カナブーン。 カナブーン新曲「まっさら」が飯田失踪を予見?歌詞が意味深な理由とは

カナブーンめしだ活動休止へ 失踪理由は「精神的な病気」今後は3人で。

カナブーン

カナブーン めしだ 脱退を発表。 【今の最善の選択】 脱退理由は? 飯田祐馬、KANA-BOON脱退を発表「この選択に後悔はありません」 6月に音楽活動を一時休止 ロックバンド・KANA-BOONのベースで、音楽活動を一時休止している飯田祐馬が12日、グループ公式サイトを通じて脱退することを発表した。 オリコンニュースより サイトでは「かねてより音楽活動を休止していたベーシスト 飯田祐馬ですが、この度、KANA-BOONを脱退することになりました」と報告。 「応援してくださっていたファンの皆様には、残念なお知らせとなってしまい申し訳ございません」と詫び「引き続き、バンドは活動を続けてまいりますので、今後も皆様の変わらぬ応援、何卒よろしくお願い申し上げます」と伝えた。 飯田も 「応援してくださったファンの皆様、関係者の皆様、この度は僕の個人的な理由により、ご心配とご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ございませんでした」 と 謝罪。 「病院で精神的な病気だと診断されて、しばらくお休みをいただいていましたが、その病気が治るまでに何ヶ月かかるのか、それとも何年もかかってしまうのか、はっきりとは分かりません。 そんな状態で、応援してくださるファンの皆様やメンバーをこのまま待たせてしまうことや、 僕の好きなKANA-BOONの活動がこのまま止まってしまうことが一番嫌なので、脱退という形が今できる自分の最善の選択だと考えました」 と 脱退理由を説明。 「メンバーと出会って12年。 KANA-BOONに加入して8年。 家族以外でこんなに長い間一緒に泣いたり笑ったり、感動したりした人たちは他に居ないです」と思いを明かし「メンバーは好きとか嫌いとかを超越した存在なので、自分が脱退するのは、今更仲が悪くなったとかそういったことが理由ではありません」と記した。 続けて「本当に自分よがりな選択ですみませんが、KANA-BOONが次に進むためには今はそれしかないと考えているので、この選択に後悔はありません」といい「メンバーのおかげで、そして応援してくださる皆様のおかげで、今まで最高の時間を過ごすことができました。 僕にKANA-BOONという居場所をくれて本当にありがとうございました」と感謝の言葉をつづった。 しかし、その後、無事が確認され、同19日にはサイトで、音信不通になった理由として「音楽活動の中での、個人的な不安やプレッシャーが原因であった」と報告。 「本人と話し合いを進めていく中でも、体調が不安定な状態が見られたため、医療機関にて受診したところ、精神的な病気だということがわかりました」とし、音楽活動を一時休止することを発表した。 オリコンニュースより カナブーン めしだ 脱退を発表。 特にファンの皆さんには悲しい思いをさせてしまったと思います。 また4人でステージに立つ姿を見せることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 飯田とは17歳からの長い付き合いで、バンドに加入してからは数え切れないほどの喜びと苦労を共にしてきました。 そしてそれはこれからも続いていくものだと信じていました。 ですが、音楽を続けていくことは現在の飯田にとっては負担なのだと知りました。 もちろん3人とも、飯田も、悔しい気持ちや寂しい気持ちがあります。 そういった気持ちを伝え合い、その上で別々に生きる道を歩むことを決断しました。 【古賀隼斗 ギター】 飯田がKANA-BOONを脱退する事になりました。 ファンの皆様からのメッセージや手紙を沢山頂いて、より4人でステージに立てることを望んでいました。 悲しいお知らせになってしまい、本当に申し訳ありません。 飯田とは、ライブでのパフォーマンスや音作り・アレンジを真剣に話し合ったり、ミーティングや個人的な話し合いでぶつかり合うことも多かったけど、それは、お互いに必要なことだったと確信しています。 ただ、そうやってバンドに真剣に向き合っていくことが、飯田にとって負担になっていたということに気付いてあげることができず、本当に悔しいです。 【小泉貴裕 ドラム】 飯田がKANA-BOONを脱退することになりました。 いつもKANA-BOONを応援してくれているファンの皆様には悲しい思いをさせてしまい、本当に申し訳ありません。 飯田とは、一緒に暮らしていた時期もあったし、リズム隊ということもあり、2人で過ごす時間も多く、悩みや音楽についてなどたくさん話をしました。 自分が悩んでいる時は飯田に励ましてもらったり、また逆に飯田の話を聞いて励ますこともあったりと、2人で色んな事を話し乗り越えてきました。 そうやって支え合ってきた仲間が脱退することは、悔しいし、悲しい気持ちでいっぱいですが、今はしっかり前を向いて、KANA-BOONの音楽を届けていきたいと思っています。 まだまだ未熟な僕達ですが、これからもKANA-BOONを応援していただけると嬉しいです。 今後とも宜しくお願い致します。 以上オフィシャルサイトより めしだ脱退のお知らせ掲載された全文は で! スポンサーリンク カナブーン めしだ 脱退をサイトで発表。 ゆっくり静養して欲しい。 脱退は苦渋の決断だっただろうが、この決断は支持され無ければならないと思う。 残ったメンバーも去ったメンバーも時間をかけても良いから前に進んでもらいたい。 まあ自業自得と言えばそれまでだが。 大切なのは身体も心も両方健康なこと。 両方健康なら音楽でもそれ以外でもやっていけると思います。 頑張れの言葉は重いと思うので言葉は難しいですが、応援しています。 治療に専念する以上、はっきりと「脱退」って形をとることは本人にとっても治療に専念できるいい選択だと思う。 ただほんまにそれだけしかない。 めしださんあってのカナブーンだったし、ベーステクニックもすごい。 僕もメンタルできなかった病なので辛い思いは少しですがわかる気がします。 またいつか戻ってくれる日がくれば良いなとファンながら願ってます。 46のオッサンですが。 何となくですが、最近のKANA-BOONが元気ないような気がしていました。 またいつか4人揃うことがあるといいですね。 これからも頑張ってバンド続いてほしいです。 スポンサーリンク カナブーン めしだ 脱退をサイトで発表。 【今の最善の選択】まとめ めしださんの 脱退で決着。 メンバーに迷惑、心配をかけ、 早かれ遅かれこうなるのではないか、 と思っていました。 しかし メンタルの病気は、 その苦しみ、や辛さは、 本人しかしわかりません。 温かいコメントも沢山ありゆっくり直して、 また4人で活動が出来るよう頑張って欲しいとありました。 しかし ボーカル&ギター谷口鮪のコメントには、 「KANA-BOONの音楽に飯田が加わることはありませんが、バンドはより強く生き続けていきます」 と飯田が今後、活動に加わらないことを明言。 ファンは、 コレからしっかり治療に専念し、 また4人のカナブーン を、 待っていると思います。 HIGE13でした。 関連記事はコチラ.

