イタチ声優。 石川英郎

イタチ駆除は素人でも可能!お金をかけずに駆除する5つのステップ | クジョカツ

イタチ声優

環境省によると、近年、野生動物による農作物への被害が拡大、農作物を食い荒らすだけでなく、我々人間の家に住み着く被害も多く報告されています。 屋根裏に野生動物が住み着くと、そこは『汚れ』や『臭い』そして『雑菌』によって、どんどん汚染されていきます。 屋根裏が汚れてしまう前に、野生動物をどうにかして駆除したいですよね? 「でも…野生動物って自力で駆除できるものなの?」「害獣駆除業者に依頼すると何十万円も支払わなくてはならないんじゃ…?」野生動物を駆除したことのない方が、こうした疑問や不安を抱くのは、まったくもって当然のことです。 今回のマニュアル通りに実行して頂ければ、素人でもイタチをはじめとする野生動物の駆除ができるようになります。 チョウセンイタチの特徴 チョウセンイタチは、オスが体長25~31㎝に尾が16~21㎝ほど、メスは体長25~31㎝で尾が13~16㎝程度あります。 クリっとした目に小さな鼻と口がとても愛らしいイタチですが、肉食獣で大変獰猛な性格をしています。 自力で駆除する際は噛みつかれないよう、細心の注意を払う必要があります。 イタチは屋根裏のように、外敵から身を守ることのできるスペースを好み、屋根裏のどこかに3㎝程度の穴があれば、そこから簡単に入り込んで住み着いてしまいます。 ネズミ 家に住み着くネズミは『ドブネズミ』『ハツカネズミ』『クマネズミ』の3種類がいますが、中でもクマネズミは高い場所を好んで住みかに選ぶため、屋根裏に住み着いてしまうことがあります。 クマネズミは、体毛が黒く、まるでクマのような色をした大型の家ネズミです。 画像:(Wikipediaより引用) ハクビシンの特徴 タヌキのような顔をしていますが、ネコ目ジャコウネコ科に属する、どちらかというとネコの体つきに近い生き物です。 日の光を避ける事ができる屋根裏を好んで巣に選ぶ、夜行性の野生動物です。 大きさは、頭からお尻までがだいたい61~66㎝ほど、しっぽはさらに40㎝もあり、体重も2~3㎏程度あってイタチよりも体がずっと大きいため、屋根裏に住み着けば大きな活動音を起こします。 2 野生動物を放置しない方がよい2つの理由 イタチやネズミ、ハクビシンといった野生動物は、『病原菌を持っている』『建物に損壊を与える』ことから、放置することはオススメできません。 人にうつる危険な病原菌やウイルス イタチやネズミ、ハクビシンは、 『サルモネラ菌』『ペスト菌』『レプトスピラ菌』『鼠噛症菌』『ハンタウィルス』といった病原菌を保有している可能性が高いです。 抵抗力の低い年代のお子さんがや高齢者が野生動物が持つ病原菌に感染すれば、重篤な状態へと陥ってしまう可能性があります。。 どのような症状が起こるかを、以下でご紹介しますので、もし屋根裏に野生動物の存在を感じていて、かつ該当する症状が現れたら医療機関を受診しましょう。 サルモネラ菌 サルモネラ菌は、人間の体内で腹痛や嘔吐、下痢といった症状といった食中毒症状を引き起こす病原体です。 屋根裏にいる野生動物の身体や糞尿に含まれるサルモネラ菌が、屋根裏の入り口や隙間を通して私たち人間の生活スペースに降りてきた場合、私たちはサルモネラ菌に感染してしまう恐れがあるんです。 万が一、屋根裏に野生動物が住みつき始めてから、腹痛や下痢、嘔吐といった症状が現れたら、すぐに病院を受診しましょう。 ペスト菌 ペスト菌とは、ネズミが保有している可能性が高い病原菌で、我々人間が感染すると、2~5日間の間に全身倦怠感の症状が現れ、全身にアザができたり、病原体によって内蔵機能がダメージを受けることで、最悪死に至ることがあります。 体調に異変を感じたらすぐに医療機関を受診しなくてはなりません。 レプトスピラ菌 レプトスピラ菌は、野生動物の糞尿に含まれている病原菌で、人の体内に入り感染すると、3日から2週間程度の間、もしくはその期間が経過したのち、一見ただの風邪のような症状が現れます。 