ハタケヤマ キャッチャー ミット オーダー。 ポケットが浅いキャッチャーミットの特徴

ポケットが浅いキャッチャーミットの特徴

ハタケヤマ キャッチャー ミット オーダー

野球用品専門店勤務です。 すぐに柔らかくするのは、【湯揉み】しか無いです。 ただ、皮革がかなり劣化しますのでご注意下さいね。 メーカー自体は、湯揉みは「しないで欲しい」との事なので。 ミットの寿命が極端に短くなってしまいます。 なので湯揉みされる場合は、他の方も仰ってるようにプロの方にやって貰った方がいいです。 お家で出来る方法を簡単に書きます。 ポットでお湯を沸かす。 (フタが取れるタイプのポットが好ましいです) 軟化剤SF-1(¥1575-)を全体にまんべんなく塗布する。 スプレータイプで吹き付けて、 その後、筆(100均で充分)で細かいところまで塗れます。 手入れの中まで塗って下さい。 塗りすぎると中のウールの芯までオイルが入り、 ミット自体が重たくなってしますので要注意です。 捕球面を下に蒸気が当たるようにポットに被せ、 蒸気が逃げないように、大きめのビニールの袋を被せます。 約10分~15分 この時、長時間おきすぎると、コレもまた、中のウールの芯まで蒸気が入り、 ミット自体が重たくなってしまいますので要注意です。 その後、成形用の木槌があればガンガン叩きます。 (無いですよね…) ウェブの上の紐部分(グルグルになっている所)も叩きます。 無かったら自分の拳で勝負です! あとはマシンでただひたすら捕球します。 いつも同じ投球をしてくれるのでマシンが1番安定してお勧めです。 これを繰り返します。 重労働ですけど、これでもまだ「すぐに」柔らかくなるとは言いがたいです。 すぐに柔らかくなる=急激に皮革を伸ばしてる=革がダメージを受ける なので、時間をかけて柔らかくするのが1番なんです。 でも、それにしたって8ヶ月は長いですよね・・・(目安は大体半年位です) 1度、ご購入されたお店に相談されたらいかがですか? お店によったら、サービスでスチームあててくれたり、 叩いてくれたり、リキットオイル塗ってくれたりしてくれますよ? 長々と失礼致しました。 お役に立てれば幸いです。 ハタケヤマのオーダーミットって絶望的なくらい硬いんですよね。 だから軟化剤としてSF-1なんてオイルも販売されてるわけで。 でも、軟化剤を使っても3月末に間に合うかな。 無理に柔らかくしようとすると、捕球面に変な癖がついてしまいます。 となると、やはり湯もみしかないのでは? 耐久性が落ちるとか、色移りするとか、シミができるとか言って湯もみを否定する人がいますが、腕のよい職人に頼めば心配は無用ですよ。 最近、耳にしたのですが、岡山の藤本運動具店が上手にCミットの型付けをしてくれるそうです。 持ち込みの型付けOKで「ハタケヤマが得意」とPRしているのは、大阪のセンナリスポーツ。 仕事が丁寧で早いのは埼玉の型付け工房。 ハタケヤマもずいぶん持ち込まれているようです。 湯もみをしても、実戦で不安なく使えるようになるまでは、さらに慣らしが必要です。 早めにコンタクトをとって、納期などが折り合うショップをさがしてください。 くれぐれも、力業に頼ってミットをダメにすることのないように。