次の

カナブーンめしだ、不倫交際中に清水富美加から「好き」と公言されていた!ネットは「ゲス川谷と被る」の声

カナブーン

カナブーンめしだ 活動休止へ 失踪理由は精神的な病気。 KANA-BOONの飯田祐馬(B)が音楽活動を一時休止することを発表した。 飯田は6月5日より音信不通となり、6月15日の深夜に自宅に帰宅。 その間に予定されていたKANA-BOONの主催イベント「KANA-BOONのGO! 5周年!シーズン5『KANA-BOONのOSHI-MEEN!! 』」は中止となった。 今回、飯田が音信不通となった理由は、音楽活動の中での個人的な不安やプレッシャーが原因にあったという。 また、 体調に不安定な状態が見られたため、医療機関にかかったところ精神的な病気と診断された。 これを受けて事務所は本人と相談のうえ、 治療に専念するため音楽活動を休止させることを決定。 飯田が心身共に健康な状態に回復するのを待ってから、今後について話し合う予定だという。 なお、 飯田不在の間、KANA-BOONはサポートベーシストを迎えて活動を行っていく。 カナブーンめしだ 活動休止へ 公式サイト発表全文。 公式サイトにて発表された全記事コチラだ。 飯田祐馬(Ba)、音楽活動一時休止のお知らせ 2019. 19 いつもKANA-BOONを応援していただき、誠にありがとうございます。 この度は、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。 飯田祐馬(Ba)につきまして、皆様へお知らせがございます。 この度、本人と話し合いの場を設けることができまして、 音信不通になった理由として、音楽活動の中での、個人的な不安やプレッシャーが原因であったと確認することができました。 また、本人と話し合いを進めていく中でも、体調が不安定な状態が見られたため、 医療機関にて受診したところ、精神的な病気だということがわかりました。 これに伴い本人と相談の上、しばらくの間、治療に専念するため、 飯田の音楽活動を休止させていただくこととなりました。 今後につきましては、本人が心身共に健康な状態に回復するのを待ってから、改めて話し合う予定です。 ライブ活動につきましては、サポートベーシストを迎えた体制で行っていく予定です。 なお、回復に向けて治療に専念するため、休養期間中の本人やご家族、医療機関へのお問い合わせ等はお控えくださいますよう、何卒ご配慮のほどお願い申し上げます。 飯田さんのお気持ち、行方をくらませたくなる気持ちだけは分かるので、とても辛かったんだろうなと想像してしまう それを謝罪しろだなんて、本当に無理だよ。 ゆっくり休んで欲しいですね。 今まさに自分がその状態だから痛いくらいに辛さがわかる。 何も聞かず、今はそっとしておいて欲しい。 また笑いあえる日が来ることを信じて。 KANA-BOONのサイトでは精神的な病気って書いてたけど、かなり深刻そうだなぁ。 暫く時間が経ったら音楽雑誌やテレビで真実を話してくれたらいいんだけど。 ファンの方もいきなりライブ中止にされてたまったもんじゃないだろう。 休養期間にしっかり今後の活動や自分のことを考えて欲しい。 それが辛いと感じるなら戻ることは考えずに他の仕事に就いたほうがいいと思う。 戻ったところで再発するだけ。 信じてもらえるのはファンの方だけでしょう。 もっと説明が必要だと。 激怒りのコメントも、理由に不満があるように見えます。 ここ最近のバンド活動の中でのメンバー間のやり取りが、めしだにとって大きなプレッシャーになっていたことを知りました。 めしだとも相談し、一旦療養してもらってから、元気になったところで今後についてもう一度話し合おうということになりました。 僕達をゆっくりと見守ってくれるとありがたいです。 — 鮪 kanaboonmaguro 谷口鮪(29)が自身のツイッターを更新内容だが、易し過ぎますね。 優し過ぎでしょ。 ツイッターは6月3日が最後。 幸福の科学 千眼美子が意味深ツイート、名前は清水富美加 グリーンフラッシュとは? 飯田祐馬は最近様子が変だった ベーススキルを気にしてた。 不倫に謝罪する責任感がある。 ファンの皆さんいろんなことを考えたでしょう。 この失踪騒動でのオチに皆さんスッキリしていないようです。 いつか説明責任を果たしてくれる日は来るのでしょうか? HIGE13でした。 関連記事はコチラ.