そのまま治ってしまうこともあるのですが、治らず悪化して肝臓や腎臓にダメージが及び、命を落としてしまう可能性もあるため、念のため病院を受診した方が安全です。 鼠噛症(そこうしょう) 鼠噛症(そこうしょう)とは、ネズミにかまれた際に起こる症状で、発症すると、発熱や発疹、頭痛や筋肉痛、嘔吐などの症状が現れます。 鼠噛症は、鼠が持っている『鼠噛症スピリルム』『モニリホルム連鎖桿菌(かんきん)』という菌が原因で起こります。 悪化すると、肺炎や髄膜炎、腎炎、肝炎などの合併症が引き起こされることもあります。 鼠噛症の症状は、インフルエンザを発症した時の症状と似ていますので、異変を感じたらすぐに病院を受診してください。 ハンタウィルス肺症候群 ハンタウィルス肺症候群は、ネズミが保有していることの多い『ハンタウィルス』という病原菌によってもたらされる疾患で、感染すると、鼠噛症と同様、発熱や筋肉痛、咳といった症状が感染当日から4日間程度の間に現れます。 症状が急速に悪化して、24時間以内に死亡してしまうこともあります。 発熱や咳、そして呼吸が苦しく感じることがあれば、速やかに病院を受診しましょう。 ノミやダニによるアレルギー症状 野生動物の身体には、『ノミ』や『ダニ』といった寄生虫が住み着いていることが多いです。 ノミやダニが、屋根裏の入り口や屋根裏から階下につながる隙間を通って、私たちの生活する階下のスペースに降りてくると、人間の皮膚に寄生する可能性が高いため、屋根裏の野生動物は早いうちに追い出した方がいいでしょう。 アナフィラキシーショック アナフィラキシーショックとは、人の体内にある抗体と、野生動物が持つ病原菌が互いに作用することで、呼吸困難や意識喪失といった命に係わるアレルギー症状が起こる現象のことをいいます。 屋根裏の野生動物が持つ病原菌が、人間の身体に入り込んだ時にも、アナフィラキシーショックが引き起こされ、私たちは命を落としてしまうこともあるんです。 アナフィラキシーショックは、野生動物に噛まれた時に、傷口から病原菌が体内に入り込むことで起こりやすい症状です。 自力で駆除を行う際には、分厚い軍手を履いたり、分厚い服を選んで着用し、野生動物の牙から身を守りましょう。 建物に損壊を与える イタチやネズミ、ハクビシンが屋根裏に住み着けば、糞尿が瞬く間に蓄積して、屋根裏の床に沁み込んでいき、 階下である部屋の天井に、野生動物の糞尿によるシミができてしまうこともあるんです。 天井にシミができてしまうと、天井の張替えを行わなくてはならなくなるため、屋根裏から『カサカサ』『ドタドタ』という音が聞こえてきたら、早い段階で何らかの対策を講じなくてはなりません。 3 野生動物を判別する方法と自力駆除の可能性 家の外から屋根裏をよく観察すれば判別できる 野生動物を判別する方法は『屋根裏に住み着いている野生動物が、屋根裏のどこかから外へ出てくるのを逃さず、家の外から屋根裏付近をよく観察しておく』ことです。 イタチやネズミ、ハクビシンが歩いているのを見かけることがあれば、どの野生動物が屋根裏に住み着いているのかを特定することができます。 ただし、家の外で野生動物を見つけることができなかった場合には、屋根裏の中を直接覗き込んで、野生動物の種類を特定するほかありません。 自力駆除は可能だが法律は守ろう! イタチもネズミもハクビシンも、のちほどご紹介する撃退法を実践していただくと、自力で駆除することは可能です。 『鳥獣保護法』の存在です。 鳥獣保護法 鳥獣保護管理法では、「鳥獣」を「鳥類又は哺乳類に属する野生動物」と定義しています。 「鳥獣」の概念には、平成14年の法改正によりネズミ・モグラ類と海棲哺乳類が含まれることとなりました。 ただし、鳥獣保護管理法第80条の規定により、「環境衛生の維持に重大な支障を及ぼす鳥獣又は他の法令により捕獲等について適切な保護管理がなされている鳥獣」として、ニホンアシカ・アザラシ5種・ジュゴン以外の海棲哺乳類、いえねずみ類3種については、鳥獣保護管理法の対象外とされています。 