クロスビー マイナーチェンジ。 【スズキ・クロスビー】モデルチェンジ予想!情報・時期はどう?|Car Rhythm(カーリズム)

クロスビー特別仕様車の発表はいつ?ノーマル車との違いを徹底予想

クロスビー マイナーチェンジ

新型スペーシアのマイナーチェンジについて エクステリアのデザイン変更、インテリアの質感をアップ。 「」「 」同様に、 新開発「R06D型」エンジン(NA車)と新開発CVTを組み合わせた新しいパワートレインを採用、軽快な走りと低速域から中高速域までの実用的な速度域で優れた燃費性能を実現。 「 前後の衝突被害軽減ブレーキ」「 後方誤発進抑制機能」「リヤパーキングセンサー」をCVT搭載車(FA 5MT車除く)に設定した。 「スペーシア」、「スペーシアカスタム」「スペーシア ギア」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当する。 3kW(3. 9kW(2. 安全技術の向上により「サポカーS ワイド」に対応するので軽自動車で安全性を気にする方にはおすすめの一台となる。 スペーシアについて 現行 2代目「」と「スペーシアカスタム」のフルモデルチェンジを行い2017年12月14日に発売した。 初代モデルは2013年3月から販売を開始しており、丸5年でのフルモデルチェンジを行う。 今回のフルモデルチェンジでの最大の目玉は新型アルトに採用された新プラットフォーム「HEARTECT」を採用し軽量化と剛性アップさせ燃費向上を果たす。 新型プラットフォーム HEARTECTについて プラットフォームを刷新し、剛性や静粛性、衝突性能、走行性能などを大幅に向上させた上で軽量化を達成している。 プラットフォームを滑らかな形状にすることで補強部品を減らし、さらに板厚を薄くするとともに骨格部を連続化することで、より少ない部品で十分なボディー剛性を確保。 ボディーでは高張力鋼板を全体の約46%に使い、とくに強度の高い超高張力鋼板(1180MPa 980MPa)の使用範囲を11%から約16%まで拡大。 アンダーボディーでは主要な構造と部品のレイアウトを全面刷新しており、剛性、静粛性、衝突性能、走行性能などを軽量化しつつ引き上げている。 これらにより、曲げ剛性とねじり剛性を約30%向上させている。 軽量化の面ではフロントフェンダーやロアクロスメンバーなどに樹脂素材をスズキ車として初めて使用。 シートでもシートバックフレームの構造見直し、ボディー側に対する取付部品の溶接化を行う。 新型スペーシアボディサイズについて 全長:3,395mm 全幅:1,475mm 全高:1,785mm ホイールベース:2460mm 車重:850kg(HYBRID G 2WD車)軽ハイトワゴン最軽量 新型スペーシア 新型スペーシア エンジンについて と同様にS-エネチャージを更に進化させモーターアシストする時間とモーター出力をUPし、容量の高い小型リチュウムイオンバッテリー 3Aから10Aに大容量化 を採用、更に、次世代軽量プラットフォーム採用とコンパクトで 軽量なエンジンを採用し燃費向上をする。 3kW 3. 新型スイフトや新型ワゴンRに採用された単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして危険を回避する。 フロントガラスに設置した単眼カメラとレーザーレーダーの2種類のセンサーで前方を検知するシステムを採用。 経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当する。 衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。 2.前方衝突警報ブレーキ機能 衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。 3.前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能 衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。 4.自動ブレーキ機能 衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。 誤発進抑制機能 ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献前方約4m以内の障害物をステレオカメラで検知。 車線を逸脱すると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。 先行車発進お知らせ機能 先行車の発進をブザー音とメーター内の表示でお知らせ 停車時、先行車が発進して約4m以上離れても、自車が停止し続けた場合、ブザー音とメーター内の表示で運転者に先行車が発進したことをお知らせする機能。 後退時ブレーキサポート 軽自動車で初採用 リアバンパーに内蔵した4つの超音波センサーが車両後方にある障害物を検知すると自動ブレーキを作動させる。 全方位モニター用カメラパッケージ (セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車 メーカーオプション) クルマの前後左右4カ所にカメラを設置。 対応ナビゲーション(販売会社装着アクセサリー)を装着すれば、クルマを真上から見たような俯瞰(ふかん)の映像などをモニターに映し出す「全方位モニター」に。 運転席から見えにくい場所も画面上で確認でき、狭い場所での駐車に貢献する。 アダプティブクルーズコントロール(ACC) ステアリングのACCスイッチを押せば先行車との距離をミリ波レーダーで測定し、車間距離を保ちながら自動的に加速・減速。 車間距離は3段階(短・中・長)で設定が可能。 ヘッドアップディスプレ イ軽自動車のオプション装備 初採用 スズキ 新型 スペーシアギア スズキは新型スペーシアの派生モデル新型「スペーシアギア」を追加し2018年12月20日発売した。 スペーシアをベースに外観をSUVテイストに演出。 見た目は今話題のや、に似たフロントマスクを採用している。 ギアと名付けているが「道具」を表しており、ベースはスペーシアのためMTではなくCVTをそのまま採用している。 4〜28. 0〜25.

