面接 長所 例。 【就活】長所と短所の一覧と回答例

転職面接で伝えるべき長所・短所の見つけ方!回答例文あり

面接 長所 例

採用担当者はなぜ面接の際に長所・短所の質問をするのでしょうか?面接で長所・短所を質問されるの質問意図を理解しているかいないかでその答えの質も変わってきてしまいますが、大前提として長所・短所の質問への回答も当然自己PRであるという事を忘れない様にしましょう。 なので、まずはこの長所・短所に関する質問がされる理由をみていきたいと思います。 面接で長所を聞く理由:それを今後の仕事でどう活かせるか? 面接で長所を聞く理由として、面接官が聞きたいのは、単純にどこが長所なのかという事ではありません。 その長所をこれからの仕事にどう活かす事ができるのかを聞いているのです。 面接はスキルや能力を見る場ではなく、人間性を見る場です。 面接で長所を伝える際は、今後の仕事のビジョンや将来像を明確にした上で伝えましょう。 面接で短所を聞く理由:それをどう理解して克服していくか? 短所があるのは何も悪い事ではありません。 むしろ、短所のない人は居ません。 問題は、その短所を自分でどう理解して、短所を克服するためにどういう行動をしているかという事なのです。 自己分析がきちんとできているならば、自分の短所も理解できているのが当然です。 仕事をしていく上でも、困難な事をどう乗り越えていくかが面接で短所を答える場合には重要です。 つまり、面接官は長所・短所に興味は無い あくまでも面接官はその人の長所・短所の内容自体に興味があって聞いているわけではない、雑談でもないという事が言えます。 しかし、面接で長所・短所の質問では、それ以上に重要な「その人の人間性」を見ているという事になります。 現代の社会には柔軟性であったりコミュニケーション能力であったりという事が言われていますので、面接の短所と長所の質問ではアピールする場であると考えましょう。 面接で長所、短所について質問された時に、ただ単に長所・短所を答えるだけだと、多くの人の中の一人という印象しか持たれなくなってしまいます。 ここでは、そうなってしまうことを防ぐためにしっかりとアピールに繋がる長所・短所の回答方法を意識しておく必要があるような項目をまとめていきたいと思います。 果たして面接での短所と長所の質問の回答ポイントとはどんなものなのでしょうか!? 面接で長所・短所を質問された場合の回答は事前に準備しておく 面接ではほぼ100%の確率で、長所と短所を聞かれると思って臨んだ方が良いでしょう。 であるならば、事前に長所と短所を聞かれた場合の回答を準備した上で面接に臨むべきです。 そうすれば、聞かれた時も回答に詰まるような事は無いでしょう。 事前に自分の長所と短所を幾つか紙にリストアップしてみましょう。 自分の長所と短所を把握できたら、それにどう肉付けをしていくかを考えていきましょう。 エピソードを交えて長所や短所を話す、起承転結を組み立てて話す、長所をより伸ばす方法・短所を克服する方法を交えて話す。 などといった工夫をするといいでしょう。 時間をかけて準備すればするほど良い回答ができるようになりますので、面接前には入念な準備を欠かさずに行いましょう。 長所言い換えマニュアルも参考に 自分の短所しか思い浮かばないという人は、言い換える方法で長所に変えていきましょう。 短所と思う部分でも、ポジティブに受け取ることで長所になります。 このような言い換えで長所を考えたいという人におすすめなのが「」です。 例で挙げたような言い換え表現を 100種類収録しています。 無料でダウンロードできるため、自己分析をすでに終えたという就活生にもおすすめです。 面接で長所を聞かれた時に良く使われる回答例 面接で長所を聞かれた時に良く使われる回答例は以下の内容になりますので、その回答例のポイントをしっかりとおさえておきましょう。 ・仕事においてはコミュニケーションと協調性が大事と考えており、リーダーとして先頭に立って組織のレベルアップに努めてまいりました。 ・仕事においては常にマジメと言われ、これまでにも接客部門において表彰された経験がございます。 以上が面接の場での具体的な長所の伝え方の回答例になりますが、具体的でかつ自分のエピソードなどを盛り込むとより良い回答になります。 面接で短所を聞かれた時に良く使われる回答例 面接で短所を聞かれた時に良く使われる回答例は以下の内容になりますので、その回答例のポイントをしっかりとおさえておきましょう。 ・優柔不断である ・心配性な一面がある ・自己主張が強い部分がある ・柔軟性に欠ける部分がある ・仕切りたがりである ・おせっかいや世話焼きだと言われる ・周りが見えなくなる時がある ・すぐに熱くなる一面がある ・少し神経質だと言われる 面接の場での具体的な短所の伝え方の回答例 ・短所はすこし熱くなってしまう部分です。 熱くなって周りが見えなくなり、自分の世界 に入り込んでしまうケースがありますので、そこは改善しなければと考えております。 ・優柔不断で決断力に欠ける部分があると言われています。 慎重になりすぎて決断が遅れてしまう部分がありますので、冷静かつスピーディーな判断をする事が現状の課題です。 以上が面接の場での具体的な短所の伝え方の回答例になりますが、面接の場での具体的な短所の伝え方では、具体的に加えて短所の対処・改善法も伝えると印象度もグッとあがります。

