就活 ob 訪問 と は。 就活で行うOB訪問とは?そのメリットと訪問時の注意点

OB訪問のメリット・デメリット! 就活生がOB訪問をするべき理由

就活 ob 訪問 と は

これさえ読めば安心! 就活に効くOB訪問のやり方 興味のある業界、企業に勤める社会人の話を聞きに行くOB訪問。 そのやり方の【決定版】です。 OB訪問を正しく行えば、内定に近づくこと間違いなし。 正しいやり方を学んで、積極的に社会人に会いに行きましょう。 2020. 本格的に選考が始まる前に、多くの就活生が社会人の元を訪れます。 社員の方の就活体験談を参考にするのもよいでしょう。 自分が何に魅力を感じているのか、逆に何に魅力を感じていないのかを要素分解することで、 結果的に自己理解を深めることができます。 選考が本格的に始まったときにも、志望動機や自己PRが的確に伝えられるようになるはずです。 OB訪問を行うことで 会社の雰囲気や 社員の方の人となりを知ることが可能になり、ミスマッチを未然に防げる可能性が高くなります。 OB訪問という機会を積極的に利用してください。 ぜひ参考にして、素敵なOB訪問にしてください。 つまり、2021卒の場合、OB訪問のピークを迎える時期は、 3月と 4月になります。 とりわけ人気の企業はこの傾向が顕著。 OB訪問の開始時期は早くても早すぎることはないので、今すぐにでも動き出しましょう。 以上がOB訪問を早い時期から始める理由です。 後悔することがないよう、早くから動いて納得のいく会社選びをしてください。 まずは社会人とのアポイントのとり方です。 OB訪問のアポイントを取る方法は、 メールを送る方法と 電話をする方法の2つがあります。 感謝の意さえ持っていれば、多少礼儀作法を間違ってしまっても、嫌な思いをさせずに済むはずです。 ここでは、メールの送り方と電話のかけ方を説明します。 まずは、テンプレートを確認してみましょう。 私、就活大学の抹茶太郎と申します。 本日は大学のキャリアセンターの名簿で山田様のことを知り、 ご連絡させていただきました。 お忙しいところ大変恐縮ですが、 何卒よろしくお願い申し上げます。 ------------------------------------------------------- 【大学】就活大学法学部政治学科 【氏名】抹茶太郎 【電話】090-7654-3210 【メール】taro-matcha shukatsu. そのようななかでもメールを見落とされることなく読んでもらうためには、件名を見ただけで要件が分かるように工夫しなければなりません。 みなさんが どこで社会人のメールアドレスを知ったのか必ず明記するようにしてください。 ただなんとなく会いたいというだけでは社会人も相談にのってあげたいとは思わないでしょうし、何より失礼に当たります。 まずはみなさんからできるだけたくさん候補日を提案し、社会人に都合の良い日時を選択してもらうかたちをとりましょう。 電話でのアポは大きく3つのステップに分かれます。 その場合は、自分の所属大学と名前を伝えましょう。 そして会いたい社会人の所属課と名前を伝え、取り次いでほしい旨をお願いしてください。 【具体例】 お忙しいところ恐れ入ります。 このときもメールと同様に、どこで連絡先を知ったのかや、会いたい理由を伝えるようにしてください。 【具体例】 就活大学の抹茶太郎と申します。 キャリアセンターの名簿で鈴木さんを知り、お電話させて頂きました。 現在就職活動を控えており、企業研究にて御社に大変興味を持ちました。 そして仕事のやりがいや大変さなど、ぜひお話を聞かせていただきたいと考えお電話させていただきました。 お忙しいところ大変恐縮ですが、OB訪問のをお時間いただけますと幸いです。 このときも 先に提案するのはみなさん学生です。 マナーと敬意を忘れずに社会人と連絡をとってください。 