剣盾 色違い 乱数。 【ポケモン剣盾】ソードシールド 色違い乱数調整(マックスレイドバトル星3~星5)徹底解説

【ポケモン剣盾】「レイド式乱数調整」で手に入れた色違いポケモンって一般的に悪いこと?自分が気にしすぎているだけなのか…?

剣盾 色違い 乱数

ついにソードシールド でマックスレイドバトルの星3から星5の色違い乱数調整に成功いたしました。 正直結構苦労しましたので、やり方を詳しく書いていこうと思います。 この方法で マックスレイドバトルに出現するポケモンなら夢特性も含め色違いを入手することが可能です。 正直難易度は結構高いなと感じていて、星1、星2に比べるとかなり時間がかかります。 なので個人的には出来れば星1、星2の色乱数調整を先やってみた方がいいと思います。 そのやり方は下記記事をご覧ください。 ただ、 星3から星5の色乱数をやるメリットとしてはバッジ8個持っているセーブデータでも出来るということです。 つまり、ほとんどのプレイヤーは特に何の準備もなくいきなり始めることが出来るというのが今回の色乱数調整の方法です。 準備するもの• をダウンロード Windowsでしか使えません 「OneStar. exe」を起動• バッジ8個 殿堂入り後? のセーブデータ 経験アメXLが33個くらいあると便利• サブロムともう一台のスイッチ 必須ではないが色違いを量産するためには必須、個体を確認する上でもあるとかなり便利こちらも星5レイドに参加できる必要があるので進めておく 手順 1. 狙いの巣を決める 基本的にはどんな巣でも大丈夫なのですが、特性が1つのポケモンが多い巣などでは難しい可能性があります。 またメタモンの巣は現状無理みたいです。 僕の場合はハシノマ原っぱFにしました。 などを使って狙いの巣を決めて、ねがいのかたまりを投げ入れてください。 レア光 紫の光 出ないと出現しないポケモンを狙う際は頑張ってレア光をまず出しましょう。 この時点で一応セーブしときましょう。 ちなみに色違いのマックスレイドバトルはポケモンを固定せずに作れるので その巣から出現する星3から星5全ての色違いを入手可能なので総合的に判断するのがオススメです。 僕の場合はギモー、トゲチック、フレフワン、マホミル、オーロンゲ、サーナイト、トゲキッス、ブリムオンの色違いが入手可能です。 セーブ時点から3回日付変更した先の2Vポケモンを捕まえて個体値を測定 今回の乱数調整で現在のSeedを求めるために使うのは3回日付変更したポケモンの個体値です。 その理由として、前も説明したように2回日付変更したところまでのポケモンは星の数、ポケモンの種類、個体値、性格、特性、色など全てがすでに固定されてしまっています。 3回日付変更した先に関してはV固定数などに応じて個体値、性格、特性、色は固定されているもののポケモンの種類は決まっていません。 そこで3回日付変更したポケモンの個体値や性格や特性は星の数によって色々変わるためそれを計測して現在Seedを求めていきます。 なので まずはセーブした段階から3回日付変更したレイドから2Vのポケモンを捕まえます。 星3からも3V以上のポケモンが出る可能性もあるのですが、2Vのポケモンを捕まえましょう。 星2でも出るポケモンが星3でも2Vになるようです。 僕の巣で言うとギモーとトゲチックの星3レイドということです。 そのポケモンの個体値をツールに入れて個体値チェックを押すとOKかNGが出るので、NGが出た際は日付を変えてOKが出るまでこの作業をやってください。 このOKかNGの判断は個体値のみで行なっているので、 OKが出るまでは性格、特性などは弄らなくて問題ないです。 OKになった後はそういう項目も埋める必要がありますが 性別固定かどうか注意しましょう。 僕の場合はトゲチックは普通ですがギモーはオス固定なので違ってきます。 最新版では下画像に加え個性も入力します。 工夫 セーブした時点から3回日付変更したレイドが星3ギモーorトゲチックの確率は結構低くてこれ自体が結構面倒です。 そこで僕がしたのはセーブした時点からとりあえず星3ギモーorトゲチックが出るまで3回より多く日付変更していく方法です。 この際何回日付変更したかわかるように日付を調整しておくと便利 例えば1月1日、2日、3日・・ としていくなど これで15日くらいまですれば流石に星2でも出るポケモンの星3のレイドが出ると思うので捕まえて個体値を計測します。 で個体値は計測しました。 レベル100まで上げるとほぼ確実に1つに決まりますが、下降補正がかかっているところでごくたまに決まらない可能性がありますがほぼ決まります。 ツールにその個体値を入れてもしOKと出たならリセットしてそのレイドが出るより3回引いた回数日付変更進めればいいのです。 もしNGならリセットしてもう一度同じことをします。 こうすることで3回から15回くらいの範囲の中に星3ギモーorトゲチックのレイドがあればいいことになるので、確率がだいぶ高くなります。 また同じところから始めても日付変更した回数で12回はNGだったが9回はOKということもあるので、同じところから何度か始めて、被るようになったら大きく日付変更してセーブしてまたそこで同じことをするとしたら効率的かなと思います。 リセットして3回日付変更して星4以上のレイドから3Vor4Vのポケモンを捕まえる 基本的に全てリセットしてください。 ねがいのかたまりを投げ直すことはありません。 OKと一緒に3Vか4Vと指定されるので、まずは自分がそのどちらかを確認しましょう。 セーブした時点から3回日付変更した星4or星5のレイドからそのポケモンを捕まえて、個体値を計測しツールに入力します。 僕の場合でいうと星4のフレフワンを狙うことになります。 4Vの場合 4Vの場合は星5から捕まえるようにしましょう。 星4の場合は元は3Vなのに自然に後一つVが発生している場合との区別がつかないみたいです。 星5から4Vを捕まえるのが一番安定するようです。 なのでそもそもOKと一緒に4Vと出た方がいいです。 リセットして4回日付変更してできる限りV数が少ないポケモンを捕まえる つまり今回もトゲチックやギモーがいいということです。 Vが多いと絞り切れない可能性が出てきます。 そのポケモンを捕まえて個体値を計測し5匹目というところに入力しましょう。 入力ミスがないか確認して検索開始を押す 10分近く時間がかかるので気長に待ちましょう。 うまくいけば星1or2の時と同じようにリストが出てきます。 星の数などによって個体は変わるのでそれに応じてリストを出せばいいですが、色違いは条件を変えても一緒です。 リストの消費乱数-3回日付変更を行う ランクバトルの後に日付をずらすOKを押すだけで乱数消費が可能なので1時間3000くらい消費が可能です。 目安として何日後の日付が何月何日か知っておくと便利です。 日付計算ツールは。 近づけばリストから実際にポケモンを捕まえて自分が今どれだけ消費した確認してみるのがいいと思います。 色違いから三日前でレポートを書くことが出来れば完成です。 ここでも うまくいっていればポケモンキャンプをしておきましょう。 こうすることでポケモンを固定してしまってもバックアップから始めることでまた固定されていない状態に戻せます。 ポケモンを捕まえるとバックアップが更新されるみたいなので捕まえる前に切りましょう。 まとめ 結構大変だと思うので覚悟を持って始めてください。 僕の場合は10時間くらいはかかりました。 1度成功すれば色々な色違いを入手可能なので頑張りましょう。

