豚肉 冷凍 下味。 豚肉の下味冷凍のレシピ12選!豚こま・ひき肉の人気作り置きおかずも

【写真付きで解説!】豚肉の冷凍保存方法と賞味期限、レシピ5選!

豚肉 冷凍 下味

豚肉の冷凍する下味のレシピ豚こま編の1つ目は、ポークケチャップです。 豚肉とトマト味のこのレシピは基本的には、豚ロースで作るポークケチャップですが、どこのスーパーでも買える豚こま肉でアレンジしてみます。 フライパンな油をひいたら、にんにくを炒めて、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。 その他の入れたい野菜を入れて火を通したら、豚肉を入れ、塩コショウをふってケチャップで味を整えます。 火が通ったら完成です。 豚こま肉でポークケチャップの材料• 豚こま肉約300グラム• にんにく1欠片もしくはにんにくチューブ適量• 玉ねぎ半分• その他お好みの野菜適量• 塩コショウ少々• 油をひいたフライパンににんにくの芽とたまねぎを入れて炒めます。 その後に豚にくを入れてよく炒めます。 塩コショウと焼肉のたれで味をつけたら完成です。 豚こまはとても使いやすいので、ぜひ最大限に活用してください。 また、焼肉のたれは、お米にも合いますが、麵類にも合います!個人的にはパスタと豚肉と焼肉のタレやうどんが好みです。 豚こまの焼肉のたれ炒めの材料• 豚こま300グラム• にんにくの芽10グラム• たまねぎ半分• その他入れたい野菜• 焼肉のたれ50グラム(好みで加減)• いわゆる豚キムチです。 冷凍しておけば作り置きのおかずとしてぴったりなのでぜひおすすめです。 また、ご飯と一緒に炒めればキムチチャーハンにもなり、お鍋に入れればキムチ鍋になります。 アレンジとしても使えるので1ストックはしておきましょう。 フライパンにごま油(なければサラダ油)を引いて、玉ねぎを炒めます。 玉ねぎがしんなりしてきたら豚肉を入れて火を通します。 キムチの素かキムチ漬けを一緒に炒めたら完成です。 以下の記事は冷凍保存におすすめのおかずレシピが載っています。 そちらも参考にしてください。 豚こま肉で豚キムチの材料• 豚こま肉300グラム• 玉ねぎ半分• 王道なのはピーマンにひき肉を詰めるものがありますが、今回は油揚げにひき肉を詰めるレシピを紹介します。 まず、干ししいたけを600ccの水で戻します。 その間に玉ねぎと人参をみじん切りにしておきます。 油揚げは半分に切ります。 水400ccを鍋に入れ、玉ねぎ、人参、しいたけの戻し汁、ひき肉を入れ、沸騰させます。 しいたけも細かく切って鍋に入れ、調理酒、砂糖を加えて火を通します。 火が通ったら、だし、塩、醤油で味付けをし、30分以上煮込みます。 具材とつゆをざるでこしながら分けます。 つゆは再び鍋に戻し、具材は油揚げに詰めていきます。 上の部分をかんぴょうで結び、かんぴょうの部分を下に向けながら鍋に入れ、かんぴょうが柔らかくなるまで煮たら完成です。 冷たくても暖かくてもおいしい一品です。 ひき肉で作る油揚げの肉詰めの材料• ひき肉300グラム• 水1000cc• 玉ねぎ1個• にんじん3分の1• 干ししいたけ100グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ5• だしの素、塩少々• ハンバーグは焼いてから冷凍しても焼く前に冷凍しても問題ありませんので、やりやすい方で冷凍してください。 ひき肉に玉ねぎのみじん切りを入れ、粘り気が出るまでこねます。 卵、塩コショウで調味して空気を抜いたら型を取ります。 冷凍する場合は1つずつラップにくるみます。 ソースは、ハンバーグの焼いた時の汁とソースとケチャップを混ぜるのみです。 ソースも冷凍できます。 ハンバーグには付け合わせが必須です。 また、ソースはお好みでポン酢と大根おろしにしたりデミグラスソースにしたりアレンジをきかせてください。 以下の記事はハンバーグの付け合わせにぴったりな手軽な野菜レシピが載っています。 そちらも合わせて読んでみてください。 ひき肉でハンバーグの材料• ひき肉300グラム• 玉ねぎ半分• 卵1個• ソース、ケチャップ各大さじ1ずつ(好みで加減)• すき焼きのような味付けをしておいて冷凍保存しておく作り置きおかずレシピです。 