ヘア カラー ロング。 【美容師が教える】セルフカラーのやり方:上手に染めるコツ6つ|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

【2020年夏 トレンドヘアカラー】あなたに本当に似合う髪色はコレ!

ヘア カラー ロング

ロングヘアさんの中にはずっと伸ばしている、カットしても毛先だけという方も多いのでは?ちょっと飽きてきたけど切るのはなというロングさんはヘアカラーで雰囲気チェンジ!ロングへアに似合うおすすめの髪色をご紹介します。 明るめ、暗め、どちらに変えますか?近年は大人の女性にも人気のハイライト、グラデーションカラー、インナーカラーなど立体感をつけるカラーもおすすめ。 レイヤーを入れるのは頬ラインから、耳前の毛束のみ。 耳後ろやバックの毛束にはレイヤーを入れず重たさを残します。 ふわっとした軽やかさが出やすいよう、表面にも軽くレイヤーを。 カラーは8トーンのリビングコーラル。 全体を1色で染めることでツヤ感を強調します。 暖かみのあるカラーなので上品さや柔らかさを演出する効果もあり。 鎖骨下で、ふわっとカールが重なっているのがおしゃれ!清楚な印象のストレートロング。 でも野暮ったく見えたり、おしゃれ感が薄く見えたりすることも…。 そこで、清楚でありつつおしゃれ感のある、大人のためのストレートロングをご紹介します!ポイントは顔周りの毛先にレイヤーを入れ、前上がりにすること。 さらにやや内巻きにすると正面から見たときカールが重なり軽やかな印象に。 このときバックにはレイヤーを入れず重たさを残すのが、今っぽいロングに見せるカギです。 またカラーはピンクとゴールドがMIXされた注目カラー、リビングコーラルがおすすめ。 トレンドカラーにすることでおしゃれ感が出るし、暖色系なのでツヤや透明感も出やすくより美髪に見せます。 顔周りの毛束にレイヤーを入れるだけで軽やかになり、一気に今っぽくなるストレートロング。 ツヤと透明感のあるカラーも味方につけ、大人のロングを楽しみましょう。 \How to スタイリング/ 前髪をかき上げながら乾かし最後に根元に温風をしっかり当てると、自然と立ち上がった前髪を作れます。 また全体の毛先はロールブラシを使って内巻きにブロー。 ブラシを使うことでキューティクルが整いよりツヤが出ます。 3mmのアイロンを毛束の中間に挟み、毛先まで滑らせ軽く内巻きに。 クルンと巻きすぎると古く見えるので注意。 シアバターのスタイリング剤を毛先中心に軽くなじませ完成です。 ストレートロングはきちんとブローしてツヤを出すことが、清楚やおしゃれ感を高めるカギに。 好感度抜群のスタイルなのでシーン問わず挑戦できます。 ブラウンベージュで軽い抜け感を \How to ベース&カラー/ グラデショーンベースの重ためのロング。 ワンレンではなく、グラデーションでカットしているため、丸みがあり女性らしいスタイルに仕上がっています。 顔まわりと表面にレイヤーを入れ、スライドカットと毛量の調整で浮遊感のあるデザインに。 カラーは、10レベルのブランジュ。 ブランジュは、ブラウン+ベージュのいいとこ取りをした色味で、透け感があり軽い印象を与えます。 また、肌ぐすみのカバー効果も。 レイヤーが華やかさをプラス。 セミウェットで浮遊感のあるヘルシー美人。 まとまりの良さやツヤ感はキープしたいけど、夏に向けて涼しげで軽やかなスタイルにしたい、その上、簡単なスタイリングで仕上げたい。 そんなわがままを叶えてくれるのがこちらのレイヤーロングです。 毛先に厚みを残しているのでまとまりの良さはそのまま、顔まわりに入れたレイヤーが浮遊感を演出し、ヘルシーな色っぽさを感じさせる仕上がりになっています。 乾かすだけでもキレイにまとまり、アイロンでワンカール巻けばグッとフェミニンな雰囲気にすることも可能。 もちろん結ぶこともOKと、いろいろなスタイルでおしゃれを楽しみたい人にチャレンジして欲しいデザインです。 扱いやすさ重視派にオススメのロング。 ミニマムなレイヤーが、女性らしい華やかさをアップさせます。 長さがあってもぺたんとしないで、今っぽいほつれ感とふんわり動きのあるヘアを叶えます。 \How to スタイリング/ 全体を乾かしたら、32mmのアイロンを使い、サイド3段、バック4段に分けてワンカール。 アウトラインのみ外巻きに、その他は内巻きでカールをつけます。 レイヤーを入れた顔まわりと表面は、髪を細い毛束で拾ってワンカール。 そして、巻いたらほぐすのがほつれ感をつくる鍵。 最後に、シアバターとオイルをミックスし、毛先中心に塗布。 根元は少なめにつけて、セミウェットな質感に。 手ぐしを通しながら、髪を高い位置(耳くらいの高さ)からパラパラと落としつつほぐして整えたら完成です。 暗めカラーで雰囲気チェンジしたい! アッシュベージュで知的さを演出 \How to ベースパーマ&カラー/ ベースを胸上で前上がりのワンレングスにカットし、ローレイヤーを入れます。 