羽毛布団 キルティング。 羽毛布団打ち直し(リフォーム・仕立て替え)

羽毛布団早見表

羽毛布団 キルティング

キルティングの種類と特徴 キルティングには様々なやり方があります。 一般的な方法としては前述の通り「シングルキルティング」、「立体キルティング」、「デュアルキルティング」があります。 後者になるほど、より暖かさが均一になりやすいですがその分製造において手間がかかるので羽毛布団としての価格も高くなります。 シングルキルティング 一般的なキルティングの形式です。 羽毛をつめた袋を横につなげます。 キルティングによって羽毛がそれぞれの丸で囲まれた中から移動してよってしまうのを予防します。 一方で、つなぎ目が生じてしまうので、羽毛が入っていない部分から熱が逃げやすいという性質があります。 立体キルティング 仕切り部分にも布を使う事で羽毛布団を立体化しています。 このキルティング方式によって、シングルキルティングよりも熱が逃げにくいという特徴があります。 ただし、シングルよりも製造に手間がかかるため価格は高くなります。 デュアルキルティング 立体キルティングの羽毛布団をずらして2枚重ねるような形にしたキルティング方法です。 立体キルティングよりもより境目がなくなっているのでとても暖かいです。 ただし、使われる布(側生地)の量も比例して増加しているため、立体キルティングの羽毛布団と比較するとその分重みがあります。 また、価格も高いです。

次の

絶対に失敗しない羽毛布団の選び方!サイズ別・羽毛布団おすすめランキング18選

羽毛布団 キルティング

より寒い地方で採取した羽毛が優れている 寒い地方に暮らす水鳥の方が寒さから身を守る防寒機能に優れており、羽毛布団に使用されたときにもその優れた保温機能を発揮します。 高級羽毛の有名な産地は 『ポーランド』『ハンガリー』『シベリア』などです。 ダウンパワー(かさ高)が高い方が優れている 2012年4月1日よりゴールドラベル 品質表示ラベル の評価基準が変わりました。 羽毛布団に使用される羽毛のゴールドラベル 品質表示ラベル の区分を『かさ高』として品質表示を行っていましたが、 2012年4月1日より、その基準を『ダウンパワー』とし、より現実の使用感に近い単位として、 ふとんの中での羽毛1gあたりの体積を基に羽毛を評価することに変更しました。 よい羽毛は、重さあたりの体積が大きくより多くの空気を含む事で高い断熱性を発揮します。 そのため、重量に対し、よりふくらみの大きいものが高品質の羽毛であると言えるのです。 つまり、羽毛の『ダウンパワー』の数値が大きいほど高品質の羽毛布団であるということになります。 『京都西川』『西川リビング』『西川産業(東京西川)』の羽毛布団は、 さらに厳しい西川独自の基準があるためゴールドラベルは付けておりません。 側生地の重要性… ポイントは、ガサガサ音がせず、しなやかに身体にフィットすること 側生地で一番大きな不満が出るのは生地の音です。 羽毛布団は羽毛の吹き出しを抑えるため、ダウンプルーフ加工が施されております。 これにより普通の生地の場合はガサガサと音がしてしますのです。 そこで、60サテン『超長綿』を使う事により、音を低減させています。 高級品になると100番手~350双糸を使用しております。 このクラスは風合いも肌ざわりも抜群ですが、価格のそれなりに上がってきます。 キルティングで保温性が変わります。 羽毛は側生地の中で常に流動しています。 流動できる空間があるからこそ羽毛の保温性が発揮されるのですが、 それは羽毛の片寄りの原因ともなります。 片寄りを最小限に留めるためにマスを区切ったキルティングが施されます。 そのメリットとして、 ・羽毛の片寄りが少なくなる。 ・身体への密着度(フィット感)が高まる。 ・キルティング部分からの放熱を防ぎ保温力が高まる。 『立体キルト』より『二層キルト』の方が羽毛の偏りが軽減され、またミシン目からの放熱をおさえるので保温性が格段に高まります。 通常のキルティングより中布1枚分重くなるので、できるだけ軽い布団を好まれる方にはお薦めしませんが、しっかりとした暖かみを求める方には二層キルトがお薦めです。

