ツムツム ヘラクレス。 ツムツム ヘラクレスのスキル評価!今更の横ラインでさらに弱いぞ。。

ツムツム ハデスのスキル評価!十字状スキルはコイン稼ぎも優秀

ツムツム ヘラクレス

概要 を題材にしているがストーリーはほぼオリジナルであり、一部の国ではタイトルが変更されるなどの賛否両論を呼んだ。 ストーリー的にはのそれにとても近い。 その辺り『』や『』も似た系譜にあると言った所か。 『』ではこの作品をモチーフにしたワールドが『』までの『KH』シリーズにおいて1作品 『』 除くの全ての作品で登場している。 それ以外のディズニー作品ではあまり注目されていない若干不遇な作品でもある。 しかし 本作のヴィランであるは例外的に人気が高く、ほかのディズニー番組にも結構な頻度で登場している。 特にヴィランズをメインに置いたではやなどの有名なヴィランズと並んで、彼をモチーフにしたが登場している。 主人公の日本語吹き替えの声はTOKIOの松岡昌宏が務めたことで話題になった。 1988年公開『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』で初めて主人公の吹き替えが声優以外を起用し、それ以降も何度か著名のタレントを起用されていることが多いが、本作では日本語吹き替えの主演声優で初めてジャニーズ事務所の所属アイドルが起用された作品である。 テレビシリーズでは他のディズニー作品からゲストが登場する事があり、 『』からはが登場している。 あらすじ 世界が誕生した頃、族が暴れ世界は荒れ果てていたがの神々の王によって封印された。 長い月日が流れゼウスに息子のが生まれ、多くの神々が集まりヘラクレス誕生を祝った。 しかしオリュンポスの支配を企む死者の国の神は将来邪魔になるのではないかと思い快く思っていなかった。 そこに現れた運命の女神の話によるとタイタン族を復活させればゼウスを倒せるとのこと。 しかし同時にヘラクレスがその邪魔をする事を知らされる。 そこでハデスは手下のペイン、パニックにヘラクレスを暗殺のため下界に誘拐させ薬で人間にしてしまったが、最後の一滴まで飲まなかったため暗殺に失敗。 下界で人間夫婦に拾われそこで育てられることになった。 成長したヘラクレスは自分の怪力を制御できずトラブルを起こしてしまう事に悩みながら過ごしていたが、両親に本当はゼウスの子と言う事を知らされた。 ゼウスの神殿で実父ゼウスと再開したヘラクレスは神になるには本当の英雄になるしかないと知らされ、修行が始まった。 キャスト CVは上段がオリジナル、下段がシリーズの担当者 ミューズ 挿入歌と物語の語り手担当。 ヘッドバンドで髪をまとめたカリオペ、小さなポニーテールを作ったクレイオー、長い巻毛のメルポメーネ、縮れ毛のテルプシコーラ、小太りなタレイアの5人が登場。 CV: 、秋山純 ジャニーズJr. 少年時代 CV:、 :少年期 ゼウスの息子で神々の一族だがハデスの策略で人間の姿に変えられてしまいオリュンポスを追われ下界で暮らしている。 愛称はハーク。 一生懸命で誠実な性格だが怪力のためそれを制御できずトラブルを起こす事もザラ。 本人にとっても周囲にとっても悩みの種。 自分がゼウスの息子と知らされ、ゼロからヒーローを目指す修行に出る。 神話的には、例えば等とも親戚になる。 メグ CV: CV: 川の番人ネッサスに囚われていたところをヘラクレスに助けられた謎の美女。 その正体はハデスの配下で恋人の命を救うためハデスに魂を売ったが裏切られ男性不信になりハデスの配下になった。 しかし次第にヘラクレスの誠実さと優しさに惹かれていき頑なな心を開いていく。 ヘラクレスの事を「ワンダーボーイ」と呼んでいる。 色仕掛けで様々な男や怪物をハデス側に回していてフィルからは性悪と言われているが根は純真無垢な恋する乙女。 モデルは神話におけるヘラクレスの初妻メガラ。 ちなみにKHシリーズに登場時の名前はメガラになっている。 フィル CV: KHでも担当しているがでは永井氏が死去しているためセリフ無し 本名の。 過去に多くの英雄を育て上げてきたがことごとく失敗。 諦めかけていたが彼の前に現れたヘラクレスに最後の夢を託し彼をヒーローに育てる事にした。 女好き。 原典においてはヘラクレスの弓を受け継いでに参加した英雄であり、本作のフィルの役回りは完全に先生のそれである。 過去の教え子にがいたと語っているが、原典の時系列的にはアキレウスがヘラクレスの弟弟子ある。 ヘラクレスの忠実な愛馬。 ゼウスがヘラクレスのために雲から作った。 身も軽いがちょっぴり頭も軽い。 