前髪はリップラインとアゴの中間くらいの長さで、幅と奥行き共に厚めにカットします。 前髪にもレイヤーを入れ、スライドカットで調整。 ひし形シルエットを作ります。 前髪をこめかみあたりまでつなげることで、サイドとの馴染みがよくなり小顔見せにも。 カラーリングは6レベルのアッシュベージュに。 クールな印象を与える寒色系の色味で、大人女性なニュアンスをプラス。 \ヘアスタイルのポイント/ 女性らしい丸み+小顔を叶えるレイヤーロング。 アイロンなしで再現性に優れたこちらのパーマスタイル。 ナチュラル感がありつつ、大人女性の色気も兼ね備えたデザインです。 リップラインに設定した長めのかきあげバングで色っぽさをアップ。 ローレイヤーにすることで、程よい厚みと動きを表現し、女性らしい丸みを演出してくれます。 また、計算された前髪のバランスによりひし形シルエットを実現。 小顔効果も望める優秀ヘアです。 柔らかな雰囲気のゆるめカールは、男性ウケのみならず女子ウケもバッチリ。 強いカール感ではなく、大きくリッジしっかりめが今季の気分にぴったりです。 \How to スタイリング/ パーマは26mmのロッドをメインに使い、ゆるめのデジタルパーマをかけます。 顔周りをリバースに巻くことで、流れと動きのある仕上がりに。 スタイリングは、ばーっと乾かしてスタイリング剤をつけるだけでサロン帰りのような仕上がりに。 再現性のある楽チンスタイルです。 また、ナチュラルで柔らかヘアのポイントは、ドライ時にサイドの髪をやや後ろ方向に持ち上げドライヤーの風をあてること。 スタイリング剤はツヤ感と毛束感のでるオイル系、もしくはヘアバター系を選んで。 シフォンベージュで作るやわらかトーン \How to ベース&カラー/ ベースの長さはあまり変えずにやや前上がりに、ワンレングスでカット。 軽さと動きを出すため、こめかみ部分にレイヤーを入れてつなぎます。 厚みのある前髪は、右に流れるようにカットし、すき間が出るように調整していきます。 9トーンのシフォンベージュは、赤みを打ち消し、柔らかい髪質感をもたらすカラー。 \ヘアスタイルのポイント/ 髪伸ばしかけの人、必見。 長め透けバングの大人ロングは、イメチェン+小顔効果あり!髪の長さをキープしつつ雰囲気を変えたい。 さらに、小顔に見せたい。 そんな欲張りな女心を満たすヘアスタイルがこちら。 部分アイロンテクニックで、動きがある大人かわいいスタイルに。 アイロン仕上げでカールをつけると、どうしても長さが上がってしまいがち。 でも、襟足と顔まわりのみにアイロンを入れることで、長さを残しながらしっかりカール感のある仕上がりを実現します。 顔まわりに入れたレイヤーが軽さを表現し、頰骨をカバー。 前髪の幅も狭めなので、小顔効果も抜群です。 重さの中に抜け感をプラスした前髪は、大人女性の雰囲気が漂います。 2WAYバングなので、下ろしても流してもOK。 ふんわりとしたニュアンスでやさしい表情の重めのナチュラルロング。 伸ばしかけでも、おしゃれに変化を楽しみたい人にオススメです。 \How to スタイリング/ 全体的に乾かしたら、32mmのアイロンで襟足と顔周りにカールをつけるだけのお手軽スタイリング。 顔まわりは、細かめに毛束を取り外巻き&内巻き交互にカールを。 表面のみ、1cm四方でリバースに巻きます。 広がりや毛先のパサつきが気になる人にも、オイルはぴったりなスタイリング剤です。 また、カールが取れやすい人は、アイロン前にオイルをつけるとスタイルが長持ちします。 ハイライトカラーでのっぺり解消!立体感のある髪色に 細かいハイライトはウェーブロングに合う! \カラーポイント/ パールをプラスしたフレッシュベージュがべース。 全体に同系色のハイライトを細かく入れ、スタイルにメリハリとツヤ感、軽やかさを添えて。 \ヘアスタイルのポイント/ 顔周りをリバース、全体をミックス巻きにしたロングレイヤースタイル。 細いハイライトを混ぜ込むテクニックで、ウエーブの立体感をアピール。 巻いた後によくほぐし、ラフさを意識。 前髪は顎下5cmくらいに設定し、サイドと馴染むくらいにい薄めにつくります。 毛量調整をして、動きが出るようにします。 カラーは、全体を9レベルのアッシュベージュに染めてから、頭のはち上にのみ細かめのハイライトを重ねます。 寒色系をチョイスすることで、ヘルシーな女らしさに。 甘すぎないナチュラルヘアは、洗練されたおしゃれ感に。 アイロンで仕上げたこなれ感のあるウェーブロング。 交互に内巻きと外巻きを施したルーズ感に、毛先につれて明るく見えるバリアージュ風のハイライトを入れることでさらに動きをプラスします。 ヘルシーで元気な印象を与え、動きのあるロングヘアは、脱マンネリロングにもおすすめです。 