冷凍に向かない白滝や豆腐は抜いて、そのままおかずとしても食べれますし、ご飯に乗せて食べてもおいしいです! フライパンに豚肉を引いて塩コショウをふったらよく焼きます。 砂糖、調理酒、醤油で味を調えたらネギ、白菜、えのきを加えて完成です。 お好みで食べる直前に卵を割ってください。 多めに作って小分けで冷凍しておくのも1つの方法です。 すき焼きとして食べる場合には、食べる前に豆腐と白滝を加えてください。 豚バラですき焼き風の材料• 豚バラ肉300グラム• 砂糖大さじ4• 醤油大さじ2• ネギ1本• 白菜4分の1• えのき1株• 塩コショウ少々• 牛丼と同じ作り方でお肉が違うだけなので簡単です。 たくさん作っておき、1食ずつ小分けにして食べる時に電子レンジでチンするのが簡単に食べられる方法です。 鍋に玉ねぎ、豚肉を入れて具材が浸る程度の水を入れ、だしの素、砂糖、しょうがで煮込みます。 豚肉が柔らかくなったら、塩、醤油で味付けをしていきます。 お好みでネギを散らして食べてください。 アレンジレシピとして、豚丼の素の上にキムチをのせたり、チーズをトッピングするレシピがおすすめです。 また、余ってしまった場合には天ぷらにしてかき揚げにするととてもおいしいので、そちらも試してみてください。 豚バラ肉で豚丼の材料• 豚肉300グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ2• 玉ねぎ1個• だしの素、塩、しょうが少々• 下ごしらえが少々手間ですが、作り置きおかずとしてぴったりのレシピなのでぜひ時間がある時にたくさん作っておきましょう。 巻く野菜は基本なんでもいいのですが、筆者はいんげんと人参が好みです。 巻く野菜を下ゆでします。 生の豚肉に塩コショウをふって、野菜を巻いていきます。 フライパンに油をひいて、豚肉の巻き終わりを下にしならがフライパンに並べ、火にかけます。 肉巻きをひっくり返しながらある程度焦げ目がついたら少量の水で蒸し焼きにします。 この時に、だしの素、砂糖を加えます。 水分が飛んだら、塩、醤油で味付けをして完成です。 お弁当にも最適です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスや隣にトマトを飾ると映えます。 また、巻く具材は大根やえのきにしてもおいしく召し上がれます。 豚ロースで肉巻きの材料• 豚ロース300グラム• お好みの野菜適量• だしの素、砂糖、塩コショウ少々• 塩小さじ1• お弁当のおかずとして定番の生姜焼きを冷凍で作り置きしておきます。 生姜焼きはそのままでもおかずとして活用できますが、アレンジすることも可能です。 特に豚丼の元へのアレンジはとてもおいしく出来上がるのでおすすめです。 豚肉の生姜焼きのレシピは、フライパンに少な目の油をひいて塩コショウをふった豚肉を焼きます。 チューブしょうがで味付けをしながらしっかりと豚肉を焼きます。 しょうゆ、砂糖、スライスしょうがで味を調えたら完成です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスをひいて、大き目の豚肉のまま盛り付け、スライスしたしょうがを上に飾ります。 お弁当のおかずにする場合にはしっかりとカットして盛り付け、ミニトマトを横に添えましょう。 豚肉の生姜焼きの材料• 豚肉ロース300グラム• 砂糖、醤油、塩、スライスしょうがコショウ少々• メンマと豚肉を使って炒める簡単レシピです。 メンマは瓶詰めの物を使用します。 油をひいたフライパンにざく切りの玉ねぎを入れて軽く炒めたら、豚肉を入れて塩コショウをふってしっかりと火を通します。 最後にメンマを加えて炒めたら完成です。 豚肉でメンマを巻いて食べることでおいしさが高まります。 メンマの味付けを利用しているので、基本的に味付けはシンプルの方がいいです。 冷凍してお弁当のおかずにどうぞ。 豚肉とメンマの炒め物• 豚肉ロース300グラム• 玉ねぎ1個• メンマ1瓶• 塩コショウ少々 冷凍の豚肉の保存期間は? 冷凍の豚肉の保存期間は調理前なら1週間から1ヶ月.

