ブリージング デバイス ston。 BREATHER社(JT系)が吸うカフェイン「ston(ストン)」を発表!

ブリージングデバイス ston(ストン)4種類より BREATHER株式会社 茜 Akane 月白 Geppaku 浅葱 Asagi 鉄紺 Tetsukon 電子タバコ 加熱式タバコ :ston

ブリージング デバイス ston

「電子タバコのように、カフェインを吸引することができる!!」とネット上で話題に火がつき、2019年12月の販売開始直後から入手困難な状態が続いている『 ston ストン 』をご存知でしょうか。 磨き上げられた石のような見た目の本体。 カフェイン含有のPOWERと、GABA含有のCALM、2種類のカートリッジを付け替えることで、その時の気分に合わせた使い方ができる製品です。 そのコンセプトや形状は目新しくおもしろい反面、「 カフェインって吸っても効果あるの? ヘルスケア企業として、stonに関する読者のみなさんの疑念が晴れるまでツッコませていただきます! 菅沼辰矢社長 以下、菅沼 :こちらこそ、よろしくお願いいたします。 【菅沼辰矢(すがぬま・たつや)】BREATHER株式会社代表取締役社長。 東京大学卒業。 大手消費財メーカーにて子会社生産管理、ベンチャー企業への出向等を担当した後、BREATHER株式会社を設立。 stonの効果についてやや厳しい意見もあるようですが、ぶっちゃけ、stonって効果あるんですか? 菅沼:効果についてお話しする前に、stonはカフェインやGABAを吸引できることは事実ですが、 それを目的として作っていないんです。 インタビュー序盤から、思い込みを覆された。 ビジネスの世界は日々アップデートされています。 そんな目まぐるしく変わる世界で働くビジネスパーソンは毎日試練に立ち向かっている。 日々心が折れそうになるし、諦めてしまいそうになります。 そんなときこそ、ひと休みが必要なんです。 戦って、ひと休み、戦って、ひと休み。 そうしていないと、いつの間にか崖っぷちまで追い込まれてしまっていることがある。 人が折れてしまうときって、いつも突然じゃないですか? 「なんか、疲れちゃったな。 」って感じで…。 「そうだ、諦めよう。 」みたいな。 菅沼:他にも、 ひと休みが仕事の質を上げてくれるとも思っています。 今後働き方改革によってビジネスの場では、さらに仕事の質が求められるようになる。 そうなったときに今まで通り、何時間もぶっ続けでがむしゃらに働いても仕事の質は落ちるばかりです。 ひと休みを挟むことで、仕事の質を戻すことができると考えています。 でも、気持ちを入れ替えたいシーンがいくつかあることに気づきました。 プレゼン前に気合いを入れたいシーン、張り詰めていた緊張をほぐしたいシーンのように。 だからシーンごとに切り替えができて、いつでも使えるように持ち運びができる形を考えた結果、ブリージング 経肺摂取 デバイスに行き着いたんです。 カートリッジは気分によって使い分けられるよう2種類。 もうひと踏ん張りしたいときにはミントフレーバーでカフェインを配合している「 POWER」を、気分を落ち着けたいときにはココナッツフレーバーでGABAを配合している「 CALM」を使うのがおすすめです。 カートリッジにはたばこと違って、ニコチンやタールは含まれていません。 カートリッジは2種類。 菅沼:差し込んだらカートリッジを口にくわえ、「ファッファッ」と2回吸引すると本体が起動します。 本体のLEDが1. 5秒間点灯するのが起動の合図です。 LEDが1. 5秒間点灯して起動する。 菅沼:カートリッジをくわえて吸引し、口を離してからさらに深呼吸するように息を吸い込み、ゆっくりと吐いて使用します。 菅沼:吸引時には本体のLEDが光るようになっているんですが、実は発光時間を長めにしています。 呼吸によって酸素は脳に届けられるので、ひと休みするには重要な行為です。 深呼吸することに意識してもらいたいと思って、そのような設計にしました。 また、吸引してからさらに息を吸うというような使い方を推奨していますが、この使い方だと煙が目立たないようにもなっているんですよ。 ランウェイを歩く時間自体は数十秒ほどですが、ファッションを見せることができるのはその一瞬がすべて。 バックステージで自分の順番を待っている時間のプレッシャーは言わずもがなかと思います。 そのモデルさんの方々に「POWER」や「CALM」で想定していた通りの好評をいただいたことは、手応えにつながりましたね。 主なお客様としてはSEやコンサルタントの方など、長時間のデスクワークをしなくてはいけない方です。 また、とても意外だったのはトラックの運転手さんや工事現場で働く方から好評をいただいたことですね。 どういった使い方をされているのでしょうか? 菅沼:聞いてみると、どちらにも共通したのが「 長時間頑張らなければならない仕事で、トイレに行きにくい場所で働いていること」です。 トラックの運転手さんも、工事現場で働く方も今までは缶コーヒーをよく飲んでいたそうですが、トイレに行きたくなってしまう。 でも、トイレに簡単に行けなかったり、数が少なかったりと、困ることが多かったそうです。 stonを買ってからは、缶コーヒーの代わりとして重宝しているというお声をいただいています。 菅沼:stonはたばこでも電子たばこでもありません。 正直、ひと休みのアップデート以外のことは全く考えておりません。 また、安全性には特段の配慮をしています。 カフェインの摂取量については、先進国で最も厳しい基準の一つを用いて検証しました。 接種方法の違いを考慮しても、stonでこの量に達するには1日に非現実的と言いますか、相当程度の回数を吸引しなくてはいけないことになります。 みなさんがひと休みしてくれるようになったら、ひと休みの方法はstonでなくとも構いまわないと個人的には思っています。 そのためにstonは製造費を度外視している部分もあります。 例えば、stonはよく見ると、実は左右非対称になっているんです。 吸引するシーンや、手持ち無沙汰なシーンで握った時に手にしっくりくるようにしたデザインした結果なのですが、工場の方からするとかなりクレイジーなことをしていると怒られます 笑。 他にもデスクに置いて違和感のないように、本体にロゴを入れなかったり、起動スイッチを作らなかったり、自然に馴染む色を使ったりと。 いつでも目に付くデスクに置いて、「あ、ひと休みしようかな。 」と思ってもらえるような工夫をしています。 今後さらにひと休みの重要性は増していくと思います。 そうなったときに、stonが快適なひと休みの時間を提供できたら嬉しいですね。 イノベーションの新たな息吹をサポートするために、「頑張る人の、ひと休みをアップデートする。 」というビジョンを掲げて創業したBREATHER。 今回のインタビューを通して、ひと休みをアップデートすることへの熱量がヒシヒシと伝わってきました。 「みなさん本当に働きすぎなんです…」と菅沼さん。 お話を伺う中で、「自分もひと休みを取るようにしよう」と意識しようと思いました。 ブリージングデバイスstonは現在で販売中。 「ひと休み」にはただ一息つくだけでなく、仕事の効率を上げるための攻めの側面もあります。 頑張るビジネスパーソンのみなさんは一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