次の

看護師面接では長所と短所をどう伝えるべき?

面接 長所 例

正直、 どこまで「ありのまま」にしていいのか分からないですよね。 自分を持ち上げすぎるわけにもいきませんし、かといって自分を下げ過ぎるわけにもいきません。 また、もし「性格(長所・短所)」の項目がない履歴書を活用したとしても、面接官から唐突に「あなたの短所は何ですか?」なんて聞かれてしまうこともありますから、転職活動中の看護師は必ず自分の長所・短所について見つめ直さなければならないのです。 そこでこのページでは、面接官に好印象を与える長所・短所の履歴書の書き方や面接での伝え方について解説していきます。 長所と短所は「背中合わせ」で伝える 冒頭で「長所と短所はどこまでありのままにしていいのか分からない」という話をしましたが、社会人としての 常識の範囲内であれば別に 嘘をつく必要はありません。 大切なのは、あなたの「ありのまま」の長所と短所を「背中合わせ」で伝えることです。 「背中合わせ」で伝える理由とは 長所と短所を背中合わせにしなければならない理由は、自分が 面接官になったつもりで考えてみると分かりやすいのではないでしょうか。 例えば、転職面接に来た看護師に短所を尋ねたところ「マイペースなところです」とだけ、言われたとします。 こうしてただ単に短所だけを言い切られてしまうと、面接官であるあなたは「マイペースっていうことは、先輩看護師をイライラさせるタイプってこと?自分のペースで動いてインシデントばかり起こすタイプってこと?」などと、どんどん不安になっていくはずです。 しかし、「私の短所はインシデントを絶対に起こさないように慎重になりすぎてマイペースになってしまうとこです。 」と言われたら、「なるほどね、それなら仕方がないよね」と少し安心しませんか。 面接官を安心させ正当に評価してもらうため つまり、面接官を安心させ、あなたという人間を正当に評価してもらうためにも、長所と短所は「背中合わせ」にして伝える必要があるのです。 どうやって「背中合わせ」にすればいいの? 本来誰しも、長所と短所は背中合わせになっているはずですから、難しく考える必要はありません。 自分の 短所はどんな長所と背中合わせになっているのか探せばいいだけなのです。 以下に、看護師の人の中でよく見られる短所とその背中合わせの長所について表にまとめていますので、参考にしてみてください。 心配性・細かすぎる 物事に慎重に取り組むためインシデントが少ない 優柔不断 臨機応変な看護ができる 他人に気を使いすぎる 他のスタッフとの協調性を大事にできる 物事を深く考えない 先輩看護師の言うことを素直に受け入れられる 人に厳しすぎる 責任感が強く患者からの信頼が厚い 人見知り 患者に対する観察力がある 感情的になりすぎる 患者に心を開いてもらいやすい 私の長所は積極的なところです。 自分自身が納得し理解できるまで、積極的に物事を知ろうと努力することができます。 また、どのような相手であっても自ら進んで関わり、良好な関係を築くことができます。 入職当初から、初めて関わる疾患に関して理解できるまで掘り下げて学習し、看護に必要な技術を習得できるまで練習してきました。 その結果、現在までに数多くの疾患の看護知識、技術を習得することができました。 そして、その知識と技術を持って患者様と積極的に関わることで、「あなたに看護してもらえてよかった」と言っていただくこともたくさんありました。 このような私の長所は、自らの看護師としてのスキルを磨くこと、患者様との信頼関係の構築や医療スタッフとの連携をおこなう上で活かすことができると考えております。 その反面、自己主張が強いという短所があります。 患者様に関する考え方や自分のおこなう看護が他のスタッフと異なったとき、自分自身の意見を大きく主張してしまうところがあります。 しかし、全て自分自身が正しいわけではないことを認識し、主張するばかりではなく同じチームである他のスタッフの意見を聞き、受け入れてから考えるよう意識しています。 そして、患者の言葉、看護に対する知識などを総合し、長所である積極性を活かして自分だけでなくチームとして向上していけるような意見を述べるようにしています。 例文2:長所は常に穏やかなところ、短所は行動が遅いところ 私の長所は、常に穏やかなところです。 