ワイモバイル デメリット。 ワイモバイルは店舗とネットどっちがお得?メリット、デメリット全部お伝えします!

ワイモバイルのメリット・デメリットと乗り換えタイミング

ワイモバイル デメリット

特典が多いのは嬉しいことだけど、それで余計にややこしくなっちゃうかもね! YモバイルのテレビCMは豪華俳優さんを使っているし、覚えやすい音楽なので一度は見たという方も多いと思います。 その反面、「 Yモバイルってどんな格安SIM会社なの?」「 ワイモバイルオンラインショップって何ができるの?」という方も多いでしょう。 ということで今回は、ワイモバイルのオンラインショップの特徴や特典、Yモバイル自体のメリット・デメリットを詳しく解説していきます。 全部を書いてしまうと、やっぱりややこしくなってしまうので、「 Y! mobileを申し込む人は、ココだけは理解しておこう!」という重要点のみをピックアップしているので、ぜひ参考にしてくださいね。 先にココだけは外せない!ワイモバイル オンラインショップはキャンペーンが強力! ワイモバイル オンラインショップは何といっても、オンラインショップ限定のキャンペーンがとにかく強力です。 更に5月15日から増額され 最大で14,000円のPayPayボーナスライトがもらえちゃいます。 ワイモバイルのメリット• 通信速度が安定している• シンプルな料金プランで通話もデータもコミコミ• いま、使っているスマホをそのまま使える!• 人気のiPhoneとのセット購入が可能!• 「5のつく日」を併用すればPayPayボーナス大幅ゲット• Yahoo! の「プレミアム会員」をタダで使うことができる• ソフトバンク光やSoftBank Airとのセット割がある• 家族割でスマホ代が2回線目以降500円 税抜 引き• LINEのID検索が使える• 一般的な格安SIMも、当たり前ですがちゃんと使えますし、私生活では問題ないレベルですが、夜間の混雑時などはYouTubeなどの動画の読み込みに数秒かかることがあります。 mobileの料金プランは上表の S・M・Rの3つの中からデータ容量を選ぶだけのシンプルな仕組みとなっています。 また、 どのプランを選んでも10分以内の国内通話かけ放題の通話定額がコミコミになっているので、キャリア時の「カケホーダイライト」を使っている方は全く抵抗がなく使えますね。 そして、SIMロック解除ができるのはiPhone6s以降のシリーズになります。 また、Androidに関してはメーカーや種類が多すぎるので、ここでは省かせて頂きます。 (スイマセン…. ) 「自分の端末はちゃんと使えるかな?」と確認するには、Yモバイル公式で用意されている「動作確認端末一覧」にて一発で確認できるので、チェックしてみてくださいね。 >><< また、手持ちのiPhoneをYモバイルで使う手順は別記事でも紹介しているので、iPhoneを使いたい方は合わせて参考にして頂けると嬉しいです。 これには以下、2つの理由が挙げられます。 SoftbankからYモバイルへの乗り換えは割引が少なくなる• SoftbankからYモバイルへの乗り換えはキャンペーンが適用にならないモノが多い キャリア版のスマホをそのままYモバイルへ乗り換える時の申し込みは、既に端末を持っているので、「 SIMカードのみ」を申込む形になります。 そして、Yモバイルではこの「SIMカードのみ」を申込む時はYahoo! モバイルオンラインの• 最大14,000円分のPayPayボーナスライト取得 が適用されます。 ですが、この特典は ソフトバンクから乗り換えの場合は適用されません。 確かにかかる手間が同じならUQモバイルもアリっスね SoftbankユーザーがYモバイルに強い拘りがなければ、UQモバイルも選択肢の1つに加えてみてくださいね。 SIMのみ+MNPで 14,000円分のPayPay!! mobileに乗り換えるならスマホも新しくしたい!」という方でもY! mobileならiPhoneとのセット契約もあります。 機種はiPhone7のみです。 の「プレミアム会員」をタダで使うことができる! Y! mobileを利用すると、200以上のお得なコンテンツ&クーポンが利用できる「」がタダで使うことができちゃいます。 通常462円の月額が無料になるほかに、• Yahoo! ショッピングでいつでもポイント5倍• LOHACOでいつでもポイント5倍• ヤフオク!が無制限に利用可能• 活用しないと損だね~ — まにゃ🐱🌖糖質制限 manaxlowcarb Yahoo! プレミアムって、Yahoo! mobileユーザーは、ソフトバンク光やSoftBank Airを自宅で使っている場合、「おうち割光セット(A)」の割引を受けられます。 「おうち割光セット」の適用条件は、ソフトバンクが提供しているネット回線とY! mobileの指定契約プランとの同時利用となります。 割引き金額は以下の通りです。 キャリアとの料金比較については「」で詳しく解説しているので、合わせて参考にしてくださいね。 ですが、ワイモバイルは「My Softbank」に情報が保存されるので、Softbank経由の認証が行えるので、LINEのID検索を使うことが可能です。 ワイモバイルのスマホでLINEのID検索のやり方は別記事にてまとめていますので、合わせて参考にしてくださいね。 mobileは恩恵を受けることができちゃいます。 キャリアとの比較やY! 格安SIMの音声通話SIMのほとんどは、契約から12ヵ月の最低利用期間を過ぎれば、その後いつ好きな時に解約(または他社へMNP乗り換え)をしても、契約解除料(違約金)は発生しません。 しかし、Y! mobileはSoftBankのサブブランドというのもあって契約期間に関しては、• 2年間の縛り• 契約更新月以外の解約(または乗り換え)は違約金が発生• 契約満了月の翌月~翌々月の間にアクションを起こさない場合は自動更新 っとなります。 途中のプラン変更は可能だから、実際に使ってから微調整をすれば大丈夫だよ! 毎月3GBも必要ない人は「LINEモバイル」も視野に入れてみよう! Y! mobileでの最低データ容量はプランSの3GBになります。 中には「ほとんどWi-Fi環境で使っているから3GBも必要ない!」という方もいるでしょう。 そういう方は、同じSoftBank参加の「」をオススメします。 LINEモバイルであれば1GBの小量プランがありますし、iPhoneであればSIMロック解除なしで使える機種が多いのでオススメです。 まとめ:ワイモバイル オンラインショップの特典やメリット・デメリットをチェックしておけば快適に使えるよ! 以上がワイモバイル オンラインショップの特典やメリットとデメリットでした。 2年縛りの自動更新があったり、データ繰越ができないというデメリットはありますが、それを上回るメリットが大きいので、キャリアで毎月高額の月額料金を払うのはもう辞めて、ワイモバイルを含む格安SIMへ乗り換えましょう!.

