進撃 の 巨人 ネタバレ 121。 【進撃の巨人122話】最新ネタバレ考察 始祖ユミルにエレンが願うこととは?

二千年前の君からの意味!進撃の巨人122話ネタバレで始祖ユミルの過去

進撃 の 巨人 ネタバレ 121

マーレ海岸都市へ移動 飛行艇の整備にかかる時間 前回、奪った銃でダズとサムエルを撃ったコニーは、真っ青な顔でアルミンを見ています。 撃たれたダズは海に沈んでいき、サムエルは眉間に撃たれた痕があるので、二人とも死んだと思われます。 飛行艇を飛ばすのに十分な整備があっても、飛ばすためには半日はかかると言われ、マガトは数時間しかもたない巨人の力でこの港を制圧し続けるのは無理だと懸念します。 しかし、ハンジはそれとは別、半日もあれば「地鳴らし」の巨人が上陸した海岸からおよそ600kmは被害に、すべての大陸を踏み潰すまでには4日掛かるだろう、と予想します。 ここで、キヨミから南のマーレ海岸都市オディハという所にアズマビトが所有する格納庫があり、そこで飛行艇の整備を完了する手があると、提案があります。 ここで飛行艇を飛ばすことは出来ない、とマガトは決断し、ヒィズルの技術者に15分で船を出港できるようにするように指示し、ハンジはミカサに知らせに動きます。 大陸で整備をすると聞いたアニは、そんなことでエレンに勝てるの?レベリオの父の元までたどり着けるの?と不安になります。 ハンジ達や鎧の巨人、女型の巨人が無事に船までたどり着けるように、イェーガー派の攻撃からキヨミ達を守ります。 フロックはハンジ達が船で逃げて、大陸で飛行艇を整備するつもりだと気付き、ありったけの雷槍を持ってくるように言い、何としても船を破壊するようにイェーガー派の兵士に命令します。 それを見ていたファルコは自分も顎の巨人の力を使って戦わないと、と言いますが、ピークから初めての巨人化は上手くいかないと止められます。 しかし、ファルコはガリアードならこんなところでウダウダ悩むことも無かったのに!と叫んでライナー達の方に行ってしまいます。 その時、列車が突然爆発し、増援の車両が横転し、結果的に増援を食い止める形になります。 さらにとどめを刺そうとするイェーガー派の兵士ですが、アニとライナーは体が動かず、何も見えない状態です。 そこに、コニーが現れてブレードを振り回しイェーガー派の兵士を攻撃して、アニとライナーを守ります。 さらに車力の巨人も参戦し、イェーガー派を船に近寄らせません。 フロック達、イェーガー派も車力の巨人には雷槍を、ハンジ達には対人戦装備で一斉攻撃を行い、なんとしても船を破壊しようとします。 ファルコの顎の巨人は、動けない女型の巨人と鎧の巨人の前に現れて、イェーガー派の兵士を次々と倒していきます。 海に落とされるフロックを見て焦るイェーガー派ですが、そこにミカサが襲いかかります。 車力の巨人が出てくるように呼びかけますが、ファルコの暴走は止まりません。 顎の巨人を噛まれながらも拘束し、その間にマガトがブレードでうなじを削いで、ファルコを取り出すことに成功します。 しかし、マガトだけはしんがりを務めると言い、船には乗らず港に残ります。 港に残ったマガトに気付いたイェーガー派の兵士が攻撃しようとしますが、キースがイェーガー派の兵士が攻撃してマガトへの攻撃を阻止します。 キースは死に時を探していたと言い、シガンシナの砦から教え子たちがアニを連れて行くの見て、目的を察し教え子たちの成長に胸が震えたと言います。 そして、あの子達がただ普通に生きる事が出来たら俺は…、どんなに嬉しかったか、と戦士達が普通に生きて欲しかったことに気付いたとマガトは言います。 それを聞いたキースは、マガトを誇りに思うと言い銃を渡します。 マガトはお礼を言った後、お互い名前を名乗った直後、マガトが銃の引き金を引きます。 が、船を出港させる為に女型の巨人、鎧の巨人、ミカサ達が全員で死守しますが、一進一退の状況でした。 そこにファルコが顎の巨人になってイェーガー派の兵士をどんどん倒していくのですが、その後暴走してしまいます。 ピークが初めての巨人化は上手くいかない、と言っているので、初めて巨人化する時は皆、暴走してしまうみたいですね。 また、キースとマガトが最後に自爆しながらも、巡洋艦を爆発させて船を負わせないようにしています。 キースは教え子たちを、マガトはマーレの戦士達を、それぞれ助ける為ですが、お互いに思いが共通する部分があったようで最後は2人で名乗り合っていますね。 しかし、最終回が近いのでしょうが登場人物がどんどん死んでいっていて、次はどの人物が死ぬのかと心配になります。 最新刊31巻は発売中です。 購入はこちらからどうぞ。 ゆくゆくはエレンが守りたかった人たちは全員死んでしまって、 いったい自分は何のために地鳴らしまでやったんだと、 エレンは後悔するのだと思います。 そして、手元には例の謎の赤ん坊だけが残り、「お前は自由だ」という、 あの最後のコマにつながるのではないでしょうか。 あと、今回思ったのは、アニは今後、別行動をとるのではないかという ことです。 飛行艇の準備が整うのを待ちきれず、父親に会いに行くのでは ないでしょうか。 そしてそれが彼女の死につながるという展開になりそう。 また、ファルコが鳥型巨人なのは、結局、エレンのところに向かう手段は 飛行艇ではなく、空飛ぶ巨人に進化したファルコになるからだと思います。

