悪役令嬢は引きこもりたい。 悪役令嬢は引き籠りたい~転生したら修羅場が多い~

次にきそうな異世界系マンガ 悪役令嬢系などなど <随時更新>

悪役令嬢は引きこもりたい

悪役令嬢モノが好きなあなたに。 王道悪役令嬢モノを楽しみませんか? 星月夕日 主人公アリーヤはある日、落馬してしまった。 だが、彼女を心配する者はいない。 彼女は俗に言う『悪役令嬢』だから……。 そんな彼女は落馬してから二日後に目を覚ました。 彼女は思い出した。 昔の自分、つまり前世の自分を……。 「……ん?よくよく考えたらここ、私が前世の時にプレイしていた乙女ゲームじゃない?」 そう考えた彼女は今までの償いも含めて知識チートを使って引きこもることにした。 そんな彼女を見た、彼女の父親は「大丈夫か?」と余計な心配をする。 ……いいのよ。 私は貴族の生活とか内政とかに興味など無いのだから。 だが、ここは異世界。 引きこもってなどいられないのだ。 伯爵令息、公爵令息などの美少年達が改心した彼女に惹かれて急接近して来る。 ……あげくの果てには王太子まで!? 「私はただ引きこもりたいだけ なのに。 ……お願いだから一人にさせてよ。 」 これは、前世の記憶を取り戻した悪役令嬢と改心した彼女に惹かれた少年達の物語。 この小説は、小説家になろう様、カクヨム様、アルファポリス様でも投稿させて頂いています。 …続きを読む.