本来はヘラクレスのご先祖様であるの愛馬。 なお、原点の神話で雲から作られたのはである。 CV: KHでも担当 神々の王でヘラクレスの実父。 神話の様な浮気っぷりは見せない。。 ヘラクレスがさらわれた際連れ戻そうとしたものの、すでに人間の姿になってしまったため、あきらめざる得なかったが、18年後、ヘラクレスが訪れた神殿のゼウス像に宿ったことで再開を果たす。 CV: ゼウスの妻で。 神話と異なりヘラクレスの実母。 ゼウスに浮気性がないためか、性格は残忍だった神話と打って変わって温厚。 息子の名前の由来 ヘラの栄光 が神話以上にしっくり来るのは何とも皮肉である。 こうした大胆な改変が行われたのは全世代が見るディズニー映画に原典のキャラクター性がそぐわなかったからと言うべきだろうか…? 原典の神話でヘラクレスの母親だったのはアルクメネという人間の女性である。 アンピトリオンとアルクメネ CV アンピトリオン 、 アルクメネ ヘラクレスの人間界での養父母。 子供に恵まれなかったがハデスの企みにより人間界へ落とされたヘラクレスを保護し養子にする。 アルクメネは原典ではヘラクレスの実母、アンピトリオンは義父の関係にあたる。 CV: KHでも担当 死者の国の神。 ゼウスを敵視しており彼を蹴り落としオリュンポスの王になる事を企む。 半人間になったヘラクレスを部下が殺し損ねたため怪物をけしかけ抹殺しようとする。 実質的に神話におけるヘラ役。 髪の毛は青い炎になっており怒ると赤くなるが、ペガサスに吹き消された際にはスキンヘッドになってしまった。 性格はばりに軽いが残忍。 キングダムハーツでは隠しボスでありその時期の関係でやよりも強い。 初期には数々のも存在した。 ディズニーのハウス・オブ・マウスシリーズには比較的多く出演しており、彼をメインゲストにした回やのとの恋愛も描かれたこともある。 原典のハデスはここまで残忍ではなく、むしろヘラクレスの十二の試練ではを貸し出したいというヘラクレスの要求を承諾してくれた協力者である。 ペイン&パニック CV:チャップ ペイン 、パニック パグ フーリューズ ドジで間抜けな頼りないハデスの手下。 赤いほうがペイン、青い方がパニック。 変身が得意。 前述の性格のため作戦はことごとく失敗している。 パニックの語源については、を参照。 CV: 、 、 、、の三女神で過去、現在、未来を見通せる。 ハデスが遅刻した理由もお見通しだった。 ハデスに助言をする。 外見は女神というより魔女に近い。 冥府の番犬で3つ首。 今回では活躍の場が殆どないがキングダムハーツではを蹴散らす等少しは活躍の場を見せた。 ハデスがヘラクレスを倒すために誘き寄せた谷に住む魔獣。 首を切断するたびに増えて行く。 体内には毒があるらしくヘラクレスはこの毒で意識がもうろうとした。 河の番人たるケンタウロス。 メグにちょっかいを出したところをヘラクレスに退治された。 なお、原典だとヘラクレスが死ぬ原因を作った張本人である。 また、この時の妻はメグのモデルとなったメガラではなく、ニンフのである。 モブとして登場する神様達 作中にモブキャラとして登場する神様達。 キャラクターデザインにはそれぞれの神様に関する逸話が反映されていることが多い。 :ナイスバディな女神。 :全体的に体が青暗く、梟を侍らせた女神。 :全身が真っ赤な鎧を着た戦神。 :赤い鎧を見にまとう紫色の肌をした神。 肌が紫色なのは太陽の黒点を意識したからだろうか。 ちなみに名義はでのもの。 :羽根兜を被った小柄な神。 サングラスがトレードマークで今作のコメディリリーフの一人。 :原典が酒の神様なのか、小太りで鼻が赤い。 アポロ同様にローマ神話名義での登場。 :肌が青く、頭から魚のヒレが生えた槍を持つ神。 顔は意外と可愛い。 :頭から野菜の葉が生えた緑色の女神。 :鹿を世話している、狩の女神。 :アフロディーテの隣にいた褐色肌の神。 とされる神話から一転、中々のイケメンに魔改造されている。 :頭にフルーツを乗せた女神。 :紫色の肌をした神。 手鏡片手に自分の姿にウットリしていた。 元ネタの神話では神様ですらない人物。 :天使の姿をしており、弓矢の手入れを行う。 この他にも実に多くの神様が登場し、中にはマイナーな神様もちらほら。 その他の怪物達 ご存知獅子座のモデルたる人喰いライオン。 最後はヘラクレスにぶん投げられて退場した。 出番はこれだけで、ヘラクレスの被る毛皮役としては登場していない。 原典ではヘラクレスの武器を悉く無効化し、肉弾戦に持ち込まざるをえなかった程の強敵。 アルカディア地方に住んでいる巨大な猪。 