うた の お にいさん 逮捕。 歌のお兄さんの逮捕者は3人に!容疑や現在の画像をまとめ!

沢田憲一(澤田憲一)が逮捕! NHK【うたのお兄さん】の経歴やネットの反応│Fakementary

うた の お にいさん 逮捕

・初代うたのおにいさん(1971年11月3日~1977年3月8日):田中星児 ・2代目うたのおにいさん(1976年4月12日~1979年3月17日):水木一郎 ・3代目うたのおにいさん(1977年4月11日~1979年3月17日):たいらいさお ・4代目うたのおにいさん(1979年4月2日~1981年4月3日):宮内良 ・5代目うたのおにいさん(1981年4月6日~1983年4月2日):かしわ哲 ・6代目うたのおにいさん(1981年4月6日~1985年3月30日):林アキラ ・7代目うたのおにいさん(1985年4月1日~1993年4月5日):坂田おさむ ・8代目うたのおにいさん(1993年4月5日~1999年4月3日):速水けんたろう ・9代目うたのおにいさん(1999年4月5日~2003年4月5日):杉田あきひろ ・10代目うたのおにいさん(2003年4月7日~2008年3月28日):今井ゆうぞう ・11代目うたのおにいさん(2008年3月31日~2017年4月1日):横山だいすけ ・12代目うたのおにいさん(2017年4月3日~現在) :花田ゆういちろう また、今回のランキングには含めていませんが、BS番組の方のおにいさんも、うたのおにいさんとしてカウントする場合もあるようです。 本 名:杉田 光央(読み同じ) 誕生日:1965年5月4日 出身地:福井県小浜市 出身校:慶應義塾大学文学部哲学科 (美学・美術史専攻)卒業 所 属:フリー 杉田あきひろさんは、1999年4月5日~2003年4月5日まで、「おかあさんといっしょ」の9代目・うたのおにいさんを務めていました。 同番組卒業後には、ミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」でバーチック役で出演し、そのほか子供関連を中心にした舞台やコンサート、TVなどで活躍しました。 」では、おかあさんといっしょに出演中だった2002年から2013年までの11年間に渡って参加していました。 しかし… 2016年4月13日に、東京都内で警視庁によって、「覚せい剤取締法違反」の疑いで現行犯逮捕されてしまいました。 11位:林アキラ 本 名:平 伊佐夫(読み同じ) 誕生日:1953年2月11日 出身地:長崎県佐世保市 出身校:長崎県立佐世保南高等学校 たいらいさおさんは、「文学座附属演劇研究所」の15期生を経て、1976年に「ひとりの砂浜」で歌手としてデビューを果たしました。 1977年4月から1979年3月まで、「おかあさんといっしょ」の3代目うたのおにいさんを務められていました。 以降は、数多くのアニメなどの主題歌や童謡を歌われ、1995年に「第25回日本童謡賞特別賞」を受賞され、現在はうたのおにいさんやうたのおねえさんのOBと共に「童謡組」を結成し、童謡のコンサートを開催したり、ロボットアニメ曲のライブ「スーパーロボット魂」に参加するなどし、精力的に活動されています。 最近は、長崎県佐世保市のご当地グルメでも有名な「佐世保バーガー」のテーマソングを歌ったりもしています。 7位:宮内良 宮内良さんは、1979年4月から1981年3月まで「おかあさんといっしょ」の4代目うたのおにいさんを務められていました。 また、「りょうちゃん」という愛称でも親しまれていました。 その後は、初演である「レ・ミゼラブル」の出演を皮切りに、ミュージカルを中心に活動をはじめられ、主な出演作には、舞台「ジェニーの肖像」「ごんぎつね」「赤毛のアン」「ピンク」「コレット・コラージュ」「ステッピングアウトなどがあります。 また、童謡やアニメソング、シャンソン、ジャズなどとジャンルを問わない歌唱力で全国のファミリーコンサートに多数出演も果たしています。 卒業後も、NHKの「うたって・ゴー」にレギュラー出演し、「あなたのメロディ」などの番組にも出演されていました。 現在は、ミュージカル・童謡・キッズソングCD、シャンソン、ジャズコーラスなどで活躍されていて、ジャンルを問わない歌唱力の高さやタップダンスもさることながら、NHK番組の歌唱指導やダンス振り付け指導などでも活動されています。 そしてその後、その歌唱力が話題となり、「おかあさんといっしょ」の初代・うたのおにいさんに見事抜擢され、同時にその活動と並行して、「オートバイ野郎」という歌謡曲のシングルも発表しました。 現在でも、子ども向けのコンサートや曲作りなどの活動を続け、その一方で健聴者とろうあ者が一緒に楽しめる「歌のバリアフリーコンサート」を吉祥谷友歩さんらと共に行われています。 