モアイ は 語る。 モアイは語る…学び

モアイは語る―地球の未来

モアイ は 語る

行ったことがなくても、イースター島とモアイ像のことは聞いたことがある方が多いかと思います。 ところで、イースター島とはどこにあり、どんな歴史を歩んできたかご存知でしょうか。 そしてモアイはなぜ造られたのでしょう。 謎多きイースター島の歴史をご紹介します。 イースター島の歴史 チリ領であるイースター島は、首都サンティアゴから西へ約3700㎞の太平洋上にあります。 絶海の孤島で、人が住むいちばん近い島までの直線距離が2000㎞を超えます。 ちなみに、日本からアクセスする場合はタヒチ経由が多いようですね。 現地語名ではラパ・ヌイと呼び、ポリネシア系の先住民の言葉で「広い大地」を意味するそうです。 正式名称はパスクア(Pascua)島で、スペイン語で「復活祭(イースター)」という意味です。 イースター島は、海底火山の噴火によってできたと考えられています。 おそらくポリネシア人が船に乗ってやって来たとされています。 島で7~8世紀頃にかけて石の祭壇「アフ」が造られるようになりました。 この頃から、人々は部族に分かれて生活を始めたようです。 10世紀になるとモアイが造られるようになりました。 ちなみに、時代が進むにつれてモアイの形は変化していくのです。 モアイは17世紀頃までは造られたようですが、18世紀になると突如として造られなくなり、部族間の抗争で破壊されていくこととなります。 1722年の復活祭(イースター)の夜、オランダの海軍提督ヤーコブ・ロッヘフェーンがイースター島を発見しました。 これにちなんで、イースター島という名が付けられたのです。 ロッヘフェーンはこの時モアイやそれを崇拝する住民たちを目撃しました。 1774年にはイギリス人探検家ジェームズ・クックが上陸しますが、彼が目にしたのは半分以上壊されたモアイたちだったそうです。 そして、1840年には最後のモアイが倒されてしまったと伝わっています。 その後、イースター島には奴隷狩りの船がやって来ました。 ペルー人の奴隷狩りでは、住民の半数が拉致されたそうです。 外部から持ち込まれた天然痘や結核などの疫病も広まったために人口が激減し、島独自の文化も断絶してしまいました。 そして1888年にチリ領となり、現在に至っています。 モアイの謎-誰が、何のために造ったのか? モアイの形は誰もが想像できるかもしれませんが、誰が何の目的でどのように造ったかはご存知でしょうか。 モアイは時代の変遷と共に姿を少しずつ変えており、初期のものはもっと人間の形に近く、下半身もついていました。 それがだんだんとなくなり、第4期のものになると、長い顔と鼻にくぼんだ目が特徴的な像となっていきます。 眼球が入っていたものもあり、プカオという帽子をかぶっているものもありました。 このような形状は、イースター島以外では似たものがないために比べることもできないそうです。 しかし、モアイが何の目的で造られたのかは、今でもはっきりとはわかっていません。 祭祀のためとも言われていますが、断定はできないようです。 ただ、モアイは集落を守るように立っているので、何らかの守り神だったのかもしれませんね。 モアイの平均的な大きさは高さ3. 5m、重さ20tくらいでした。 しかし大きいものでは高さ20m、重さ90tにもなったといいます。 凝灰岩という加工しやすい柔らかい石だったので、黒曜石の斧などを使って切り出したようです。 この時、イースター島には鉄や銅がなかったためです。 こんな大きな石像をどうやって運んだのかも謎に包まれています。 丸太にモアイを横に倒して乗せ、多人数で引っ張るというやり方がひとつ。 さらに、モアイを立てて運んだという説もあります。 これは「モアイが自分で歩いた」という現地の伝説の根拠となり得るとされています。 または、超古代文明の存在があり、現代科学でも及ばない高度な技術が用いられたという説もありますが、果たしてどうでしょうか。 いずれにせよ、山地を含めて何㎞もモアイを移動させたり、無傷で運んだりするというは至難の業です。 しかし現地のモアイには傷ひとつないのです。 どうしてモアイが破壊されていったのか 謎はまだ続きます。 18世紀になりヨーロッパなど外部の人間が島に上陸した際、倒れているモアイを目撃しています。 そして、だんだんとモアイは倒され、新しいものは造られなくなっていったのでした。 この理由についても意見が分かれています。 最も有力な説は、環境破壊に伴う部族間抗争説です。 モアイを造る過程では、木材が大量に消費されました。 無計画な伐採の結果、森が消滅していまいます。 島の人口もどんどん増えていったので、木を切り倒してしまったのでしょう。 そして豊かな土壌が海に流れ、島の土は痩せてしまいました。 それが食糧不足を招き、肥沃な土地と漁場を巡って部族間の争いが起こったのです。 その争いでは、相手の部族のモアイを倒すことに大きな意味があったそうです。 また、モアイにはめられた目には霊力があると信じられており、必ず目をつぶしていました。 この争いは50年ほど続いたそうです。 そのため、島民の生活は時代に逆行し、まるで石器時代のようになってしまったと伝わっています。 一方、島民が持ち込んだネズミにより森林が破壊されたという説もあります。 資源に限りがあるとは考えもしなかったのかもしれません。 どこか、現代の地球の縮図を見ているような気持ちになりますね。 日本も関わるモアイの復元 破壊されたり倒されたりしたモアイは、20世紀になると復元活動が始まり、約40体が復元されました。 島の南部のアフ・トンガリキの15体のモアイは、視線の先にモアイを切り出したラノ・ララクという石切り場を見つめています。 実はこのモアイたちの修復には、日本の企業が関わっているのです。 テレビ番組をきっかけに、クレーンメーカーの株式会社タダノがクレーンを提供したのだそうです。 こうした世界的な名所に日本企業が関わっているとは、誇らしくなりますね。 ちなみに、15体のモアイ像のそばにひとりで立っているモアイ像は、かつて大阪万博の時に日本に来たそうですよ。 モアイ信仰の後の鳥人儀礼 イースター島には、モアイ文化の後に生まれたマケマケ神信仰があります。 マケマケ神がグンカンドリ(アジサシ)に導かれてイースター島に辿り着いたというものです。 そのため、マケマケ神は人々がグンカンドリを殺さないように定めたのでした。 オロンゴの岬には、頭が丸く嘴があり、人の手足を持つ鳥人の姿が彫られています。 部族の代表が聖なる鳥グンカンドリの最初の卵を対岸の小島から持ち帰って奉納すると、鳥人とみなされ1年間特別待遇を受けることになりました。 そして、鳥人の部族の長が1年だけ島を治める王となる権利が得られたそうです。 卵を持ち帰る競争は過酷で、命を落とす者も少なくありませんでした。 イースター島の歴史の歴史に触れよう いかがでしたか? イースター島のモアイには、まだまだ解明されない謎があります。 その一方で、環境破壊が人々の破滅の一因となった説は、我が身のことのように感じられました。 行くのは大変ですが、謎と歴史を秘めたモアイに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