神話では生け捕りにされたが、本作ではヘラクレスにより射殺され、フィルのご馳走になってしまった。 ギリシャ神話には竜が多数登場するが、どの竜がモデルなのかは不明。 原典の神話におけるヒュドラの役回りで登場する。 一応今回登場する魔獣の方とは別物。 ヘラクレスに倒される。 なお、原典の神話にはというドラゴンも登場するが、彼は水に棲むドラゴンではない。 集団で生活する原典とは異なり一体だけ登場。 ペガサスに乗ったヘラクレスに勝負を挑むが、生け捕りにされてしまった。 ちなみに原典だと残らず矢で射殺されている。 原典でヘラクレスが倒してすらいないモンスター達。 3人仲良くヘラクレスに敗れて山積みにされた。 なお、ミノタウロスを倒したのは、を倒したのはである。 というかグリフォンはギリシャ神話にあまり登場しておらず、精々が神々の戦車を引く聖獣扱いである。 ただしこの中で密接にヘラクレスと関わりがあるのがで、彼の父親はヘラクレスがクレタ島で生け捕りにした雄牛である。 テレビシリーズでは、美女のメデューサが登場している。 族 かつて下界を荒らし回っていた巨神族。 ゼウスに封印されたがハデスが運命の女神の助言に従い復活させた。 最後は宇宙に放り出されて爆発したが、彼らも神々なので死んでいない可能性もある。 そもそも、幽閉されていた際も密閉空間にいたため、トルネードに吸い込まれただけで爆発して死ぬ方が変かもしれない。 一応はオリンポスの神々の親類であり、ゼウス・ハデス・ポセイドン等からしたら叔父たちになる。 劇中での行動は子孫である巨人族のそれに近い。 テレビシリーズでは他のタイタン族も登場している。 原典のように特定の神名が与えられているわけではなく、名称はサイクロプスを除いて全て属性名で統一。 ロックタイタン 岩石でできたの亀のような巨神。 キングダムハーツによると頭が2つなので一つの事を考えるのが苦手らしい。 また、ハデスを差し置いてハデスカップ1位に輝いている。 能力値だけなら作中最強。 しかしFMで追加されたには敵わない。 アイスタイタン 氷でできた細身の巨神。 冷気を吐く。 ラーバタイタンとタッグを組んでゼウスを閉じ込めた。 キングダムハーツではFMで追加された。 ロックと並び能力値はセフィロスに次いで二番目。 ちなみに、ではハデスによって生み出された「アイスコロッソス」という偽物が登場するが、シナリオ進行上必ず倒す敵という事もあって本物と比べると非常に弱い。 ラーバタイタン マグマでできた巨神。 マグマを吐き出す。 アイスタイタンとタッグを組んでゼウスを閉じ込めた。 トルネードタイタン 竜巻の様な巨神。 オリンポスの神々を捕えた。 CV: 一つ目の巨人でタイタン族で唯一有機的な体を持つ。 ハデスにヘラクレスを倒す様に依頼された。 原典では神々の武器を作る鍛冶屋さん…要はオリュンポスの神々の味方である。 敵役となったのはの影響だろうか。 の毛皮が登場するが、一瞬だけ登場したネメアの獅子がスカーの先祖ではないかという考察を行う者もいる。 同制作会社且つ同じ監督が務めた『』と同じく、劇中ではさまざまなパロディシーンが登場する(例:劇中歌「恋してるなんて言えない」では、歌担当のミューズ(ムーサ)がの歌う胸像に扮している)。 他には『アラジン』のスタッフが製作した為か、劇中でヘラクレスとメグがデートをした場所に酷似したところが、アラジンとの魔法の絨毯デートの途中にも出ている。 東京ディズニーランドでは映画公開に合わせて、スペシャルイベント「ヘラクレス・ザ・ヒーロー」が開催されたことも。 但し声優は大人の事情で映画版とは異なりヘラクレスは松本保典、メガラは松本梨香が演じており、KHシリーズでも続投している。 一方でハデスは、ディズニー・ヴィランズとして「ミッキーのギフト・オブ・ドリームズ」、「ディズニー・ハロウィーン」などで主人公のヘラクレス以上にショーやパレードに登場している。 ハデスの声は映画版の嶋田が続投しているが、初期は千葉繁が代演していた。 本作の監督を務めたジョン・マスカーとロン・クレメンツがその他の声の出演に参加している。 1998年にテレビシリーズも制作された。 2005年夏にリリースされたDVD「ディズニー・ヒーローズ ヒーローへの道」にもと一緒に収録されている。 関連項目 :キングダムハーツでは毎回この作品のキャラが本作のキャラと共演している。 :ヘラクレスを演じた松岡は本作でも主役を務めた。 メグ役の工藤静香は、後に1999年に放映された『サイコメトラーEIJI2』でも松岡と共演している。 関連記事 親記事.