次の

ワイモバイルのデメリットは7つ!乗り換える前にチェックしておこう|ワイモバイルの教科書

ワイモバイル デメリット

mobile ワイモバイル 「iPhone」3つのデメリット まずはデメリットを3つ挙げます。 デメリットに感じない方もいらっしゃるかもしれませんが、ひとまず知っておきましょう。 最新シリーズのiPhoneではない ワイモバイルが販売しているiPhoneは最新シリーズではありません(2017年7月現在)。 メーカーであるアップルや、携帯電話キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は最新機種を販売しています。 一方、ワイモバイルは発売日の少し古い機種を取り扱っています。 後ほど説明しますが、だからといって非正規品というわけではありません。 安いのは2年縛り契約のみ ワイモバイルのiPhoneを安く手に入れるためには、2年契約を結ぶ必要があります。 2年間、月々の月額料金から一定額の割り引きを受けることで、結果的にiPhoneを安く買えるというわけです。 例えば、iPhoneSE 128GB を契約し2年使い続けた場合、約2万円でiPhoneを買った計算になります。 iPhone5sに限ってはSIMロック解除不可 「iPhone 5s」はSIM シム ロック解除できません。 もともと、2013年に発売された機種なのですが、当時はSIMロック解除が義務化されていませんでした。 ですからSIMロック解除に対応していないのだと思います。 なお、「iPhone se」に関してはSIMロック解除できますよ。 スマートフォンには購入先の通信回線しか使えないようにSIM(シム)ロックがかかっています。 SIM(シム)ロックを解除することで、ワイモバイルで購入したiPhoneに他社のSIMカードを入れて使うことができます。 なお、ワイモバイルでSIMロック解除を行うには購入後180日経過している必要があります。 mobile ワイモバイル 「iPhone」は正規品? ワイモバイルのiPhoneは安いので「中古品じゃないの?」と不安に思う方もいるみたいですね。 機能やサポートなど、 アップルで売られているものと同じ新品&正規品です。 ここではiPhoneの正規品だけが受けられるサポートについて紹介しておきますね。 購入から1年間、無料保証を受けられる ワイモバイルで購入したiPhoneが万が一不良品だった場合、アップルの無料保証を受けられます。 ユーザーの故意や改質の場合はダメですが、スマートフォン側に起因する故障であれば保証対象です。 なお、期限は購入から1年以内です。 端末固有のシリアル番号を用意し、「0120-27753-5」へ電話を書ければOK。 オペレーターが対応してくれますよ。 mobile ワイモバイル 「iPhone」はこんな人におすすめ ワイモバイルの「iPhone」は最新機種にこだわらない人におすすめです。 また、少しでも安く「iPhone」を使ってみたいと思う方のニーズにもマッチしています。 iPhoneの最新シリーズは高機能をそろえていますが、スマートフォンユーザーのなかには そこまでの高性能を求めていない方もいます。 例えば、通話やインターネット検索、line、SNSを主に使っている方など。 そんな方は ワイモバイルのiPhoneでも十分ではないでしょうか。