前髪は薄めでサイドと馴染むようにつくりますが、前髪として存在させることで顔まわりにふわりとした動きを演出してくれます。 乾いたら38mmの太めのアイロンで、サイド左右2パネルを毛先から内巻き、外巻きを1回転ずつ交互に根元まで巻きます。 トップ付近は内巻きと外巻きの間隔を広めにして、あえて巻かない髪をつくることでルーズ感&こなれ感な表情に。 スタイリング剤は、中間から毛先にヘアオイルを揉み込んで、束感を整えたら完成です。 毛量調整は毛先の厚みを残しながら、内側を中心に行います。 前髪はサイドより短めにカットして、やや軽い印象に。 ふわっと7:3くらいのパートで分けてもいいし、オールバックにしても決まるデザインです。 カラーは自然なメリハリをつけるハイライトを細かく全体的に入れた後、10レベルのスモーキーベージュを重ねます。 赤味を抑えるカーキ系で、透明感のある仕上がりになっています。 \ヘアスタイルのポイント/ ハイライトカラーで、ロングに今っぽい抜け感が!透明感が決め手な大人の重軽ロングは柔らかい束感と抜け感を表現する色っぽさも。 ロングは断然、重めのレイヤーがトレンドです。 こちらのスタイルは、重さのあるカットの中にカラーリングで軽さをミックス。 抜け感や透明感をプラスしています。 細めのハイライトによるコントラストが、気品のある立体感を生み、やさしくフェミニンなイメージを与えてくれます。 また、襟足までしっかりハイライトが入っているので、これから暑くなる季節にアップやアレンジをした時も毛先の色がグラデーションとなり、おしゃれなニュアンスに。 毛先に重さや厚みは残しつつ、レイヤーの動きが軽い質感となる重軽ヘア。 ふんわりとした柔らかさと女性らしさが漂うロングは、髪質が硬く見えやすい人にオススメです。 \How to スタイリング/ 根元に空気感が出るように全体を乾かします。 ドライ後34mmの太めアイロンで、ランダムに内+外カールを巻いて大きく緩やかなウェーブ感を作ります。 スタイリング剤は、ツヤ感と束感を作るオイルワックス、もしくはクリームワックスを塗布してセミウェットな質感で色っぽい仕上がりに。 ナチュラルな女性らしい雰囲気にするなら前髪を7:3に分けて。 クールに決めたいならオールバックがオススメです。 毛先にかけて明るくなる絶妙な入れ方で。 前髪は長めに残し、全体とつなげています。 前髪の分け目はセンターでカットして、左右どちらで分けた時でも自然な仕上がりに。 カラーは地毛の明るさを生かし6レベルのベージュブラウンで染めます。 スタイルのポイントとなるストレート感は「SUGAMIストレート」で。 酸性タイプの低ダメージのストレートパーマで、不自然な直毛ではなく素髪のようなナチュラルな仕上がりになります。 \ヘアスタイルのポイント/ 清潔感No. 自然体で気取らず、女性らしさの漂うレイヤーロングは、前髪なしで大人っぽく、知的で品のある好印象ヘアに。 そして、ナチュラルで柔らかなストレートの秘密は、「SUGAMI ストレート」というメニューにアリ!最新のストレートパーマは、ダメージレスなうえ、素髪のようなナチュラルな仕上がりを叶えてくれます。 前髪はセンターパートにすることで、ピュアなかわいらしさを演出。 さっとかき上げれば、男ゴコロをぐっと掴むセクシーな雰囲気に。 また、毛先を逃して、髪の中間を太めのアイロンで巻くことでカジュアル感のあるヘアも楽しめます。 「髪が広がりやすい」「クセ毛でまとまらない」という人でも、扱いやすくなるのでおすすめです。 \How to スタイリング/ 濡れているうちに洗い流さないトリートメントをつけてから乾かします。 根元がふんわりするように乾かしたら、ブラシでブロー仕上げをするとさらにツヤ感アップ。 保湿効果のあるトリートメントオイルなどを塗布したらフィニッシュです。 毛先に厚みを残すようにカットするとまとまりやすいロングに。 カラーは5トーンのブルーアッシュとグレーのMIX。 ブルー系が入っていると透明感が出やすく、暗いトーンでも重たく感じません。 色ヌケしにくく、ツヤが際立つカラーです。 \ヘアスタイルのポイント/ トレンドがどう動こうと、決して変わらない美人髪の代名詞があります。 それはズバリ、ツヤ髪ロング。 ツヤツヤのロングストレートこそ、清潔感、好感度、女性らしさなどを網羅する殿堂入りの美人髪スタイルです。 そんなツヤ髪を作るトリートメントして 、今最も話題なのがミネコラトリートメント。 髪の水分量をアップさせ、傷んだ髪を修復し髪のエイジングをかなえる魅惑のトリートメントです。 施術すると髪の内側からツヤめくような質感に。 またミネコラは高温の熱量によってキューティクルが蘇る嬉しい効果もあり。 つまり施術後はアイロンを使うたび髪にツヤが生まれます。 これは毎日アイロンが手放せないクセ毛さんに嬉しいポイント。 傷んだ髪もクセ毛も!ミネコラトリートメントとホームケアでツヤ髪復活!