しかし、残念なことに電話やメールでアポを取ることができない場合も多々あります。 このような課題を解決するのがOB訪問のマッチングサービス、 Matcher マッチャー です。 学生時代頑張ったことをはじめ、ES添削や面接対策に 18,000人以上の社会人が協力してくださいます。 ぜひ社会人に会いに行って、就活の糧にしてください。 準備には、企業のホームページやパンフレットから会社の情報を調べ、どのような業界に属し、どういった業務があるのか調べることが大切です。 社会人にせっかく貴重な時間を取ってもらえるわけですから、 インターネットや書籍ではわからないようなことを聞いてください。 ここでは、OB訪問の時間をより有意義にする、3種類の質問を紹介します。 自己分析や企業研究をするなかで、自分がどのように働きたいか少しづつ分かってくるのではないかと思います。 社風は、会社説明会でも分かりにくいものなので、OB訪問で積極的に質問するようにしてください。 年次の若い人であれば選考体験について聞くことが出来るでしょうし、具体的なアドバイスがもらえるかもしれません。 女性にとって、出産後の復職のしやすさは非常に重要なポイントですが、なかなかオフィシャルな場では聞きづらいと言う方が多いです。 こういう質問こそ、OB・OG訪問でするべきものなので、ぜひ質問してみてください。 1 社会人と接するときのマナーOB訪問で実際に社会人と会うときは、最低限のマナーは必ず守るようにしてください。 当たり前だと思われるかもしれませんが、意外と見落としてしまっている人が少なくありません。 ここでは特に見落としがちなものを3つ紹介します。 オフィシャルな場でないとはいえ、時間をいただくわけですからそれに対する礼儀は必要です。 OB訪問の服装について細かくチェックしたい人は、下記記事を参考にしてみてください。 万が一集合時間に遅れてしまう場合は、遅刻が分かった段階ですぐに社会人に電話をし、遅れてしまうことを謝罪をするようにしてください。 これに対してしっかり感謝の気持ちを伝えることはとても大切です。 また、ごちそうしてもらって当然という態度も禁物です。 会計の前に、「おいくらですか?」と聞くなど、お金を払う意思があることを伝えるようにしてください。 緊張と質問しなければならないという焦りで、コミュニケーションが上手に取れなくなってしまうのです。 また、かしこまりすぎるのも円滑なコミュニケーションを阻害してしまいます。 会話が弾んで少しフランクになるくらいであれば、マナー違反ではないので、過度に気を遣っている様子を見せないようにしましょう。 まずは下のお礼メールのテンプレートを読んでみてください。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 ------------------------------------------------------- 【大学】就活大学法学部政治学科 【氏名】抹茶太郎 【電話】090-7654-3210 【メール】taro-matcha shukatsu. jp ------------------------------------------------------- 上記のお礼メールで押さえるべきポイントは3つあります。 1 できるだけ早くお礼メールを送るOB訪問のお礼メールは、 できるだけ早く送るようにしましょう。 早く送ればそれだけ律儀な印象になりますし、みなさんのことを覚えている状態でお礼のメールを読んでもらうことができます。 遅くても、翌日の午前中までには送るようにしてください。 」と書いていますが、この文章のように、 OB訪問を通して何を学んだのか必ず書くようにしましょう。 これはOB訪問に限らず社会に出てからも必要になるマナーなので、これを機会に覚えてください。

