ハメ ス ロドリゲス コパ アメリカ。 コパ・アメリカ(南米選手権)に出場したスター選手達をピックアップ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

ハメス・ロドリゲス

ハメ ス ロドリゲス コパ アメリカ

【コパ・アメリカ】フル出場のハメスが決勝点! コロンビア連勝で準々決勝進出を決める zasshi. news. yahoo. jpより ほい、それが誰かって言うと、 ハメス・ロドリゲス選手! あの、前回のワールドカップで一躍有名になった彼だな。 まぁ、要は昨日のコパ・アメリカ戦でも決勝点を決め大活躍しましたよっていう話なわけだが、こうやってコンスタントに結果を出せるのは、ほんと一流のプロである証だと思うし、年齢的にもまだまだ全然若い選手であるってことを考えると、ほんと今年や、次回のオリンピックでの活躍が楽しみだな~って、異国の選手ながら、俺っちも期待満々って感じなのだが、そういやハメス・ロドリゲス選手って言ったら、個人的に前々から確認したいって思ってたことがあったのを思い出したんだよな。 それは・・・嫁について! 生年月日 1991年7月12日(24歳) Wikipediaより そう、まだ、「四捨五入したら20歳」っていう若さではあるけど、 実は彼、10代とかそのくらいで結婚してるらしいもんな。 19歳で結婚して、コロンビア国立大学のエンジニアコース通信教育課程に在籍する Wikipediaより あ、これだな。 ちょうどWikipediaにも記載があったけど、やっぱ間違いないみたいで、結婚相手の嫁さんがどんな人なんかってのが、個人的にすっごく気になるなって思ったんで、ちょいと 「ハメス・ロドリゲス 嫁」で確認してみたぞ! 奥様はバレーボール選手 一つ年下の元バレーボール選手! NAVERまとめより 結婚相手の女性は、ダニエラオスピナさんという方です。 ロドリゲス選手より1歳年下で、彼女はバレーボールの選手なんだそうです。 soutakadis. xsrv. jpより ほい、そしたっけ、これらの記載を発見! なるほど、 奥さんは、ダニエラオスピナさんっていう元バレー選手でハメス・ロドリゲス選手の一個下の女性ってことだな。 (彼が19歳の時の結婚なので、ハメス・ロドリゲス選手:19歳、ダニエラオスピナさん:18歳で結婚したことになるな。 ) やっぱアスリートどおし、類は友を呼ぶ的な感じで一緒になりやすいよな~なんて思うとともに、このダニエラオスピナ夫人が、どんな顔をした人なんかってのも気になったんで 、「ハメス・ロドリゲス 嫁」で、奥さんの画像検索もしてみたぞ! ほい、そしたっけ、こんなんを発見! うわ~、なんとなく予期してはいたけど、 彼女もモデル並に綺麗じゃん・・・汗 「元バレーボール選手」って肩書き的に、もう完全にそっちの方は引退したんだろうけど、もし現役だったら、それこそ日本の木村沙織選手とか、あるいはサビーナ選手のように、 「可愛すぎる女性バレー選手」として注目されたこと、間違いないんだろうな~。 Sponsored Link 筋肉と髪型がかっこいいと思う! いや~、お似合いカップルだな~なんて思いつつ、最後にもう1点だけこのハメス・ロドリゲス選手に関して、個人的に魅力に思うところを補足した終わりたいと思うが、それが何かっていうと、ずばり• 髪型 の2点かなって思うわけだ。 (「最後にもう1点だけ」って言って2つ挙げちゃったけど、まぁそれだけどっちも魅力的で一つに絞れないってことで、勘弁してくれな笑) まぁ、サッカー選手で筋肉がすごい人って、何もハメス・ロドリゲス選手だけではないし、一般的に足のみならず、上半身とか腹筋もこのくらいマッチョなサッカー選手のほうがむしろマジョリティーであるとは思うけど、 彼の場合、筋肉量もさることながら、肉体美っていうか、その見た目の美しさも素晴らしいもんな~。 本人が意識して、こういう綺麗な肉体づくりをしてるのかどうかは定かではないけど、でも、ただのマッチョなんじゃなくて「肉体美マッチョ」であるところが、俺っちなんかからしてみれば、激しく羨ましいって感じてしまった次第だったぞ。 あとは何て言っても 髪型! ハメス・ロドリゲス選手って言ったら、短髪で、こういう感じでピュンって立ててる髪型が印象的だけど、これがめっちゃ似合う! まぁ、「男は黒髪短髪!(ただしイケメンに限る)」ってのは有名な話なんで、ここに関しては生まれ持った顔の良さとかも大きいんだろうけど、でもこれ、絶対真似したい男子が多いと思うしこういう短髪がかっこよく似合う人はほんと羨ましいな~って思ってしまった次第である。 中学までは、野球と柔道、その後はバレー、サッカー、バスケ等、色々なスポーツを経験し、今に至る。 年収がもしあと10万円上がれば、きっとジムのランクと頻度を一段階上に上げることにお金を使うであろうくらいの、トレーニング好きで、自分がスポーツをするのも好きだが、あらゆるスポーツを鑑賞するのも大好き。 ちなみに社会人になってからは、フットサルとゴルフがアツく、最近では、テニスにも挑戦したいって思ってる次第。 また、現在独身なことに焦りはないが、ここ数年、友達の子供がやったらかわいいので、早く子供が欲しいっていう意味で、結婚願望が湧きつつある、今日この頃。 でも、料理が下手なので、2015年の目標は「料理ができるようになること」だったりする笑.

