源氏物語 須磨の秋。 秋好中宮

源氏物語を読む 須磨・注釈

源氏物語 須磨の秋

須磨に現れた明石入道 嵐は何日も続く。 そこへ二条院からの使者がぼろぼろの酷い姿でやって来た。 普段ならともかく、都の様子も心配なので源氏は使者をそばに寄せ、話を聞いた。 都もこの嵐に翻弄されていて、大きな雹が降り、雷が轟くありさま。 往来は塞がり、全ての行事も政治も停止しているとのことだ。 一向に嵐が止まないので、源氏たちは住吉の神の方向へ祈りを捧げるが、屋敷に落雷して廊下が炎上してしまう。 一同は身分の上下関係なく一か所に集まり、震えて夜を過ごした。 うとうととうたた寝をする源氏の夢見枕に桐壷院が立つ。 院もまた「なぜこんな見苦しい場所にいるのか」と言葉を発し、続いて「住吉の神の導きに従って、この浦を去りなさい」と述べた。 明石の君とのやりとり 日が昇る前に出立し、源氏たちは明石入道の邸宅へ入る。 家も庭も趣向を凝らしてあり、都とたがわぬ造りである。 入道の一人娘、 明石の君 (あかしのきみ)は山手の棟に暮らしていて、源氏は浜手の棟で暮らすことになった。 さっそく源氏は紫の上や入道の宮へ現状を伝える手紙をしたためて使いに持たせた。 明石入道は勤行三昧の日々を過ごしつつも、源氏の嫁に迎えてもらおうと、それとなく娘のことをほのめかす。 源氏は都に置いてきた紫の上を思うとそんな気にはなかなかなれないが、生来の気が多い性質はそうそう変化するものでもない。 明石の君もまた、ほのかに垣間見た源氏の美麗な姿を想うにつれ、自分の身との差を感じ、親のもくろみを面倒で恥ずかしいことだと思うのだった。 4月になった。 源氏が琴を弾くと、その音色は明石の君や明石入道のもとにも届いた。 見事な音色に入道は居ても立ってもいられず、源氏のもとへ行き、ともに琴を奏でる。 入道は明石の君が弾く琴も良い音色なので、いずれお聞かせしたいと申し出た。 まずは和歌のやり取りからと源氏は手紙を送るが、明石の君は恥ずかしがって返事もしない。 入道の代筆の返歌にややも呆れる源氏だったが、興味は募るばかりだ。 追って返事を書くと、以降は明石の君も自筆で返信するようになった。 一方、都では朱雀帝の夢枕に桐壷院が立ち、怒りに満ちた目で帝を睨んでいる。 これは源氏を冷遇したことに対する院の怒りなのかと畏れ多く、弘徽殿大后に進言するが軽くあしらわれてしまう。 しかし睨まれた祟りなのか朱雀帝は目を患い、次いで右大臣が死去、弘徽殿大后もまた病みついてしまうのだった。 明石の君との別れ 秋になっても源氏と明石の君の手紙のやり取りは続いていたが、これ以上を望むのは身の丈を過ぎた考えだと自分を戒める明石の君とは逆に、源氏はますます思いを募らせる。 噂の琴の音色もまだ聞かせてもらってないではないかと源氏は入道に持ちかけ、頃合いを見て入道が誘いの文句を寄越した。 その夜、馬で少人数だけを連れて山手の棟へ赴く源氏。 物越しでの明石の君との対面に始まり、心づくしにかき口説いて、ようやくふたりは結ばれる。 明石の君は源氏が想像した以上に上品で素晴らしい女人だった。 源氏はこうなったことを隠しだてしてはおけないだろうと、紫の上に「はかない夢をこの浦で見た」と隠喩で知らせる。 紫の上は真意を察知するが、恨み節を延々書き寄越すわけではなくさらりと一首だけ返歌を詠んだ。 最愛の人を傷つけてしまったと後悔した源氏は、しばらく明石の君のもとに通わなくなるが、それだけに明石の君は塞ぎこんでしまう。 年が明けた。 朱雀帝はいずれ譲位しようにも春宮に後見人がいないことを考えて、源氏を都に呼び戻すことを決定する。 弘徽殿大后の病も快癒せず、自身の眼病も再発したため、7月には再度都へ戻るよう宣旨を出した。 源氏は宣旨を嬉しく思うが、それは明石の君と別れを意味する。 明石の君は妊娠したようで、源氏はますます去りがたく、毎夜毎夜明石の君のもとへ通う。 秋になりいよいよ出立目前となっても、源氏は明石の君の傍を離れがたい様子である。 別れを偲んで明石の君にせがんだ琴の音色は、評判通りに格別なものだった。 源氏が明石の浦を去ると、明石の君はうち萎れ、入道も茫然自失の状態に陥ってしまう。 それでもお腹の子がいるからと、なんとか気を強く持ち自らを慰めた。 二条院に帰着した源氏は紫の上と対面する。 一段と美しさが増した紫の上と久しぶりに語らい、明石の君のことも隠さずに話す源氏。 政治にも復帰して、権大納言 (ごんだいなごん・定員外の大納言)になった。 数多くの女人との浮名を流した源氏だったが、帰着後は紫の上にべったりで他の女人のもとへ通うそぶりもない。