また、鹿児島県を全国にアピールする意味で作られたマキシシングル「Neo KAGOMAGO(ネオ カゴマーゴ)」を世に広め、「平城遷都1300年祭応援団長」に就任されています。 NHKうたのおにいさん歴代人気ランキング最新版 TOP5-1 5位:坂田おさむ 本 名:坂田 榮一(さかた えいいち) 誕生日:1952年12月10日 出身地:北海道旭川市 出身校:明治大学政治経済学部卒業 坂田おさむさんは、「おかあさんといっしょ」に自身の歌を持ち込んだことを機に、その後選考オーディションの参加をスタッフから勧められたことで参加し、1985年4月より、7代目「うたのおにいさん」を務められ、8年間もの長い間「うたのおにいさん」として活躍してきました。 もともとは、1975年にフォークロックバンドのギタリストとしてデビューを果たし、ソロ活動の他、なぎら健壱さんとのフォークユニットなどでも活動していました。 坂田おさむさんのコンサートはとても好評で、30年前に子供だった世代が、現在はちょうど子育て中の親世代になっていることもあって、当時の「おさむお兄さん」を見ていた親と孫の3世代が楽しめると評判になっています。 現在60代になられてもなお、表舞台でバリバリ現役の坂田おさむさんで、これからもたくさんの名曲を作り続け、いつまでも若々しいままで、素敵な歌声を聞かせ続けて欲しいものです。 ちなみに、現在白鳳女子短期大学の客員教授も務られているそうです。 4位:水木一郎 本 名:今井雄三(読み同じ) 誕生日:1977年4月22日 出身地:徳島県三好市 身 長:170cm 血液型:O型 今井ゆうぞうさんは、東京ディズニーランドのパレードダンサー・劇団四季などでの活動を経験されていました。 その後、2003年4月から2008年3月28日まで「おかあさんといっしょ」の10代目・うたのおにいさんとして活躍され、その甘いルックスで子供のみならず主婦にも大人気のうたのおにいさんでした。 また、卒業後は、2009年度から2012年度までの毎年度の後半に、当時共に共演していたうたのおねえさん、はいだしょうこさんと共に全国50か所以上を回られ、「おかあさんといっしょ」の楽曲を中心にした「ファンタジー・コンサート」を開催していました。 2位:速水けんたろう 元・うたのおにいさんの衝撃の逮捕! はじめに覚醒剤に手を染めてしまったのは学生の頃だったそうです。 うたのおにいさんに就任する前には、既に覚醒剤を使用していたとのことで、まさかそんなに前から手を染めていたとは驚きです。 しかし友人が逮捕されたことによって、しばらくは覚醒剤から離れた生活をされていたようです。 そして、うたのおにいさんを卒業すると、仕事のストレスで精神的に弱っていた杉田あきひろさんは、覚醒剤に再度手を染めてしまったようです。 NHKのコンサートツアーではずされてしまったことや、もともと批評が多かったことも要因ではないでしょうか。 その後、覚せい剤の怖さについて語られています。 覚せい剤に初めて手を出したのは20代の頃だったという。 友人から勧められ、それが違法薬物だという認識がないまま興味本位で使用。 「びっくりするくらい気持ちよかった」と、その快感が忘れられなくなったと語った。 引用: 「歌のお兄さん」を辞めた後の2005年に訪れたバリ島で売人から声を掛けられると、「一瞬にして脳からヨダレが出る感じ」がしたという。 「一度(薬物による快感を)知ってしまった脳っていうのは、普通の方の脳とは全く別のものになっているんです。 普通の人に白い粉を見せてもなんとも思わないじゃないですか。 僕たち経験者が見ると、脳からヨダレが出て、本当に鳥肌が立って、あの感覚がよみがえるんですよね」 引用: と、このように薬物の依存性について語りました。 BSにこにこぷんと遊ぼうのおにいさん「沢田憲一」も覚醒剤使用で逮捕 1996年から5年間、NHK「にこにこぷんと遊ぼう~うたってワクワク~」に出演していた沢田憲一さんもまた、覚醒剤使用で逮捕されています。 またもや、うたのおにいさんの逮捕…! 逮捕容疑は9月上旬から18日までの間、兵庫県、大阪府、都内のいずれかの場所で覚醒剤を使用した疑い。 新宿署によると、「18日午後に新宿区の歌舞伎町にあるサウナで使用した」と、容疑を認めている。 引用: まとめ【うたのおにいさんには厳しいルールがある】 いかがでしたでしょうか? 今回は、歴代のうたのおにいさんを、人気順にランキング形式でご紹介しました!また、覚醒剤を使用した杉田あきひろさん、沢田憲一さんについてもまとめてきました。 2017年5月に放送されたフジテレビ系列昼の情報番組「バイキング」で放送された特集が波紋を呼びました。 それは、あまりにも過酷で厳しい「うたのおにいさん&おねえさん」のルールがあったのでした….