次の

クロスビーのクルコンは長距離の高速走行に使えるの?ACC追従は?

クロスビー マイナーチェンジ

スズキが、クロスオーバー「イグニス」のビッグマイナーチェンジ日本発売を発表しました。 改良により魅力をアップした「イグニス」の最新情報や価格、スペックなどをご紹介します。 スズキ・イグニスは、グローバルに販売されるコンパクトクロスオーバーとしてラインナップされ、力強い走りや取り回しの良さが評価されています。 ビッグマイナーチェンジをうけた新型イグニスでは、新しいデザインや装備を採用することで魅力がアップしています。 SUVテイストを高めた専用デザインを採用する新グレード「HYBRID MF」を設定。 インテリアにタフで高級感のあるレザー調シート表皮を採用し、アクセントカラーにカーキとガンメタリックの2色を設定。 汚れをふき取りやすい防汚タイプラゲッジフロアを採用。 (リヤシートバック背面、スライドラゲッジボード)• ベースモデルのエクステリアに新デザインを採用• シート表皮やメーター盤面の意匠を変更• センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに、新色ブルーとガンメタリックを設定• ボディーカラーに新色「タフカーキパールメタリック」を設定• スズキ国内初となる、夜間の降車後にヘッドランプが一定時間点灯し周囲を照らすほか、乗車前に携帯リモコンにより遠隔でドアロックを解除した場合も、自動でヘッドランプが点灯するガイドミーライト機能を採用した「オートライトシステム」を全車に標準装備• 助手席シートヒーターを全車に標準装備(4WD車は従来より標準装備)• 助手席シートサイドポケットを採用(HYBRID MG除く)• 新グレードとして設定された「イグニスHYBRID MF」では、スキッドプレート調デザインの専用フロントバンパーと一部シルバー塗装を施したリヤバンパー、ルーフレール、フェンダーアーチモール、サイドアンダーモールを採用し、SUVテイストがアップされています。 その他、新型イグニスでは、夜間の降車後にヘッドランプが一定時間点灯し周囲を照らすほか、乗車前に携帯リモコンにより遠隔でドアロックを解除した場合も、自動でヘッドランプが点灯するガイドミーライト機能を採用した「オートライトシステム」がスズキで国内初採用され、全車に標準装備されています。 魅力アップ!スズキ新型イグニスの内装(インテリア)デザインは? 新型イグニスの内装は、新しいデザインを採用することにより質感が高められています。 メーター盤面には新デザインを採用。 インテリアは、シート表皮やメーター盤面に新しいデザインを採用したほか、センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに、新色ブルーとガンメタリックを設定。 (HYBRID MGはブラック内装) また、助手席シートヒーターを全車に標準装備し、助手席シートサイドポケットが採用(HYBRID MGを除く)されています。 また、汚れをふき取りやすい防汚タイプラゲッジフロア(リヤシートバック背面、スライドラゲッジボード)が採用され、タフに使うことができるようになっています。 ホイールベース:2435mm• 最低地上高:180mm• 車重:850kg(4WD車:890kg)• しかし、ホイールベースは同じ数値とされ、空間効率がアップされています。 新設定された「HYBRID MF」グレードでは全幅を他モデルより広げることにより、5ナンバーサイズを維持しながらも力強い印象となっています。 直列4気筒 排気量 1. エンジン最大トルク:12. モーター最高出力:3. モーター最大トルク:5. トランスミッション:CVT• 駆動:FF or 4WD スズキ新型イグニスには、1. 2L「デュアルジェットエンジン」にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレインが搭載されています。 2L「DUALJET ENGINE」 「K12C」型デュアルジェットエンジンは、高圧縮比化とバルブやベルトなどの低フリクション化に加え、吸気ポートや燃焼室形状の最適化により、熱効率を徹底的に追求。 高い燃費性能を発揮しながらコンパクトな設計により広い室内空間の獲得にも貢献しています。 加えて、発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電するマイルドハイブリッドシステムを採用。 加速時にはその電力を活かしてモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上を実現することができるようになっています。 悪路走破!スズキ新型イグニスの走行システムは? スズキ新型イグニスは、前後に配置した大径タイヤや高い最低地上高により、悪路走破性能が高められています。 新型イグニスでは走行システムに、スタックしたタイヤにブレーキをかけることで駆動力が逃げるのを防ぐ「グリップ・コントロール」、急な坂道も一定の速度で安定して下る「ヒルディセント・コントロール」システムを装備することで幅広いシーンに対応できるようになっています。 全車標準!スズキ新型イグニスの安全装備は? スズキ新型イグニスの安全装備には、デュアルカメラブレーキサポートが全車に標準装備されました。 システムは、車線逸脱警報やふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、全方位モニター用カメラなども備え、高い安全性が確保されています。 FF:19. 4WD:19. また、軽量、高剛性な最新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」により車重を850kgまで抑えることで、FF車のWLTCモード値で19. HYBRID MG FF:1,522,400円、4WD:1,658,800円• HYBRID MX FF:1,650,000円、4WD:1,786,400円• HYBRID MZ FF:1,788,600円、4WD:1,925,000円• HYBRID MF FF:1,839,200円、4WD:1,975,600円 スズキ新型イグニスの価格は、装備を充実したことでアップしました。 アップ幅は安全装備が標準装備となったエントリーグレードで11万円ほど、中間グレードでは1~2万円となっています。 専用のデザインを採用する新グレード「HYBRID MF」は、ベースデザインを採用するモデルより5万円ほどのアップとなっています。 HYBRID MG FF:1,408,000円、4WD:1,547,700円• HYBRID MX FF:1,628,000円、4WD:1,767,700円• HYBRID MZ FF:1,771,000円、4WD:1,910,700円 スズキ新型イグニスの発売日は? ビッグマイナーチェンジをうけたスズキ新型イグニスは、2020年2月4日に日本で発売されました。 スズキはグローバルモデルであるイグニスを改良することで、クロスオーバー市場での存在感をアップしていきたい考えです。 「IGNIS」のモデル名の由来は、ラテン語で「炎」を意味する言葉からとなっています。 初代は、日本で「スイフト」として販売されたモデルの欧州名として登場し、ボディ後部を延長した欧州独自仕様の車体を採用したモデルも販売。 その後、スイフトの2代目への変更時に国内外で車名が統一されたことから、イグニスのモデル名は一時廃止されました。 最新プラットフォームを採用するとともに、パワートレインにマイルドハイブリッドシステムを搭載することで高効率を追求。 デザインコンセプトは「シンプルアイコニック、シンプルスタンダード」とされ、わかりやすく特徴的なデザインと人が触れる部分の上質感が印象に残るつくりとされました。 販売は日本の他、欧州、インド、台湾などでも行われ、インド市場では上級車チャネル「NEXA(ネクサ)」で取り扱われるモデルとなっています。 新型スズキ・イグニスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

