インターバルタイマー android。 CountDownTimerを使ってはいけない2つの理由「Android」(1)

おすすめタイマーアプリ5選(iPhone/android)キッチン、インターバル、かわいいタイムウォッチまで

インターバルタイマー android

・ アラームは設定した時間が来たら一回だけ鳴る(快適) アラームの音は、1カウントのゴング音と6カウントのゴング音の二種類から選択可 ・ ブラウザで動くwebアプリケーションなのでダウンロードする必要がない 気に入らなくてもアンインストールする手間がない ・ 設定時間は、秒単位で自由に設定可能。 ・ 筋トレ終了後すぐに、ツイッターで「筋トレ終了!」を呟けるボタンがあります!これで呟いておけば、いつ筋トレしたのかを記録できます!(便利!) 1-2 筋トレインターバルタイマーを実際に使ってみた結果と使用方法 では実際に、筋トレインターバルタイマーの使い方をご紹介させて頂きます。 音量調節にご利用ください。 このタイマーは、アラーム音を二種類装備しております。 初期設定では「1カウントのゴング音」ですが「sound select」ボタンを押せば「6カウントのゴング音」に変わります。 例えば、設定時間を3分にすれば、3分後に試合終了!みたいな感じで「6カウントのゴング」が鳴ります。 でも、実際は1分の時もあれば、2分、3分の時もあります 汗 これは、あまり宜しくない…。 いや、適当でも結果が出てる人ならば問題ないかもしれません! しかし、私は何もやってない人よりは筋肉ついてるけど、やってる人と比べたらまだまだ全然です(しょんぼり) なので今一度、 インターバルをちゃんと管理しようと思い、立ち上がりました! 大袈裟 3.色んなタイマーアプリを試した結果・・・ 2-1 スマホに入ってたタイマー・・・ インターバルの時間をしっかり把握しよう!そうだ!スマホのタイマーを使おう!と思いたった私は、早速スマホに初めから入っていたタイマーアプリを使ってみました。 「1分に設定して…」スタート! 一分後… ピピピ!ピピピ!ピピピ!ピピピ!ピピピ!ピピピ! 「うるせーよ 苦笑 」 停止を押すまでアラームが鳴るのは、鬱陶しくてちょっとダメでした。 結果、 スマホに入ってたタイマーは使えませんでした 汗 2-2 google playストアで探してみた・・・ よし、アプリでよさそうなのが一杯あるから、探して使ってみよう!っと思い、よさげなのを何個かダウンロードして使って見ました。 うーん、凄く多機能なアプリとか色々あるけど…なにか違う!自分の思ってるモノが無い…。 ダウンロードして、試してアンインストールして…を何時間か繰り返してると「この時間にどれだけの筋トレをこなす事が出来ただろうか…」と本末転倒感を感じつつ、気づいたら青空を見上げていました。 いい天気だ 4.そして、自作の筋トレインターバルタイマーを制作・・・ そうだ!自分で作ればいいのか!っと、はりきってオリジナルの筋トレインターバルタイマーを作りました! 無料!iPhone、アンドロイド、パソコン、タブレットでも使えます! Hiroshiオリジナル筋トレインターバルタイマーはこちら 4.まとめ ぶっちゃけ、自己満足で作って使っていたのですが、思ってたより快適なので「筋トレをされている方」「筋トレタイマーをお探しの方」に使ってみて頂きたいなぁと今回ご紹介させて頂きました。 4-1 インターバルタイマーを使って解ったこと! 改めてしっかりと、インターバルの時間を把握してみたのですが、1分だとちょっと短いのかな…?という印象でした。 種目にもよるのですが、高重量系のトレーニングは、セットごとに上がる回数が激減するので、もう少し長めのインターバルを取ったほうがいいのかなぁと思いました。