次の

ハメス・ロドリゲス|レアル・マドリード所属選手プロフィール

ハメ ス ロドリゲス コパ アメリカ

【コパ・アメリカ】フル出場のハメスが決勝点! コロンビア連勝で準々決勝進出を決める zasshi. news. yahoo. jpより ほい、それが誰かって言うと、 ハメス・ロドリゲス選手! あの、前回のワールドカップで一躍有名になった彼だな。 まぁ、要は昨日のコパ・アメリカ戦でも決勝点を決め大活躍しましたよっていう話なわけだが、こうやってコンスタントに結果を出せるのは、ほんと一流のプロである証だと思うし、年齢的にもまだまだ全然若い選手であるってことを考えると、ほんと今年や、次回のオリンピックでの活躍が楽しみだな~って、異国の選手ながら、俺っちも期待満々って感じなのだが、そういやハメス・ロドリゲス選手って言ったら、個人的に前々から確認したいって思ってたことがあったのを思い出したんだよな。 それは・・・嫁について! 生年月日 1991年7月12日(24歳) Wikipediaより そう、まだ、「四捨五入したら20歳」っていう若さではあるけど、 実は彼、10代とかそのくらいで結婚してるらしいもんな。 19歳で結婚して、コロンビア国立大学のエンジニアコース通信教育課程に在籍する Wikipediaより あ、これだな。 ちょうどWikipediaにも記載があったけど、やっぱ間違いないみたいで、結婚相手の嫁さんがどんな人なんかってのが、個人的にすっごく気になるなって思ったんで、ちょいと 「ハメス・ロドリゲス 嫁」で確認してみたぞ! 奥様はバレーボール選手 一つ年下の元バレーボール選手! NAVERまとめより 結婚相手の女性は、ダニエラオスピナさんという方です。 ロドリゲス選手より1歳年下で、彼女はバレーボールの選手なんだそうです。 soutakadis. xsrv. jpより ほい、そしたっけ、これらの記載を発見! なるほど、 奥さんは、ダニエラオスピナさんっていう元バレー選手でハメス・ロドリゲス選手の一個下の女性ってことだな。 (彼が19歳の時の結婚なので、ハメス・ロドリゲス選手:19歳、ダニエラオスピナさん:18歳で結婚したことになるな。 ) やっぱアスリートどおし、類は友を呼ぶ的な感じで一緒になりやすいよな~なんて思うとともに、このダニエラオスピナ夫人が、どんな顔をした人なんかってのも気になったんで 、「ハメス・ロドリゲス 嫁」で、奥さんの画像検索もしてみたぞ! ほい、そしたっけ、こんなんを発見! うわ~、なんとなく予期してはいたけど、 彼女もモデル並に綺麗じゃん・・・汗 「元バレーボール選手」って肩書き的に、もう完全にそっちの方は引退したんだろうけど、もし現役だったら、それこそ日本の木村沙織選手とか、あるいはサビーナ選手のように、 「可愛すぎる女性バレー選手」として注目されたこと、間違いないんだろうな~。 Sponsored Link 筋肉と髪型がかっこいいと思う! いや~、お似合いカップルだな~なんて思いつつ、最後にもう1点だけこのハメス・ロドリゲス選手に関して、個人的に魅力に思うところを補足した終わりたいと思うが、それが何かっていうと、ずばり• 髪型 の2点かなって思うわけだ。 (「最後にもう1点だけ」って言って2つ挙げちゃったけど、まぁそれだけどっちも魅力的で一つに絞れないってことで、勘弁してくれな笑) まぁ、サッカー選手で筋肉がすごい人って、何もハメス・ロドリゲス選手だけではないし、一般的に足のみならず、上半身とか腹筋もこのくらいマッチョなサッカー選手のほうがむしろマジョリティーであるとは思うけど、 彼の場合、筋肉量もさることながら、肉体美っていうか、その見た目の美しさも素晴らしいもんな~。 本人が意識して、こういう綺麗な肉体づくりをしてるのかどうかは定かではないけど、でも、ただのマッチョなんじゃなくて「肉体美マッチョ」であるところが、俺っちなんかからしてみれば、激しく羨ましいって感じてしまった次第だったぞ。 あとは何て言っても 髪型! ハメス・ロドリゲス選手って言ったら、短髪で、こういう感じでピュンって立ててる髪型が印象的だけど、これがめっちゃ似合う! まぁ、「男は黒髪短髪!(ただしイケメンに限る)」ってのは有名な話なんで、ここに関しては生まれ持った顔の良さとかも大きいんだろうけど、でもこれ、絶対真似したい男子が多いと思うしこういう短髪がかっこよく似合う人はほんと羨ましいな~って思ってしまった次第である。 中学までは、野球と柔道、その後はバレー、サッカー、バスケ等、色々なスポーツを経験し、今に至る。 年収がもしあと10万円上がれば、きっとジムのランクと頻度を一段階上に上げることにお金を使うであろうくらいの、トレーニング好きで、自分がスポーツをするのも好きだが、あらゆるスポーツを鑑賞するのも大好き。 ちなみに社会人になってからは、フットサルとゴルフがアツく、最近では、テニスにも挑戦したいって思ってる次第。 また、現在独身なことに焦りはないが、ここ数年、友達の子供がやったらかわいいので、早く子供が欲しいっていう意味で、結婚願望が湧きつつある、今日この頃。 でも、料理が下手なので、2015年の目標は「料理ができるようになること」だったりする笑.