次の

ヘラクレス (1997年の映画)

ツムツム ヘラクレス

マイツムを優先的に消しスキルをためる• スキルがたまったら発動• フィーバー終了までに再度スキルをためる• フィーバーが終わった直後にスキルやボムを使い、即フィーバーに入る• マイツムを優先的に消しスキルをためる• スキルがたまったら発動• フィーバー終了までに再度スキルをためる• フィーバーが終わった直後にスキルやボムを使い、即フィーバーに入る• マイツムを優先的に消しスキルをためる• スキルがたまったら発動• フィーバー終了までに再度スキルをためる• フィーバーが終わった直後にスキルやボムを使い、即フィーバーに入る• どれでもいいので1種類のツムを残してそれ以外のツムをどんどん消していく• 消しにくくなったら、ボタンを使ってツムの位置を変えていらないツムを更に消していく• マイツムを優先的に消しスキルをためる• をしながらスキル発動• フィーバー中にスキルを1回は発動しスコアを稼ぐ• 特に、獲得スコアの高くなるフィーバータイムは絶好のスコア稼ぎポイント!ここでスキルを1回以上は使ってスコアを加算しましょう。 素早くフィーバーに入ることが高得点に繋がるのです。 なので、フィーバータイム中にできたボムはとっておく、フィーバータイム終わりかけでスキルがたまったらとっておく、ことをまずは心がけてみましょう。 フィーバーが終わって通常タイムに戻ったら、とっておいたボムやスキルを発動し即フィーバーゲージを満タンにしましょう! ツムツム 関連リンク.

