味しい白い粉。 SAN値を1d4分回復してくれる。 3回分。 エンド2『なんでしてくれないの!!?』 本棚で見つけた鍵を扉に差し込むとガチャりという音を立てて、鍵が開く。 よかった、これで出れると探索者は安心して扉を開いた。 とても痛い。 HP-1D3。 「ペロッってして!って言ったじゃーん!!!」 そんな声が聞こえ、探索者はよろけてしまう。 扉の外へ倒れ込みながら、背後を確認すると、そこには床に倒れ、死んでいたはずの男がバールのような何かを持って、わーん!と言わんばかりに悲しげな顔をしていた。 そんなことを思いながら意識が途切れる。 目が覚めると自室のベッドの上だった。 やべぇ!寝過ごした!! SAN値報酬 なし [newpage] 【あとがき】 仕事中に天啓を受けるように『カリッ、これは青酸ペロッ!』という言葉が浮かび、白い粉の前で倒れてる人が思い浮かんだため書きました。

次の