うずく 意味。 「疼く」とは?意味や使い方をご紹介

歯が浮くの意味!意外と経験しているあの感覚とは?

うずく 意味

こんにちは。 古典では「いずくんぞ~や」の形で多く出てきますね。 意味は(疑問・反語を表す語を下に伴って)「どうして。 なんで。 」とあります。 反語なので単なる疑問ではなく、「どうして~だろうか、そんなことはない」「なんで~なことがあろうか、あるわけない」という、古典で習った反語の あれですね。 " コーヒーなんかどお?) "Why not! " (もちろん、飲むよ) (どうして、飲まないことがあろうか、是非飲むよ) ってことですね。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに 組織されています。 つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。 しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。 一応これは一つの例ですけど。 というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。 こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。 この説明で理解してくれると思いますけどね。 イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオ... Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 「可及的努力して」ですか。 聞いたことがないですね(笑)。 まあ、一般用語としては、語呂の良し悪しの問題だけだとは思いますが、ちょっと別の視点から。 「可及的速やかに」とは「できるだけすぐに」という意味の典型的な行政用語(お役人用語)です。 この場合は「可及的」よりも「すぐに」の方がポイントです。 行政用語で「すぐに」というのは「遅滞なく」、「速やかに」、「直ちに」の3種類あります。 いずれも時間的即時性を表しており、3種類のうちどれが一番早いというのはありませんが、厳密に使い分けられています。 どういう風に使い分けられているかと言うと、すぐにしなかったときの「ペナルティの有無」なのです。 まず「遅滞なく」というのは、合理的な理由がない限りすぐにしなければなりません。 逆に、合理的な理由があれば、後回しにしてよいわけです。 例えば、「記載事項に変更があったときは、遅滞なく、その旨を届け出なければならない」などです。 次に「速やかに」というのは、どちらかというと訓示的な意味に用いられます。 あくまで訓示的な意味合いなので、すぐにしなくても罰せられるところまではいきません。 まあ、怒られはするでしょうが。 これに対し、「直ちに」は、合理的な理由があろうがなかろうが、一切の遅延を許さない場合に用います。 すぐにしないと罰せられることもあります。 例えば、「燃えている物を見つけた場合は、直ちに消火しなければならない」、「おぼれている人を見つけた場合は、直ちに救助しなければならない」などです。 ということは、「できるだけ」という意味の「可及的」には、強制力のある「直ちに」は合いません。 「遅滞なく」も半強制なので、これも合いません。 強制性の最も弱い「速やかに」が一番しっくりくるのでしょうね。 「可及的努力して」ですか。 聞いたことがないですね(笑)。 まあ、一般用語としては、語呂の良し悪しの問題だけだとは思いますが、ちょっと別の視点から。 「可及的速やかに」とは「できるだけすぐに」という意味の典型的な行政用語(お役人用語)です。 この場合は「可及的」よりも「すぐに」の方がポイントです。 行政用語で「すぐに」というのは「遅滞なく」、「速やかに」、「直ちに」の3種類あります。 いずれも時間的即時性を表しており、3種類のうちどれが一番早いというのはありませんが、...

次の

いずくんぞ

うずく 意味

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 2• 研究社 新和英中辞典 5• Weblio Email例文集 1• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 4• 日本語WordNet 1• EDR日英対訳辞書 4• Tanaka Corpus 3• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 10• 官公庁発表資料• 特許庁 21• 書籍・作品• Jack London『火を起こす』 2• Edgar Allan Poe『アッシャー家の崩壊』 1• Ouida『フランダースの犬』 1• Conan Doyle『黄色な顔』 1• Wells『タイムマシン』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• Ambrose Bierce『男と蛇』 1• James Joyce『小さな雲』 1• Robert Louis Stevenson『宝島』 2• Lawrence『馬商の娘』 1• Lawrence『プロシア士官』 2• This applies worldwide. (「この版権表示を残す」んだから、「禁無断複製」とかいうのはダメだぞ) プロジェクト杉田玄白 正式参加作品。 genpaku. This applies worldwide. aozora. 入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。 This applies worldwide. 原文:「To Build a Fire: 2nd Version」 翻訳:枯葉 プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 upp. so-net.

次の

「疼く」とは?意味や使い方をご紹介

うずく 意味

こんにちは。 古典では「いずくんぞ~や」の形で多く出てきますね。 意味は(疑問・反語を表す語を下に伴って)「どうして。 なんで。 」とあります。 反語なので単なる疑問ではなく、「どうして~だろうか、そんなことはない」「なんで~なことがあろうか、あるわけない」という、古典で習った反語の あれですね。 " コーヒーなんかどお?) "Why not! " (もちろん、飲むよ) (どうして、飲まないことがあろうか、是非飲むよ) ってことですね。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに 組織されています。 つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。 しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。 一応これは一つの例ですけど。 というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。 こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。 この説明で理解してくれると思いますけどね。 イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオ... Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 「可及的努力して」ですか。 聞いたことがないですね(笑)。 まあ、一般用語としては、語呂の良し悪しの問題だけだとは思いますが、ちょっと別の視点から。 「可及的速やかに」とは「できるだけすぐに」という意味の典型的な行政用語(お役人用語)です。 この場合は「可及的」よりも「すぐに」の方がポイントです。 行政用語で「すぐに」というのは「遅滞なく」、「速やかに」、「直ちに」の3種類あります。 いずれも時間的即時性を表しており、3種類のうちどれが一番早いというのはありませんが、厳密に使い分けられています。 どういう風に使い分けられているかと言うと、すぐにしなかったときの「ペナルティの有無」なのです。 まず「遅滞なく」というのは、合理的な理由がない限りすぐにしなければなりません。 逆に、合理的な理由があれば、後回しにしてよいわけです。 例えば、「記載事項に変更があったときは、遅滞なく、その旨を届け出なければならない」などです。 次に「速やかに」というのは、どちらかというと訓示的な意味に用いられます。 あくまで訓示的な意味合いなので、すぐにしなくても罰せられるところまではいきません。 まあ、怒られはするでしょうが。 これに対し、「直ちに」は、合理的な理由があろうがなかろうが、一切の遅延を許さない場合に用います。 すぐにしないと罰せられることもあります。 例えば、「燃えている物を見つけた場合は、直ちに消火しなければならない」、「おぼれている人を見つけた場合は、直ちに救助しなければならない」などです。 ということは、「できるだけ」という意味の「可及的」には、強制力のある「直ちに」は合いません。 「遅滞なく」も半強制なので、これも合いません。 強制性の最も弱い「速やかに」が一番しっくりくるのでしょうね。 「可及的努力して」ですか。 聞いたことがないですね(笑)。 まあ、一般用語としては、語呂の良し悪しの問題だけだとは思いますが、ちょっと別の視点から。 「可及的速やかに」とは「できるだけすぐに」という意味の典型的な行政用語(お役人用語)です。 この場合は「可及的」よりも「すぐに」の方がポイントです。 行政用語で「すぐに」というのは「遅滞なく」、「速やかに」、「直ちに」の3種類あります。 いずれも時間的即時性を表しており、3種類のうちどれが一番早いというのはありませんが、...

次の