髪が傷み過ぎている、クセ毛に悩んでいるなど、ツヤ髪ロングに憧れるけど自分は無理…と思っていた人は諦めずに一度、ミネコラトリートメントを施術することをおすすめします。 \How to スタイリング/ シャンプー後、コンディショナーをなじませた後にスケルトンブラシなど目の粗いコームで髪をとかすとトリートメント成分が均等に浸透しやすくなります。 濡れ髪に目の細かいブラシを使うと髪を傷めるキケンがあるので注意。 乾かすときは根元から毛先に向かって乾かして。 7〜8割乾いた後に、スケルトンブラシでとかしながら乾かすとキューティクルが整いやすくなります。 よりツヤを求めるなら、ロールブラシを練習して仕上げに使うことをおすすめします。 ドライ後、髪全体にアイロンを根元付近から毛先まで滑らせ、毛先を軽く内巻きに。 髪のキューティクルが整い、髪に面が作られツヤが生まれます。 またミネコラトリートメントを施術した場合は、アイロンの熱量によりさらにツヤ感がUPします。 仕上げに毛先がまとまるようにオイルをなじませれば完成です。 ツヤ髪がサロンのトリートメント技術とホームケアで本当にかなう時代に突入。 諦めずにTRYあるのみです! 蛍光灯の下では暗めに見える グレージュはオフィスにおすすめ \ヘアスタイルのポイント/ 髪色の主張が強い場合は、赤みを抑えたマットなグレージュで洗練感アップ。 蛍光灯の下では暗く見えて、太陽の下では明るく見える絶妙な色だから、オフィスでは知的さをキープできます。 赤みを抑えたアッシュ系カラーで即効おしゃ見え 透明感のあるアッシュベージュで重く見えない \How to ベース&カラー/ 胸ラインくらいのワンレングスベースでカットし、ローレイヤーを入れます。 レイヤーは、顔まわりにニュアンスをプラスする程度で、量感は梳き過ぎずに重めで整えるくらいの方が、髪の面をキレイに見せることができます。 前髪はあご下7cmくらいの長めにカット。 センターでカットすることで、センターパートでも、左右どちらかに分けてもOK。 オールマイティに対応できます。 カラーは、8レベルのアッシュベージュ。 軽さのある色味なので8レベルでも重たく見えず、透明感を感じさせてくれます。 うるサラヘアをキープするなら、アイロン前にブラッシングを!美しいツヤがあり手入れされた感のあるロングヘアは、時代を超えて永遠の憧れです。 こちらのロングは、重みを残してまとまりがいいのはもちろん、レイヤーがニュアンスとなって、今っぽい動きのあるスタイルになっています。 耳にかければスッキリかわいい表情になり、そのまま下ろせばクールで大人な雰囲気が漂います。 前髪が長いので、まとめた時もパラパラと髪が落ちてこなくてストレスフリー。 そして、ロングヘアは、髪がキレイであることが大前提!ダメージケアはしっかりとが鉄則です。 美しい髪の面とツヤ、そして、うるサラな質感はメンズを惹きつけること間違いなし。 どんな顔型とも相性がいいデザイン。 少し背伸びをして大人っぽいイメージを演出したい人、女性らしく振る舞いたい、そんな人にオススメです。 \How to スタイリング/ 根元をふんわり立ち上げるため、頭皮を軽くこするようにドライヤーで乾かします。 乾いたらストレートアイロンを使って、ごくナチュラルな内巻きにします。 よりキレイに仕上げたいなら、アイロン前にブラッシングを!最後に、保湿力のあるトリートメントオイルを毛先になじませてツヤ感アップ。 これからの湿気が気になる季節、オイル系のスタイリング剤は心強い味方になってくれます。 ツヤのある透け感ダークブラウンアッシュ \How to ベース&カラー/ 鎖骨下7cm、毛先に厚みを残した切りっぱなし風ワンレンカット。 パーマの動きが出やすいよう、表面にはレイヤーを入れます。 前髪は眉と目の間でカットし、毛先がサイドに流れるように毛量調整をします。 カラーは7トーンのダークブラウンアッシュ。 赤みのない青系のカラーは髪に透け感や透明感を与え、暗いカラーでもペタッとならず立体感を出します。 ツヤが高いので上品な印象を与える効果も。 \ヘアスタイルのポイント/ 耳下から広がるふわっとした毛束で、暗めカラーでも軽やかな印象に。 お仕事によってはカラーに制限があり、暗い印象になりがちで悩んでいる人も。 でも大丈夫。 華やかさのあるパーマをかければ、暗めカラーでも重たくならず明るい印象になります。 そんなパーマのポイントは、耳下の毛束は平巻きでかけること。 耳上の毛束は内・外MIX巻きですが、耳下からは平巻きにすることで、横に広がったウエーブに仕上がります。 横に広がるので毛束の動きが強調されやすくなり華やかな印象に。 さらに面長をカバーしつつ、柔らかな印象も手に入る嬉しい効果もあり。 長過ぎるとケバく見えがちなので、長さは鎖骨で揺れるセミロングが最適。 毛先に隙間ができてヌケ感があるので、重たいカラーでも軽やかさが際立つスタイルに。 また前髪はおでこが見えるくらいの厚さで毛先をサイドに流すとかわいらしい印象に。 