次の

【就活生要チェック】OB訪問で聞いておきたい質問リスト25問|評価を下げてしまうNG質問の内容もご紹介

就活 ob 訪問 と は

就職活動のOB訪問。 やったほうがいいとはよく聞くけど、結局、「どんなメリットがあるの?なぜやらなきゃいけないの?」と感じている人も多いのではないでしょうか? そこで、OB訪問とは何なのか?どんなメリットがあるのか?いつまでにやるべきか?等、就活生の疑問に答えていきたいと思います。 OB訪問とは何か OB訪問とは何か。 単純にいえば、大学のOB・OGに会い、仕事の内容を詳しく質問することです。 ただ、この理解だとOB訪問の本質がつかめません。 OB訪問とは、就活においてどのような位置づけなのでしょうか? OB訪問は、志望動機の材料の宝庫 OB訪問の一番のメリットは、志望動機の材料が見つかることです。 OB訪問をしていない人は、紙の資料からしか志望動機をつくることができません。 しかし、OB訪問をしていれば、実際に働いている人の実感を交えた志望動機がつくれます。 どちらが説得力があるかは、言うまでもないでしょう。 OB訪問をすれば、ピントのあった自己PRができるようになる 就活生の中には、一生懸命ピントのはずれた自己PRをしている人がいます。 たとえば、論理的な考え方を重視する企業で、「私は人見知りしません!」などとアピールしてしまっているのです。 OB訪問をすれば、この問題は解決できます。 OB訪問で「この会社で活躍している人は、どんな資質を持っていますか?」「どんな考え方の人がこの会社で成功すると思いますか?」など、現場で働いている人に会社で必要な能力を聞けばいいのです。 次に、その能力を自分が持っているかどうか検証、その能力を証明するエピソードを用意し、自己PRをつくります。 こうすれば、会社が求めている能力をあなたが有していることを的確にアピールできるのです。 このように、OB訪問は、会社に響く自己PRをつくるのに欠かせない役割があるのです。 OB訪問は面接の予行練習 どんな調査でも、企業が学生に求めている能力第一位は「コミュニケーション能力」です。 このコミュニケーション能力は、ビジネスのシーンで円滑な意思疎通ができるか?ということ。 面接官は会話を通して、学生がコミュニケーション能力を持っているかチェックします。 OB訪問では、社会人と長時間会話することになります。 相手の反応を見ながら、質問を選んだり、会話を掘り下げたり……これらの経験はビジネスコミュニケーションの練習になるでしょう。 また、社会人との会話自体にも慣れるので、面接でむやみに緊張することもなくなります。 OBの探し方 OB・OGは以下の方法で探すことが出来ます。 「大学に志望企業のOBがいない」と諦めずに、様々な方法を試してみましょう。 OB訪問の時期はいつまでにやるべきか では、OB訪問はいつまでにやるべきなのでしょうか?2016年卒以降は、面接が8月解禁です。 ただ、面接に進む学生を選ぶ書類選考は5月から始まります。 だから、OB訪問は遅くとも、4月中には済ませておきましょう。 OB訪問で得た材料を使って、より濃い内容のエントリーシートを書くためです。 3月中に入念に企業研究を行い、予備知識を身につけた上で、4月にOB訪問をするのがベストでしょう。 OB訪問をしないでも内定はとれるか? OB訪問をしなくても、内定はとれる 「じゃあ、OB訪問をやらないと内定がとれないの?」と不安になっている方もいるでしょう。 もちろん、OB訪問をしないでも内定はとれます。 ほとんどの企業では、OB訪問は選考に関係がありません。 OB訪問は、あくまで「就活生に会社を知ってもらうため」にやっているだけです。 ただ、OB訪問をすれば、自己PRや志望動機を磨き上げられます。 志望順位の高い企業(5位まで)はやっておくのをオススメします。 一部の企業では、OB訪問が必須 なお、総合商社や金融機関の中には、エントリーシートの設問項目に「OB訪問はしましたか?」という設問項目があるところがあります。 OB訪問をしていないと、面接官にそのことがわかってしまうのです。 OB訪問をしていないのに「御社が第一志望です」といっても、あまり説得力がないですよね。 みんなの就職活動日記で昨年度のエントリーシートの設問を調べられます。 志望企業の設問に「OB訪問をしましたか?」があるか、チェックしてください。 設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。 これは、私がテストした時の診断結果です。 この通り、かなり詳しく教えてくれます。 偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。 OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