次の

羽毛布団 キルティング

羽毛布団の羽毛が片寄っています、直す方法はありますか? 目次• 羽毛布団の羽毛の片寄りのパターン 「羽毛布団の羽毛が片寄ってしまって、寒い。 襟元が暖かくない」 羽毛布団を何年かお使いになっていらっしゃる方の中には、上記の感想を持たれたこともあるかもしれません。 羽毛布団の片寄り、と表現される現象は、• 羽毛布団が、部分的に、薄くなってしまっている 状態です。 具体的な状態は、羽毛布団の、いくつかに区切られたマスが、ふっくらしているマスもあれば、ぺたんと薄くなっているマスもある、といった状況です。 この状態の、羽毛布団を確認すると、いくつかのパターンに分かれます。 羽毛布団が片寄っている、と表現される状態の羽毛布団のパターンは、次の通りです。 羽毛布団の片寄りのパターン• 羽毛布団の羽毛が、同じマスの中で、片寄ってしまう場合• 羽毛布団の羽毛が、マスを移動して、片寄ってしまう場合• 羽毛布団の一部分の羽毛の、摩耗が激しく、膨らまない状態のマスがある場合• 羽毛布団の羽毛に、湿気が付着して、膨らまずに、ぺしゃんとなっているマスがある場合 パターンが異なると、原因や対処法も変わります。 羽毛布団の片寄りのパターン別、原因と対処法 ここからは、羽毛布団の片寄りの原因と対処法を、詳しくみていきましょう。 上の項目でお伝えした、パターン別に順番でお伝えします。 1.羽毛布団の羽毛が、同じマスの中で、片寄ってしまう場合 羽毛布団が片寄ってしまって、という場合の、一つ目のパターンです。 羽毛布団の羽毛が、同じマスの中で、片寄ってしまい、寒いと感じる場合です。 原因 この状態の原因は、• 羽毛布団に使われる羽毛が、一粒のダウンが小さかったり、スモールフェザーが多かったりする場合• 羽毛布団のキルティングのマスが大きく、さらに、スモールフェザーが多い場合 などがあげられます。 羽毛布団の羽毛のダウンの粒が小さかったり、スモールフェザーが多かったりすると、羽毛布団の羽毛が一つのマスの中で片寄って、寒く感じる、というケースがあります。 一粒のダウンが小さかったり、スモールフェザーが多かったりすると、羽毛布団のマスの中で、羽毛が膨らまず、サラサラと動いてしまうのです。 これは、安価な羽毛布団で、発生する場合があります。 さらに、羽毛布団のキルティングのマスが大きく、羽毛のダウンの粒が小さかったり、スモールフェザーが多かったりすると、羽毛布団の一つのマスの中での片寄りが、顕著に感じやすくなります。 羽毛布団のキルティングのマスが小さいより、大きい方が、一つのマスの中で、羽毛が片寄った場合、ぺしゃんとなる部分が広くなり、寒さを感じやすくなるからです。 対処法 羽毛布団の、一つのマスの中で、羽毛が片寄ってしまう場合の対処法です。 1.羽毛布団の、限られたマス、例えば、襟元や、足元だけに、状態が発生している場合:• 信用のおける寝具専門店で、増し羽毛をしてもらう という方法があります。 羽毛布団の、特定のマスに、羽毛を吹き込んで、羽毛を足すのです。 寝具専門店によって、行っているお店、行っていないお店があります。 お近くの、信用のおける寝具専門店に確認をしてみてください。 羽毛布団の増し羽毛は、羽毛布団のクリーニングをしてから、という寝具専門店もあります。 その点も、確認してから、依頼するようにしましょう。 1点、注意点です。 羽毛布団の は、絶対に、信用のおける寝具専門店、または、クリーニング専門店に依頼するようにしましょう。 電話による、訪問サービス、点検サービスの誘いには、応じないようにしましょう。 2.羽毛布団、全体のマスで、片寄りが発生している場合: 羽毛布団の全体の、それぞれのマスで、マス内の片寄りが発生している場合は、羽毛布団の品質が原因です。 何かの手立てをして、その状態を回避することはできないでしょう。 