桐生リプレイ桐生。 ボートレース桐生の特徴やイベントやアクセス方法など詳細まとめ

【ホロライブ】 スパチャ年商1億円のVtuber「桐生ココ」のスパチャを分析する|おあ|note

桐生リプレイ桐生

バーチャルYoutuber(通称Vtuber)が動画配信中に受け取る投げ銭は スーパーチャット(通称スパチャ)と呼ばれ、Vtuber事業の収益の一つの柱となっている。 で作ったシステムでそのスパチャのログを効率的に取得できるようになった。 そこで今回は ホロライブ四期生の中でも何かと目立つ存在のについて、活動開始から半年間のスパチャを定量的に分析してみた。 このままのペースでいけば スパチャの年商は1億円を超えると予想される。 桐生ココのスパチャが解禁されたのはからなので、実際には四ヶ月ほどで上記の金額を達成したことになる。 動画ごとのスパチャ総額 TOP 3 最もスパチャ総額が多かったのは、収益化開始記念のこちらの配信。 ホロライブメンバーから実に様々なプレゼントを受け取ると同時にファンからも祝福のスパチャが積み上がり、上記の金額となった。 ホロライブ オールスターのような動画で非常に面白いので、スパチャにしか興味がない人も是非見てみてほしい。 アイドルにとって 節目となるイベントはファンにとっても応援したい気持ちが高まるもので、それはVtuberであっても変わらないようだ。 スパチャするユーザーは月あたり3000人〜5000人 配信にチャットを送るユーザーの数と、スパチャを送るユーザーの数を月ごとのグラフにすると上図のようになる。 今では 約46000人がライブ配信でチャットを楽しんでおり、そのうち 約5000人がスパチャをしている。 2月と6月は収益化解禁配信であったり、3Dモデルお披露目配信や誕生日配信があったため、普段よりもスパチャするユーザーが増えている。 普段は2000人〜3000人がスパチャをしており、 大きなイベントがあるとさらに増えて5000人超がスパチャをしているようだ。 スパチャするユーザーは月あたり3000円スパチャを送る スパチャを送った人ごとにスパチャの月額を平均すると上図のようになる。 スパチャを送るユーザーは月あたり3000円前後スパチャしていることがわかる。 桐生ココに関しては2月から徐々に一人あたり金額が増えてきており、応援にお金を払う度合い、いわば ガチ恋度が上昇してきているとみられる。 おまけ: メンバーシップ登録数 メンバーシップ登録者がチャットを書き込むとメンバーバッチが表示される。 チャットに現れたメンバーバッチ所持者の数を月ごと、メンバー継続月数ごとに数えると上図のようになる。 6月時点で7400人のメンバーがいると推定される(メンバー登録していてもチャットに書き込むとは限らないため、推定の値)。 メンバーシップ登録料は約500円なので、500円 x 7400人で 370万円が6月のメンバーシップ収益となる。 (実際には税金でたくさん引かれるので、この場合でも手取りは2000万程度だろうか) 実際の事務所の取り分はわからないものの、多少なりとも裕福な暮らしができそうな金額である。 アイドルは夢を見せる職業だが、同時にアイドルそのものにも夢があってほしい。 その意味でも本人たちがちゃんと稼げていることを祈るばかりだ。 ここまで桐生ココに着目して数字を眺めてきたが、で紹介したとおり、 ホロライブ旺盛の原因は桐生ココだけではない。 次回からはその立役者である三期生について詳しくみていこうと思う。