次の

下味冷凍レシピ15選|作り置きできる豚肉の手作りおかず下ごしらえは?

豚肉 冷凍 下味

なんとなく想像つくけど「下味冷凍」ってどんなもの? 出典:instagram. com 主婦や料理できる女子からじわじわ人気になっている「下味冷凍」とは、食材に下味をつけて冷凍する保存方法のこと。 「下味冷凍」を使った料理のタイトルや説明でこの言葉が使われることもあります。 com 美味しくて簡単!と口コミで評判になるレシピ・保存方法が載った一冊。 食材を安い日にまとめて買って一週間分・二週間分一気に作ってしまえば、忙しい日も雨の日もいつでも冷凍庫から美味しい食材が入っているというわけです。 「下味冷凍」にはジップロックフリーザーバッグが最適! 出典: 下味冷凍をする際には冷凍用保存袋「ジップロックフリーザーバッグ」が大活躍します。 2本&2種類のジッパー付きで下味をつけるための液体漏れ防止• 指の感覚で閉めた感じがわかるウルトラジッパー採用• 下味冷凍から解凍作業までジップロックのままで可能• 食材を乾燥や酸化から守る厚手素材 など、安心して冷凍できるクオリティを備えているジップロックは最強アイテムです! 【鶏肉編】おいしい「下味冷凍」の味付け方法&レシピ 基本!やわらかい鶏胸肉の下味冷凍から解凍まで 出典: 胸肉の重さの1%分の塩・砂糖、10%分の水を入れて揉み込むだけの下味処理なのでとっても簡単! 冷蔵庫で1時間寝かせてから1枚分ごとにラップして冷凍します。 解凍するは自然解凍が一番おいしいですが、夜に作るなら朝イチに冷蔵庫に移してもOK。 時間がない時など料理によってはレンジで解凍しつつ火を入れてしまうのもおすすめです。 バジル粉• レモン汁• コショウ の調味料を刷り込んだらジップロックなどで冷凍すれば完成です! まさに一石二鳥!一度に2つの味が作れる鶏もも肉の下味冷凍法 出典: 食べやすいサイズに切ったら油・塩コショウを揉み込み、そのうちの半分をジップロックに入れます。 残った半分にはクミン・ナツメグ・一味唐辛子を投入してよく揉みこんだら保存袋へ。 これでシンプルな塩コショウ味に加え、香辛料入りのスパイシー味が一度の下準備で作れます。 根強い人気!美味しい鶏もも肉塩麹漬けの下味冷凍法 出典: お肉料理が格段に美味しく仕上がる塩麹なら、鶏もも肉に混ぜて揉み込むだけの超簡単な下処理!• 一口サイズに切る• 塩麹を揉み込む• 空気を抜いたジップロックで冷凍保存 たった3ステップで唐揚げにも炒め物にも使える万能味付き鶏の完成です! お弁当に時短ディナーに!鶏胸肉のやわらか蒸し 出典: タイ料理の定番「カオマンガイ」風のやわらか~い蒸し鶏も下味冷凍で作れます。 ピリッとしたアジアンソースでいただくもよし、サラダやチキンカツにするのもおすすめです。 ごはんが進む!鶏胸肉のにんにく醤油漬けを下味冷凍 出典: にんにく醤油の味付けが食欲をそそる鶏料理はコスパの良い定番料理のひとつ。 下味冷凍で常備しておけば、忙しくて時間のない夜でも解凍して焼くだけ!酒・みりん・醤油・みりん・チューブのにんにくで作れる最強レシピです。 大きめのままでOK!鶏もも肉のソテー用下味冷凍法 出典: 大きい鶏肉を買ってきたら不要な脂をとってスジを切り、調味料を揉み込むのみです。 スジ切りも味付けも終わっているので解凍後ソテーするだけで立派なメインディッシュが作れます。 