次の

源氏物語 須磨登場人物・見出し

源氏物語 須磨の秋

あらすじ [ ] との仲が発覚し、追いつめられたは後見するに累が及ばないよう、自らへの退去を決意する。 家を始めとする親しい人々やに暇乞いをし、東宮や女君たちには別れの文を送り、一人残してゆくには領地や財産をすべて託した。 須磨へ発つ直前、かつて彼がで勅使を務めた際に仮のとして仕えていた事がきっかけで、源氏と親しくしていた尉のが現われ、「私もお連れ下さい」と随行を志願。 彼もまた、源氏と親しくしていた事で官職を罷免されてしまったのだ。 彼も供を許され、須磨へ行くことに。 須磨の侘び住まいで、源氏は都の人々と便りを交わしたり絵を描いたりしつつ、淋しい日々を送る。 つれづれの物語にの噂を聞き、また都からがはるばる訪ねてきて、一時の再会を喜び合った。 やがて三月上巳の日、海辺で祓えを執り行った矢先に恐ろしい嵐が須磨一帯を襲い、源氏一行は皆恐怖におののいた。 連日のように続く、豪風雨。 眠れぬ日々を過ごす源氏一行。 ある晩、からの使いが訪れ、紫の上からの文を読んだ源氏は都でもこの豪風雨が発生している事を知る。 この悪天候のため、の仁王会が開催されることになり、都での政事は中止されていることが使いの口から明らかにされた。 都に残してきた家族を案ずる、源氏たち。 源氏はかつて、出会って間もない頃に幼い紫の上が住んでいた邸で、宿直 とのい した事を思い出していた。 須磨巻起筆説 [ ] などいくつかのには『源氏物語』が現在冒頭に置かれている「」の巻から書き始められたのではなく、この「須磨」の巻から起筆されたとする伝承が記録されている。 の『』にはの皇女から新しい物語を所望されてにこもって構想を練っていたところ、夜、の湖面に映った月を見て源氏物語の構想を思いついて須磨の巻の「こよいはなりと思し出でて」と書き始めたとしている。 但し現在では須磨の巻から起筆されたとする伝承は事実に基づくものではないと考えられている。 脚注 [ ].