次の

【ボートレース】大山千広 桐生ヴィーナスシリーズ 全レースリプレイ

桐生リプレイ桐生

ボートレース桐生(桐生競艇場)とは ボートレース桐生は、群馬県のみどり市にある競艇のレース会場で、全国のボートレース場の中で日本最北に位置しており、初めてナイター競走を開催した競艇場としても有名です。 1956年11月8日に競艇レースが初開催され、全国24か所のボートレース場の中では最も遅い開場となります。 近年では、ディズニーランドをお手本としており、来場したお客さんを「ゲスト」、従業員のスタッフを「キャスト」と呼び、クォリティの高いサービスや様々なイベントを実施し、集客力をあげる営業努力をしています。 こうした経営改善とナイターレースの成功などによって、会場内の売上は全国のボートレース場の中でも上位となっています。。 日本初のナイター競走発祥の地 ボートレース桐生は、1997年9月20日に、 日本の競艇場で初めてとなるナイター競走「 アクアンナイト」を開始しました。 2011年5月3日よりナイターレースの名称を「 ドラキリュウナイター」に変更して、冬季を含めた通年でのナイター開催に移行しております。 マスコットは「ドラキリュウ」 ボートレース桐生のマスコットキャラクターは、ドラキュラをモチーフとした「 ドラキリュウ」です。 ドラキリュウは、ゆるキャラグランプリにも毎年エントリーしています。 設定としては、ちょっとクールなモンスターで、紳士として夏でもマントと白の手袋は常に着用しています。 このキャラは強風にも強くて、上州名物のからっ風「赤城おろし」にも対応できるとのことです。 ちなみに、2010年度までの昼間開催が行われていたときは、国定忠治をモチーフにした「 桐生忠太」がマスコットキャラクターでした。 ボートレース桐生(桐生競艇場)の特徴 ボートレース桐生のコース特徴として、ピットから2マークまでの長さが全国有数の長さとなっておりインコースが強いという特徴があります。 ピット離れが良ければインコースに進入することも可能となります。 インコースが強い会場ですので、ピット離れが良くインに入れれば勝利できる可能性が高くなります。 ちなみに、2006年まではインコースが弱いと有名のコースで「マクリ天国」と呼ばれていました。 この問題はコースの1マークをバック側へ5メートルほど移動させた結果に解消されています。 また、全国のボートレース場で最北端に位置しており、空気が少々薄いという特徴もあります。 選手同士の話では、モーターのパワーが大きく影響するコースであるとも言われています。 機力差と体重差が結果に大きく影響するコースとも言えます。 コース水面の特徴 競走水面は沼で、水質は淡水です。 また、冬から春にかけて「赤城おろし」と呼ばれる強い風が吹き、水面が荒れやすいという特徴があります。 比較的、夏は穏やかな水面となります。 また、前述していますが、標高が高く空気が薄い為にモーターのパワーや出足は弱くなる傾向にあります。 レース予想の攻略ポイント ボートレース桐生のコースの特徴として、ピットから小回りブイまでのが非常に長いのと、標高の高さ、冬から春にかけて強風の「赤城おろし」が吹く、そして、モーターのパワーが出しにくくて出足が弱いといった点をあげてきました。 この特徴を踏まえてのレース攻略ポイントをご紹介します。 舟券予想のご参考にしてみてくださいね。 地元のレーサーが有利に ボートレース桐生のコースは全国の競艇場の中でも難水面であるといえます。 艇の出足の調整や強風による荒れた水面での狂いやすいスタートなど、経験値が重要となります。 つまり、地元としてこのコース場を走っている回数が多い、コースに慣れている地元レーサーが有利となります。 機力のあるモーターが有利に ボートレース桐生の水面は沼で水質が淡水です。 さらに標高が高く空気が薄いのでモーターの性能が出しにくいボートレース会場となります。 そのため、モーターの機力差が出やすく、当然のように機力の高いモーターが有利となります。 また、この機力を活かす要素として、体重が軽いレーサーほどバックストレッチでの伸びが良くなります。 レースを予想する際には、モーターの調子の他にも、レーサーの体重なども気にかけてみましょう。 施設の特徴 ボートレース桐生の観覧席ですが、無料の「 アクティブビュー」の一般席や、グループで利用できる有料席の「 ワイワイシート」などの多様な席があります。 ナイター開催時には、レースが始まると照明が消える演出があり、ドラマッチクです。 施設西側のガーデンプレイスは、夜になるとライトアップされるので、若いカップルがデートに使用することも増えています。 そしてなぜかモアイ像も設置されています。 また、フードコートやカフェも充実しており、豊富なメニューとお店の中から好きなものを選ぶことができます。 家族連れも来やすい施設です。 ライブ映像やレース結果のリプレイ ボートレース桐生で開催されるレースは、ライブ映像を生配信しています。 公式ホームページの「 BORT RACE桐生」でライブ映像を確認できます。 スマートフォン版もあり、直接会場に出向けないときでも、外出先でレースをリアルタイムで確認することができます。 また、過去のレースや展示のリプレイもチェックすることができます。 ボートレース桐生の全レースの開催日程はこちらから見ることができます。 SGから一般戦までの各グレードの節が分かりやすく色分けしてあり、モーニングやナイターや女子戦のアイコンもあり非常に見やすくなっています。 ボートレース桐生へのアクセス方法 JR両毛線岩宿駅と東武桐生線桐生駅と阿左美駅、この3つの駅のちょうど真ん中位に位置しています。 JR両毛線岩宿駅からは無料送迎バスが出ており3分ほどで会場まで到着します。 徒歩の場合は15分ほどかかります。 東武桐生線阿左美駅からも徒歩で15分ほどです。 東武桐生線新桐生駅からは往路無料タクシーで5分で徒歩だと30分ほどです。 車で来場する場合も、ドラ・ショップ側、南ウイング側にそれぞれ無料大駐車場があります。 まとめ ボートレース桐生は、全国の競艇場の中で最北端に位置しているボートレース会場です。 恐らくこれ以上北にボートレース場を作っても、冬場に水面が凍ってしまったり、雪で開催が出来ないのかもしれません。 今後温暖化が進んでいけば、東北や北海道にも競艇場ができる可能性もありますね。 ボートレース桐生は、日本初のナイター開催をしたり、ディズニーランドを手本としたサービスの改善などで、経営努力を常にしている点が好感を持てるボートレース場です。 各種さまざまなイベントも実施しており、家族連れやカップルの来客も増加していて、近年では明るく楽しい雰囲気のボートレース場になっています。 お近くの方は是非足を運んでみてください。