元々は穏やかさが長所だとは思っておらず、自分の嫌いな面でもありました。 しかし、看護師になってから友人や家族、仕事では同僚や患者様の相談を受けることが多く、私自身の穏やかさが周囲を安心させられる、話をしたいと思ってもらえる長所であると自信が持てるようになりました。 看護師は感情が揺れ動く仕事ですが、私の希望する緩和ケアの領域では、常に冷静で穏やかな対応ができるという長所は患者様に安心感を与える存在として役立てると思っております。 しかし、穏やかであるが故に、行動が遅くなってしまうところが私の短所です。 患者様の話をゆっくり聴いていたために、業務が時間内に終わらないこともありました。 そのため、最近は、患者様の話を聴くために業務のタイムスケジュールを立て、時間をつくって患者様とお話しするよう心掛けています。 また、タイムスケジュールは一つ一つの作業が遅いため、効率よく仕事をするためにも役立てています。 その他にも、検査に呼ばれたらすぐに移動できるように事前に準備をしておき、前日に受け持ち患者様の翌日の検査や手術の予定を確認しておくようにしています。 例文3:長所は前向きなところ、短所は周りが見えなくなるところ 私は、どのようなこともプラスに考えて行動する前向きなところが長所です。 先輩方から指導を受けたときやつらいことがあったときも、自分自身の成長のためだと前向きに捉え、毎日笑顔で仕事をしています。 そのため、「患者様から元気がもらえる」と言っていただき、先日は院内で取り組むクリスマスイベントのリーダーとして会場を盛り上げることもでき、患者様や地域の方々からよい評価をいただきました。 しかし、熱中してしまうと周りが見えなくなってしまうという短所があります。 学生時代には、みなで協力して取り組むものにあまりにも熱心に取り組みすぎて、クラスメイトが離れてしまった時期がありました。 そのような短所としっかり向き合うために、自分の行動を毎日振り返ることや、その都度周囲の意見を聞くよう努力しています。 また、ひとりで取り組む学習に関しては、熱中するという短所を長所として活かし、集中してより短時間で知識を身に付けることができるようになりました。 看護師が面接で長所と短所を伝える時のポイント 最後に、面接官に口頭で長所と短所を伝える時のポイントを解説します。 (1)長所は具体例を用いて伝える 面接官へ長所を伝える時は、具体例を用いながら「分かりやすく」伝えることに努めてください。 たとえば、「責任感がある」ことを伝えたいときは「褥創委員会では摂食状況や血液データーなどの患者様の身体状況に加え、環境を調整することで褥創の発生を防げるよう、各病棟に作成したポスターを貼って注意を促し、自身の病棟で勉強会を複数回開催し、褥創委員としてできることを考えて実行してきました」というように、 実際に責任感を持ってやり遂げた事例を伝えるようにしましょう。 長所の説明が自慢話にならないように せっかく面接官から長所を聞かれたのであれば、具体的を用いて堂々と伝えてほしいとは思うのですが、間違っても面接官に「自慢している」と思われないようには注意してください。 面接官も人間ですから、いくらその看護師の出来がよくても、謙虚な姿勢が見られなければあまり良い印象を持ちません。 あくまで面接官が知りたいのは、あなたの長所を「どうやってここの仕事に活かしてくれるのか」という点であることを忘れないでおきましょう。 (2)短所は短所だけで終わらせない 繰り返しの内容になりますが、短所を伝える時は、それをありのままに伝えるのではなく短所そのものをしっかり受け入れ長所として活かしていることを具体的に伝えるようにしましょう。 例えばあなたが「人に話しかけることが苦手」という、看護師としてはマイナス過ぎる短所を持っていたとします。 しかし話すことは苦手でも、人の話を聴くことが好きな方もいます。 その場合「人見知りのため、初めて会う人に話しかけることが苦手ですが、その反面、人の話をゆっくり聴くことが好きでもあります。 あえて話しかけるのではなく、患者様が発するのを待つことで、不安や恐怖など、患者様が話しにくいことを自分の言葉で話してくださるようになり、話を聴くというコミュニケーションを身に付けることができました」というように、短所を 長所に変えるために努力したこと、挑戦したこと、実際に長所に変えられたことなどを具体的に伝えるようにしましょう。 