より抜粋 クマネズミを駆除する際には特に申請する必要がありませんが、イタチとハクビシンを自分で駆除する場合には、事前に『地方環境事務所』という行政機関へ申請手続きを行う必要があります。 駆除許可申請は市区町村へ イタチやハクビシンを『捕獲して』駆除する際は、地方環境事務所の指示に従って申請を行ってください。 より、お住まいの地区に1番近い地方環境事務所を選んで、まずは電話で問い合わせてみましょう。 お住まいの地域によっては、市区町村で申請を受け付けている行政機関もあります。 有害鳥獣(イタチ、ハト、カラスなど)の捕獲許可の手続き 公園みどり推進課 電話: 生活環境の被害等を防止するために、有害鳥獣(イタチ、ハト、カラスなど)を捕獲する場合には、捕獲許可が必要になります。 捕獲許可申請時にご持参いただくもの• 捕獲許可申請書類• 印鑑(認印も可)• 身分証明書(運転免許証など) より抜粋 ちなみに、これから紹介する駆除方法は『捕獲』ではなく『追い出す』撃退法ですので、駆除申請を行う必要はありません。 「駆除申請の必要はない」という話はもともと叔父から聞いた話なんですが、念のため、筆者の住む地区にある地方環境事務所に「追い出しの際にも駆除申請が必要か」について問い合わせてみました。 もちろん、担当職員の方から「不要です」との回答をいただきましたので、安心して実践してくださいね。 4 素人でも成功可能『イタチの撃退法』 ではさっそく、屋根裏に住み着いている野生動物を追い出しましょう。 『イタチの撃退法』と書きましたが、以下で紹介する駆除方法では、ネズミもハクビシンも同時に屋根裏から追い出すことが可能です。 ステップ1:必要な道具を用意する 屋根裏の野生動物を駆除し、屋根裏をクリーンな環境へと戻すためには、以下の道具が必要となりますので、事前に用意しておいてください。 糞尿を清掃する道具• ホウキ• ちりとり• ゴミ袋• 次亜塩素酸ナトリウム消毒スプレー 作業手順は以下の通りです。 屋根裏でネズミ用の燻煙剤を焚いて野生動物を追い出す• 大きな物音でさらに残っている個体を追い出す• 侵入経路を金網とテープでふさぐ• 糞尿を集めてゴミ袋に密封し、屋根裏全体に次亜塩素酸ナトリウム消毒スプレーを吹きかける バルサンには、室内の広さに合わせて種類がありますので、あらかじめ屋根裏の広さを把握して、対応している製品をご購入ください。 また、糞尿を掃除する際は、菌が口や目に入り込まないよう、マスクとゴーグルを必ず着用しましょう。 100円ショップで売られているもので十分です。 また、髪の毛も汚れないように、帽子で覆っておいた方が無難です。 ステップ2:バルサンを焚く まずは、屋根裏で『ネズミ用のバルサン(燻煙剤)』を焚いてください。 ネズミはもちろんそうですが、イタチもハクビシンも煙やその匂いに驚いて、侵入経路から出ていきます。 子供を抱えているイタチやハクビシンは、バルサンを焚いても屋根裏から出ていかないことがあるからです。 『お鍋』と『おたま』を叩いて音を出すのではなく、動画サイトにアップされている騒音の動画を屋根裏で流してもいいです。 ステップ4:侵入経路をふさいで忌避剤を置く 音で野生動物を追い出したら、侵入経路となっている穴を金網と幅広いテープでふさいで、イタチやネズミ、ハクビシンの再来を防止します。 手に病原菌が付着しないよう、軍手を着用した上で作業を行ってください。 金網で穴をふさげば、イタチやネズミ、ハクビシンがいくら噛みついても、金網が破れて再び侵入される恐れがありません。 侵入経路の近くに、市販で売られている嫌って寄せ付けなくする固形忌避剤』を置けば、その匂いを嫌がって、イタチもネズミもハクビシンも、屋根裏に2度と近づかなくなります。 ステップ5:糞を清掃・消毒する 屋根裏から野生動物を追い出したら、ホウキとちりとりを使って、糞を綺麗に掃除しましょう。 