次の

引きこもり令嬢 小説家になろう 作者検索

悪役令嬢は引きこもりたい

アイリス大賞6金賞受賞に伴い、一迅社様にて書籍化の話が進行中です。 ありがとうございます。 元は『悪役令嬢は引き籠りたい~転生したら修羅場が多い~』です。 6月に名前を変更しました。 中身は変わってないです。 こうなったら、私を溺愛するお父様にお願いして領地に引きこもって徹底的にやり過ごして見せる! 王子もヒロインもしるものかー! 領地に引きこもりながら残虐行為からは一切距離を取りつつ、死亡フラグ=攻略対象者を餌付けしたり、可愛がったり、自分勝手に生活を魔改造しながら、悠々自適な有閑貴族としてヒキニート令嬢として暮らしていくが・・・・あれ? なんだか周りの様子がおかしいぞ? 前半はコメディ多め、後半シリアス入ります。 ハピエン予定です。 ミア・サムフォード(21)とレイン・サムフォード(27)の兄妹は、突然両親が亡くなり、財産のほとんどを手放すことになり、サムフォード男爵家が代々商っていた店の権利もなくしてしまった。 ついでにミラはいけ好かない奴から、生活の援助をちらつかせて 求婚されている。 レインはこの10年、仕事は手伝えど引きこもり状態。 そしてミアは特に仕事などしても来なかった。 二人だけの生活は不安しかない。 だが、がらんどうの部屋で、ミアが宣言した。 「婚約破棄された令嬢たちに結婚をあっせんする仕事を思いついたの!」 その思い付きから、兄妹の思ってもみない方向へ話が転がっていく。 家の存続を掛けた物語……になるはずが、魔王と呼ばれている公爵令嬢がやって来て、予想外の展開に。 そしてとうとうやって来た暫定一人目の悪役令嬢。 口を開けば嫌味と悪口しか出てこないこの令嬢。 ミアが選んだ見合い相手は……。 「このまま家には帰さない。 覚悟はいいな?」 気づいたら異世界の令嬢でした! 何もないところで転ぶようなドジな伯爵令嬢・リーゼロッテは、領地のお屋敷に閉じこもりで引きこもりな深窓の令嬢生活を送っていた。 使用人たちから『妖精姫』と慕われ る一方、リーゼロッテは『悪魔の令嬢』と噂され!? 日本で生まれ育った知識がありながら、チートなんてみじんも発生する様子もなく、自由度ゼロの毎日に、脳内突っ込みをいれつつ過ごしていたけれど……。 リーゼロッテが十四歳のある日、王城からお茶会の招待状が。 王妃様主催のお茶会だけど、その実、女嫌いの王太子殿下のお見合い大会。 あと、赤髪赤目でお願いします!」 転生時の願いが叶い、夢の快適インドア生活を送るルシア・アシュリー。 王都で雑貨屋を営む引きこもり一家に産まれ、平和に過ごしていたある日。 一家にとって予期せぬ事態で、どういうわけか貴族へと取り立てられてしまう。 「話が違うよ神様!出世も身分もいらないって言ったよね!?」 ……前世・地球で好んでいた作品に、こんな理想通りの赤髪赤目のキャラはいなかった。 じゃあ私はモブに違いない! と思っていたルシアだったが、頭をぶつけた拍子に蘇ってきた記憶は………… 「間違いない!この世界は、そしてこの私は……!」 こうなったら領地を住みやすく改革しよう。 学園では主人公たちに関わらず、恋愛もせず。 領地を私達にとって最適な土地へ! 男爵令嬢の領地リゾート化計画が始まる! 〜永久に引きこもって暮らせる領地に〜 とある深い森の中に佇む、灰色の館。 そこには一人の女と、その部下達が暮らしていた。 彼女は人々から【引きこもりの魔王】と呼ばれていた。 街から追い出されて以降、来る日も来る日も森の奥で引きこもって乙女ゲームで遊んでいる。 そんなある日、 勇者が魔王の元にやってきた。 「魔王、貴女を捕らえ、断頭台に上って頂きます」 「はーはっはっは! 私を処刑しようとは、いい度胸だ!」 結局勝負が付かず、何度も訪れる勇者一行。 言葉を交わしていくうちに、魔王は次第に勇者の来訪が楽しみになっていく。 しかし、そんな日々は突然、終わりを迎えたのだった。 まばゆい光に包まれ、魔王は体を失い……命を落としだのだ。 公爵家の娘として暮らしてきたロッセーラは、その魔王と呼ばれていた前世を思い出した。 彼女の状況は、さんざん遊んだ「乙女ゲーム」の世界と酷似している。 もしも乙女ゲームと同じなら、ロッセーラの立場は悪役令嬢。 いずれ、破滅する結末が待っている。 追い打ちを掛けるように、ロッセーラを尋ねて突然、第二王子がやってきた。 王子はロッセーラの前世を知っているのだという。 「もし王国を狙う敵が現れたら、私と共に戦ってくださると助かります。 元魔王と元勇者が力を合わせれば、無敵だと思うのです」 彼の正体は、ロッセーラが前世で戦った勇者だったのだ。 元魔王と元勇者。 二人は、共闘を誓い、関係を深めていく。 俺と共に国の未来を掴もうぞ?」 引きこもり魔女アーリアは師匠の屋敷を訪ねた先で、師匠を脅迫する怪しい集団と遭遇する。 