安ざわ食堂。 【リニューアル】新潟長岡らぁめん 安ざわ食堂

[上板橋]新潟長岡らぁめん安ざわ食堂で生姜焼き定食トリプルを食べてきたのでレポっす[旨いの?不味いの?]

安ざわ食堂

ちなみに新潟5大ラーメンのほかの4つは、新潟あっさりラーメン、燕三条背脂ラーメン、新潟濃厚味噌ラーメン、三条カレーラーメンと言われているよ 長岡生姜醤油ラーメンを食べに『安ざわ食堂』へ 上板橋駅から徒歩6分くらいのところにある『 新潟長岡らぁめん 安ざわ食堂 あんざわしょくどう 』。 2018年4月オープン。 メニューはこんな感じ。 ラーメンの他に定食メニューやカレーがあるのも面白いですね ヒビ機が行った時は半分くらいの人が定食もしくはカレーを食べていました。 ただ、今回は 今回も ラーメンの気分なので「生姜醤油チャーシューめん」をポチり。 生姜と醤油の香りと共に「生姜醤油チャーシューめん」が到着! 待つこと数分。 生姜と醤油のいい香りと共に「 生姜醤油チャーシューめん」 1,050円 が到着。 少し濁りのある琥珀色のスープの上には、チャーシュー、メンマ、青菜、なると、海苔がトッピングされています。 匂いも見た目も正真正銘長岡生姜醤油ラーメンですね。 スープは鶏の旨味に生姜と醤油がふわっと香る素朴な味わい! まずはスープから一口。 これこれ! 安心する味だなぁ〜! スープを口に含んだ瞬間、 鶏ガラの優しくて素朴な旨味に乗った生姜の爽やかな風味と醤油がふわっと広がりました。 何度も言いますが、これは正真正銘長岡生姜醤油ラーメンです。 そして底の方には生姜が溜まっているため、撹拌して飲むとより生姜がキリッと効いてきます。