ホウキとちりとりを使って糞を集め、ゴミ袋に入れて、市区町村の指示に沿って処分します。 糞を撤去したら、糞のあった場所を中心に、屋根裏全体へ次亜塩素酸ナトリウム消毒スプレーを吹きかけ、病原体やウィルスを消毒します。 次亜塩素酸ナトリウム消毒スプレーは、薬局やドラッグストアで売られている製品で構いません。 次亜塩素酸には、除菌効果だけでなく消臭効果も備わっていますので、糞尿の強い匂いを和らげることができますよ。 今ご紹介した駆除方法に使う道具は、だいたい3,000円程度で全て購入することが可能ですので、低コストで野生動物を追い出すことが可能です。 6 業者に駆除を依頼した場合の全国料金相場は1箇所20,000円 野生動物の駆除には、1箇所の施工につき20,000円程度の料金がかかることが多いです。 イタチ、ハクビシン、ネズミすべて同料金です。 1箇所につきというのは、数か所の出入り口があった場合はその数だけ施工料金がかかるという意味になります。 屋根裏にいる生体数や、被害の状況によって、また各社の料金設定によって費用は変動しますので、同時に数社へ駆除の見積もりを依頼して、1番納得できる業者を選ぶことが大切です。 7 良い業者を選ぶためのポイント イタチやネズミ、ハクビシンの駆除は、以下のポイントを満たす業者に依頼するのがオススメです。 料金を事前に提示してくれる業者• 追加料金を提示してこない業者• アフターサービスが充実している業者 あなたが事前に、施工内容や料金に納得した上で、追加料金なしで駆除を行ってくれる業者を選べば、駆除作業後に後悔することもなくなります。 依頼する際は、「どのような作業でいくらの料金がかかるのか?」「追加料金が発生する可能性はあるか?」「施工後のアフターサービスや相談は可能か?」をしっかりと確認してくださいね。 失敗しない業者選びについては、さらに詳しく『』で解説していますのであわせてご確認ください。 まとめ 今回の記事では、素人でも成功率の高い『イタチやネズミ、ハクビシンを駆除する方法(業者作業員推奨)』についてお話ししました。 野生動物には病原菌やウィルス、寄生虫が媒介している恐れがあり、屋根裏から階下に降りてきて人間に感染する恐れがあるので、早めの駆除が求められる• 追い出しは、バルサンで行い、金網とテープ、固形の動物忌避剤を置いて再来を防止する• 糞を集めてゴミ袋に密封し、次亜塩素酸ナトリウム消毒スプレーで消毒する• イタチの業者駆除には、20,000~100,000円ほどの料金がかかる• 業者に駆除を依頼する際には、事前に数社へ無料見積もりを依頼し、あなたが1番納得できる料金を提示してくれる業者を選ぶ• 事前に料金を提示してくれて、なおかつ追加料金なし、アフターサービスが充実している駆除業者が理想的 人間が抱くペットへの認識とは違って、野生動物に対する『怖い』という感情は、簡単に打ち消すことが難しいと思います。

次の

ガンバの冒険 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】 | いっぱいアニメを楽しもう

イタチ声優

うちは一族抹殺事件 うちは一族抹殺事件 他称もあり はがうちは一族を、弟のを除いて皆殺しにした事件のことである。 事件に至るまで イタチは暗部に所属しており、その暗部での秘密の任務を理由に一族の集会を欠席することや、一族を「己の器を制約する愚かしきもの」とする言動などから一族から疑惑の目を向けられていた。 そしてイタチを監視していた殺害の容疑をかけられていた。 見つかったの両眼が何者かに抜き取られていた事から、イタチが力を得るためにを殺したのではないかとされていた。 事件の真相 イタチがうちは一族を抹殺したのは 木の葉から命ぜられた任務であり、木の葉の里の平和、世界の平和のための苦渋の選択の末だった。 イタチの真実は極秘扱いであり、これを知るのは現在木の葉上層部の三代目火影、ダンゾウ、相談役のホムラとコハルの四人に加え、トビ、トビによって真実が語られたサスケ、ナルト、カカシ、ヤマトにカブト カブトについてはどのように知ったのかは不明 のみである。 