次の

ワイモバイルのデメリットは6つ!実際に使ってみた経験から解説します

ワイモバイル デメリット

格安SIMを選ぶときに必ず選択肢に入ってくるのがと(Y! mobile)です。 どちらもCMを頻繁にやっていて、学割などのキャンペーンも充実。 そして何よりも通信速度が一日中速くて安定しているので、乗り換えたあとの満足度が高いという共通点があります。 ではどっちを選ぶのが正解か? ワイモバイルであれば、 「1回10分以内の国内通話無料がコミコミ」、 「全国に店舗数がが4,000店以上」などの売りが目立ちますし、UQモバイルであれば 「通話オプションが不要な人はさらに安くすませられる」、 「節約モードでデータ使い放題」といった他にはないメリットがあります。 特に UQモバイルは2020年6月1日からの新料金プラン「スマホプランR」を選べば、月々2,980円で10GBもデータが使えて、さらに データを使い切っても1Mbpsの通信速度で使えるので、画像の多いSNSや動画視聴も ほぼ無制限に快適に使えるといっても過言ではありません。 まさに「通話重視のワイモバイル」 vs 「SNSと動画が使い放題のUQモバイル」といった構図になります。 UQモバイルとワイモバイルの比較まとめ UQモバイルとワイモバイルについて、誰もが気になる点を比較しました。 UQモバイルとワイモバイルを比べると、3GBプランの場合はそれぞれ1,980円、10GB(ワイモバイルは9GB)プランの場合はそれぞれ2,980円と同等ですが、 ワイモバイルが安いのは最初の6ヵ月間だけで、7ヵ月目以降は700円アップします。 料金プラン UQモバイル ワイモバイル 3GB 1,980円 1,980円 7ヵ月目以降は700円アップ 9GB — 2,980円 7ヵ月目以降は700円アップ 10GB 2,980円 — 14GB — 3,980円 7ヵ月目以降は700円アップ 回線速度の速さはどちらも定評があり、一日中快適。 通常、格安SIMは昼の12時台や、夕方18時台、夜の時間など、混雑する時間帯は通信速度が遅くなって使い物にならないことがあるのですが、UQモバイルとワイモバイルはそれぞれau、SoftBankのサブブランドとあって通信速度が安定しています。 しかし、データ容量を使い切ったときの速度制限に大きなさがあり、UQモバイルは最大1Mbps(スマホプランR)も出ますが、ワイモバイルは最大128kbsしか出ないためWEBやSNSがほぼ読み込めないでしょう。 デメリットがほぼ見当たらないね。 従って、通話を毎日たくさんするひとであれば、 基本の料金プランに10分かけ放題が自動的に含まれているワイモバイルがおススメ。 通話はほとんどしないので、とにかく安くすませたい人や、 データ容量を気にせず快適に使いたい人はUQモバイルが断然おススメです。 実際の通信速度比較!UQモバイルvsワイモバイル UQモバイルとワイモバイルの回線速度がどの程度の速さなのか、実測値をお伝えします。 今回は、格安SIMの通信速度計測を行っている keisoku. io さんのサイトから、実際の測定結果を引用させていただきました。 このサイトは1時間ごとに格安SIMの通信速度計測を行ている大変便利なサイトですので、気になる方はぜひ下記のリンクから日にちを指定して測定結果を調べてみてください。 (引用元:) ワイモバイルの通信速度 2020年5月30日(土)のワイモバイルの通信速度の測定結果です。 夜が6. 3Mbpsと若干落ちますが、ほぼ一日中快適に使えることがわかります。 他の格安SIMのように、1Mbps未満になるということがありません。 UQモバイルの通信速度 2020年5月30日(土)のUQモバイルの測定結果です。 一日中10Mbps以上の速度が安定して出ており、混雑するはずの 昼の時間帯でも12. 2Mbpsとかなりの速度が出ています。 速度の不満はほとんど聞かないからね。 ワイモバイルの口コミ ワイモバイルの最新の口コミを集めました。 実際に利用しているユーザーの生々しい口コミ評判をお伝えします。 格安SIMおすすめです。 家はワイモバで二人で月6千円前後す。 