長所と短所を両方聞かれた場合は? 面接官から、長所と短所を両方聞かれてら、先にも述べたように、短所を先に述べた上で後からその背中合わせの長所について伝えるようにしてください。 面接対策に悩んだら「プロ」に相談しよう 面接での「長所と短所」の伝え方に悩んでいる方は、現段階で「面接対策」を考えている看護師ではないでしょうか。 看護師の場合、 面接対策は独自で行うのではなく、「プロ」である看護師転職サイトの担当者に相談することをおすすめします。 看護師転職サイトでは「面接対策」の相談が可能 「看護師転職サイト」は求人を紹介してもらうだけの媒体だと思っている看護師も多いのではないでしょうか。 実は、 「看護師転職サイト」では面接対策の相談も可能なのです。 今回紹介した「長所と短所の答え方」という、「質疑応答」に関わること以外にも、以下のようなアドバイスをうけることができます。 面接時の服装や対応• 面接時の質問への回答例の対策• 面接での同行、同席 「看護師転職サイト」によっては、 面接に同行、同席してくれる場合もあり、面接が円滑に進むように多少フォローをいれてくれるため、とても心強いです。 看護師1人で面接対策を行うのは危険 初めての看護師転職で、看護師1人で面接対策を行うのは、基本的に危険です。 その理由は、 「看護師には一般常識がない可能性が高い」ためです。 新卒の就職面接では多少「常識がないな」と面接官に思われても、「まだ若いから」と、大目に見てもらえる可能性が高いです。 しかし、中途看護師の場合は、そうはいきません。 面接官から「年齢のわりに常識がない」と思われてしまうことは、採用にあたって大きなダメージとなります。 そのため、転職先に入りたい希望があるのであれば 「プロ」に相談して、客観的にアドバイスをもらってほしいのです。 特に、新卒からずっと同じ病院で働いているような看護師は、その病院以外の世界を全く知らずに育ってきているため、一般常識がない可能性が高いです。 そのため、こういった看護師は必ずプロからアドバイスをもらうようにしましょう。 転職の「プロ」に相談するメリット 転職の「プロ」に、「面接対策」を相談するメリットは 「面接先が求める看護師像を教えてもらえる可能性が高い」ことです。 どの病院や施設も、多かれ少なかれ「求める看護師像」というのがあります。 もし、その情報が予め分かっていれば、面接で「長所」を聞かれた時、「面接官が求めている看護師像」を連想させるものを強調して伝えることができます。 ミスマッチを防げる可能性がある 「相手に合わせて自分を偽る」ことを推奨しているわけではありません。 もし、看護師転職サイトの相談者が提示してきた「面接先が求める看護師像」が、あなた自身のキャラクターとかけ離れていて、「自分が目指したい看護師」でないのであれば、そこは面接するに値しない職場です。 他にも、あなたの「長所」が活かせる職場があるはずですから、そこに固執する必要はないでしょう。 このように 「ミスマッチを防げる可能性がある」という意味でも、転職の「プロ」に相談するメリットは十分にあります。 まとめ 長所や短所は両極端なものに感じますが、実は背中合わせで存在しているものであり、どこまでも伸ばし活かすことのできるものです。 転職活動をきっかけに改めて自分の長所・短所を見直すと、思いの他、さらに看護師としての自信もつき、一石二鳥となるのではないでしょうか。 転職を考えている看護師の方へ 1月~3月は、求人が最も多くなる時期であり、病院・クリニック・施設・企業などの看護師求人数が最も充実します。 転職に細かい希望条件がある方や、現在の職場よりも待遇が良い求人を探したい方、キャリアアップなどのステップアップをしたい看護師の方には転職が最適な時期と言えます。 しかし、看護師転職サイト(会社)などでは一番の繁忙期となり、忙しい中でもしっかりとあなたのサポートを行ってくれる、良い看護師転職サイトを選びましょう。 専任の担当者のレベルによって大きく転職活動が変わり、出会える求人も違います。 そのため、 以下の看護師の皆様(執筆している看護師の方)が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、.