次の

ハタケヤマのキャッチャーミットサイズ一覧【2020年サイズ表】

ハタケヤマ キャッチャー ミット オーダー

"ハタケヤマ(HATAKEYAMA)"は、野球をやったことがある人なら誰もが知っている野球メーカーです。 そして、 "ハタケヤマ(HATAKEYAMA)"と言えば、キャッチャーミットが超有名!!アマチュアからプロまで多くの野球選手が愛用しています。 これからキャッチャーミットを選ぶあなたに向けて、 "ハタケヤマ(HATAKEYAMA)"の魅力をたっぷり解説します! この記事を読めば• ハタケヤマが 人気の理由がわかります!• ハタケヤマの キャッチャーミットの価格とその他のラインナップがわかります!• ハタケヤマの おすすめのキャッチャーミットを紹介します! これから キャッチャーミットを選ぶあなたは、是非最後までチェックしてください! Contents• キャッチャーミットで有名な"ハタケヤマ(HATAKEYAMA)"が人気な理由は? ハタケヤマのキャッチャーミットは、 "甲斐キャノン"で有名なソフトバンクホークスの甲斐選手や 西武ライオンズの炭谷選手など数々の名選手が使っています! なぜハタケヤマのキャッチャーミットが人気な理由は、• 長く使っても 型崩れしない強度• 捕球を助ける 優れた操作性• 手を守る 衝撃吸収力 の3つ挙げられます! それでは、それぞれの特徴を詳しく解説していきます。 特にキャッチャーは、練習、試合共に最も多くボールを捕るので、 キャッチャーミットは強度が無いとすぐ弱ってしまいます。。 そんな中、 ハタケヤマのキャッチャーミットは、作りの工夫によって強度が最大限に高められているので、凄く長持ちします! 具体的には、• ポケット部分の スリットレスに!• パット部分をミシン目からハミダシへ!• キャッチャーミットの芯を 独自のフェルト芯に! 改良して、強度を高めています! ポケット部分のスリットレス 引用元: キャッチャーミットのポケット部分にスリットがあるものが多い中、 ハタケヤマのキャッチャーミットは、スリットレスとして破れを防止しています。 パット部分をミシン目からハミダシに 引用元: 私も経験があるのですが、キャッチャーミットのパット部分は通常ミシン目になっており、その部分からよく破れます。。 それを防止して 強度をあげるため、ハタケヤマでは、パット部分をハミダシにしています。 他社では見られない工夫です! 独自のフェルト芯 引用: ハタケヤマのキャッチャーミットは、その強度を上げるため、 独自のフェルト芯を使っています。 そのために、 ハタケヤマのキャッチャーミットは機能性にこだわった作りになっています! 手へのフィット感などは、是非付けて感じてください!と言いたいところですが、操作性を上げるハタケヤマの工夫を簡単に解説します! 捕球時の指の動きに応じた設計 引用: ハタケヤマのミットは、 ポジションや個人によって異なる指の動かし方を考慮した設計がされています。 具体的にどのような違いがというのは、付けてみないとわからないと思いますが、"ハタケヤマはそこまで考えている!!"というのを知ってもらえればと思います! 独自のシェラーウェーブ 引用: シェラーウェーブは他のメーカーにはない独自のミット甲部の構造です。 当然練習では、それ以上に受けますから、手の負担はかなり大きいです。 ハタケヤマのキャッチャーミットは、 この衝撃吸収力を上げるためにも、様々な工夫がされているんです! 手への衝撃を軽減 引用: ハタケヤマのキャッチャーミットでは、プロ野球選手を中心に座ブトンスポンジが付けられています。 人差し指カバー部分に衝撃吸収材を入れることで、手への負担を軽減させています! 人差し指のストレス軽減 引用: グローブをはめるとき、人差し指だけ外のカバーに指をいれますが、それにより人差し指は、革のヘリに指が当たり、ストレスがかかり易くなります。 "ハタケヤマ(HATAKEYAMA)"のおすすめのキャッチャーミットを紹介します! おすすめのキャッチャーミットは、 絶対にオーダーメイドのキャッチャーミットです! キャッチャーミットに限らず、 グローブはサイズ感と形が非常に重要です。 また、 何年も使い続けるグローブなので、自分の好きなデザインであることも大切です。 なので、ハタケヤマのキャッチャーミットを買う場合は、オーダーメイドをおすすめします! 値段は少し高くなりますが、確実にそれ以上の価値があります。 しかも、今は何と ネットでオーダーグラブを注文できるんです!これはかなり驚きですね笑 楽天で購入 ネットで買えるなら、わざわざ店に行かなくてもいいので、お手軽に最高のキャッチャーミットが手にはいるとは素晴らしいシステムですね。 自分で選ぶ部分は、選択肢が写真でわかりやすく解説されているので、ご安心ください。 これからキャッチャーミットを買うというあなたは、 是非ハタケヤマのキャッチャーミットをオーダメイドで作ってください!絶対に最高のキャッチャーミットに出会えます! キャッチャーミットといえば"ハタケヤマ(HATAKEYAMA)"! まとめ ここまで読んでくださったあなたは、 ハタケヤマのキャッチャーミットに対するこだわりと、その良さを感じていただけたと思います! 私は高校時代にキャッチャーをしていて、ハタケヤマのキャッチャーミットを使っていたので、十分魅力を理解しているつもりでしたが、今回記事を書いて改めてハタケヤマの良さを感じました。 プロ野球の数々の名選手がハタケヤマのキャッチャーミットを使っていることからも、ハタケヤマの魅力がわかります! これから、自分や子供のキャッチャーミットを買うというあなたは、是非ハタケヤマのキャッチャーミットを選んで、 ハタケヤマのキャッチャーミットと共に素晴らしい野球人生を送ってください!.