次の

【121話ネタバレ】進撃の巨人能力判明!継承者の未来の記憶を見る能力?二千年後の君への意味が判明?ネタバレ進撃の巨人121話

進撃 の 巨人 ネタバレ 121

Contents• エレンの足首に噛み付くポルコ(顎の巨人) エレンはポルコを殴り引き離そうとしますが、マガト元帥(車力の巨人)の砲撃を頭に受けます。 マガト元帥(車力の巨人)はジークにもう一発砲撃しようとしますが、フロック達が阻止します。 車力の巨人を発見したアルミン。 車力をなんとかする必要があると言いますが、建物からマーレ兵の射撃がありミカサがアルミンを守ります。 まずマーレ兵をなんとかしなくてはとミカサは言いますが、アルミンはピクシスの指示通り敵兵の背後に回り込む必要があると言います。 砲撃を受けたジークは意識を取り戻します。 目を開くとエレンに馬乗りになるライナーの姿が。 ライナーはポルコに起きるよう叫びます。 あと少しだ、力を振り絞れと言い、動かない顎の巨人へ手を差し出した時、鎧の巨人と顎の巨人が反応し、ポルコは兄の記憶を見ます。 それはライナーやアニ達とパラディ島へ上陸した日、巨人に食べられる直前の記憶です。 兄:マルセル 「・・・ライナーすまない」 「本当は・・・お前は戦士に選ばれるはずじゃなかったのに・・・」 「俺が・・・お前を持ち上げたり、弟を貶めたりして・・・軍に印象操作した」 「俺は・・・弟を守りたかった・・・」 ファルコやピクシス達が巨人化 意識を取り戻したジークですが、動くことはできません。 ジークの前に兄・コルトに連れられたファルコが現れます。 コルトはファルコがジークの脊髄液を口にしてしまったため、叫ばないでくれと言います。 さらにコルトは訴えます。 自分は家族を楽園送りにさせないために獣の継承権を得た。 正直、ジークが裏切る前からジークが何を考えているのかわからなかったが、子供を巻き込んで平気な人ではなかったはずだ。 さらにコルトは続けます。 あんたにこのまま黙って死ねと言うつもりは無い。 ファルコが「叫び」の効果がある範囲から出るまで待ってほしいんだ。 その後、好きなだけ殺し合ってくれ!! マーレ人もエルディア人も好きなだけ殺せばいい!! でも弟は巻き込まないでくれよ!! コルトの話を聞いたジーク。 辛そうな表情をしながら言います。 「弟を想う気持ちは・・・よくわかる・・・」 「だから・・・残念だ」 ジークが叫びます。 コルトはファルコを抱きしめますが、ファルコは離すよう叫びます。 そして巨人化するファルコ ポルコ死亡 ライナーはエレンとファルコを地面に抑えつけますが、二体の相手は無理だ、エレンに逃げられると考えます。 ファルコに介錯をしようとしますが、その隙にエレンはライナーを蹴り飛ばします。 再びジークの元へ向かおうとするエレンですが、ライナーがエレンの足首を掴みその場に倒れるエレン。 巨人化したファルコがライナーのうなじに噛みつきます。 その時、車力の巨人から砲撃があり、倒れているジーク(獣の巨人)の頭に直撃します。 今度こそ仕留めた、確実に。 ひとまず危機は去ったとマガト元帥は言います。 さらにマガト元帥は、残るは始祖のみと、エレンの頭に照準を合わせます。 必要なのは脊髄液で頭は不要とエレンを狙いますが、車力の巨人の背後から攻撃するアルミン。 マーレ兵がアルミンを狙いますが、ミカサがマーレ兵を倒します。 ピークはミカサ達に、「あなた達は終わったの」と言います。 消滅していく獣の巨人。 ライナーは考えます。 終わったのか?もうエレンは始祖の力を使えない。 俺達は・・・務めを果たした。 もう・・・任せても・・・いいよな? あとはうなじの硬質化を解くだけで・・・鎧の巨人をファルコに移して・・・俺は終わる。 涙を流しているガビを見つけたライナー。 ガビ・・・ファルコだけなら帰してやれる。 鎧を引き継ぐのはファルコだ。 そう言うと、巨人化したファルコに自分を食べさせようとしますが、突然動きを止めるファルコ。 目の前にはボロボロのポルコが人間の姿で立っています。 体を治す力も使い果たしてしまったポルコ。 だが、タダではくたばらねぇと言います。 ポルコの方へ走っていくファルコ。 ポルコはライナーに言います。 兄貴の・・・記憶を見たぞ。 軍を騙してまでドベのお前を戦士にした・・・俺を・・・守る・・・ために。 これで・・・はっきりしたよな。 最期まで俺のほうが上だって・・・ そしてポルコはファルコに食われます。 進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで進撃の巨人の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 進撃の巨人119話の感想 進撃の巨人119話、やばかったですね!! 本当に最近の進撃は神がかっている!! まさかジークが叫び、ピクシスやファルコが巨人化するとは・・・。 しかも、巨人化したファルコがポルコを食うというカオスっぷり。 顎の巨人って移動が激しいですよね。 そしてガビはサシャに続きエレンも射撃するという、大物喰いっぷりを見せます。 完全に頭と体が離れたエレン。 一体このあとどうなるのか、全くわかりませんね。 進撃の巨人120話のネタバレはコチラになります。