次の

筋トレのお供に!おすすめの無料トレーニングタイマーアプリ7選

インターバルタイマー android

あなたのWindowsコンピュータで インターバルタイマーforトレーニング2Lite を使用するのは実際にはとても簡単ですが、このプロセスを初めてお使いの場合は、以下の手順に注意する必要があります。 これは、お使いのコンピュータ用のDesktop Appエミュレータをダウンロードしてインストールする必要があるためです。 以下の4つの簡単な手順で、インターバルタイマーforトレーニング2Lite をコンピュータにダウンロードしてインストールすることができます: 1: Windows用Androidソフトウェアエミュレータをダウンロード エミュレータの重要性は、あなたのコンピュータにアンドロイド環境をエミュレートまたはイミテーションすることで、アンドロイドを実行する電話を購入することなくPCの快適さからアンドロイドアプリを簡単にインストールして実行できることです。 誰があなたは両方の世界を楽しむことができないと言いますか? まず、スペースの上にある犬の上に作られたエミュレータアプリをダウンロードすることができます。 または B. 個人的には、Bluestacksは非常に普及しているので、 "B"オプションをお勧めします。 あなたがそれを使ってどんなトレブルに走っても、GoogleやBingで良い解決策を見つけることができます lol. 2: Windows PCにソフトウェアエミュレータをインストールする Bluestacks. exeまたはNox. exeを正常にダウンロードした場合は、コンピュータの「ダウンロード」フォルダまたはダウンロードしたファイルを通常の場所に保存してください。 見つけたらクリックしてアプリケーションをインストールします。 それはあなたのPCでインストールプロセスを開始する必要があります。 [次へ]をクリックして、EULAライセンス契約に同意します。 アプリケーションをインストールするには画面の指示に従ってください。 上記を正しく行うと、ソフトウェアは正常にインストールされます。 今度は インターバルタイマーforトレーニング2Lite を検索バーに表示し、[検索]を押します。 あなたは簡単にアプリを表示します。 クリック インターバルタイマーforトレーニング2Liteアプリケーションアイコン。 のウィンドウ。 インターバルタイマーforトレーニング2Lite が開き、エミュレータソフトウェアにそのアプリケーションが表示されます。 インストールボタンを押すと、アプリケーションのダウンロードが開始されます。 今私達はすべて終わった。 次に、「すべてのアプリ」アイコンが表示されます。 をクリックすると、インストールされているすべてのアプリケーションを含むページが表示されます。 あなたは アイコンをクリックします。 それをクリックし、アプリケーションの使用を開始します。 それはあまりにも困難ではないことを望む? それ以上のお問い合わせがある場合は、このページの下部にある[連絡先]リンクから私に連絡してください。 良い一日を! 開発者 説明 いつもありがとうございます。 インターバルタイマーforトレーニングシリーズダウンロード数30万回を突破しました! 本アプリはスポーツをされる方々のトレーニングをサポートするために開発したインターバルタイマーです。 プランクトレーニング、体幹トレーニング、タバタ式トレーニング、ヨガ、ストレッチなど、様々な用途でご利用頂けます。 ・筋トレ時間と休憩時間、セット数を設定してスタートボタンでタイマーがスタート。 ・設定した運動時間と休憩時間が交互に繰り返されます。 ・残り時間の割合をアニメーションによってお伝えします。 ・残り時間が3秒になると音声によるカウントダウンが始まります。 ・開始と終了の際には振動でお知らせします。 リストタイマー ・エクササイズ名と秒数を設定し、一連のエクササイズを順番に実行していきます。 ・一連のエクササイズをまとめたリストは何個でも作ることができます。 ・タイマー実行画面では、登録してあるエクササイズが一覧で表示されるため、残りのエクササイズを常に確認でき、シンプルタイマー画面同様、カウントダウンも行われます。 ・リピートをオンにしている場合は全てのエクササイズが終わった後、最初のエクササイズに戻ります。 その種類は何と20種類越え!好きなカウントダウンの音が見つかるはず! ・リストタイマー画面では、設定したエクササイズが終了した時にリピートするかどうかを設定できます。 ・開始時、終了時のバイブレーションのオン・オフを設定できます。

次の

‎「インターバル速歩」をApp Storeで

インターバルタイマー android

ネットで検索してすぐ気がつくのは「」というクラスがあり、それが名前の通り使えそうだということです。 こんにちはFeeeeelogです。 私もまずはCountDownTimerでタイマーを実装しようとしました。 結論から言います。 簡易的なカウントダウンタイマーとして使うにはCountDownTimerクラスは有効です。 しかし、 Google playで公開するようなアプリの実装として使うのは危険です。 個人の範囲で利用するようなアプリの場合は問題ないでしょう。 それでは、具体的な2つの問題点について説明します。 1つ目の問題は「カウントダウンのタイミングに誤差がある」です。 CountDownTimerクラスは、カウントダウンする時間と間隔を指定して動作します。 例えば、10分後に1秒間隔でカウントダウンするというような動作です。 millisLeftは残り時間(ミリ秒)です。 mCountDownIntervalは間隔(ミリ秒)のことで、1秒間隔であれば1000です。 Handler sendMessageDelayed Message, long の呼び出しによって第2引数に指定されたミリ秒後に、Handler handleMessage Message を呼び出します。 つまり、このソースのロジックをカウントダウンする回数繰り返します。 カウントダウンする間隔がずれても修正しない実装になっている まず最初に言っておきますが、1秒を常に完璧に計測することはできません。 1ミリ秒ずれるなどの可能性はあります。 よって、ずれることが問題ではなく、ズレを修正する実装になっていないことが問題です。 long delayで遅延するミリ秒を計算しているのですが、具体的な例で説明します。 elapsedRealtime ; SystemClock. これはonTick millisLeft でUIの文字列を更新するなどの処理をするために時間が進みやすいからです。 一間合っているように見えます。 995ミリ秒後、つまり残り3000ミリ秒になるからです。 しかし、Handler sendMessageDelayed Message, long によって呼び出されるのは正確に995ミリ秒後にはならないことが多々あります。 Handler handleMessage Message が呼び出される時のSystemClock. しかし、現実はSystemClock. 再び動作してdelayを計算すると次のようになります。 次のカウントはSystemClock. これを何度も繰り返すうちにonTick millisLeft が呼び出される間隔はずれていきます。 解決策1:妥協案 様々なブログにも書いている通り、1秒間隔でカウントダウンするならばそれより短い間隔 100~500ミリ程度 でカウントダウンすることでonTick long の呼び出す回数を増やしてごまかすということです。 ミリ秒まで表示するカウントダウンタイマーを作れば分かりますが、実際には1秒単位で表示を更新するわけではありません。 カウントダウンのタイミングが重要でないならば問題ありません。 そうでなければ厳密にはやはりずれていると言えるでしょう。 解決策2:本気で解決する カウントダウンする間隔がずれても修正しない実装になっていると説明しました。 つまり、ずれることが前提であり、そのずれ修正してカウントダウンするクラスを自作することです。 CountDownTimer. javaを参考に自分でクラスを作ってください。 カウントダウン終了時刻にずれはない 1秒間隔のカウントダウンを期待しても、1秒からずれることは説明した通りです。 ですが、カウントダウン終了時刻のonFinish の呼び出しのずれはほとんどありません。 ただし、次のページで説明する2つ目の問題が発生する場合はその限りではありません。 CountDownTimerの2つ目の問題 次の問題のほうが大きな問題です。 続きは「」へ進んでください。

次の