次の

【ポケモン剣盾】乱数調整の方法発見される!でも…【ソードシールド】 │ 黒白ニュース

剣盾 色違い 乱数

1)ダウンロード 必要動作環境 普通にPCを使っていれば勝手に環境整っていると思うので上手く動作しなかった場合に確認するくらいでよいと思います。 任意オプション• グラフィックボード• Seed検索でを利用できます。 、で動作確認しています。 本ツールの保存ファイルとの互換性があります。 更新日 更新内容 SW Seed Calculator v4. 最後にセーブした所から日付バグを 3回行い、4日目のを捕獲する。 この際、出現したが4v以上の場合はもう1度この手順を行う。 を調べ、ツール左端の『4日目』の入力欄にを入力する。 種族と性格を入力した後、『計算』をクリックすると計算機が起動する。 ツール内蔵の計算機でを確定させた後、『結果を出力して終了』を押せばが自動的に入力される。 この際に特性等の他のパラメータも入力する。 ここで特定したのV数が事前に調べていたV固定数と異なる場合、自然発生Vが混じっているので計算となる。 4日目 2体目 の個体情報を調べる• リセットし、最後にセーブした所から日付バグを 3回行い、4日目にツールで指定された固定V数のが出るまで繰り返す。 このケースの場合は4Vの方が得られる連続数が多くなるのでこちらを使用するのが望ましい。 『1日目のみで検索可能です』と表示されている場合2体目を入力しなくても検索可能だが、得られる連続数が少なくなるのでPCスペックによっては2体目を用意した方が良い。 を調べ、ツール左端の『4日目 2体目 』の入力欄にを入力する。 入力内容に誤りがなければツール左下の『連続』欄に自動で値が入力される。 この際に特性等の他のパラメータも入力する。 使用する計算機は日付に合わせたものを使用する。 もしここで値が入力されない場合、V固定数が間違っているかツール側の不具合なので、後者の場合は自分で値を入力する。 パズルについてはを参考にすると分かりやすい 5日目以降の個体情報を調べる• リセットし、最後にセーブした所から日付バグを 4回行い、5日目のを捕獲する。 この際に捕獲するのV固定数は問わないが少ないV固定数の方が候補を絞り込めるので効率がよい• を調べ、『5日目』のパラメータ入力欄に、性格、特性、個性を入力する。 『6日目の個体情報を使用する』を有効にしている場合は6日目の個体情報も同じように入力する。 この際に捕獲するのV固定数は問わない• 左下『最下位bit計算』をクリックすると個性に合わせてEC 暗号化定数 最下位bitが計算される。 個性、によっては計算できないこともあるが、そのまま操作を続行して差し支えない。 検索補助オプションを自分の環境に合わせて設定する。 『Seedを一つ見つけたら計算終了』• 条件に合致したSeedが見つかった時点で計算処理を中断する。 『Seedを見つけるまで計算を続ける』• 下記『再計算をn回まで考慮する』のリミット解除オプション。 『再計算の考慮数』• V固定位置の再計算回数の指定 この回数を増やせば増やす程Seed特定漏れのリスクが下がるが計算時間もそれに乗じて長くなる。 『検索に使用するデ』• :を使用する。 CUDA:製でのみ使用できる。 と同様を使用するがこちらの方が速い。 右下『検索』ボタンを押して計算処理を開始する。 結果は『1日目のSeed』に出力される。 必ず正確なSeed値が割り出されるとは限らないので、5日目以降の他のV固定数の個体や6日目以降の個体等との情報とも照らし合わせてSeedの確定を行うとよい。 4日目、5日目に他のV固定数の個体が入手できる場合、それを捕獲して再度パラメータ入力、『Seedの絞り込み』で照らし合わせることができる。 特定したSeedの情報は『Seed情報出力』ボタンをクリックすると外部ファイル保存できる。 ここで保存したファイルは夜綱氏制作のツール『8denSearch』で使用可能。 BZL.