下味冷凍で簡単!塩麹の効いた鶏の唐揚げ 出典: 塩麹を揉みこんで下味冷凍した鶏肉を使えば揚げる作業のみでアツアツの本格唐揚げが楽しめちゃいます。 焦げることがあるのでやや低めの温度で揚げるのがポイントです。 トマト缶で作る!鶏胸肉のトマト煮込み 出典: 和風の味付けや唐揚げに飽きたらイタリアンなトマト煮込みもおすすめです。 片栗粉のとろみを野菜のうまみたっぷりのメインレシピも下味冷凍のチキンを使えば時短調理OK! 【豚肉編】おいしい「下味冷凍」の味付け方法&レシピ 安い豚肉でもやわらか!旨味もアップの豚こまケチャップ 出典: 「下味冷凍」ジャンルの中でもケチャップ味はおいしくできるので定番中の定番。 しかもケチャップ効果でお肉が柔らかくなって旨味もアップできるという下味冷凍にとって心強い味付けです。 酸味があとひく酢豚風豚こまバーグ 出典: ケチャップで下味冷凍した豚こまを使った酢豚風の調理アレンジは食べやすく小さいお子さんから大人まで楽しめるレシピ。 解凍したお肉の形を整えながらとろみをつけるのがポイントです。 野菜と卵も入りつつ、マヨネーズを加えれば食欲そそる一品が時短で作れます。 時短煮込みでおいしい肉じゃが!豚こま玉ねぎを使った定番レシピ 出典: 麺つゆで下味冷凍した豚こまを使っているので、順番に食材を煮込んでいくだけで作れる肉じゃがは女性の強い味方。 味付けが麺つゆでできちゃうところも時短レシピならではです。 フライパンで揚げ焼きにするので油っこすぎず、旨味たっぷりの下味冷凍レシピです。 中華調味料を効かせた下味冷凍タラのパン粉焼き 出典: タラの骨を取って下処理、味付けをして一晩以上冷凍します。 レンジで作れて栄養価も高いのでダイエット中の女性にもおすすめの下味冷凍レシピです。 家族で食べれるボリューム感!味噌ヨーグルトで下味をつけた鮭のちゃんちゃん焼き 出典: 鮭に玉ねぎ・キャベツ・しめじといえば、ちゃんちゃん焼き。 味噌とヨーグルトで鮭に下味がしっかりついているのでお店に負けない味が楽しめます。 下味冷凍で差がつく!あっさりで美味しいタラの唐揚げ 出典: タラの下味冷凍を作っておけば揚げ物も簡単にできちゃいます。 タラを入れていた袋に薄力粉を入れて揉み込み、片栗粉も同じ袋の中に入れて粉作業が完結できます。 フライパンで揚げられるのでとってもお手軽レシピ! 鶏肉よりもさっぱりいただけるので女性のお酒のお供にもおすすめです。 まとめ 出典:instagram. com さてさて、「下味冷凍」の味付けやレシピを食材別にたくさんご紹介してきました。 お肉から魚まで味付け次第で本当に様々な味付けを楽しめて、調理時間を短縮できるのが何よりのメリット。 週に一度でもしっかり料理の時間が取れる人にはかなりおすすめです! 忙しい日でも30分とかからずにしっかり手作り料理を食卓に並べることができるので、健康的にも自己充実感的にも最強の調理法。 たとえば時間のかかるメイン料理にしぼって1週間分作るのもいいですし、平日のお弁当分だけなんて作り方もありです。 「下味冷凍」テクを身につけると女子力もかなり上がります。 男性から見てもこういう下ごしらえ的保存がサクッとできる女性はしっかり者にうつるもの。 あなたもぜひ「下味冷凍」で時短スマート調理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?.