次の

吸うカフェインston(ストン)|過剰摂取で副作用が危険?致死量や急性中毒になる量

ブリージング デバイス ston

低温加熱式たばこ【最強デバイス】現る!• 最先端ポッド型VAPEが登場!• コロナ対策にもオススメですよ!• そんなお前はカッコいいと思うぜ!• メガヒット商品の理由を徹底検証 こんばんは、加熱式たばこブロガーのげんちゃんです。 やっと1週間が終わりましたねー、今週は最後の新年会があったり接待があったりとバタバタしてましたが、ようやく週末を迎えられましたよ。 ミニ四駆のパーツだけは買ってあったんですが、完全にお預け状態で保管していたので明日は朝からイジろうと思います。 さて、ミニ四駆とは別にもう1つ届いたのが、本日のメインテーマでもある 「 ston( ストン)」です。 少し前に発売され、一時は売り切れ、転売されていたんですが、ようやく沈静化され今はメルカリなどであれば若干安く手に入るように。 どうせレビューするだけ・・・と思いメルカリで譲って頂きましたが、これがなかなか面白いモノだったので、興味のある方は最後までお付き合い頂ければ幸いです。 ston(ストン)って何それ? stonとは「一息で、ひと休みをあなたの力に。 」するデバイスのブランド名称です。 独自のテクノロジーを搭載。 吸い込むと、カートリッジ内のリキッドが熱せられて蒸気が発生。 この蒸気に溶け込んだ成分の味や香りを楽しむことができます。 引用元: BREATHER株式会社というところが 発売している製品でして、実はこの会社、 プルーム・シリーズでお馴染みの JTさんの 関連会社さん。 JTはあくまでタバコを販売する会社なので、ニコチンありきのラインナップですが、stonはニコチン・フリーの電子タバコだと思って頂ければ問題ありません。 まあカフェイン配合やビタミン配合っていうリキッドは過去にもあったので、めちゃくちゃ新しい!ってワケではないんですが、stonの画期的な点は他にあります。 ヒントは「タバコを吸う」ではないってことデス。 この記事の目次• 蒸気が出ない(汗) 私の電子タバコの認識は、あくまでも疑似喫煙を楽しむモノなので、蒸気の量は電子タバコ選びにおいてかなり重要なファクターと言えます。 蒸気が多い=吸った気がする(ニコチンは入ってないけど)というのが定番の考え方で、蒸気が少ないと満足感が少なくてタバコの代わりにはならん!と言われるくらい。 ですが、 stonはまったく逆で蒸気が全然出ないんです。 凄くないですか?まったく出ない・・・というか見えないんです。 *フカすように吸う(口の中に溜めてから肺に入れずに吐き出す)と蒸気は出ます。 これは疑似喫煙を目的とせず「リフレッシュ目的」がメインであることから、タバコ感とか吸ったときの満足感とかってあんまり重要じゃないんでしょうね。 むしろ、 味わいや成分を効率よく楽しむために、電子タバコの仕組みを利用しただけで、まったくの別物=電子タバコではない、そんな印象を受けました。 公式サイトを見れば一目瞭然 公式サイトの製品概要ページに、stonの特徴が3つ書かれています。 2つのフレーバーで気分マネジメント もうひと踏ん張りしたい時には、爽やかなミントフレーバーでカフェイン配合のPOWERを。 気分を落ち着かせたい時は、心安らぐココナッツフレーバーでGABA配合のCALMでリフレッシュできます。 お財布に優しいひと休み 1カートリッジあたり250回吸引でき、約40回分のひと休みに相当(ひと休みあたり6回吸引想定)。 新しいひと休みのお供としてご活用下さい。 *吸い方により吸引回数は異なります。 蒸気が見えにくい 外気と一緒に吸引することで、蒸気が見えにくい吸い方をできるのがstonの特徴です。 新しいリフレッシュのスタイルを、オフィスで家庭でお楽しみください。 引用元: 他の電子タバコの販売ページなんかを見るとわかりますが、どこも定番のキーワードが並びます。 