耳掛けするとさらにすっきり感が出て重たく見えません。 暗めカラーでも、ポイントを効かせたパーマをかければ明るく柔らかい印象を作れます。 \How to スタイリング/ パーマは柔らかい質感に仕上がる水パーマがおすすめ。 20〜28mmのロッドで、耳上は毛束の中間から内・外MIX巻き、耳下は毛先まで平巻きのパーマをかけます。 乾かし方は、根元をしっかり乾かしてから毛先を8割乾かします。 さらにカールを手のひらで包むように持ち上げながら乾かすとふわっとしたウエーブに仕上がります。 セミウエットになるムースを毛束全体にもみ込み、片サイドを耳掛けすれば完成です。 セミロングの巻き髪はスタイリングが難しそうですが、これはパーマをかけているので簡単。 正面から見たとき巻いた毛束が重ならないように、顔周りからもみ上げ前の毛束は鎖骨近くからレイヤーを入れます。 前髪は薄めに取り目の上ギリギリでカット。 ところどころ隙間ができるようにカットしシースルーバングに。 カラーは10トーンのショコラブラウン。 暖色系は艶が出やすく、毛先がパサついて見えがちなロングにおすすめ。 そんな欲張りな髪型になりたいおしゃれ女子におすすめしたいのが、こちらのロング。 華やかさが欲しいならやっぱり巻き髪に敵うスタイルはありません。 でも、いわゆる裾がゴロンした巻き髪では野暮ったい印象に。 必ず巻いたらほぐし、毛先に空気感を含ませるのがおしゃれに見せるポイントです。 だからといって裾にレイヤー入れて軽くするのは、カジュアルになりすぎてこれもNG。 上品に見せるコツは裾に重たさを残すことです。 シルエットがAラインになると、パッと見たときエレガンスな印象に。 顔周りは頬ラインからリバース巻きにすることで小顔効果も発揮!裾が重たい分、前髪はシースルーバングで隙間を作りましょう。 顔周りに抜け感ができて軽やかな印象になります。 またこのシースルーバングが今っぽく見せるカギに。 巻き髪ロングで華やかさ。 シルエットで上品さ。 前髪で今っぽさ。 全体の根元を立ち上げるように、指の腹を頭皮に当て下から上へ擦りながら乾かすと空気感のあるヘアを作りやすくなります。 特にハチ上からトップの毛束はしっかり立ち上げながら乾かして。 サイドを内側の毛束と表面の毛束の2段に分け、3mmのアイロンで内側の毛束はフォワード、表面の毛束はリバースにそれぞれ2回転巻きます。 顔周りの毛束はリップラインからリバース巻きにすることで小顔効果を狙います。 また顔周りにリバース巻きがあると華やかな印象にも。 束感を作る柔らかなワックスにツヤを出すオイルを混ぜ、巻いた毛束をしっかりほぐしながらなじませます。 乾かし方と巻いた後の崩し方がラフな質感に仕上げるコツ。 キレイな巻きでなく崩した毛先がおしゃれなので、慣れれば時短でできる華やかロングです! ピンクベージュはかわいさもクールさも併せ持つカラー \How to ベース&カラー/ ベースの長さは胸くらいの長さでカット。 黄金バランスとなる顔の長さの等倍で長さ設定をします。 アウトラインの重さは残し、トップ〜ミドルにレイヤーを入れて動きを出します。 ふわっとしたカール感に仕上がるよう毛量調整はしっかりと。 前髪は鼻先くらいの長さで流れるように切り、サイドバングでおくれ毛を作ります。 カラーは、9レベルのピンクベージュをセレクト。 女性らしい柔らかさのある色でありつつ、クールさも併せ持つカラーです。 黄金バランスのレングスで、美人見せ効果のレイヤーロング。 清潔感が漂うレイヤーロングは、うざバングでチラリと個性が光ります。 ふんわりとしたスタイルは、毛先をワンカールするだけの簡単ヘア。 レイヤースタイルなので、アイロンで巻いてウェーブっぽく仕上げても決まり、休日モードのスタイルチェンジも楽しめます。 また、前髪は分け目を立ち上げて、絶妙に顔にかかる髪がおしゃれ度をアップ。 前髪とおくれ毛がポイントとなって小顔効果も。 ふんわり仕上げを叶えるのでナチュラルなボリューム感が欲しい人や、時間をかけずにキレイめヘアを手に入れたい人におすすめのスタイルです。 \How to スタイリング/ ドライをしたら、32mmの太めのアイロン、もしくはストレートアイロンで内巻きにします。 前髪は乾かす時に、顔の前に下ろし分け目を立ち上げてから、毛先をリバースにワンカール。 最後にツヤ感の出るオイルか、保湿力のあるオイルミルクを、中間から毛先にサラッと馴染ませたら完成です。 裾にはレイヤーを入れず、重たさを残すことが今っぽいロングに見せるコツです。 前髪は目力を強調するため眉下ギリギリでカット。 サイドにつながるこめかみ部分の前髪をやや長くすることで、パッツン系でもなじみやすくなります。 カラーは赤みを消しながら柔らかい印象に見せる9トーンのフォギーベージュ。 明る過ぎず、しっとりした質感とも相性抜群です。 \ヘアスタイルのポイント/ ロングが好き。 