mobile、UQモバイル、楽天モバイル。 mobileは使わない㌐繰り越ししなさい。 キャリアもやっておるぞ! UQチャン繰り越しできるのは良いね。 でもプランを安くしましょう。 楽天モバイルクン、何か落とし穴がありそうで怖いよ。 ってか、申し込もうとしたら期日すぎていたよ — 郡大根s kooridaikon 諸事情により先月からY! mobile使ってるよ。 データ繰り越しがないのが痛いし、他より高め。 しばらくしたら元も使ってたLINEモバイルに戻すー。 ってかプランがシンプル。 ホークスが好きなので本当は変えたくないのですが貧乏なので…。 OCNモバのが早いぞこれなんだこれ — ゴコっち GokotuKouji9696 まとめると、ワイモバイルはソフトバンクから乗り換える人が多く、通信速度も快適でソフトバンクよりも安くなる! ただし、データが翌月にくり越しできないので、余ると損する。 さらにデータを使い切って 速度 制限がかかると超低速になるようです。 あとは、 UQモバイルの新プラン(スマホプランR)が良すぎて、UQモバイルに乗り換えたいという意見も。 UQモバイルの口コミ 続いてUQモバイルの実際の口コミの数々です。 UQモバイルです。 現時点では楽天モバイルの速度にあんまりストレスないです。 UQモバイルのプランRにしよう。 信頼性考えると、楽天よりも良いかもしんない。 — ぽぷお popboprock UQモバイルの口コミを見ると、その安さと速度が速くて満足度が非常に高いことがわかります。 docomo、au、SoftBankにはもう戻れないという意見や、大手キャリア時代と 変わらない快適さで、料金を半分以下に節約できたという評判も目立ちます。 また、契約の縛りもなくいつでも違約金なしで解約できる点もポイント。 また最近では、iPhoneSEのメイン回線をUQモバイルにして、サブ回線としてe-SIM利用で楽天モバイルと、両方契約して使う人もでてきています。 さらに、2020年6月1日から新登場のスマホプランRの評判が良すぎです! 2,980円で10GBも使えて、データを使い切っても通信速度が1Mbpsも出るので、もやは敵なし状態の料金プラン。 それぞれ、プランS(3GB)が月々2,680円、プランM(9GB)が月々3,680円、プランR(14GB)が月々4,680円で、新規割が適用されて最初の6ヵ月間は700円引きとなります。 さらに家族割またはおうち割光セット A)の対象者は月々500円引きとなります。 おうち光割セットは、家庭のインターネット光回線をSoftBank光で別途契約すれば適用される割引で、もちろん光回線の月額が別途かかります。 また、家族割とおうち割光セット(A)は併用できませんので、どちらかを適用して最大500円引きとなります。 通話かけ放題はオプションではなく、基本プランに含まれていて1回10分間の通話がかけ放題となっています。 新しくできたスマホプランRが超おススメなんだよね! UQモバイルの料金プランは、 プランS (3GB)が 月々1,980円、プランR(10GB)が月々2,980円 と、シンプルな料金プラン です。 途中で割引が終わって高くなることもないので、安心ですね。 しかも家族2台目以降は500円さらに割り引かれるため、 プランS (3GB)が月々1,480円、プランR (10GB)が月々2,480円となります。 データを使い切った場合でも最大1Mbpsの速度が出るならば、サイト閲覧や地図アプリ、LINEやTwitterなどのSNSがほとんど問題なく使えますし、スマホの標準画質でYoutubeを見るのもストレスを感じません。 UQモバイルとワイモバイルを2年総額で料金比較 料金プラン UQモバイル (スマホプラン) ワイモバイル (スマホベーシックプラン) 3GB 47,520円 60,120円 9GB — 84,120円 10GB 71,520円 — 14GB — 108,120円 上の表は、UQモバイルのスマホプランと、ワイモバイルのスマホベーシップランを、2年間総額で比較したものです。 