次の

【進撃の巨人】ネタバレ121話122話考察!ジークがなぜ始祖を使えるのか検証!|ワンピース ネタバレ考察

進撃 の 巨人 ネタバレ 121

進撃の巨人ネタバレ122話「二千年前の君から」あらすじ考察 前回の121話では、「記憶旅行」でエレンの真意を知ったジークが、始祖ユミルに安楽死計画の実行を指示し、エレンが阻止するべく追いかけてるところで終わりました。 122話では、始祖ユミルの過去から描かれます。 2000年前、始祖ユミルはエルディア王国の奴隷として暮らしていましたが、家畜の豚が逃げた犯人として祭り上げられ、森の中で狩人達に追い込まれ殺されそうになります。 命からがら逃げていたユミルは、目の前にあった巨大樹の木の洞窟へと入りますが、足元をとられて地下水へと落ちてしまいます。 諫山創/「進撃の巨人」第122話より引用 その中で謎の生物らしきものと接触した瞬間、巨人化してその力を得ます。 これが大地の悪魔の正体でしょうか? その後、強力な巨人の力を得たユミルは、エルディア国を豊かにして富をもたらします。 そしてユミルは奴隷身分から王の妃となり、3人の子を産みながらも、巨人の力でマーレとの戦争に勝利をもたらします。 「進撃の巨人ネタバレ122話」巨人継承の成り立ち 諫山創/「進撃の巨人」第122話より引用 そんなある日、王の暗殺をたくらんだ兵士が、王に槍を投げつけますが、ユミルが盾となり槍を刺されて倒れます。 王を庇って倒れたユミルに対して、「お前は槍では死ぬわけないだろう。 早く立って働け。 」と、王は冷酷な言葉を投げかけます。 そして、そのまま立ち上がれなかったユミルの体を切り刻み、ユミルの3人の子供、マリア、ローゼ、シーナに食べさせるのです。 ユミルの子供の名は、パラディ島の「壁の名前」だった訳ですね。 そしてユミルを食べた3人の娘たちも、死後体を分けられ、現在の9つの巨人となったようです。 巨人の力は、このように継承されてきたことが明らかとなりました。 「進撃の巨人ネタバレ122話」地ならし発動! こうして巨人の力は未来永劫残すことができる この言葉に反応したエレンは、ユミルに対して「お前はどれでもなければ神でもない。 お前は自由だ。 俺がこの世を終わらせてやる!」とユミルを抱きしめます。 それを見たジークが慌てて駆けつけますが、エレンは続けます。 「自分で選んでいいんだ、君は2000年前からずっと待ち続けていたんだね」 その言葉を聞いた瞬間、目に光が戻る始祖ユミル。 現実世界のエレンの体が形成され、そしていよいよ壁の中の巨人が動き出します! 「進撃の巨人ネタバレ122話」の感想と考察 諫山創/「進撃の巨人」第122話より引用 122話では、始祖ユミルの過去、そして奴隷からの解放、地ならし発動と、衝撃的な展開が続きましたね! そして確定していなかった「道の少女」が始祖ユミルであること、パラディ島の壁の名前が、ユミルの3人の娘の名前であったこと、巨人の根幹となる有機生物との接触の設定が明かされました。 背骨のようなあの生物、その正体が気になりますね。 さらに始祖ユミルの奴隷からの解放、そして壁の巨人が動き出す「地ならし」発動! これを待っていた読者も多いのではないでしょうか? 大興奮の展開となった122話でしたが、果たして世界は踏み潰されてしまうのか…! 次回からの展開に期待です!.

次の