【スズキ クロスビー】新色スターシルバーエディション追加!人気度を調べてみた

クロスビー マイナーチェンジ

SX4 Sクロス 仕様変更 2019年4月10日 仕様変更により安全性が向上した新型SX4 Sクロス スズキのコンパクトSUV「SX4 Sクロス」が安全装備を強化、40km以上で作動する追従式のアダプティブクルーズコントロール(ACC)を搭載して2019年4月10日に発売しました。 従来モデルは追従しないクルーズコントロールだったため、使い方が限られていましたが、今回の仕様変更でストレスのないロングドライブが可能になりました。 新型Sクロスの販売価格は従来モデルから77,760円アップの2,140,560円~ですが、それでも国内トップクラスのコストパフォーマンスを持つSUVです。 安全装備が充実したお得なSUVを探している方におすすめできるモデルです。 エスクード マイナーチェンジ 2018年12月3日 2018年12月3日のマイナーチェンジでは、フェイスリフトとリヤデザインの変更を行いました。 全車速追従型のクルーズコントロールも搭載してドライバーの運転をサポートします。 また、2017年7月26日に行われた前回のマイナーチェンジでは、5つのブロックに分けられた迫力ある大型フロントグリルが特徴的な新型エスクードが誕生しました。 新しく採用した1. 4Lブースタージェットエンジンは走りを飛躍的に進化させ、パワフルなターボエンジンが搭載されています。 インテリアはシンプルでありながら所々に配置されたレッドカラーが先進的なイメージを連想。 黒で統一されたシートは高級感も感じられ1988年の登場以来、長年ユーザー愛されている重厚な雰囲気を継承しています。 SX4 S-CROSS マイナーチェンジ 2017年7月6日 スズキが2006年より販売しているクロスオーバーSUVの「SX4」が2017年7月6日にマイナーチェンジします。 2013年に2代目へフルモデルチェンジし、日本では2015年から販売を開始しています。 イギリスでは2016年10月から販売を開始しており、日本への導入は2017年7月6日に発表・販売が開始されます。 エンジンは、1. 6L DOHC VVTの6ATが搭載され、駆動方式は2WD(FF)とフルタイム4WDが導入されます。 JC08モードの燃費は2WDが15. 価格は2WDモデルで2,062,800円、4WDモデルで2,278,800円となります。 スペーシア フルモデルチェンジ 2017年12月14日 パレットの後継モデルで、2013年から販売されているスーパーハイトワゴンの「スペーシア」が2017年12月14日にフルモデルチェンジします。 2015年にはマイナーチェンジをして「S-エネチャージ」を搭載、安全装備も「デュアルカメラブレーキサポート」を装備し、燃費向上・安全な車へと進化しています。 燃費は32. 0km/Lと、トップクラスの燃費をほこり、後部にはスライドドアが採用されているので乗り降りも荷物の積み込みもしやすい車種です。 2016年12月には特別仕様車の「スペーシアカスタムZ」を販売しています。 エクステリアの変更や燃費の向上、新たなプラットフォームの採用などで、質感が向上した新型スペーシアの登場に期待です。

次の