次の

ハメス・ロドリゲス

ハメ ス ロドリゲス コパ アメリカ

先制ゴールを決めたグスタボ・クエジャール【写真:Getty Images】 コロンビアはこの日、フアン・クアドラードを除く10人を前節のカタール戦から変更してこの試合に臨んだ。 普通に考えればメンバーを大幅に変更すれば、連携ミスが発生するリスクが高まる。 ただしその不安は杞憂に終わった。 システムこそ4-3-3で同じだが、コロンビアはほぼサブメンバーで臨んでいる。 ただしチーム全体にハードワークの意識が根付いているからか、基本的にディフェンスが安定していた。 なおかつ守備面で際立った活躍をしたのは、中盤でプレーする26歳のグスタボ・クエジャールだ。 ブラジルのフラメンゴでプレーする173cmと小柄なMFは、中盤の底で常に目を光らせていた。 相手のキープレイヤーに縦パスが入りそうになると、すぐさま体を寄せて相手に自由を与えない。 非常にマークにつく範囲が広く、前線からプレスをハメに行く際には、相手ボックス付近まで追い込みボールを奪いきるシーンもあった。 他の中盤の2枚、エドウィン・カルドナやジェフェルソン・レルマもハードワークしていることもあって、コロンビアの中盤のフィルターが機能。 パラグアイの前線にいい形でボールが入ることはほとんどない。 結果、パラグアイのトップ下でプレーしたプレミアリーグのニューカッスルに所属するミゲル・アルミロンはこの日、ほとんど仕事ができないまま時間が進んだ。 対照的にクジャエールには、守備を頑張ったご褒美か、決定機までもが訪れる。 31分、コロンビアが前線からプレスをかけると、ラダメル・ファルカオがボールをカット。 右サイドの高い位置でSBサンティアゴ・アリアスがボールを受けると、ボックス内でクジャエールにボールを渡す。 ボックス内は相手DFが密集しており、角度のないゴールライン際まで追い込まれるが、放ったシュートは相手GKの股を抜けてゴール。 貴重な先制点をゲットした。 試合が1-0で終わっていることも考えれば、攻守ともに活躍したクエジャールはマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍だったと言える。 ハメスの決定機はVARに阻まれる 途中出場ながら決定機を作ったハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】 最終的には追加点は生まれなかったが、後半にもコロンビアに決定機が生まれた。 58分からエース、ハメス・ロドリゲスが投入されたからだ。 左足でボールをさばきながら試合をコントロールする司令塔は約30分の間に何度も決定機を演出した。 少なくとものそのうち二つは1点ものだった。 一つは69分のシーンだ。 ハメスはアウトサイドキックでボックス内にパスを送ると、それを受けた左ウイングのルイス・ディアスが見事ゴール。 追加点かと思われたが、ディアスがトラップした際にハンドがあったとして、VARによる助言の後、主審が映像をチェックした結果、ゴール取り消された。 もう一つは91分、ハメスがハーフウェーライン手前でボールを受けると、ディアスがランニングを開始。 コロンビアのエースがDFラインの裏のスペースにスルーパスを通すと、ディアスと相手DFがボックス内で交錯する。 一度は主審がPKの判定をくだすものの、最終的にはVARによる助言の後、主審が映像をチェックした結果、こちらも取り消された。 疲労の観点もあってか、途中出場にはなったが、相変わらずコロンビア代表におけるハメス・ロドリゲスの存在感を再確認した試合になった。 一方で途中からエースの助力があったとはいえ、サブ組中心で勝利を収めた意味は大きい。 全員のマッチフィットネスは向上しただろうし、クジャエールのように調子のいい選手を確認することもできた。 サブの厚みは大会を勝ち進む上で重要だ。 コロンビアのカルロス・ケイロス監督にとって、決勝トーナメントでとる采配の選択肢が増えたことを意味する。 1-0とロースコアな試合にはなったが、現在コパ・アメリカの優勝予想ではブラジル代表に次いで2番人気とも言われているコロンビアの、チームとしての強さを感じる試合になった。 (文・内藤秀明) 【了】.

次の