次の

カナブーン めしだ 脱退をサイトで発表。【今の最善の選択】

カナブーン

実は本名は読み方が「いいだ ゆうま」となります。 めしだなんて珍しいなあ~、と思ったら、読み方を変えたものだったんですね。 KANA-BOON(カナブーン)という音楽ユニットは、大阪・和泉工業高校の軽音楽部で結成されたものが母体となり、 2013年にメジャーデビューしています。 4人組のグループで、アジカン(アジアンカンフージェネレーション)に影響を受けているとか。 オリコンでもアルバムでかつて3位にランクインしたことがあるなど、一定の人気を持つバンドです。 NHKの音楽番組に出演経験があるなど、イメージも悪くなかったようですが… 清水富美加(千眼美子)さんと不倫!? 実はKANA-BOON(カナブーン)の飯田祐馬さんは、既に結婚しており、2人の関係は不倫関係だったのでした! 清水富美加(千眼美子)さんは結婚していませんが、飯田さんははたして清水さんに既婚者であることを言っていたのでしょうか。 清水さんはそれを知っていたのでしょうか? 清水富美加(千眼美子)さんは、先日電撃発売した告白本「全部、言っちゃうね」で、次のように記しています。 悩みの種だった好きな人も忘れました。 出典:全部、言っちゃうね この一文は一体誰のことを指すのか一部で話題となっていましたが、飯田さんのことだったのでしょうか。 清水さんはかつて、あのレイプ事件で逮捕された高畑裕太さんにも迫られていたウワサがあり、男性関係に疲れていたのかもしれません。 スポンサードリンク KANA-BOON飯田祐馬、自ら告白! 飯田祐馬さんは、清水富美加(千眼美子)さんの出家騒動を見て、自分にその原因の一端があるのではと悩み、 自ら自分の事務所に申し出たそうです。 既に飯田祐馬さんと清水富美加(千眼美子)さんは別れており、清水富美加(千眼美子)さんは飯田祐馬さんの奥さんとも協議したとのこと。 飯田祐馬さんは、どんな処分でも受け入れるとコメントしたようで、覚悟が決まっている様子が見て取れます。 でも実は、飯田祐馬さんはベッキーさん不倫騒動を見て、自分のしていることを隠し切れないと思い、清水さんと別れて事務所にも報告したそうです。 2017年1月まで、飯田さんは離婚をちらつかせながら、ずるずると清水富美加さんとの関係を続けてきました。 今後、カナブーン(KANA-BOON)のバンド活動はどうなっていくのか、まだ見えてきません。 ちなみにいつから不倫していたかについては、分かりませんでした…すみません! しかしベッキーさんと川谷さんの時とはなんか違いますね…。 もちろん不倫は倫理的に問題だし、2017年1月まで離婚までちらつかせながら清水さんと付き合っていたことは悪いですが、 まだしっかりと向き合っているだけあって、川谷さんよりかは幾分マシかなあ…と思ってしまいました。 この不倫のこともちらっと書かれていた清水富美加(千眼美子)さんの告白本は、今芸能界を巻き込んで大きな騒ぎとなっています! (総則) 当サイトの情報は、当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、名誉毀損、秘密保持、著作権に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を負いかねます。 (外部サイト・コンテンツに関して) 当サイトからリンクやバナーなどにより他サイトに移動された場合、移動先サイトで提供されるサービス、情報、商品等について当方は一切の責任を負いません。 当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェア・アプリケーション・ツール、サービスの適切性、道徳性、合法性、正確性、最新性、著作権の許諾や有無など、その内容に関しては一切の保証、補償を致しかねます。 あらかじめご了承ください。

次の