一族抹殺の任務が命ぜられた背景 千手とうちは一族の確執 80年以上昔の戦乱の世、千手とうちは一族は互いに戦闘一族として名を馳せていた。 だが、長い争いの中で疲弊していき、うちは一族と千手は休戦をする。 そして領土の平定を望んでいた火の国との協定を結び 木の葉隠れの里が誕生した。 そして、里長である初代火影には千手の長である千手柱間が選ばれた。 一方、うちは一族の長であるはそれに対して千手によりうちはが抹殺されるとの危機感を抱いており、里を出て他の場所で暮らすよう一族に呼びかけた。 しかし、戦いに疲れたうちは一族の中で着いてくる者はなく、一人里を出て木の葉隠れの里に戦いを挑み、終末の谷で千手柱間と戦うも破れた。 二代目火影である柱間の弟・千手扉間は信頼の証という名目でうちはに木の葉警務部隊という特別な役職を与えるが、 これはうちは一族を里の政治から遠ざけ、なおかつ一族をひとまとめに監視下に置くためのものだった。 さらに、十六年前に起きた九尾の妖孤襲来によりうちは一族は里の中で隔離されていく。 九尾を操ることができるのはうちはの瞳力だけであり、里はこの事件を主権を狙ったうちは一族の者の仕業とし、一族を里の片隅へと追いやり暗部による厳重な監視をつけた。 こうした様々な確執が積み重なった結果、うちは一族は クーデターを計画した。 そして、の両眼の無い遺体が発見された時、ついに事件に開幕の狼煙が上がる。 うちはイタチの動向 事件までの行動 イタチは暗部に入り込んだ一族のスパイであったが、 木の葉がうちは一族に送り込んだスパイ でもあった。 そしてイタチは木の葉上層部よりうちは一族抹殺の命を受け、それを実行した。 里抜け後の行動 一族を殺した犯罪者として汚名を背負ったまま抜け忍となることも任務のうちであり、これはサスケに 自分や木の葉の里や一族の闇とは関係なく平穏に暮らして欲しいためだった。 イタチはダンゾウを含む里の上層部からサスケを守って欲しいと三代目火影に嘆願し、「サスケに手を出せば里の情報全てを非同盟国に暴露する」とダンゾウを脅し里を抜けた。 その後暁に入り込み、世界にとって危険な組織を内部から見張っていた。 イタチが木の葉に姿を現したのはサスケを守ると約束していた三代目火影が死に、「オレは生きている」とダンゾウを含む里の上層部に忠告するためだった。 二部での兄弟対決の目的は、サスケを追いこみ大蛇丸の呪印から解放すること、サスケに自身を殺させることで うちは一族の敵を討った木の葉の英雄にサスケを仕立て上げること、万華鏡写輪眼をサスケに開眼させることなど。 病に蝕まれ死期を感じていたが、サスケの前で死ぬために薬で無理に延命していた。 己の真実を知る可能性のあるトビを、サスケに注ぎこんだ瞳力で口を封じようとした。 事件を取り巻く人々の思惑 うちはイタチについて イタチは4歳の時に第三次忍界大戦を経験しており、そのトラウマから争い好まず平和を愛するようになった。 うちは一族ほどの忍が内戦を起こせば火の国も木の葉隠れの里も大きく揺らぎ、第四次忍界大戦の引き金にもなりかねない事態になる。 そのためイタチは木の葉の里の平和のため、忍の世の為に任務を受けることを選択した。 イタチがサスケを殺さなかったことについて トビの 「弟だけは殺せなかった」や、ダンゾウの 「やはりお前だけは特別だったようだ」などの発言からイタチがサスケを殺さなかったのはイタチ自身の提案であると考えられていたが、ダンゾウからの提案であったことが判明した。 ダンゾウ直轄の暗部組織、「根」に所属していたイタチは一族の動向をダンゾウに報告していた。 ダンゾウはイタチに「家族と共に弟も含めて全滅するか」「里側につき一族全滅に協力する代わりに弟だけは生かすか」の二択を迫り、イタチは後者を選択した。 しかし彼自身、最後まで一族と木の葉のどちらのスパイだったのかは分からなかった様だ。 