次の

須磨 すま【源氏物語 十二帖】 須磨源氏 すまげんじ

源氏物語 須磨の秋

『須磨・心づくしの秋風』 「黒=原文」・ 「赤=解説」・ 「青=現代語訳」 原文・現代語訳のみはこちら 問題はこちら 須磨には、 いとど 心づくしの秋風に、海はすこし遠けれ ど、 いとど=副詞、いよいよ、ますます。 その上さらに 心づくし=名詞、深く気をもむこと、さまざまに思い悩むこと ど=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく 須磨では、ますます物思いを誘う秋風のために、海は少し遠いけれども、 行平の中納言の、「関吹き越ゆる」と言ひ けむ浦波、 夜々は げにいと近く聞こえて、 けむ=過去の伝聞の助動詞「けむ」の連体形、接続は連用形。 基本的に「けむ」は文末に来ると「過去推量・過去の原因推量」、文中に来ると「過去の伝聞・過去の婉曲」 夜々=掛詞、「夜」と浦波が「寄る」という意味に掛けられている。 げに(実に)=副詞、なるほど、実に、まことに。 本当に 行平の中納言が、「関吹き越ゆる」と詠んだとかいう浦波が、夜ごとに実にすぐ近くに聞こえて、 またなく あはれなるものは、 かかる所の秋 なり けり。 またなく=ク活用の形容詞「またなし」の連用形、またとない、二つとない あはれなる=ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の連体形。 「あはれ」はもともと感動したときに口に出す感動詞であり、心が動かされるという意味を持つ。 しみじみと思う、しみじみとした情趣がある かかる=連体詞、あるいはラ変動詞「かかり」の連体形、このような、こういう なり=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 けり=詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。 御前にいと人少なにて、うち休み わたれ るに、一人目を覚まして、 御前(おまえ)=名詞、意味は、「貴人」という人物を指すときと、「貴人のそば」という場所を表すときがある。 わたれ=補助動詞ラ行四段「わたる」の已然形、一面に~する、全員~する。 ~し続ける、絶えず~する る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 御前に(お仕えする)人もたいそう少なくて、(その人たちも)全員眠っている時に、一人目を覚まして、 枕をそばだてて四方の嵐を聞き 給ふに、波ただ ここもとに立ち来る心地して、 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連体形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 ここもと=代名詞、この近く、すぐそば 枕を立てて頭を高くして、四方の激しい嵐の音をお聞きになると、波がすぐそばまで打ち寄せてくるような気がして、 涙落つとも おぼえ ぬに、枕浮くばかりになり に けり。 おぼえ=ヤ行下二の動詞「覚ゆ」の未然形。 「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「可能」の意味で使われている。 ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形 に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 涙が落ちたとも気が付かないのに、(涙で)枕が浮くほどになってしまった。 琴をすこしかき鳴らし 給へ るが、我 ながらいと すごう 聞こゆれ ば、 給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の已然形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 る=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形。 直後に「音」が省略されているため連体形となっている。 もの寂しい、おそろしい、恐ろしいぐらい優れている 聞こゆれ=ヤ行下二段動詞「聞こゆ」の已然形。 「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。 琴を少しかき鳴らしなさった音が、我ながらひどく物寂しく聞こえるので、 弾きさし 給ひて、 弾きさし=サ行四段動詞「弾き止す」の連用形。 「止す(さす)」は接尾語、~しかける、途中でやめる、と言った意味がある 給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連用形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 途中で引くのをおやめになって、 恋ひわびて 泣く音にまがふ 浦波は 思ふ方より 風や吹くらむ 恋ひわび=バ行上二動詞「恋ひ侘ぶ」の連用形、恋に思い悩む、恋しんでつらく思う「侘ぶ(わぶ)」=つらく思う、困る まがふ=ハ行四段動詞「紛ふ」の連体形、似通っている。 入り混じって区別ができない。 や=疑問の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 らむ=現在推量の助動詞「らむ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 係助詞「や」を受けて連体形となっている。 係り結び。 恋しさにつらく思って泣く声に似通って聞こえる浦波の音は、私が恋しく思う人たちのいる(都の)方角から風が吹いてくるためだからであろうか。 と歌ひ 給へ るに、人々 おどろきて、めでたう おぼゆるに、 忍ば れ で、 給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の已然形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 おどろき=カ行四段動詞「おどろく」の連用形、目を覚ます、起きる。 はっと気づく おぼゆる=ヤ行下二の動詞「覚ゆ」の連体形。 「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。 忍ば=バ行四段動詞「忍ぶ」の未然形、我慢する、こらえる。 人目を忍ぶ、目立たない姿になる れ=可能の助動詞「る」の未然形、接続は未然形。 「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味がある。 平安以前では下に打消が来て「可能」の意味で用いられた。 平安以前では「可能」の意味の時は下に「打消」が来るということだが、下に「打消」が来ているからといって「可能」だとは限らない。 鎌倉以降は「る・らる」単体でも可能の意味で用いられるようになった。 で=打消の接続助詞、接続は未然形。 とお歌いになっていると、人々は目を覚まして、すばらしいと感じられるのにつけても、こらえられず、 あいなう起きゐ つつ、鼻を 忍びやかにかみ わたす。 あいなう=ク活用の形容詞「あいなし」の連用形が音便化したもの、わけもなく。 つまらない。 気に食わない。 忍びやかに=ナリ活用の形容詞「忍びやかなり」の連用形、ひそかに、そっと、人目を忍ぶ様子だ わたす=補助動詞サ行四段「わたす」の終止形、各々が~する。 一面に~する。 ずっと~する。 わけもなく起き上がっては、人目を忍んで鼻を各々かむのである。 続きはこちら lscholar.

次の