吸いごたえを実現!圧倒的な 満足感!強い タバコ感!などなど。 こういった記載が一切ないんです、面白いですよねー。 リフレッシュ目的・・・関連会社だから出来る切り口だと思いました。 ston(ストン)のデザイン stonはご想像の通り、 石をモチーフにしたデザイン。 この段落では、stonのパッケージやリキッドカートリッジなどをご紹介します。 キレイな状態で保管してくれていたメルカリ出品者さんに感謝です。 パッケージ まるで時計を買ったときの化粧箱みたいなオシャレな化粧箱。 結構なお値段しますからね、チープな箱だったら怒ってるところです(笑) セット内容は本体に専用充電ドッグ、USBケーブル、あとは説明書。 本体 池に投げたらキレイに跳ね続けてくれそうなデザインのston。 めちゃんこオシャレやん、小さくて可愛いので女子ウケ良さそう。 ちなみにフタにも工夫があって、マグネットでカチッとしまります。 カートリッジ(ミント) カートリッジもこれまでにないオシャレなパッケージですよね。 取り出すと普通ですが、とにかくstonはオシャレです。 Amazonのレビューを見ると液漏れしてるものが多いとか・・・早く改善しましょう。 充電 1枚目が正しい充電の仕方、充電するとドッグの下が白く光りカッコいいです。 ですが専用充電ドッグをよく見ると、どっちも同じマイクロUSBなんです。 ということで、そのままUSBケーブルを挿してみたら、これでも充電出来ました。 ston(ストン)の使い方 stonの使い方はとても簡単、というか プルームテックと同じです。 本体のフタを取ると穴が空いているので、そこにカートリッジを差し込んでクルクル回すだけ。 あとは、吸ったら起動するオート吸引なので、難しいことは何一つないです。 セット フタを外すという作業以外はプルームテックと同じなので、直感的に使うことが出来ます。 ただし、リキッドカートリッジはガチッとなるまで回して挿さないと通電しないのでお忘れなく。 あとは吸うだけってんだから説明不要ですね。 吸ってみた 味は普通にミント、カフェインが配合されているそうですがさすがにわかりません。 ただスッキリするので、忙しくて頭の中がぐちゃぐちゃになっているときに、一息するといいかもしれませんよ。 ちなみに吸引するとデバイスの周りが白く光ります、いいねいいね。 ston(ストン)の販売状況 stonの 販売チャネルは今のところ Amazonのみでして、少し前までは売り切れや無駄に高値がついていましたが、今はようやく落ち着いて定価で買うことが出来ます。 ただちょっと高過ぎるんですよねー、stonのスペックで本体価格が6,600円って・・・このご時世有り得ません。 更に高いのがリキッドカートリッジで、約250パフ分のカートリッジ3個で1,980円ですよ?高いですよね(汗) 最初話題になったこともあって強気な価格設定ですが、あと数ヶ月もすれば値下げせざるを得なくなるのでは、と思います。 そーだなー、申し訳ないけど半額くらいでも高い印象、それくらい次世代タバコ界はデフレということですよ。 これだけ書いても欲しい!という人はリンクを貼っておきますのでどうぞ。 おそらくターゲットはタバコを吸わない、もしくは辞めた人あたりだと思うんですが、タバコを取り巻く環境が厳しくなっている今、喫煙者にも需要はありそうな気がします。 ただし、冒頭書きましたが、 stonに吸いごたえとか求めちゃダメですね、これはあくまでもリフレッシュするためのもので、吸ってるゼ!感を楽しむものではありませんから。 あとは価格ですかね、この価格でないとビジネスが成り立たないというのであれば1年後には無くなっちゃうだろうな・・・。 プルームテックが発売されたばかりの頃とは違って、多くの人が電子タバコの相場を知ってしまったので、今の価格で商売し続けるのは難しいと思います。 ちょっと辛口ですが、stonは面白いと思いますので、頑張って欲しいものです。