後に明らかになったこと 事件の夜の真実 穢土転生で蘇ったイタチは、幻術を通じてサスケに過去の出来事を伝えた。 父・フガクと母・ミコトはどの程度までかは分からないが、イタチが里側についたことを知っていた(あるいは予見していた)ようで、イタチに「考え方は違ってもお前を誇りに思う…お前は本当に優しい子だ」「サスケの事は頼んだぞ」と言い残し、イタチの手にかかって死んだ。 サスケの写輪眼について その後サスケ以外の一族が皆殺しにされ、サスケはイタチの瞳力により気絶させられたかと思われていたが、その際に 写輪眼を開眼して抵抗していたことが判明した。 未熟な実力と巴文様が一つの不完全な写輪眼ではイタチを止めることは叶わなかったものの、イタチの額当てを弾き飛ばしている。 初期のイタチのイメージであった、額当てをバンダナ風にやや横向きに巻いている姿は、外れた額当てを付け直したときのもの。 またこの時、サスケは イタチの涙を見ている。 初期に呟いていた「あの時…泣いてた…」という台詞の真相がそれである。 この涙が、サスケが全ての真相へ近づく鍵となる。 アニメ『イタチ真伝』で判明したさらなる真実 アニメ『イタチ真伝』で父・フガクは長として一族の怒りを鎮めようと苦心していたことが判明した。 しかし、一族と里との因縁があまりに深まり過ぎて、これ以上は爆発し双方に血が流れる事になってしまう、と判断したためクーデターを起こすことを決意した。 フガクが考えたクーデターの内容は、誰も血を流すこと無く、無傷で木の葉の上層部を捕縛し、革命を成功させる事。 いわゆる、 無血革命であった。 フガクも忍界大戦中に万華鏡写輪眼を開眼しており、自分とイタチの2人でならそれが成し得ると考えた。 しかし、イタチが考える未来は違っていた。 イタチはうちは一族を一度リセットし、全ての未来をサスケに託す意志を示した。 その意志を尊重したフガクは 「俺の子と殺し合いはしたくない」「サスケの事は頼んだぞ」と言い残し、ミコトと共に息を引き取った。 イタチの死後 一族の未来はサスケに託されイタチの死より15年後、「一族」と呼ぶにはささやかなものではあるが、サスケはを作り上げたのであった(これからのうちは一族はで繁栄することになった模様)。

次の

【NARUTO】木の葉を想う優しき天才!!うちはイタチの名言ランキングベスト10

イタチ声優

イタチはうちは一族独特の黒髪ストレートヘアー後ろで一つに束ねており、目の下にある皺が特徴的な青年です。 また、才能があると言われていたサスケですら劣等生と感じるほど幼い頃から優秀な忍だったようで、異例の早さでアカデミーを卒業し、暗部に所属していました。 当初、性格は目的のためなら自分の一族や両親であっても平気で殺害する冷酷な人間のように思われましたが、実は誰よりも平和を願う家族思いの青年です。 感情をあまり表に出さないため、その真意はサスケや両親ですら気付くことが出来なかったようです。 うちはイタチの経歴 イタチは木ノ葉隠れの里のうちは一族の出身で、一族の長を務めるうちはフガクの長子として生を受けます。 そんなイタチの経歴をご紹介したいと思います。 九尾による木ノ葉隠れの里襲撃 うちは一族には里が創設されたとき との時代 から続く里との確執が根深く残っていました。 そこで起こったのが、九尾の木ノ葉襲撃です。 この襲撃はうちはマダラが計画したものでしたが、詳細は不明であり、木ノ葉の里で生活していたうちは一族の人間は一切かかわっていませんでした。 しかし、九尾を操れるのはうちは一族の写輪眼による瞳術であることから、この襲撃以降うちは一族への風当たりはより強くなっていました。 もともとあった確執に加え、身に覚えのない九尾による木ノ葉襲撃に対する疑念。 これに対し、うちは一族は不満を募らせていきました。 この時、イタチはまだ幼い子供でした。 うちは一族の企て イタチはアカデミー時代から優秀で、異例の速さでアカデミーを卒業し中忍となります。 