次の

豚こまの味噌マヨ漬け【#漬けて焼くだけ#下味冷凍#作り置き】 by Yuu

豚肉 冷凍 下味

豚肉の冷凍する下味のレシピ豚こま編の1つ目は、ポークケチャップです。 豚肉とトマト味のこのレシピは基本的には、豚ロースで作るポークケチャップですが、どこのスーパーでも買える豚こま肉でアレンジしてみます。 フライパンな油をひいたら、にんにくを炒めて、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。 その他の入れたい野菜を入れて火を通したら、豚肉を入れ、塩コショウをふってケチャップで味を整えます。 火が通ったら完成です。 豚こま肉でポークケチャップの材料• 豚こま肉約300グラム• にんにく1欠片もしくはにんにくチューブ適量• 玉ねぎ半分• その他お好みの野菜適量• 塩コショウ少々• 油をひいたフライパンににんにくの芽とたまねぎを入れて炒めます。 その後に豚にくを入れてよく炒めます。 塩コショウと焼肉のたれで味をつけたら完成です。 豚こまはとても使いやすいので、ぜひ最大限に活用してください。 また、焼肉のたれは、お米にも合いますが、麵類にも合います!個人的にはパスタと豚肉と焼肉のタレやうどんが好みです。 豚こまの焼肉のたれ炒めの材料• 豚こま300グラム• にんにくの芽10グラム• たまねぎ半分• その他入れたい野菜• 焼肉のたれ50グラム(好みで加減)• いわゆる豚キムチです。 冷凍しておけば作り置きのおかずとしてぴったりなのでぜひおすすめです。 また、ご飯と一緒に炒めればキムチチャーハンにもなり、お鍋に入れればキムチ鍋になります。 アレンジとしても使えるので1ストックはしておきましょう。 フライパンにごま油(なければサラダ油)を引いて、玉ねぎを炒めます。 玉ねぎがしんなりしてきたら豚肉を入れて火を通します。 キムチの素かキムチ漬けを一緒に炒めたら完成です。 以下の記事は冷凍保存におすすめのおかずレシピが載っています。 そちらも参考にしてください。 豚こま肉で豚キムチの材料• 豚こま肉300グラム• 玉ねぎ半分• 王道なのはピーマンにひき肉を詰めるものがありますが、今回は油揚げにひき肉を詰めるレシピを紹介します。 まず、干ししいたけを600ccの水で戻します。 その間に玉ねぎと人参をみじん切りにしておきます。 油揚げは半分に切ります。 水400ccを鍋に入れ、玉ねぎ、人参、しいたけの戻し汁、ひき肉を入れ、沸騰させます。 しいたけも細かく切って鍋に入れ、調理酒、砂糖を加えて火を通します。 火が通ったら、だし、塩、醤油で味付けをし、30分以上煮込みます。 具材とつゆをざるでこしながら分けます。 つゆは再び鍋に戻し、具材は油揚げに詰めていきます。 上の部分をかんぴょうで結び、かんぴょうの部分を下に向けながら鍋に入れ、かんぴょうが柔らかくなるまで煮たら完成です。 冷たくても暖かくてもおいしい一品です。 ひき肉で作る油揚げの肉詰めの材料• ひき肉300グラム• 水1000cc• 玉ねぎ1個• にんじん3分の1• 干ししいたけ100グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ5• だしの素、塩少々• ハンバーグは焼いてから冷凍しても焼く前に冷凍しても問題ありませんので、やりやすい方で冷凍してください。 ひき肉に玉ねぎのみじん切りを入れ、粘り気が出るまでこねます。 卵、塩コショウで調味して空気を抜いたら型を取ります。 冷凍する場合は1つずつラップにくるみます。 ソースは、ハンバーグの焼いた時の汁とソースとケチャップを混ぜるのみです。 ソースも冷凍できます。 ハンバーグには付け合わせが必須です。 また、ソースはお好みでポン酢と大根おろしにしたりデミグラスソースにしたりアレンジをきかせてください。 以下の記事はハンバーグの付け合わせにぴったりな手軽な野菜レシピが載っています。 そちらも合わせて読んでみてください。 ひき肉でハンバーグの材料• ひき肉300グラム• 玉ねぎ半分• 卵1個• ソース、ケチャップ各大さじ1ずつ(好みで加減)• すき焼きのような味付けをしておいて冷凍保存しておく作り置きおかずレシピです。 