次の

面接の質問で長所・短所に対する回答のポイントと例文

面接 長所 例

「長所(強み)」について面接官から質問された場合、面接官は「自社、自分のチームで具体的にどのように活躍してくれそうか」を確認しようとしています。 「長所」という言葉を使って質問をされると、プライベートの性格や人間性についての質問のように聞こえますが、面接官が知りたいのは、入社後に活かせるスキルやキャリアです。 「強みは何ですか?」「自己PRをしてください」といった質問とおおむね同様の意図があると考えて、回答するといいでしょう。 面接で話す長所(強み)の選び方 面接で長所(強み)を聞かれた際には、社会人経験の中で身につけてきた、入社後に活かせるスキルや経験を答えるのが基本です。 特に適切と考えられるのが、「ポータブルスキル」と呼ばれる、会社や職種に関係なく活かすことができるスキルです。 ポータブルスキルには「マネジメント力」「課題解決力」「提案力」といったものが挙げられます。 ポータブルスキルのほか、スキルの分類には「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」というものがあります。 テクニカルスキルは、職種ごとの専門スキルや資格で、「人事労務経験5年」「簿記2級」といったように履歴書や職務経歴書に書けるもの。 ヒューマンスキルは仕事に対するスタンスや性格に近いもので、「協調性がある」「忍耐力がある」「柔軟性がある」といったものを指します。 ポータブルスキルをアピールできない場合、テクニカルスキル、ヒューマンスキルを用いて回答をしてもかまわないのですが、いくつかの注意点があります。 例えば「長所はなんですか?」と聞かれたときに、「簿記2級です」と答えるのは少し違和感があります。 テクニカルスキルを使って回答する場合は、「仕事における強みと言い換えるならば」といった前提をつけて答えるといいでしょう。 ヒューマンスキルは、過去の仕事でどのように活かされたのかを客観的な実績や評価とセットでアピールするように心がけましょう。 優先度 面接での長所(強み)の伝え方 長所(強み)は面接官への伝え方も非常に重要です。 ポイントは「何が強みなのか」「強みとしてアピールできる根拠となる実績・エピソード」「強みを入社後にどのように活かせるのか」という3点を順に話していくことです。 最後に入社後のイメージを伝えることで、企業研究の質、入社意欲の高さを表現するのです。 注意が必要なのは冗長にならないようにするという点です。 アピールするスキルやキャリアは最大でも3点程度に抑え、回答は2分以内を目安としましょう。 長すぎる回答や度が過ぎるアピールはマイナス評価につながる可能性もあります。 面接官が求めている答えを簡潔に話せるように準備しておきましょう。 長所(強み)を聞かれたときの回答例 【OK例】• ・提案力とその実行力が私の強みです。 現職では新たな販促キャンペーンを提案、実施し、前年比200%の売り上げを実現しました。 御社でも既存施策に固執することなく提案を行うことで、売り上げ増大に貢献できると考えております。 ・仕事の面に限定して言うのであれば、事務歴3年というキャリア自体が長所といえます。 書類作業だけにとどまることなく、業務フロー改善にも携わることで、業務効率の150%アップを達成しました。 【NG例】• ・明るい性格が自慢で、誰とでも仲良くなれます。 ちょっとした職場のムードメーカーです。 ・忍耐力と体力には自信があります。 毎日、残業が続いても苦になりませんよ。 面接官が「あなたの短所(弱み)」は何ですかと聞いてきた場合、単純にあなたの弱点を知りたいわけではありません。 誰にでも短所や弱みがあることは面接官も理解しています。 