でも巻き髪、外ハネ、ゆるウエーブには飽きちゃった…。 でもただゆるいカールなだけで、パサつきがあればズボラ感が出てNG。 ウエットな質感のスタイリング剤でしっとりさせることが今っぽく仕上げる絶対条件です。 スタイリングに時間をかけない、今っぽおしゃれなたゆっとロング。 ストレートヘアの人は38㎜など太めのアイロンで毛先を軽くワンカール内巻きに。 さらにトップの毛束を少量取り、根元付近を軽く巻くとクセ毛っぽい毛流れを作れます。 もともとクセ毛の人はそのままでOK。 オイルやシアバターなどを髪全体になじませ、しっとりした質感に仕上げます。 顔周りの毛束を残し、軽く耳掛けをすれば完成です。 スタイリング剤でカールがなじむので、キレイに巻かない方がおしゃれに仕上がるたゆっとロング。 黄みを抑えたウォームベージュで肌色まで美しく \ヘアスタイルのポイント/ いつの時代でもかわいい髪型の定番、前髪ありの内巻きロング。 清楚な印象で人気ですが、毛先が規則正しく内巻きになっていたら野暮ったく見えることも…。 そこで、かわいくてちゃんとおしゃれ感のある、今っぽい内巻きロングの作り方をご紹介します!レイヤーによって毛先に動きが出てかわいらしさUP!ポイントは、顔周りの毛束は鎖骨下からレイヤーを入れて前上がりにすること。 それにより正面から見たとき裾に内巻きが溜まらず、軽やかな印象に。 毛先の長さが違うのでカールに段差ができ、ふわっと感が出やすくなります。 また内巻きのワンカールは、毛先をくるっと外に向ければ外ハネにも見えます。 巻いた毛先を散らすことで、ただ内巻きだけのカールでなく、MIX巻きをしたような動きを出すことが可能に。 内巻きロングといえど、カットベースとスタイリングのひと手間で野暮ったさは回避されグンとおしゃれな印象に。 絶対的に好感度の高いスタイルなので、かわいらしさやモテを狙うときにもオススメです! \How to ベース&カラー/ 胸丈の前上がりベース。 毛先が軽すぎると古い巻き髪に見えやすいので毛先には重たさを残しつつ、顔周りは鎖骨下からレイヤーを入れます。 前髪は黒目と黒目の間に落ちる毛束を目の上ギリギリでカット。 前髪のサイドはややラウンドにカットし自然にサイドに流れるようにします。 カラーは8トーンのウォームベージュ。 黄みを抑えるベージュ系なので傷んで見えず、またほんのり赤みが入っているので肌をキレイに見せる効果もあり。 \How to スタイリング/ 前髪を乾かすときはパカっと分かれないように、指の腹を使って頭皮をこすりながら毛束を手前に引き出すように乾かして。 全体が軽く乾いたら、ロールブラシを使って毛流れを内巻きに整えるとキレイなカールを作りやすくなります。 やや太めの38mmのアイロンで、毛先を内巻きワンカールに。 いちばん下の裾だけでなく、レイヤーの入っている前上がりの毛先にも内巻きを忘れずに。 程よく束感が出るシアバターのスタリング剤を毛先を中心に揉み込みます。 毛先を軽く散らし表面をふわっとさせるとかわいらしい印象に。 前髪は軽く内巻きのクセがついたらカーラーを外し、毛先をサイドに流したら完成です。 スタイリングをキレイに決めるコツは、アイロンで巻く前のブローにあり。 内巻きだけでも毛先の動きにラフさがあり、今っぽおしゃれな髪型に。 今っぽさのある大人かわいいロングを目指している人は、今すぐTRYを! グレーMIXで作るおしゃれなトレンドカラー スモーキーアッシュだけどツヤのある色味でイイ女度アップ \How to ベース&カラー/ ベースは胸くらいの長さのロングレイヤー。 ハイレイヤーにすることで毛先の遊びをプラスします。 前髪は顔まわりのレイヤーに繋げて、一体感のあるスタイルに仕上げています。 カラーは7レべルのスモーキーアッシュに。 アッシュにグレーのニュアンスをミックスして、オレンジ色をオフする寒色系でありながら、ツヤ感のある色味になっています。 \ヘアスタイルのポイント/ 長め前髪のロングヘアは、大きめカールとラフな遊びで今どきに!大人セクシーなハイレイヤーは、クセも生かせる色っぽヘア。 大きめカールのロングヘアは、巻いた後にカール感を散らすことが鍵に。 また、たっぷりレイヤーが入っているので、毛先に遊びがありこなれ感のあるスタイルになっています。 スタイリングは中間のカール感を強調することで、大人女性のセクシーさを演出することに加え、結び目の跡が自然と馴染みやすいので、気軽にアップにすることも。 前髪のウェイトは目元ギリギリに設定し、目の印象をアップ。 さらに、自然な流れがクールさを引き立ててくれます。 髪がぺたっとしやすい人や毛量が少なめの人はもちろん、クセを生かせるのでクセ毛の人にもおすすめなデザインです。 \How to スタイリング/ 全体的に乾かしたら32mmのアイロンを使い、まず毛先から耳下くらいまで巻き込みます。 その後、アイロンを縦使いにして、中間のカールが強くなるよう毛先にかけてスパイラルで巻きます。 