次の

謎に包まれた孤島、イースター島の歴史

モアイ は 語る

授業ではラパ・ヌイ国立公園を取り上げました。 イースター島は、南太平洋の小さな孤島。 謎めいた石像モアイで有名ですが、学校教育における地理や歴史の教科書でふれられることはほとんどありません。 例えば、高校世界史の教科書で索引を見ると、「イースター蜂起」という項目が出てきますが、これは第1次世界大戦中にアイルランドがイギリスから独立を求めて独立宣言をおこなったという事件で、島とは何の関係もない。 というか「イースター」という呼び方そのものが、キリスト教の暦(4月)にちなんだもので、たまたま名前が一致したというだけなんですね。 この島のことが教科書に取り上げられない理由はなにか、このブログで私の考えを書いたことがありました。 しかし、その後、イースター島は教科書にちゃんと載っていることを発見しました。 小学校6年生の国語の教科書に、「イースター島にはなぜ森林がないのか」という文章が教材として掲載されているそうです。 また、中学2年生の国語の教科書には、安田喜憲氏の「モアイは語る」という文章が取り上げれています。 受講生のみなさんの中には、こうした教科書で学んだことがきっかけで、イースター島に関心を持ったという人がいるかもしれません。 以下はその文章の一部と、それを用いたテストの出題例です。 しかし、森が消滅するとともに、豊かな表層土壌が雨によって浸食され、流失してしまった。 火山島はただでさえ岩だらけだ。 その島において、表層土壌が流失してしまうと、もう主食のバナナやタロイモを栽培することは困難となる。 おまけに木がなくなったため船を造ることもままならなくなり、たんぱく源の魚を捕ることもできなくなった。 こうして、イースター島は次第に食料危機に直面していくことになった。 その過程で、イースター島の部族間の抗争も頻発した。 そのときに倒され破壊されたモアイ像も多くあったと考えられている。 モアイも作られることはなくなった。 文明を崩壊させた根本的原因は、森の消滅にあったのだ。 千体以上のモアイの巨像を作り続けた文明は、十七世紀後半から十八世紀前半に崩壊したと推定されている。 日本列島において文明が長く繁栄してきた背景にも、国土の七十パーセント近くが森で覆われているということが深く関わっている。 日本列島だけではない。 地球そのものが、森によって支えられているという面もある。 現代の私たちは、地球始まって以来の異常な人口爆発の中で生きている。 空欄に当てはまる言葉を、文章中から書き抜きなさい。 文章中の言葉を使って、二十字以内で書きなさい。 」とあるが、それはどういうことか。 文章中から二十字で探し、初めと終わりの四字を書き抜きなさい。 」とあるが、これを端的に表している言葉を、七字で書き抜きなさい。 国語の授業ではこうした勉強をするんですね。 なつかしいという感じもしますが、試験問題の出し方となると・・・。 この文章の筆者である安田先生は1946年生まれの地理学者で、国際日本文化研究センターの教授を務められました。 環境の変化と文明の歴史について、非常にスケールの大きな視点から取り組み、大胆な仮説を提唱されてきました。 その精力的な仕事ぶり、安田節とも言うべき率直な語り口には、私も尊敬の念を覚えます(私は直接師事したことはありませんが、何度か講演を聞いたことがあります)。 この文章も、生徒に環境問題を考えさせる上ですぐれた教材と思います。 ただ、筆者の意図を正確に読み取る、ということと、そこで書かれた内容を文字通りに信じるということとは違います。 大学生であれば、根拠となる事実はどこまで解明されているのか? こうした着想の背後にどのような文明観があるのか? それが読む者の意識にいかなる影響を及ぼしうるのか? についても想像力をめぐらすことがあってもよいでしょう。 調べてみるとわかることですが、イースター島の歴史や文明について日本語で書かれた学術論文は、意外なほど少ないです。 というか、ほとんどないと言ってもよいくらい。 