次の

ツムツム メグはヘラクレスより強い!スキルと最新評価

ツムツム ヘラクレス

ツムツムですが、2017年4月の新ツム第2弾として、ヘラクレスから「ハデス」が追加になります。 バズと同じ十字状消去スキルを持ち強いでしょうか?早速、高得点のコツ、コイン稼ぎなど評価していきます。 ヴィランズの中でも特に人気のキャラクター、冥界の王ハデスがついに追加ですね! 悪役キャラですが、キャラが個性的なので、インパクトが強く正直、主人公のヘラクレスよりも人気がありますよね。。 ヘラクレス以降もちょこちょこ他のディズニー作品に顔を出したり、マレフィセントと恋人って噂もあり、なかなかなキャラクターですね〜 今回私もハデスの追加は嬉しいのですが、やや心配な部分としては。。。。 バズと同じ十字状消去スキルなんですよね。。。 これってどうなんでしょうか??? 期待できるような、出来ないような。。 どうなることやら。。。 って、ことで早速、評価していきます。 ハデスってどんなキャラ? ハデスですが、映画ヘラクレスに登場するヴィランズキャラで、死者の国を支配する冥界の王です。 キャラ設定や見た目的にどう見ても壊そうなキャラですが、物語上はコミカルなキャラになっており、また部下の「ペイン」や「パニック」とのやり取りが面白く、ヴィランズの中でも特に人気があるキャラクターです。 ヘラクレス以降、ちょこちょこいろいろな作品に登場し、別作品のマレフィセントとは恋人設定ってことになっているようです。 ある意味で人気のキャラですね! ハデスの入手方法• 登場BOX:プレミアムBOX• 登場日:2017年4月中旬から(常駐ツム)• 曲付き:なし ハデスですが、4月中旬にプレミアムBOXで登場します。 またヘラクレス同様に常駐ツムとなるので4月以降もプレミアムBOXで入手可能です。 他のツムの評価はこちらでご紹介しています。 合わせて参考にしてください。 ファンタズミックイベントで有利に利用出来ます。 2017年4月「ファンタズミック」イベントで利用することで特攻ツムとして有利に使えます。 しかも特攻倍率は120%の2. 2倍あり、ダメージ効率が良いです。 スキルレベル1から結構消せるので、今回の特攻ツムの中で一番使いやすく倍率も高いツムです。 下記記事でまとめていますので参考にしてください。 ハデスのスキルってどんな感じ ハデスのSLV2の状態 ハデスのスキルですが、「十字状にツムをまとめて消すよ」になっており、 と同じ名前のスキルです。 一瞬バズと同じか。。。 って思ってしまいますが、さすがに3年前に登場したバズと比べて威力は高いですし、スキルのエフェクトも結構迫力があり、しかも早めなので、使っていて爽快感のあるスキルです。 スキルの特徴 ハデスのスキルですが、スキル発動は15と通常クラスのツムです。 スキルを発動すると燃え上がったハデスが登場して、十字状にツムを消します。 エフェクトは違いますが、スキルの中身はバズと同じで、大きな特徴はありません。。。 ただし、威力はバズ以上なので、完全な上位互換ツムと言えます。 スキルでボムも巻き込まなかった。。 ヴィランズツムなので、なんとなくスキルでボムを巻き込みそうな予想はしていましたが。。。 特に巻き込むことはありませんでした。。 巻き込めばスコアボムなどを巻き込むことで高得点を狙えますが、特にそう言った特徴もないので、ボムは残さずにスキル発動前に使ってしまうのが良さそうです。 むしろ、スキル範囲内にボムがあると、その分消えるツムが少なくなります。 スキル範囲にありそうなボムは片付けて発動しましょう。 スキルの成長はどうか?早熟か?晩成か? ハデスですが、スキル発動は15と標準的で、それからするとSLV1、SLV2ぐらいは標準的ですが、SLV3ぐらいから徐々に力を見せ始めるツムです。 ただし、めちゃくちゃ開花するって分けでもないでの、晩成ってよりは標準的なバランス型ツムです。 