羽毛布団の買い替えが必要になります。 とはいえ、買い替えは、まだしたくない、という方もおられるでしょう。 その場合は、羽毛布団の保温性を、ほかの手段で補うことになります。 次の方法を、参考になさってください。 羽毛布団のキルティングの種類、バリエーションについて ここで、羽毛布団のキルティングについて、少し、説明を加えさせてください。 羽毛布団の一つのマスが大きいと、羽毛が片寄りやすい、との、誤解を防ぐためです。 羽毛布団のキルティングの方法は、現在、バリエーションが増えてきています。 羽毛布団のメーカーが、より保温性を高めるための、キルティングの方法を研究開発し続けているからです。 羽毛布団のキルティングは、以前のような、何マス x 何マス、といった単純なパターンだけではありません。 冬用の、羽毛布団は、マスに高さを設けた、立体キルトにしてあることは、標準です。 その立体キルトのバリエーションが、増えてきているのです。 下記は、羽毛布団のメーカーが、研究開発をして、生み出したキルティング方法の例の一部です。 体の上にくる部分のマスを大きくし、多く羽毛を入れることによって保温性を高めるキルティング• 首元の保温性を高めるために、襟元だけ、細かなマスにしたキルティング• 首元の保温性を高めるために、体に沿うように、キルトのマスを特殊な形状にしたキルティング• 首元の保温性を高めるために、横に大きく幅をもたせた、特殊な形状のキルティング• キルティングの部分から、暖かな空気を少しも漏らさないように、異なったキルトパターンを2層重ねたキルティング• ベッドから布団がずれないように、両サイドのマスを小さくしてあるキルティング• 暖かな空気を逃がさないような、2層構造のキルティング• 保温性を高めるために、中間にあえてキルトをしない層を設けた、3層構造のキルティング、など 羽毛布団のメーカーは、羽毛布団の保温性を高め、掛け心地をよくし、より、心地よく眠ってもらえるように、研究改善を重ねています。 羽毛布団の、進歩は、目にみはるばかりです。 そのため、現在では、羽毛布団の一つのマスが大きいから、羽毛の片寄りがある、とは一概に言えなくなっているのです。 一つのマスの中での、羽毛の片寄りは、中に使われる羽毛の品質、そして、キルトの品質、の組み合わせで、発生してしまいます。 この状態を事前に防ぐには、羽毛布団を購入する際、品質を吟味して選ぶことが大切です。 2.羽毛布団の羽毛が、マスを移動して、片寄ってしまう場合 羽毛布団が片寄ってしまって、という場合の、ふたつ目のパターンです。 羽毛布団が片寄る、といった場合、このパターンが、一番、多いかもしれません。 原因 この状態の原因は、• 羽毛布団の立体キルトが、完全立体キルトではない場合• 羽毛布団のキルティングが、使用上の何らかの原因で、ほつれてしまった場合 があげられます。 一つ目の原因の説明です。 羽毛布団は、いくつかのマス目になるように、キルティングをされています。 冬用の羽毛布団は、高さがでるように、マチの布が使われ、立体的にキルティングをされています。 その側生地に、羽毛が吹き込まれて羽毛布団になります。 羽毛を吹き込む場合、1箇所から、立体のマスに順番に羽毛が吹き込まれていく製造方法があります。 その場合、一つのマスに、羽毛が吹き込まれた後、ピタッと、その吹き込み口が閉じるような特殊構造になっていれば、問題は発生しません。 ところが、穴が完全にふさがれないような構造になっている場合、羽毛布団の羽毛が、マスを移動して、片寄ってしまうという現象が起きてしまうことがあるのです。 羽毛布団を数年使っているうちに、その現象が、顕著になり、寒く感じてしまうということが起こるのです。 対処法 羽毛布団の羽毛が、マスを移動して、片寄ってしまう場合の対処法は、• を依頼する• 羽毛布団の買い替え です。 