次の

上板橋のリニューアルした「Heart Restaurant 安ざわ家」で新名物・Gingerやきめんを食べてきた。 : いたばしTIMES

安ざわ食堂

食楽web 「旅先で旨いものが食べたければ、タクシードライバーに聞くのが一番」と言います。 そこでB級グルメに精通する現役運転手・荒川治さんにイチオシのお店へ案内してもらいます。 チャーシューと目玉焼き。 普段からよく食べる2品ですが、この2つを1皿にした「チャーシューエッグ定食」というメニューを食べたことがありますか? 意外にありそうでない定食ですよね。 有名なのは豊洲市場の『とんかつ八千代』のチャーシューエッグ定食ですが、今回ご紹介するのは、上板橋の『安ざわ食堂』です。 このお店、「チャーシューエッグ定食」の美味しい店がある、と友人に教えてもらって行ったのが最初でした。 料理の写真を見せてもらった瞬間、ブルッと身震いが来て、「デカっ!」と声が出たほど巨大でした。 2018年にオープンした『安ざわ食堂』 場所は、東京・板橋区、東武東上線の上板橋駅から徒歩5分ほどの場所にあります。 お店の情報を調べると、この『安ざわ食堂』のご主人は、塩そばで有名な池袋の『桑ばら』で10年修業。 2018年4月7日に、「新潟長岡らぁめん」をメインに据えてオープンしたラーメン屋さんだということがわかりました。 これは期待大です! 巨大チャーシューエッグ定食に大感激! メニューは生姜醤油長岡らぁめんを基本に、定食類、カレーもありました というわけで、『安ざわ食堂』には昼の12時前に到着。 入店すると、すでにお客さんでいっぱいでした。 とくに男性客が多い。 そして見渡す限り、皆さん、ラーメンだけでなく、ごはん山盛りのガッツリした定食を食べています。 入り口にある券売機には、お目当ての「チャーシューエッグ定食」が確かにありました。 が、よくメニューを見ると、「生姜焼き定食」を発見してしまったのです。 しかも「シングル、ダブル、トリプル」というボリューム設定もされていて……。 無類の生姜焼き好きの私は、小さな券売機の箱を前に、少し悩んでしまいました。 しかし、今日は、「チャーシューエッグ定食」(1100円)を食べに来たんだと心を鬼にして、ポチり。 さらに「定食限定ミニらぁめん」(100円)を付けることにしました。 カウンターで待つこと約7分。 登場したのがこちら。 「チャーシューエッグ定食」1100円 思わず「キタ〜!」と心の中で叫んでしまうほどの迫力あるチャーシュー。 友人の撮った写真よりも、はるかにでっかく見えるチャーシューが2つ。 その肉の横に隠れるように半熟の目玉焼きが2つ。 チャーシューの厚さは余裕で3cmはあるでしょうか。 ごはんやミニラーメンと比べると、チャーシューの巨大さがわかると思います チャーシュー、目玉焼き、ラーメン、白飯。 目の前に広がる光景は、見渡す限り、私の好きなものだらけ。 まずは、チャーシューを箸でつまむと、ぷるんと音を立てて、キレイに半分に切れるほど柔らかです。 しかも見てください。 この肉の断面。 みずみずしい脂でしょ。 口の中でもぷるぷるととろけそうですが、程よく肉の食感が残っていて、噛むと、じゅわ〜っと肉の旨味と甘いタレが押し寄せます。 濃い目の味付けなので、すかさず、ごはんを一口。 目玉焼きの白身部分のカリッとしたお焦げ部分がめちゃくちゃ旨いです そのごはんが、まさに理想的な炊き上がり具合で、めちゃくちゃ美味しい。 米粒1つ1つの甘みを感じることができ、お米を丁寧に炊き上げていることが伝わってきます。 この美味しいごはんに、チャーシューの脂が絡まると…もう絶品と言うほかありません。 今度は、ごはんの上に目玉焼きを載っけて食べてみます。 白身の端っこは、こんがりと揚げ焼きした感じで、黄身はトロトロ。 ごはんにトロ〜リと流れ込み、思わずうっとり。 さらにミニラーメンにチャーシューを入れてみました。 醤油味の長岡ラーメンに、香ばしいチャーシューの脂が溶け込んでいきます。 『桑ばら』の「塩チャーシューそば」とは違い、かなり濃厚な味付けのチャーシュー。 しかし、生姜の効いた醤油スープには、このチャーシューがとっても合うんです。 ミニラーメンにチャーシューを入れてみました というわけで、『安ざわ食堂』の「チャーシューエッグ定食」は、想像以上に絶品でした。 そして、もちろん、翌日には、「生姜焼き定食」のトリプルを食べに行きました。 「生姜焼き定食」(トリプル)1100円 豚バラ肉に染み込んだ生姜ダレ。 脂もほどよく落ちていて、こちらも絶品でした。 もちろん、ごはんは大盛りに。 オープンしてまだ1年半の『安ざわ食堂』ですが、多くのファンが押し寄せているのも頷けます。 ぜひ、食べに行ってみてください。 B級グルメ好きが高じて、現職に就き、お客さんを乗車させつつ、美味い店探しで車を回している。 中年になってメタボ率300%だが、「死神に肩をたたかれても、美味いものを喰らって笑顔で死んでやる」が信条。 写真検索で美味しそうなモノを選び、食べに行って気に入ればとことん通い倒す。 でもじつは、自分で料理を作ることも好きで、かなりの腕と評判。

次の

上板橋の新潟長岡らぁめん「安ざわ食堂」のチャーシューエッグ定食がすごい。 : いたばしTIMES

安ざわ食堂

2018年4月にオープンした上板橋の新潟長岡らぁめん「 安ざわ食堂」。 生姜醤油ラーメンを基本としたお店ですが、ご飯ものの定食が話題になっています。 お店の右側は東上線の線路が近く、ファミマとまいばすけっとの上板橋3丁目店があります。 左側は、富士見街道が近く、進んでいくとデカ盛り居酒屋「花門」があります。 店内にはテーブル席と、 カウンター席、 それに子どもが利用できるユニークな席もあります。 オープンした頃にはなかった定食メニュー。 チャーシューエッグ定食(1100円) わ!豪快! 「チャーシューエッグ」ってありそうでなかった名前の組み合わせ。 もはや暴力的(笑) バキッとついた焼き目。 たまらない香ばしさ。 これは男子の心を鷲づかみにしちゃう系ですね。 ご飯がすすみまくります。 定食についてくるスープ。 (+100円でミニらぁめんに変更できます) スープの中に大きなワンタンが。 にくい! ぷふーっ。 めちゃくちゃお腹いっぱいで満足感がはんぱないです。 お店は安澤さんご夫婦で切り盛りされています。 元々は新潟でご両親が運営していた同じ名前の「安ざわ食堂」。 こちらがオープンした頃は、「食堂だけどラーメン屋さん」と思っていました。 でも人気の定食メニューが登場し、食堂らしい感じになってきましたね。 お客さんの声を聞きつつ、試行錯誤しているうちに今のスタイルになったそうですよ。 もう一つの人気定食・生姜焼き定食もすごく気になるなあ。 最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。

次の