SLV1 消去数16〜19個 SLV2 消去数18〜21個 SLV3 消去数21〜25個 SLV4 消去数25〜28個 SLV5 消去数28〜31個 SLV6 消去数31〜35個 だいたい平均するとスキルレベルごとに3個ずつぐらい上がっていきますね。 特にSLV3でググっとアップして、SLV4ぐらいから本領発揮しそうです。 SLV6では発動数15で30個以上確実に消せるので、万能で使いやすいツムになります。 コイン稼ぎも得意! ハデスですが、十字にまとまって消すので、コイン獲得効率も良く結構稼げます。 スキルも15と発動しやすく、スキルエフェクトもサクサクなので、テンポも良く扱いやすいツムって感じです。 コイン稼ぎも当然、 クラスとは言いませんが、序盤から結構稼げますので、全体を通して稼ぎやすいツムです。 コイン稼ぎツムを持っていない場合は、序盤のコイン稼ぎツムとしても優秀です。 SLV6でコイン6500枚稼ぐ 高得点のコツはたまったら打つ!それだけ! ハデスですが、スキルを発動すると中央から十字状に消すスキルになっており、大きな特徴はありません。 十字なので、ジャイロを使って増やすこともなく、スキルがたまったら即発動って流れが良さそうです。 しいて言えば、上部の部分のみ気にすればOKなので、上にツムが積もっているからを確認してスキルを発動させるのが良いです。 バズライトイヤーとの比較 同じスキルのバズと比較してみました。 さすがに3年前のツムと比較するのはコクですが、バズってほんと弱いですね。。 もう、バズ付近のツムはハピネスに移動させても良さそうっすね。。 ジャファーとの比較 ジャファーのスキルは「クロスライン状にツムを消すよ」なので、若干異なりますが、同じヴィランで、十字とクロスは似ているので比較してみました。 スキル発動数も14なので、扱いやすいですね。 ただ、スキルレベルが上がるにつれハデスの方が徐々に上回り、SLV4ぐらいから抜いていく感じです。 ただ、スキル発動数とツムスコアの違いがあるので、どちらが強いってことも無く、だいたい同じぐらいの強さになります。 爽快感はハデスですが、ツムの見やすさはジャファーが良い感じです。 ハデスの参考動画 SLV1で500万点 SLV6で1856万点 ハデスのツムスコア ハデスのツムスコアですが、初期60と低いですが、上り幅が22あり、LV50で1138まで上昇します。 全体的からみても1100代は中の上って感じですし、またスキル威力から見るとかなり高めの数値です。 サブツムとし出ててもスコア効率は良いので、優先してツムレベルを育てておくと便利です。 ハデスの評価 ツムの長所 ハデスの長所ですが、可もなく不可もなくな十字状スキルですが、逆にそれがシンプルで使いやすいです。 ジャイロなどの機能を使わなくても消去数を稼げますし、また序盤から結構消せるので、コイン稼ぎ用、スコア用ツムなど幅広く使えます。 ヴィランズツムって晩成型で後半伸びるイメージですが、 同様に序盤から使いやすいツムです。 またツムスコアも高いので、しっかり育てるとスコア用としても優秀で万能ですね。 ツムの短所 ハデスの短所ですが、使っていて一番に思ったのが・・・結構見づらいですよね。。 結構背景と似た色使いなので、見えにくいです。。。 出るツムによっては苦戦しそうです。。 スキルチケットを使う価値のあるツムか? ハデスですが、SLV6まで育てるとスキル1回で31〜35個消すようになり、高得点&コイン稼ぎツムとして十分使えます。 特にSLV5以上から強くなるので、余裕があれば育てたいツムです。 ハデス評価 ハデスですが、バズと同じスキルってことで、期待は薄かったですが、、、 使って見るとシンプルで非常に使いやすいツムです。 スキル発動も15と標準で、十字状スキルも安定した消去が可能、特に難しい使い方もないので、誰でも利用出来ます。 スキルエフェクトもサクサクなので、テンポも良いですし、SLV1からでも結構消去範囲があるので即戦力として利用出来ます。 常駐ツムの中ではかなり強いツムなので、育てておくと序盤から中盤にかけて色々使えるツムです。

次の