次の

【ポケモン剣盾】色違い大量生産?ソードシールド での乱数調整の方法徹底解説(星1or2)

剣盾 色違い 乱数

乱数調整を始める前に 前提知識 これらの知識がないと乱数調整は難しいかもしれません。 わからない場合は事前にやなどで検索するなどして調べておいてください。 を完全に特定する方法• 時渡りの方法• チートモード ランクマバグ の入り方• レア柱の厳選方法 任意• キャンプバックアップ• 4日目以降はレイドの内容 レア度や種族など が固定されていない 必要なもの• ぼんじり氏制作のseed検索ツール。 自分が知る限り現存するツールの中で最も計算速度が速く、計算や巣穴マップ、V固定数なども実装されている。 SW Seed Calculatorと機能連携しており、プロファイルの共有が可能。 よくある質問 わからないことがあればまずページを確認してください。 実践 はじめに• おまかせレポートをOFFにする• ねがいのかたまりを用意する• 1匹のをレベル100にできるだけの飴を用意する• まじめミントを用意する• 用意できなければドーピングアイテムでもOK Step 1 準備 ツールのセットアップ SW Seed Calculatorのフォルダに8denSearchの. exeファイルをコピーする。 これにより、プロファイルやイベントデータを共有することができる。 SW Seed Calculatorを開き、 プロファイルの編集から乱数調整を行うデータの情報を入力し、登録する。 同じフォルダにコピーした8denSearchを開き、先ほど登録したデータが読み込めているか確認する。 読み込めていれば8denSearchを閉じる。 目的のを決める SW Seed Calculatorの 巣穴マップを開くから巣穴選択ウィンドウを開く。 ポケモンから巣穴を検索から目的のが出現する巣穴を検索することができる。 ワイルドエリアマップ画像のエリアや巣穴をクリックすることでも巣穴を選択することができる。 目的の巣穴が決まったら、 巣穴を決定を押してウィンドウを閉じる。 ねがいのかたまりを投げ込む。 ねがいのかたまりを投げ込んだ柱でしか乱数調整をすることができないため、必ずこの手順を行う。 Step 2 基準seedの特定 基準seedを計算するために使う個体を捕獲する 剣盾のレイドは初日から数えて3日間はレイドの内容が決まっているが、4日目以降は内容が決まっていない。 そこで、V固定数の異なる複数の4日目のとパズルを利用して、seed計算に必要な情報を集める必要がある。 4日目 1体目• SW Seed Calculatorの 巣穴選択ウィンドウの 出現するポケモンを参考にV固定数の最も少ないを確認する• V固定数が最も少ないが2Vの巣穴である場合、3Vのを使ってもパズルはできるが、2Vの方が確率が高いので2V推奨• 3回時渡りをし、4日目に該当のが出るまで厳選をする• 該当のが出たら捕獲し、赤枠内の必要なパラメータをSW Seed Calculatorに入力後、 リセットする• 個体値計算を使用してを求めることもできる。 ミントを使用にチェックを入れることで、 まじめミントを使用した前提で計算を行う。 メインウィンドウで選択した性格は変わらない。 結果を出力して終了を押すことでメインウィンドウの欄に反映される。 の求め方• まじめミントを使う• レベルを100にする• 4日目 2体目 に 6連または 5連と表示されたらへ進む• 表示されなければリセット後に時渡りを1回行ってセーブをし、4日目 1体目 の1. からやり直す• 連続数は多いほど計算が速いので、6連が出るまで厳選しても良い• を搭載したPCを使用している場合は 検索オプションCUDAやを使用した高速計算が可能なので、 4連で次へ進んでも良い 2Vを使う場合は4日目 2体目 は不要• CUDAやを使用した場合、最低 3連で計算を始めることができるが、を使用しても30分以上かかることがあるため気長に待てる人以外は非推奨 4日目 2体目• SW Seed Calculatorの 巣穴選択ウィンドウの 出現するポケモンを参考に4日目 1体目 でツールに指示されたV固定数のを確認する。 