3GBで使う場合は、UQモバイルの方が13,000円ほど安く、9GB(10GB)で比較するとUQモバイルの方が13,000円ほど安い上にデータが1GB多く、さらにデータ容量を使い切ったあとでも1Mbpsの速度が出るので断然お得です。 家族2台目以降の場合は、UQモバイルとワイモバイルともに月額料金が500円安くなるため、2台目以降の比較は以下の表となります。 料金プラン UQモバイル (スマホプラン) LINEモバイル (音声通話SIM+SNSデータフリーオプション付き) 3GB 35,520円 48,120円 9GB — 72,120円 10GB 59,520円 — 14GB — 96,120円 このように、 3GBおよび9GB(10GB)どちらの場合で比較しても、UQモバイルの方が2年間で約13,000円程度安くなることがわかります。 ワイモバイルの特長・メリット・デメリットまとめ ここまでお伝えしてきた、ワイモバイルの特長・メリット・デメリットを一覧にまとめました。 ワイモバイル 回線の種類 SoftBank回線 ソフトバンクから乗り換えの人が選びがち 回線速度 快適だがギガを使い切ると128kbpsに速度制限 速度制限になるとネットもSNSもストレス 料金プラン 14GBの大容量が選べる UQより高い 通話 10分間かけ放題コミコミ 通話が不要な人には割高 iPhone利用 利用可能 一部SIMロック解除必要 格安スマホの種類 ふつう 約15種類 契約期間の縛り 縛り無し 契約解除が無料 サポート 店舗、電話、メール、チャット かけ放題が必須の人に向いているんだね。 ワイモバイルの最大のメリットは、1回10分かけ放題がコミコミなこと。 従って、通話もたくさんする人にはおススメです。 ただし、その分UQモバイルよりも割高で、かけ放題を外したくてもオプションのように外すことはできません。 UQモバイルの特長・メリット・デメリットまとめ UQモバイルの特長・メリット・デメリットを一覧にまとめました。 通常、他の格安SIMであれば安くなるだけのデメリットがありますが、UQモバイルにはそれがありません。 逆にUQモバイルのデメリットとしては、格安SIMの中で最安ではないという点です。 したがって、 何が何でも最安料金の格安SIMを選びたいという人には向きません。 しかし、 大手キャリア時代よりも半分から3分 の1程度安くなって、通話も回線速度も妥協したくない人には最もバランスが取れた選択肢となります。 さらに新登場のスマホプランRなら月々2,980円で10GBもデータが使える上に、データを使い切っても1Mbpsの速度で快適。 余ったデータを翌月にくり越しできるし、家族2台目以降はさらに500円引きで使えるので、家族そろって大幅に節約できます。 ワイモバイルに向いている人と選び方まとめ UQモバイルに向いている人• 大手キャリア時代から通話、通信の品質や使い勝手を落としたくない人• 今使っているiPhoneをそのまま使いたい人• 毎月10GBをたったの2,980円で。 使い切っても1Mbpsの速度で快適に使いたい人。 UQモバイルに向いている人はズバリ上記3点に当てはまる人です。 格安SIMにありがちな、一番スマホをよく使う昼休みや、夕方帰宅時、夜間にスピードが遅くてネットが見れないというストレスが全くなく、 一日中快適に使うことができます。 しかも、スマホプランRならデータを使い切っても1Mbpsの速度で使えるので、ほぼ無制限で快適な速度で使えることになります。 それなのに、 大手キャリア時代と比べて半分から3分の1くらいに料金が安くなるので、人気な理由がわかります。 格安SIMの中で最安というわけではありませんが、 コスパで選びたい人には最高の選択肢となるのがUQモバイルなのです。 UQモバイルのキャンペーン UQモバイルでは、スマホが最大18,000円引きで買える端末割引だけでなく、SIMだけの契約でも適用されるがあります。 UQモバイル店舗ではこのキャッシュバックキャンペーンは受け取れませんので、ネットからの申し込みが断然お得にできています。 詳細はUQモバイルのにて詳しく解説しています!!.

次の