羽毛布団の羽毛が、マスを移動してしまう場合、キルティングが原因であることは、お伝えしました。 羽毛が、まだ、摩耗していない状態であれば、羽毛布団を仕立て直して、再生することが可能です。 羽毛布団の仕立て直し、を、信用のおける寝具専門店に依頼してみましょう。 羽毛布団のリフォームは、羽毛布団の羽毛の状態によって、可能な場合、可能でない場合があります。 まずは、信用のおける寝具専門店に、お使いの羽毛布団の状態をチェックしてもらってからの、依頼になります。 詳しくは、「」をご覧ください。 注意点もご確認いただけます。 二つ目の原因の説明です。 二つ目の原因は、羽毛布団の使い方です。 たとえば、羽毛布団を引っ掛けてしまう、布団たたきでたたいてしまう、強く力を入れてたたんでしまう、など、乱雑に扱ってしまうと、羽毛布団の縫製、キルティングが損傷することがあります。 その場合、羽毛布団の羽毛が、マス目を移動して、片寄ってしまうことがあります。 この状態を防ぐには、羽毛布団を、丁寧に取り扱うこと、が基本になります。 対処法は、上記と同じです。 3.羽毛布団の一部分の羽毛の、摩耗が激しく、膨らまない状態のマスがある場合 羽毛布団が片寄ってしまって、という場合の、三つ目のパターンです。 この状態は、実際には、羽毛布団の羽毛が移動して、片寄っているのではありません。 羽毛布団の、襟元の部分の羽毛が摩耗しているために、そこのマスだけ、ぺしゃんとしているのです。 そのため、この状態の羽毛布団が、羽毛が片寄っている、羽毛布団が片寄っている、表現される場合があるのです。 原因 この状態の原因は、• 羽毛布団の一部分、特に襟元、の羽毛の摩耗が激しく、そこだけ、膨らまなくなっている場合 です。 この状態は、羽毛布団を数年以上使っている場合に発生しやすくなります。 特に、男性の使っている羽毛布団に多くみられるようです。 羽毛布団を、数年使っていると、首元は、汚れが一番付着しやすくなります。 手で持つことも多いですし、首や顔が触れ、皮脂、寝ている間の汗が、染み込みやすいからです。 羽毛布団の羽毛は、繊細な綿毛のような部分に、空気を含ませることで膨らみ、保温性を高めます。 この、繊細な綿毛の部分は、扱い方で、壊れてしまいやすい部分です。 数年、毎日使っていると、丁寧に扱っていても、その繊細な綿毛の部分が摩耗する、なくなってしまいます。 皮脂や寝ている間の汗などの汚れが付着することでも、摩耗は起こります。 羽毛が摩耗すると、羽毛が膨らまず、ペチャンコのままになってしまうのです。 この状態は、羽毛布団を長年使っているうちに、どうしても、発生する現象です。 ただ、この状態を発生しにくくする方法はあります。 羽毛布団には、必ずを掛けることです。 さらには、掛け布団カバーを定期的に洗濯して、皮脂や汗が、羽毛布団にしみこませないようにすることです。 対処法 羽毛布団の羽毛が、部分的に、摩耗してしまった場合の対処法は、• 信用のおける寝具専門店で、増し羽毛をしてもらう という方法があります。 襟元など、部分的に、摩耗している場合、羽毛布団全体が、汚れている場合がほとんどです。 羽毛布団のクリーニングを、信用のおける寝具店に依頼して、同時に、増し羽毛をお願いするのがよいでしょう。 羽毛布団のクリーニングを依頼する詳細は、「」をご覧ください。 羽毛布団のクリーニング、増し羽毛は、必ず、信用のおける寝具専門店で行ってください。 お近くに、寝具専門店がない場合は、信用のおける寝具メーカーに相談してみてください。 お近くに寝具専門店を紹介してくれるでしょう。 4.羽毛布団の羽毛に、湿気が付着して、膨らまずに、マスがぺしゃんとなっている場合 羽毛布団が片寄ってしまって、という場合の、最後のパターンです。 