そして、13歳の時には木の葉の暗部で部隊長を務めるほどの実力を持っていました。 暗部に入ったきっかけは、うちは一族の長である父に木ノ葉の内情を探るためスパイとして送り込まれたことでした。 この時、うちは一族はクーデターを企てていたのです。 しかし実はイタチは二重スパイであり、この情報を木ノ葉側に伝えていたのです。 なぜ一族を裏切るような真似をしたかというと、幼い頃の経験が関係していたようです。 イタチは幼い頃に戦争を経験しています。 そして、その悲惨な状況をみて心から平和を愛するようになったのです。 里のために、幼い弟のためにクーデターを計画する一族に反感を持っていたのです。 三代目火影・ヒルゼンは最後までうちは一族との談話による解決を望んでいましたが叶いませんでした。 イタチは弟だけは助けることを条件としてこの命を引き受けました。 そして、任務遂行の夜、サスケ以外のすべてのうちは一族を殺害します。 この時、サスケは両親がイタチに殺害される様子を幻術で見せられており、精神に深い傷を負います。 更に、サスケに自分を恨み憎んで醜く生き延びるように言います。 これはサスケに自分を憎むことで生きる目的を与え、サスケは実際に兄への復讐が原動力となっています。 一族の虐殺の後、イタチは里を抜けており、これも任務の内であったことが後に判明しています。 暁は基本的にツーマンセルであり、初期は枇杷十蔵とコンビを組んでいましたが、十蔵の死後は干柿鬼鮫とコンビを組んで行動しています。 その間、に不屍転生のため狙われていましたが、実力はイタチの方が上であったため大蛇丸を退けており、これにより大蛇丸は暁を脱退しています。 イタチの体は不治の病に侵されており、サスケと最後の戦いをする時まで無理矢理延命して命を繋いでいました。 なぜそこまでしてサスケに倒されたか、その理由はすべて弟のためでした。 イタチは木の葉での大罪人という立場を利用して、兄弟対決でサスケが勝利すれば「うちは一族を虐殺した大罪人を討った英雄」となること、更にはサスケを追い込み大蛇丸の呪印から解放ができる。 そうイタチは考え、無理をしてでもサスケに倒されたのでした。 その時、イタチはサスケに最後の贈り物をしていました。 それが万華鏡写輪眼の開眼です。 こうして兄弟対決はサスケの勝利で幕を閉じました。 うちはイタチの病気 イタチが患っていた病名は原作では明らかにされていません。 作中では胸を押さえて吐血している描写がありますので、食道や胃・十二指腸から吐血していたであろうことは推測できます。 黒ゼツによると、万華鏡写輪眼の使い過ぎに加え何らかのダメージが加わったということだけが判明しています。 うちはイタチの声優 イタチの声を担当している声優は石川英郎さんという方です。 学生時代は声楽を専攻していましたが、演劇の世界に興味を持ち、大学を退学した後、先生の勧めで声優となったそうです。 元ホストで、声優業界では珍しい経歴の持ち主です。 特に有名者としては、『天才! 志村動物園』のナレーションを担当されており、だれでも一度はその声を聞いたことがあるのではないでしょうか。 うちはイタチの名言・名シーン うちはイタチは影の主人公と呼ばれており、過去の悲劇やその能力の高さなどから名言・名シーンはかなり多いため、厳選してご紹介したいと思います。 ただ、平和であってほしかっただけだったのです。 木ノ葉の上層部の考えや一族のクーデター計画、そして今後の平和はどのようにして成し遂げるべきか…すべてを考慮した上での決断でした。 しかし、サスケだけは殺すことが出来ませんでした。 たった一人残されたサスケを本気で愛していたからこそ、里を抜けてからもサスケの今後を願い、死亡した後のことまで考えていました。 忍としての実力も圧倒的な高さを持ち、平和を愛してやまない弟想いのイタチ。 最高の忍であり、最高の兄貴と言っても過言ではないでしょう。 自身の幸せなど考えもせず弟の幸せを願っていました。 どうかサスケがずっと幸せであることを願わずにはいられません。

次の