次の

桐生競艇 ライブ中継&リプレイ

桐生リプレイ桐生

21歳の時、100メートルで9秒98という新記録を打ち立て、日本人として初めて「10秒の壁」を突破した 21歳の時、100メートルで9秒98という新記録を打ち立て、日本人として初めて「10秒の壁」を突破した 遊びやサッカーを通しスプリンターとしての基礎を固める 日本人の男子100メートルランナーの誰もが彼の背中を追っている。 日本人史上初の9秒台となる9秒98で100メートルを走り抜けた桐生祥秀(きりゅう・よしひで)だ。 1995年12月15日、滋賀県彦根市に生まれた。 少年時代は4歳年上の兄の将希(まさき)さんとともに自然のなかを走り回って遊んだ。 知らず知らずのうちに足が速くなった。 小学3年生の時にサッカーを始め、彦根市のプライマリーサッカークラブに加入した。 快速を買われ、当初はフォワードの一角でプレー。 長めのパスに反応してスペースに飛び出してはゴールを決め、スピードを生かしたドリブルで相手を抜くプレーも得意としていた。 抜群のスピードを誇る桐生少年は「ジェット気流」ならぬ「ジェット桐生」という異名をとった。 初代の「ジェット気流」は兄の将希(まさき)さん。 兄弟そろって韋駄天だった。 小学5年生の時にポジション転向を経験している。 正ゴールキーパーがクラブを退団したため、桐生がゴールキーパーとして起用されることになった。 俊足を生かせないポジションに思えるが、群を抜くスピードを発揮してゴールを守った。 当時の指導者が「出足が早くて、瞬発力がすごかった」と振り返ったこともある。 本格的にゴールキーパーとしてわずか1年目ながら、6年生の時には彦根市選抜に選ばれた。 どのスポーツも「走る」「跳ぶ」「投げる」「打つ」「蹴る」の動作の組み合わせで成り立っているという説がある。 子どものころにさまざまなスポーツをこなしていると、これらの動作の基本能力が高まり、やがて一つの競技を極めることにつながるのだという。 自然のなかで駆け回り、サッカーでフォワードとゴールキーパーをこなした桐生少年は、楽しみながらスプリンターとしての基礎を固めていったと考えていい。 10秒01のタイムをたたき出した「スーパー高校生」 一方で、桐生は「努力の人」だという指摘もある。 本格的に陸上に取り組んだのは彦根市立南中学に入学してから。 兄の影響もあり、陸上部に入部した。 最初から目立った存在ではなかった。 桐生より速い部員はいた。 「ジェット桐生」は、その異名とは対照的に、地道に練習に打ち込み短距離走でじっくりと成長していく。 中学1年生の時は滋賀県大会の決勝には行けなかった。 2年次には近畿大会で2位に食い込み、ジュニアオリンピック陸上競技大会の200メートルでは準決勝まで進出した。 3年次には彦根市民大会で優勝し、全国中学校体育大会に出場。 同大会の100メートルでは準決勝で棄権せざるを得なかったが、200メートルでは当時の中学歴代6位の記録となる21秒61というタイムで2位の好成績を収めている。 3年次には10秒87を記録し、中学生で10秒台を体感している。 高校は京都の洛南高校に越境入学。 陸上の名門校で100メートルでも200メートルでも才能を開花させた。 2年次には100メートルで10秒19というタイムをたたき出し、当時のジュニア日本記録と日本高校記録を更新。 3年次の2013年4月には織田記念陸上大会の100メートルを10秒01で駆け抜けた。 これは当時の日本歴代2位のタイムで、夢の9秒台に肉薄した「スーパー高校生」として一躍脚光を浴びた。 3年次には200メートルで自己ベストとなる20秒41を記録している。 大学3年次にはリオデジャネイロ五輪に出場。 2015年3月にはアメリカの大会で3. 3メートルの追い風参考記録ながら9秒87で優勝を果たしている。 大学3年次の2016年にはリオデジャネイロ五輪に出場した。 山縣亮太(やまがた・りょうた)、飯塚翔太、ケンブリッジ飛鳥とともに体感した37秒60はアジア新記録だった。 翌2017年、日本陸上界の歴史を塗り替える。 9月9日、日本学生陸上競技対校選手権大会の100メートル決勝で9秒98を記録した。 「10秒の壁」を乗り越え、日本人史上初の9秒台スプリンターとして金メダルを手に入れた。 21歳にして日本新記録を樹立した「ジェット桐生」は、しかし2018年以降、やや勢いを弱めている。 同年夏にインドネシアで行われたアジア大会では100メートルと200メートルで代表落ち。 2020年東京五輪に向けた実践の場を逃してしまった。 「10秒の壁」を越えた男は今、別の壁を乗り越えなければならない。 そして「努力の人」でもある桐生は視線を下げてはいない。 アジア大会の代表落ちが決まった直後、小学生を集めたイベントでこう話した。 「タイムだけを見るとシーズンベストが出ているし、段階的にはいい感じにきている。 次の試合や次の次の試合でタイムを出そうという気持ちで練習しています」 日本人の男子100メートルランナーの誰からも追われる重圧をはねのけ、全身全霊をかけて前進を続けるだけ——その先に東京五輪での栄光が見えてくる。

次の