この状態も、3つ目の原因と同じで、実際には、羽毛布団の羽毛が移動して、片寄っているのではありません。 原因 この状態の原因は、• 羽毛布団は、汗や湿気が染み込んだまま、長く使っている場合• 羽毛布団を長く使っていて、羽毛が摩耗して、寿命に近づいている場合 などがあげられます。 羽毛は繊細な綿毛羽毛布団は、繊細な羽毛の粒の綿毛が、空気を含み、膨らむことで保温性が高まります。 繊細な羽毛の綿毛は、湿気を帯びると、膨らみにくくなってしまいます。 羽毛布団は、綿のわたの掛け布団や、羊毛の掛け布団とは異なり、湿気がこもりにくい掛け布団です。 とはいえ、長年使っていると、汗などによる湿気が、羽毛の繊細な綿毛に付着し、そこに、汚れがからみつくようになります。 すると、湿気が発散しづらくなり、汚れと湿気で、羽毛が摩耗し、空気を含まず、膨らまなくなってしまうのです。 その状況が、例えば、羽毛布団の襟元や、体に乗る部分など、部分的に発生すると、羽毛が片寄っている、羽毛布団が片寄っている、と、表現される場合があるのです。 この状態も、羽毛布団を長年使っていると、少なからず起こる現象です。 羽毛布団の寿命を表す現象でもあります。 この状態を起こりにくくするには、• 羽毛布団を、定期的に、陰干しをする• 羽毛布団には、必ずを掛ける• 掛け布団カバーを定期的に洗濯して、皮脂や汗が、羽毛布団にしみこませないようにする などの、お手入れをするのがよいでしょう。 対処法 羽毛布団の羽毛に、部分的に、湿気が付着して、膨らまずに、マスがぺしゃんとなっている場合の対処法です。 1.まずは、羽毛布団の影干しをしてみましょう。 羽毛布団の陰干しとは、羽毛布団を部屋の中に、広げる、または、ラックに掛け、通気をすることです。 扇風機や、サーキュレータがあれば、風をあてながら、通気すると、より湿気を早く発散させることができます。 2.羽毛布団のクリーニングを依頼する ご自宅で、羽毛布団の陰干しをしても、まだ、ぺしゃんとしてしまっている場合は、羽毛布団を、信用のおける寝具専門店に、を依頼してみましょう。 羽毛布団の状態によっては、クリーニングをしても、状態が改善しないこともあります。 信用のおける寝具専門店に、まずは、羽毛布団の状態を相談するのが良いでしょう。 羽毛布団の状態を、適切に判断し、クリーニング可能かどうか、アドバイスをしてくれるはずです。 くれぐれも、電話や訪問による、点検サービスなどには注意するようにしてください。 お近くに、信用のおける寝具専門店がない場合、信用のおける寝具メーカーに相談してみましょう。 「」 3.状況によっては、羽毛布団のリフォームを依頼する 羽毛布団の状態によっては、クリーニングより、羽毛布団のリフォームが適切な場合もあります。 クリーニングで状態が改善しなくても、リフォームで、改善が見込める場合があるからです。 「」 とは、お使いの羽毛布団の側生地をはずし、中の羽毛を洗浄し、新しい羽毛を足し、新しい側生地を使って、仕立て直しをすることです。 羽毛布団の羽毛の状態によって、リフォームが可能な場合、可能でない場合があります。 まずは、信用のおける寝具店に相談してみるようにしましょう。 以上、 羽毛布団の片寄りのパターン、原因、対処法をお伝えしました。 羽毛布団の片寄りを直すには、信用のおける寝具店に相談して、適切な対処をすることになります。 具体的な方法は、上記でお伝えしたように、羽毛布団の状態によります。 まずは、お近くの寝具店に相談してみるようにしましょう。 ご参考になれば幸いでございます。 寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にくださいませ。 今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

次の