次の

ハタケヤマのキャッチャーミットの種類について、ポケットの深さに注目してまとめてみた。

ハタケヤマ キャッチャー ミット オーダー

「キャッチャーミットといえば『ハタケヤマ』」 こんなフレーズを、野球をやられたことのある方であれば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 ハタケヤマはプロ・アマ問わず、多くのキャッチャーがそのミットを愛用する野球用品メーカーです。 もちろんグローブ・ファーストミット、スパイクなども販売していますし、実際ハタケヤマのグローブを使用するプロ野球選手も複数人いますが、ハタケヤマとしての真骨頂はなんと言ってもキャッチャーミットでしょう。 しかし一方で、「ハタケヤマのキャッチャーミットの、どういうところが評判になっていて、凄いのか?」と聞かれるとなかなか答えられない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、ハタケヤマのキャッチャーミットの評判について、ぶっちゃけどんなところが凄いのかをまとめていこうと思います。 ハタケヤマの評判1. 人気モデル8型の存在 ハタケヤマのキャッチャーミットの評判が良い1つ目の理由は「人気モデル」です。。 ハタケヤマのキャッチャーミットには、M8型というモデルが存在します。 2018年のシーズン途中からDeNAベイスターズに電撃移籍した伊藤光捕手や、日本ハムファイターズから中日ドラゴンズへ移籍した大野奨太捕手などの使用しているキャッチャーミットのモデルです。 現在でも、ハタケヤマのキャッチャーミットを購入する多くの方が、このM8型を選ばれています。 その人気の秘密はなんと言っても扱いやすさにあります。 ハタケヤマのM8型は、いわゆる縦型のキャッチャーミットでポケットも深く、手のひらでボールを掴みやすい設計になっています。 そのため比較的(当然使い方にもよりますが)突き指もしにくく、ミットの中央でボールをガッチリとキャッチすることができます。 このキャッチングのしやすさが、ハタケヤマのキャッチャーミットの評判の良さの一つであることは間違いないと言って良いでしょう。 ハタケヤマの評判2. 素材(革材)の良さ ハタケヤマのキャッチャーミットの評判が良い2つ目の要因は、「素材の良さ」でしょう。 ) ハタケヤマの硬式シリーズは、最下級シリーズから最上級シリーズまで、素材に和牛(=国産の素材)が使用されています。 近年はグローブの生産拠点を日本に回帰するメーカーも増えてきましたが、素材にまで国産にこだわる(こだわれる)メーカーはあまり多くはありません。 ハタケヤマは製造はもちろん、素材に関しても和牛(国産の牛の革)を採用しており、この点が、他社(特に大手メーカーなど)のキャッチャーミットと比べ、良い評判を獲得できている要員でもあると考えられます。 またハタケヤマの中において、最上級シリーズの方が良い素材であることに間違いないでしょう。 しかし全てのシリーズのキャッチャーミットの型付けをしてみて感じたのは、たとえ硬式モデルの下位シリーズの位置付けにある、 VシリーズやKシリーズのキャッチャーミットであっても素材としては全く悪くないということです。 それだけ硬式シリーズは、総じてレベルが高いと言える裏返しでもあると考えられます。 yahoo. 良いキャッチャーミット・良いグローブの条件として重要になってくるのは、革材と芯材です。 革材に関しては前項で触れましたので、この項では簡単に、芯材についてご説明いたします。 芯材には主に、安価なウール芯と高価なフェルト芯のどちらか(あるいは両方を掛け合わせたハイブリッド)が使われています。 化繊(化学繊維)を用いた、安価なウール素材の芯材を硬式のグローブ・ミットにも使っているメーカーもありますが、ハタケヤマ の硬式シリーズ・オーダーモデルの芯材にはフェルト芯が採用されています。 また捕球面の革と芯材を密着させる役目を担っているグリスも、温度や湿気などが季節毎に変化しても、常に一定の密着力を保つ独自のグリスを採用しているとのこと。 ハタケヤマの評判4. 明確なモデル分け ハタケヤマのキャッチャーミットの評判が良い4つ目の要因は、「明確なモデル分け」です。 冒頭にご紹介した、谷繁モデルの一番人気「M8型」を筆頭に、ソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手が使っているポケット浅めのM1型キャッチャーミット、かつてはジャイアンツの阿部選手が使用していたツーピースウェブを採用したM01型キャッチャーミットと、タイプがそれぞれ分かりやすく異なっているキャッチャーミットがラインナップしています。 一つのメーカーの中で、どのタイプのキャッチャーミットが、自分にピッタリなのかを比較しながら選べるというのは、購入する側としては非常に嬉しいポイントではないでしょうか。 ハタケヤマの評判5. 仕上がりの硬さ ハタケヤマのキャッチャーミットの評判が良い5つ目の要因は、「仕上がりの硬さ」です。 ハタケヤマのキャッチャーミットは、新品の状態はとにかく硬く仕上がって納品されています(キャッチャーミットに限らず、グローブも硬いですが)。 「こんなに硬くする必要あるのか?」と疑いたくなるほど硬いです。 しかし、最初の仕上がり状態を硬く設定しておくことで、一度慣らせた後は簡単にへタれてしまうことなく、キャッチャーミット(グローブ)自体を長く使うことができます。 特にキャッチャーは、全ての捕球が全力で投球されてくるボールであるため、他のどのポジションよりもボールを捕球する道具(ミットやグラブ)の消費が激しいポジションです。 そんなポジションにおいて、ハタケヤマのような「仕上がりが硬い」キャッチャーミットは、力強い相棒になってくれること間違いなしです。 まとめ いかがだったでしょうか。 今回は、ハタケヤマのキャッチャーミットの評判の高さについて、 人気モデルM8型の存在、 素材(革材)の良さ、 芯材とグリス、 明確なモデル分け、 仕上がりの硬さ という5つのポイントに絞ってお伝えしてきました。 ハタケヤマのキャッチャーミットの評判が良いことを、なんとなく聞いたことある人は多いと思うのですが、具体的にどこがどう凄いのか(あるいはどんなところが人気を集めているのか)について、少しでもご参考になれば幸いです。

次の