次の

【歌のお姉さん歴代】美人揃いの初代~小野あつこまで現在なにしてる?

うた の お にいさん 逮捕

13日、俳優の杉田光央容疑者(48)が東京都内で覚せい剤所持の現行犯として逮捕された。 杉田容疑者は、1999年からNHKの子ども向け番組「おかあさんといっしょ」の9代目「うたのおにいさん」として親しまれていた。 警視庁は今後、入手ルートを調べるとともに使用の疑いでも調査を進めるとのことである。 杉田容疑者は2003年まで「うたのおにいさん」を務めていたが、現役だった2000年には既に覚せい剤使用の疑惑が存在していた。 近年続いている、以前から薬物使用疑惑のあった芸能人の相次ぐ逮捕を受け、警視庁は芸能界に蔓延する薬物の流通ルートを突き止めたのではないかとも見られている。 また、清原容疑者の逮捕の際に注目された「肌の黒さ」。 薬物を常用している人は目の周りに出来るくまを隠すため、わざと日焼けして肌を黒くしてごまかすと言われているが、杉田容疑者もこの条件に合致するとして、相当長い間常用していたのではないかと見られている。 他にも8代目「うたのおにいさん」のHは、2011年に交通死亡事故を起こすなど、最近の「うたのおにいさん」にはマイナスイメージがつきまとう。 そんな「おかあさんといっしょ」には有名な都市伝説がある。 「おかあさんといっしょ」には多数の子供たちがゲストとして出てくるのだが、体操のお兄さんと子供たちが一緒に元気に体操して番組の終了を迎えるシーンに、一人だけ後ろのほうで三角座りをしてジッとして動かない子供が混じっていたのだという。 しかも、その子供は次の日も同じ服装で、同じように後ろの方に座り込んだ状態で出演していた。 これが何日も続いていたので、ある視聴者がNHKに問い合わせた所、「そんな男の子は出演していません」という驚くべき回答が帰ってきたという。 この噂が出始めたのは1990年代の末期頃のこと。 もしかすると、この男の子は単なる都市伝説上の存在ではなく、悪霊のようなものだったのかもしれない。 不幸や不祥事が起きはじめたのは、この噂が流れた後からになるからだ。

次の

【傍聴記】なぜ元「うたのおにいさん」は覚せい剤に手を出したのか?

うた の お にいさん 逮捕

NHKの子供向け人気番組「おかあさんといっしょ」に「うたのおにいさん」として出演していた、俳優の杉田光央(あきひろ)容疑者(50)=東京都=が、覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されたことが14日、分かった。 警視庁組織犯罪対策5課によると、「間違いない」と容疑を認めているという。 逮捕容疑は13日、都内で覚醒剤を所持していた疑い。 同課は、覚醒剤の入手経路を調べるとともに、使用の疑いでも捜査する。 杉田容疑者は福井県出身。 慶大在学中の1989年にミュージカル「レ・ミゼラブル」で舞台デビュー。 99年4月に「だんご3兄弟」で一世を風靡(ふうび)した速水けんたろう(54)からバトンを受け、9代目の「うたのおにいさん」に起用された。 2000年12月に一部週刊誌が「一緒に覚醒剤を使用した」とする、杉田容疑者の知人の証言を掲載。 これを受けた記者会見では、疑惑について「やってないです」と強い口調で全面否認。 さらに「報道で名誉を傷つけられた」として、週刊誌の発行元などに対し、損害賠償を求めて提訴していた。 否認を受け、NHKは杉田容疑者の続投を決めていた。 番組卒業後は、俳優やシャンソン歌手などとして活動しており、自身のブログには都内で行ったライブの様子などをつづっていた。

次の