ジャーナリスティックな記事や個人の紀行文はたくさんありますけど。 その理由として、原住民が書き残した同時代の文字史料が存在せず、使える情報が乏しいことが研究の制約となっているのだと思われます。 また、南太平洋の孤島という隔絶した地理的位置、世界史のメインストリームから離れた歴史的条件から、研究が少ないのはやむをえないことなのかもしれません。 英語圏での研究でも同じような状況のようです。 それゆえ、まだまだわからないことが多いのでしょう。 島の人口減少や環境変化に関しては、新しい仮説も出されています。 その中には、環境への配慮を欠いた住民の愚かさが自滅を招いたという批判的な見方のほか、きびしい環境の中で生存するため持続可能な生産に努力を続けた点を高く評価する見方まで、いろいろあります。 「それでは正解がわからないじゃないか」と、不満に思う人がいたら、それは上で見た国語の試験問題と同じ感覚でいるからです。 マルかバツか?という発想からは、早く卒業しないといけません。 わからないからこそ研究する意味がある、議論する必要があるのです。 最近、みつけた興味深いサイトを紹介しておきます。 開設者のThe Bradshaw Foundation というのは、スイスのジュネーブにある財団で、人類学や考古学の研究を支援しているようです。 そのミッションは、世界中の石造遺跡を調査し、人類が古代から成し遂げてきた芸術的価値を明らかにすることなのだそうです。 たくさんの事例が地域別に紹介されていて、その中にイースター島のモアイも登場します。 下記のページのビデオは、とてもわかりやすくて役に立ちそうです。 また、その下に「石造文化の盛衰」や「鳥人信仰」についての解説など、豊富な情報が掲載されています。 もちろん言語は英語ですが、写真や図がたくさんあるので、かなりの程度は理解できるのではないでしょうか。 TBSが制作した番組の一部はYoutubeでも見ることができます。 以下、これまでの記事にリンクしておきますので、受講生はぜひ読んでおいてください。

次の

インターネットランド

モアイ は 語る

感想文を書く時のポイント• そうすることで文章に説得力が増し、どこから何を考えたかということがわかりやすくなります。 そのため、説明文を初めて読んだときには読者が知らなかった事実が書いてあることが多いです。 あなた自身が初めて知った事実について述べることで感想文の質が上がります。 筆者と自分の意見が異なることもありますが、その際には共感した部分について述べるか、こういった考え方もあるのではといった提案のような形で述べるとよい文章になります。 [ad co-4] モアイは語る:感想文の例 タイトルにもある「モアイ」について多くのことを知りました。 モアイがどれだけ大きく重量のあるものなのか、また、それを運ぶことがどれだけ難しいことなのかをイメージして考えることができました。 特に「島の人々はヤシの木をころとして使い、完成したモアイを海岸まで運んだ」という部分から、イースター島の文明がいかに発達していたのか分かり驚きました。 そんな文明が発達した島であるのに、資源の使い方を間違えてしまって滅びてしまいました。 筆者が述べているように私もこの事実は他人事ではないと思います。 私たちは豊かに暮らしていますが、資源の使い方は確実に間違えています。 この生活をすぐにでも変えなければきっとイースター島と同じ未来になってしまう、できることは何だろうと考えさせられました。 [ad co-5] モアイは語る:授業指導案作成のポイント 「モアイは語る」の授業指導案を考える際には、次の2点を押さえて授業を構成する必要があります 指導案作成時のポイント• その「問い」を解決していくことで筆者の主張につながっていくことを押さえておくとよいです。 読み手が読む際、はじめの「問い」で興味を持ち、論が進むにつれて主張に近づいていくという構成を生徒に気づかせたいです。 [ad co-] モアイは語る:テスト問題の出題例と解答.

次の