前髪はアイロン、ブロー、マジックカラーでも毛流れが作れればOK。 スタイリング剤は、ツヤ感の出るオイルか、バーム系ワックスを使い手ぐしを通すように塗布します。 その後、毛先のカールを裂くように散らして、ラフ感をプラスしたらフィニッシュ。 ミルキーグレージュで作る女性らしい美人カラー \How to ベース&カラー/ ベースは緩やかな前上がりでカット。 顔まわりにはローレイヤーを入れ、自然と髪がまとまるようにカットします。 前髪は目にかかる長さを残し、おでこが透けるように調整します。 重さがありながら、10トーンの明るいカラーとのコンビネーションで、トータルで軽さを感じられるスタイルに仕上がっています。 また、ミルキーグレージュは、抜け感と透明感のある色味で、ツヤ感もあり女性らしさをプラスしてくれます。 顔まわりにローレイヤーを入れたロングで、前髪のゆる〜い抜け感がポイントとなり、ふんわりフェミニンな印象を与えてくれます。 全体的には重めなスタイルであっても、透明感のあるカラーリングとのベストバランスで軽さを演出。 また、前髪の奥行きを狭くしているので、顔の縦ラインをコンパクトに見せ、骨格をカバーして小顔効果もアリ!ランダムなカールの重なりで、ナチュラルな華やかさのあるロング。 広がりやすい髪質でも、ボリュームが欲しい人でも、オールマイティにキレイが手に入るデザインです。 大人っぽくてナチュラル。 小顔も叶えるこなれ感たっぷりのローレイヤー。 \How to スタイリング/ 髪をドライしたら、32mmのアイロンで襟足以外を内巻きにワンカール、襟足は外巻きカールに。 異なったカールを重ねることで動きを出します。 耳前の髪は左右2ブロックずつ、計4ブロックに分け、中間のみをリバースに巻くことでランダムなカール感となり、女性らしいイメージに仕上がります。 最後に、少量のヘアオイルを毛先に塗布し、軽く指を通すように髪を整えたら完成です。 アッシュの透明感とバイオレット のこっくりしたツヤ感を兼ね備えたカラーは、洗練された印象。 サイドパートのゆるっとしたロングを、都会的にクラスアップ。 顔周りにはレイヤーを入れ、ボリューム感をセーブ。 前髪は作らず大人っぽく。 髪をかき上げる仕草が女らしさを醸し出します。 髪色はアッシュ系ブラウンにバイオレットをプラスし、ツヤ感を強調。 アッシュよりのブラウンをベースに、ラベンダーをスパイスとして使用しています。 黄みの強い肌の人も、くすまず明るい肌色に。 深みのあるトーンと、透明感のある輝きで、髪の毛1本1本まで美しく見せてくれます。

次の

【ロング】髪の量が多い人に似合うヘアスタイル・ヘアアレンジ・髪型|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

ヘア カラー ロング

髪の量が多い人に似合うロングヘアの条件 透明感のある髪色 髪の量が多い人におすすめなのが、透明感のある髪色です。 髪色を変えるだけで、印象が大きく変わります。 透明感のある髪色とは、寒色系のカラーで、アッシュ、グレー、ブルー、のようなヘアカラーです。 あえて軽くしすぎない 髪の量が多いと少なくしたい。 と思いますが、軽くしすぎると逆に扱いにくくなるので、適度な毛量調整が大切です。 ある程度な厚みのあるカットラインと、中間から毛先にかけて適度な毛量調整が大切です。 なだらかなライン ベースのカットラインが極端な前上がり、前下がりのカットラインは毛量が多い人には向きません。 できるだけ、なだらかな水平よりのカットラインのヘアスタイルがおすすめ。 今回おすすめするヘアスタイルは、なだらかなカットラインのヘアスタイルだけになります。 【ロング】髪の量が多い人に似合う髪型・ヘアスタイル 前髪長めのノンレイヤーロング 出典: 長めの前髪と、レイヤーをほとんど入れないロングヘアは、髪の量が多い人にぴったり。 毛量は適度に調整し、扱いやすくしてあります。 透明感のある髪色は、アッシュ系カラーです。 自宅での再現性の高いヘアスタイルと言えるでしょう。 地毛の明るさに近いアッシュカラー 出典: 地毛の明るさに近いアッシュカラーは、髪の透明感だけでなく肌の透明感も引き出します。 前髪があるロングヘアの場合、黒髪だと重く見えがちですが、少し明るくするだけで軽い印象に。 重めでも、前髪に隙間があると抜け感が出ます。 緩やかなウェーブロング 出典: 緩やかなウェーブロングヘアが洗練された大人の女性の雰囲気に。 髪色を少しだけ明るくしているのと、前髪の隙間が抜け感を出しています。 ヘアオイルを揉み込んでウェットな束感をつくるスタイリングがおすすめ。 ふわふわのウェーブに透明感ベージュ 出典: 髪の厚みを利用したAラインのロングヘアにふわふわ質感のウェーブスタイル。 重さが出ないように透明感のあるアッシュベージュで抜け感をプラス。 