自分自身を客観視して、短所や弱みを把握できているか、具体的に改善・対処を行っているかを知りたいのです。 自己認知力や自己解決力の高さをアピールするタイミングと考えましょう。 面接で話す短所(弱み)の選び方 面接時に話す短所(弱み)は、長所(強み)と同様にスキルやキャリア面を中心に考えるのがベターです。 まずは、自分が思い描くビジネスパーソンとしての理想像、もしくは面接を受けている会社・ポジションで将来的に求められるスキルや期待されるキャリアについて整理してみましょう。 そのうえで、現時点の自分に足りていないスキル・キャリアを、短所(弱み)に設定するのです。 すると、仕事という側面での自己認知力の高さだけでなく、応募先企業の仕事を理解していることのアピールにもつながります。 一方で、面接官の評価を下げてしまいがちな回答も存在します。 その代表例が「短所はありません」という答え。 短所や弱みは誰にでもあるものです。 自分を客観視できていない、うそをついているという評価につながる可能性があります。 また、新卒時の就職活動で推奨されがちな「長所の裏返しが短所」という答え方も避けたほうがいいでしょう。 「自分には取り立てて弱みがない」と言っているような印象を与えてしまうことがあります。 「飽きっぽい」「優柔不断」「落ち込みやすい」といった性格面での短所や弱みを答えるのもおすすめできません。 性格面での弱みは修正がしづらいためマイナス評価につながりがちなほか、将来のキャリアビジョンともつながりづらいので、単なる愚痴に聞こえてしまう恐れがあるからです。 当然ですが、応募している職種やポジションにとって直接的なデメリットとなる短所や弱みを答えるのも避けるべきです。 そのほか、「時間にルーズ」「すぐうそをついてしまう」などといった社会人としての適性を疑われるものもNGです。 面接での短所(弱み)の伝え方 面接で短所や弱みについて聞かれたときに、弱点のみを答えて終わりにしてしまっては、結局のところ自分の評価を下げるだけになってしまいます。 重要なのは、その短所や弱みについて、いかに対処し、改善策を取っているかを伝えることです。 例えば、応募先の企業で、将来的にはマネジメント層へと成長していくことを期待されていたとしましょう。 もし、現時点で職位としてのマネジメント経験がないのであれば、それを短所として率直に認めたうえで、「書籍や研修でマネジメントについて勉強をしている」「後輩の目標達成に向けて積極的にサポートしている」などと、具体的な対処法や改善策を示すのです。 実績を添えて答えられるとなおいいでしょう。 このような伝え方をすることで、面接官にも「自己認知ができており、キャリアプランについての考え方もしっかりしている」「当社の仕事や期待を理解し、自己解決力がある」といったポジティブな印象を与えることができるでしょう。 また、将来に向けての話になるので経験が浅い方であっても答えを用意しやすいはずです。 短所(弱み)を聞かれたときの回答例 【OK例】• ・前職では新規開拓営業が中心だったため、既存顧客との関係性を深めていく深掘り型の営業経験が足りていません。 今後は幅広い提案手法を身につけて、既存顧客の新たなニーズにもアプローチしていきたいと考えています。 ・グローバルな領域でキャリアを積んでいきたいのですが、現時点での英語力は日常会話程度で、ビジネス英語についてはスキル不足だと実感しています。 そのため、半年前からビジネス英語専門の英会話スクールに通い始めました。 【NG例】• ・3人兄弟の末っ子で人に甘えがちなところがあります。 周囲の友人からも「妹キャラ」だと言われています。 ・すぐにカッとして冷静さを失うことがあります。 前職では同僚との人間関係に苦労しました。

次の