次の

新型コロナ:OB訪問や説明会…機会激減 コロナで売り手市場一変 :日本経済新聞

就活 ob 訪問 と は

就職活動のOB訪問。 やったほうがいいとはよく聞くけど、結局、「どんなメリットがあるの?なぜやらなきゃいけないの?」と感じている人も多いのではないでしょうか? そこで、OB訪問とは何なのか?どんなメリットがあるのか?いつまでにやるべきか?等、就活生の疑問に答えていきたいと思います。 OB訪問とは何か OB訪問とは何か。 単純にいえば、大学のOB・OGに会い、仕事の内容を詳しく質問することです。 ただ、この理解だとOB訪問の本質がつかめません。 OB訪問とは、就活においてどのような位置づけなのでしょうか? OB訪問は、志望動機の材料の宝庫 OB訪問の一番のメリットは、志望動機の材料が見つかることです。 OB訪問をしていない人は、紙の資料からしか志望動機をつくることができません。 しかし、OB訪問をしていれば、実際に働いている人の実感を交えた志望動機がつくれます。 どちらが説得力があるかは、言うまでもないでしょう。 OB訪問をすれば、ピントのあった自己PRができるようになる 就活生の中には、一生懸命ピントのはずれた自己PRをしている人がいます。 たとえば、論理的な考え方を重視する企業で、「私は人見知りしません!」などとアピールしてしまっているのです。 OB訪問をすれば、この問題は解決できます。 OB訪問で「この会社で活躍している人は、どんな資質を持っていますか?」「どんな考え方の人がこの会社で成功すると思いますか?」など、現場で働いている人に会社で必要な能力を聞けばいいのです。 次に、その能力を自分が持っているかどうか検証、その能力を証明するエピソードを用意し、自己PRをつくります。 こうすれば、会社が求めている能力をあなたが有していることを的確にアピールできるのです。 このように、OB訪問は、会社に響く自己PRをつくるのに欠かせない役割があるのです。 OB訪問は面接の予行練習 どんな調査でも、企業が学生に求めている能力第一位は「コミュニケーション能力」です。 このコミュニケーション能力は、ビジネスのシーンで円滑な意思疎通ができるか?ということ。 面接官は会話を通して、学生がコミュニケーション能力を持っているかチェックします。 OB訪問では、社会人と長時間会話することになります。 相手の反応を見ながら、質問を選んだり、会話を掘り下げたり……これらの経験はビジネスコミュニケーションの練習になるでしょう。 また、社会人との会話自体にも慣れるので、面接でむやみに緊張することもなくなります。 OBの探し方 OB・OGは以下の方法で探すことが出来ます。 「大学に志望企業のOBがいない」と諦めずに、様々な方法を試してみましょう。 OB訪問の時期はいつまでにやるべきか では、OB訪問はいつまでにやるべきなのでしょうか?2016年卒以降は、面接が8月解禁です。 ただ、面接に進む学生を選ぶ書類選考は5月から始まります。 だから、OB訪問は遅くとも、4月中には済ませておきましょう。 OB訪問で得た材料を使って、より濃い内容のエントリーシートを書くためです。 3月中に入念に企業研究を行い、予備知識を身につけた上で、4月にOB訪問をするのがベストでしょう。 OB訪問をしないでも内定はとれるか? OB訪問をしなくても、内定はとれる 「じゃあ、OB訪問をやらないと内定がとれないの?」と不安になっている方もいるでしょう。 もちろん、OB訪問をしないでも内定はとれます。 ほとんどの企業では、OB訪問は選考に関係がありません。 OB訪問は、あくまで「就活生に会社を知ってもらうため」にやっているだけです。 ただ、OB訪問をすれば、自己PRや志望動機を磨き上げられます。 志望順位の高い企業(5位まで)はやっておくのをオススメします。 一部の企業では、OB訪問が必須 なお、総合商社や金融機関の中には、エントリーシートの設問項目に「OB訪問はしましたか?」という設問項目があるところがあります。 OB訪問をしていないと、面接官にそのことがわかってしまうのです。 OB訪問をしていないのに「御社が第一志望です」といっても、あまり説得力がないですよね。 みんなの就職活動日記で昨年度のエントリーシートの設問を調べられます。 志望企業の設問に「OB訪問をしましたか?」があるか、チェックしてください。 設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。 これは、私がテストした時の診断結果です。 この通り、かなり詳しく教えてくれます。 偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。 OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

次の