トリートメント系のオイル、ジェルなどで束っぽさも出すとおしゃれです。 くせ毛風のロングウェーブ 出典: 根元から大きくウェーブするパーマをかけて、柔らかく見える髪質に。 ヘアオイルを揉み込んで自然乾燥させるだけで簡単にスタイリングできちゃいます。 寒色系のベージュカラーと合わせると、外国人の後ろ姿そのもの。 短め前髪に透き通るブルージュカラー 短めの前髪がポイントのロングヘアです。 短め前髪には、あえて巻き過ぎない緩やかなウェーブがぴったりです。 透明感のあるブルージュカラーは、髪の赤みをとり、軽やかな印象に。 髪の量がある方におすすめのスタイルです。 透き通るようなミルクティーベージュカラーのロングヘア 出典: 髪の量を感じさせない柔らかな質感は、透明感のあるミルクティーベージュのおかげ。 ここまで明るくしなくても、ミルクティーベージュの少し暗めでも透明感と軽さが出るのでおすすめです。 スタイリングは38mmのヘアアイロンを中間巻きでリバース、フォワードの交互巻きにすると緩やかなウェーブになります。 ウェーブパーマで外国人のようなクセ毛風に 出典: 水平に近いなだらかなカットライン、中間から毛先にかけてウェーブするロングヘアです。 外国人のようなくせ毛ヘアに。 透明感のあるベージュが髪の柔らかさを引き立てます。 髪の量が多くても透明感で重たくみえない。 波打ちウェーブロング 出典: 波打つようにヘアアイロンで巻くゆるふわスタイリング。 なだらかな水平よりのカットライン。 明るめのベージュ系カラーがカジュアルな雰囲気に。 Aラインのシルエットが可愛いですね。 大きく揺れるウェーブパーマのロングヘア 波打つように揺れるリラックスウェーブ。 裾広がりなAラインシルエットに束感スタイリング。 髪の量が多くても広がりにくいのでおすすめ。 しっかりウェーブのIラインシルエットロング Iラインシルエットのロングヘア。 しっかりとリッジがでるウェーブパーマ。 グレージュカラーで透明感を引き出し軽やかな印象に。 髪の量が多くても、重たくみえにくい髪色です。 黒髪ストレートロング 黒髪のストレートロングヘア。 毛量を調整してサラサラ質感のスタイルに。 前髪に隙間をつくり抜け感をプラス。 髪にツヤ感が大切。 束感ウェーブパーマのセミロング 束感ウェーブパーマのセミロングスタイル。 ウェットで束感ウェーブ、サイドを耳にかけて抜け感をプラス。 グレージュカラーで透明感をひきだします。 ロングにおすすめスタイリング剤 ダヴィネス オーセンティック オイル.

次の

【楽天市場】ヘアアクセサリー > ヘアゴム > ロングゴム:ハンドメイド&アクセサリー BLAZE

ヘア カラー ロング

ボブのオレンジのインナーカラーヘアカタログ3つ目は、ミルクティーとオレンジです。 外はミルクティーヘアカラーでインナーカラーはオレンジの組み合わせです。 名前も見た目もオレンジティーのようで可愛いですね。 ミルクティーカラーは透明感があるヘアカラーです。 このミルクティーにオレンジのインナーカラーを入れると清楚なイメージに明るさもプラスされます。 ミルクティーの透明感もオレンジの明るさも欲しい欲張り女子におすすめです。 ミルクティーヘアカラーに興味がある方はこちらもチェックしてみてください。 ミルクティーカラーの明るめや暗めなどいろいろな種類や、市販のヘアカラーでミルクティーカラーにするときの注意点などを紹介しています。 ロングのオレンジのインナーカラーヘアカタログ2つ目は、オレンジベージュです。 オレンジの元気な明るさもベージュの大人の落ち着いた印象も持った、いいとこどりのヘアカラーです。 顔色も明るく見せたいけれど、派手になりすぎずにクールなコーディネートも楽しみたい方におすすめです。 オレンジベージュも明暗の違いで印象が変わります。 明るいオレンジベージュはくすみのあるオレンジになり暗いオレンジベージュはブラウンに近く清楚な印象になります。 ロングのオレンジのインナーカラーヘアカタログ2つ目は、オレンジベージュです。 オレンジの元気な明るさもベージュの大人の落ち着いた印象も持った、いいとこどりのヘアカラーです。 顔色も明るく見せたいけれど、派手になりすぎずにクールなコーディネートも楽しみたい方におすすめです。 前髪もインナーカラーを入れることができます。 前髪全てをオレンジにするとパッと顔に目が行きます。 インナーカラーでオレンジを入れると顔が明るく見え、顔の印象が良くなりますが、派手になりぎずオレンジヘアカラーを楽しめます。 前髪のインナーカラーはセルフでもできますよ。 まず前髪を外と内でブロッキングして、内だけ染めると前髪インナーカラーができます。 しかし前髪を垂らしながら染める必要があるのでヘアカラー剤が目に入らないように注意してください。 オレンジ系ブラウンの髪色に合うインナーカラーの色は? オレンジ系ブラウンの髪色には明るめオレンジインナーカラー.

次の