3回時渡りをし、4日目に該当のが出るまで厳選をする• 該当のが出たら捕獲し、必要なパラメータをSW Seed Calculatorに入力後、 リセットする 5日目・6日目• 5日目• 4回時渡りをし、5日目のを捕獲する• SW Seed Calculatorに必要なパラメータを入力する• 6日目• 5回時渡りをし、6日目のを捕獲する• SW Seed Calculatorに必要なパラメータを入力する seed検索 必要な情報を全て入力したら、自分の環境に合った 検索に使用するデバイスを選択し、右下の 検索ボタンからseed検索を行う。 OpenCL:GPUを使用する。 CUDA:Nvidia製GPUでのみ使用できる。 OpenCLと同様GPUを使用するがこちらの方が速い。 より引用 seed検索が終わったら出力されたseedをダブルクリックし、 セーブデータ出力に反映されたことを確認したら、 プロファイルの保存をする。 8denSearchを開いて今回使用したデータを選択するとseedが反映されているので、 読み込むを押して次に進む。 求めたseedが正しいか確認をする 任意 8denSearchを開いたら 計算を押し、表示されたリスト内部をダブルクリックして AdvanceSupporterを開く。 時渡りをせず1日目のを捕獲し、 レア度、種族、実数値、レベルを入力し、 検索をする。 [F]が0の個体がヒットすれば求めたseedが正しいと言える。 Step 3 目標個体の決定と乱数消費 目標個体決め 目的のを 選択し、 条件指定をしたら 計算をする。 表示されたリストから狙う個体を選び、ダブルクリックして AdvanceSupporterを開く。 乱数消費 3日前で止めるにチェックが入っていることを確認し、 残り消費数分だけ消費する。 今回は1410消費行う。 このとき多少余裕を持って消費し、最後に微調整することを推奨する 高速消費のやり方• へ移動する• ワイルドエリアで消費作業をすると、ゲームが落ちてしまうことがある• チートモードに入る• チートモードへの入り方 チートモードへの入り方 — めらるば larvesta10• ゲームへ戻らず日付変更を繰り返す• 高速消費のやり方 高速消費のやり方 — めらるば larvesta10• 1月などの31日まである月の 日だけを変更し、1周ごとに30消費とカウントすると数えやすいので推奨 3日前まで消費が終わったらセーブをして、時渡りをせず1日目のを捕獲し、 レア度、種族、実数値、レベルを入力し、 検索をする。 その後、リセットする。 ズレが0の個体がヒットすれば 消費作業は終了。 足りなかった場合はその分だけ消費する。 以前はこの手順もの特定が必要だったが、最新の8denSearchを使えば実数値で検索することができる 目当てのが出るまで厳選をする 乱数調整の手順は終わったので、最後に目当てのが出るまで厳選をする。 3回日付変更をし、4日目のレイドが目当てのになるまで厳選を繰り返す。 目当てのがでたら、その巣穴に他に欲しいがいないならセーブして良いが、他に欲しいがいる場合はキャンプバックアップを使用する。 目当てのが出るまで厳選する• その場でキャンプを開く この時点のバックアップセーブが保存されます• バックアップセーブはエリア移動したときなどに更新されてしまうので、そのような動作をする場合はバックアップが書き換わってしまってると思った方が良い。 別のを捕獲したいときはいつも通りゲームを始めて、3回日付変更をして厳選する手順をやり直す。 目的の個体が光れば成功です。 お疲れさまでした。 おわりに 剣盾の乱数調整が開拓されてから3ヶ月ほど経ち、ツールがほぼ理想系になりました。 また、今回記事にしたのは全てPCで完結させた剣盾レイド乱数調整ですが、以前書いた乱数との併用ももちろん可能です。 興味がある方はそちらも一度読んでみてください。 質問があれば自分が管理している乱数調整Discordまでどうぞ! larvesta10.

次の