冷凍に向かない白滝や豆腐は抜いて、そのままおかずとしても食べれますし、ご飯に乗せて食べてもおいしいです! フライパンに豚肉を引いて塩コショウをふったらよく焼きます。 砂糖、調理酒、醤油で味を調えたらネギ、白菜、えのきを加えて完成です。 お好みで食べる直前に卵を割ってください。 多めに作って小分けで冷凍しておくのも1つの方法です。 すき焼きとして食べる場合には、食べる前に豆腐と白滝を加えてください。 豚バラですき焼き風の材料• 豚バラ肉300グラム• 砂糖大さじ4• 醤油大さじ2• ネギ1本• 白菜4分の1• えのき1株• 塩コショウ少々• 牛丼と同じ作り方でお肉が違うだけなので簡単です。 たくさん作っておき、1食ずつ小分けにして食べる時に電子レンジでチンするのが簡単に食べられる方法です。 鍋に玉ねぎ、豚肉を入れて具材が浸る程度の水を入れ、だしの素、砂糖、しょうがで煮込みます。 豚肉が柔らかくなったら、塩、醤油で味付けをしていきます。 お好みでネギを散らして食べてください。 アレンジレシピとして、豚丼の素の上にキムチをのせたり、チーズをトッピングするレシピがおすすめです。 また、余ってしまった場合には天ぷらにしてかき揚げにするととてもおいしいので、そちらも試してみてください。 豚バラ肉で豚丼の材料• 豚肉300グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ2• 玉ねぎ1個• だしの素、塩、しょうが少々• 下ごしらえが少々手間ですが、作り置きおかずとしてぴったりのレシピなのでぜひ時間がある時にたくさん作っておきましょう。 巻く野菜は基本なんでもいいのですが、筆者はいんげんと人参が好みです。 巻く野菜を下ゆでします。 生の豚肉に塩コショウをふって、野菜を巻いていきます。 フライパンに油をひいて、豚肉の巻き終わりを下にしならがフライパンに並べ、火にかけます。 肉巻きをひっくり返しながらある程度焦げ目がついたら少量の水で蒸し焼きにします。 この時に、だしの素、砂糖を加えます。 水分が飛んだら、塩、醤油で味付けをして完成です。 お弁当にも最適です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスや隣にトマトを飾ると映えます。 また、巻く具材は大根やえのきにしてもおいしく召し上がれます。 豚ロースで肉巻きの材料• 豚ロース300グラム• お好みの野菜適量• だしの素、砂糖、塩コショウ少々• 塩小さじ1• お弁当のおかずとして定番の生姜焼きを冷凍で作り置きしておきます。 生姜焼きはそのままでもおかずとして活用できますが、アレンジすることも可能です。 特に豚丼の元へのアレンジはとてもおいしく出来上がるのでおすすめです。 豚肉の生姜焼きのレシピは、フライパンに少な目の油をひいて塩コショウをふった豚肉を焼きます。 チューブしょうがで味付けをしながらしっかりと豚肉を焼きます。 しょうゆ、砂糖、スライスしょうがで味を調えたら完成です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスをひいて、大き目の豚肉のまま盛り付け、スライスしたしょうがを上に飾ります。 お弁当のおかずにする場合にはしっかりとカットして盛り付け、ミニトマトを横に添えましょう。 豚肉の生姜焼きの材料• 豚肉ロース300グラム• 砂糖、醤油、塩、スライスしょうがコショウ少々• メンマと豚肉を使って炒める簡単レシピです。 メンマは瓶詰めの物を使用します。 油をひいたフライパンにざく切りの玉ねぎを入れて軽く炒めたら、豚肉を入れて塩コショウをふってしっかりと火を通します。 最後にメンマを加えて炒めたら完成です。 豚肉でメンマを巻いて食べることでおいしさが高まります。 メンマの味付けを利用しているので、基本的に味付けはシンプルの方がいいです。 冷凍してお弁当のおかずにどうぞ。 豚肉とメンマの炒め物• 豚肉ロース300グラム• 玉ねぎ1個• メンマ1瓶• 塩コショウ少々 冷凍の豚肉の保存期間は? 冷凍の豚肉の保存期間は調理前なら1週間から1ヶ月.

次の