次の

オンライン製品試用店舗サービス「b8ta」がブリージングデバイス「ston」など取扱46商品を先行公開

ブリージング デバイス ston

「コーヒーで眠気覚まし」がひと昔前の常識でしたが、今後は変わるかもしれません。 JT(日本たばこ産業)傘下のBREATHERがブリージングデバイス 「ston」(税別6,000円)とカートリッジをオンラインで販売開始しました。 吸うカフェインstonとは? stonとはどのような商品かというと、 カフェインの蒸気を吸入することで眠気覚ましを図る商品です。 ニコチンの代わりにカフェインを吸って覚醒しようぜ!ということですね。 眠気覚ましにはコーヒー以外にも眠眠打破やモンスターエナジーみたいなドリンクタイプの商品がありましたが、stonは蒸気を吸うタイプなため体内への吸収が早く、すぐに効果が表れるとのことです。 タバコと違って有害な物質が出ないため、これならオフィスで吸っていても文句を言われなさそうですね。 どれくらいの眠気覚ましの効果があるのかわかりませんが、電子タバコでシェアを伸ばせず苦戦しているJTグループとしては新商品で売上を確保したいところです。 個人的には「眠い奴は眠らせておけ」という立場ですし、眠い人を無理やり覚醒させても体に悪そうな気がします。 集中力も長続きするのか疑問ですし、社会的な意義も感じられません。 「これがあれば24時間働けるでしょ」とブラック企業が社員に配布する闇深な未来しか想像できず、たばこ企業とはつくづく健康に反する商品を作るのだな…と失笑した次第です。 カフェインの副流煙による影響はないのか? 「蒸気タイプのカフェインを吸入」というのは新しいコンセプトで興味をそそられるのですが、たばこのように吐いた息(呼気)によるカフェインの影響や副流煙による二次被害はないのか?少し心配です。 カフェインは摂取しすぎによる死亡事例があるそうですし、妊婦さんなどカフェインを避けている方もいます。 そういった方々に対しての悪影響が出た場合、ニコチン被害と同じように訴訟事案を誘発する可能性もあります。 これまでは飲料タイプだったためワンクッション置いていたから人体への影響が出にくかったわけですが、吸入タイプになりカフェイン中毒でバタバタ人が死んでいくような事態になったら…と考えると恐ろしいものです。 あくまでも タバコ業界が作ったテスト用(実験用)の商品であることを念頭に購入判断したいですね。 どうしても眠気を覚まさなければならない時は誰しもあるかと思いますが、睡眠時無呼吸症候群に伴う睡眠など病気が原因で眠くなっていることもあります。 そういった眠気をカフェインで無理矢理に覚醒させてしまうと、本来は治療が必要な病気の発見を遅らせることにもつながりかねません。 吸うカフェインで眠気覚まし!というコンセプトは面白いですが、健康への影響は慎重に判断したいですね。

次の