咄嗟に師匠の危機だと判断したアーリアだったが、持ち前のどん臭さに加えて空回りの言動の末、魔導士に呪いをかけられ、『声』を封じられてしまう。 しかも、頼りにしていた師匠からは見放されーー身代わりとして囮とされた挙句、屋敷から放り出されてしまい、そのまま魔導士とその手下の獣人たちに追われるハメになってしまった! 『嘘ぉ!お師さまのバカァ……!』 逃走旅の最中に遭遇した獣人の騎士。 敵であるはずの獣人や味方となった獣人騎士からの意味深な言動の数々に、恋愛能力ゼロのアーリアもついうっかりトキメイテしまう事もあって……。 またまたトラブルに巻き込まれたアーリアは北の帝国エステルで俺様皇太子や悪役令嬢に振り回されます。 彼らは『東の塔』と『塔の魔女』を守護する任を任された騎士たちであった。 読み進み型の異世界ファンタジー小説です。 だが、唯一の肉親である祖父の死にショックを受けて、高校を登校拒否し引きこもりになっていた。 ある日、コンビニに行く途中、女神ケレスのミスで次元震に巻き込まれて 死亡してしまう。 女神ケレスは、お詫びに相葉ナギに【食神の御子(しょくしんのみこ)】というチートスキルを与える。 だが、地球に帰還することは許されず、相葉ナギは異世界フォルセンティアに転移して、生活することになった。 フォルセンティアは剣と魔法のファンタジーな世界。 文明レベルは中世末期のヨーロッパ程度。 邪悪なモンスターに、戦争、疫病、奴隷制度、あらゆる災厄に満ちた世界。 やがて、ナギは大精霊レイヴィアや、奴隷のシルヴァン・エルフの美少女セドナ(10歳)と出会う。 【食神の御子】のスキルは、料理して食べた相手の能力を消化、吸収し、自分の【力】にかえる無双のチートスキル。 しかも、料理の腕前はプロ並みになるというもの。 やがて、相葉ナギは、女神ケレスと軍神オーディンの力を手に入れる。 最強の【冒険者】にして【料理人】。 相葉ナギの波瀾万丈の冒険譚、開幕!****【毎週日曜日の朝7時に更新いたします】 バトルアクション、笑い、萌え、エロス、少し、ほんわかする話。 色々な要素をミックスしております。 少しでも、笑えて、楽しんで頂けたら、嬉しく思います。 読んで下さっている皆様、ありがとうございます。 *********** 『ブックマーク登録、評価、ありがとうございます。 読んで下さっている方々に、心から感謝申し上げます』 高校受験を控える頃に やかましく近くに引越しをして来た金持ち家族がいた。 おかげで大事な勉強の時間は作業用BGMの度を越した騒音と共にあり、 晴れて県立の学校に落ちることになった俺は行きたくもない私立に行く羽目になった。 更に運の悪い事 にその家の娘が同じ学校で、 家も近ければクラスも同じの上に席が近いことも判明する。 それでそいつがどんな奴かと思って待ち受けるが、 待てども待てどもその女が登校してくることは無かった。 そうしてそいつに放課後、連絡プリントを届け続ける役を背負っていたら いつの間にかに俺はそのご令嬢にお気に召されてしまったらしい。 (スマホで読みやすい、ほぼ一話一話が1000~2000字構成となっております。 ) 私の姉は人見知りで引きこもりのゲーマーだった。 姉がはまっていたゲームの格闘対戦相手はほとんど私。 姉の影響で、私は少年漫画も少女漫画も 恋愛シミュレーションゲームもたしなむ高校生に成長していた。 そんな私は高校生最 後の夏休み中に家族で行った海で溺れてしまったのだ。 ーー ーーーー 私は、ラドレス公爵令嬢サリエル・ミューラ。 物心ついた時には断片的に体験したことのない記憶があった。 そして成長するうちに確信に変わっていった。 私は前世で行なっていた恋愛シミュレーションゲーム 悪役令嬢サリエル・ミューラとして転生しており、 辿る道は ・身分剥奪の上追放 ・死亡 この二択である事を。 前世の私は若くして死んだのにあんまりだと思わないだろうか。

次の

悪役令嬢、王子とお茶をする

悪役令嬢は引きこもりたい

主人公アリーヤはある日、落馬してしまった。 だが、彼女を心配する者はいない。 彼女は俗に言う『悪役令嬢』だから……。 そんな彼女は落馬してから二日後に目を覚ました。 彼女は思い出した。 昔の自分、つまり前世の自分を……。 「……ん?よくよく考えたらここ、私が前世の時にプレイしていた乙女ゲームじゃない?」 そう考えた彼女は今までの償いも含めて知識チートを使って引きこもることにした。 そんな彼女を見た、彼女の父親は「大丈夫か?」と余計な心配をする。 ……いいのよ。 私は貴族の生活とか内政とかに興味など無いのだから。 だが、ここは異世界。 引きこもってなどいられないのだ。 伯爵令息、公爵令息などの美少年達が改心した彼女に惹かれて急接近して来る。 ……あげくの果てには王太子まで!? 「私はただ引きこもりたいだけなのに。 ……お願いだから一人にさせてよ。 」 これは、前世の記憶を取り戻した悪役令嬢と改心した彼女に惹かれた少年達の物語。 感想は絶対に返信します。 最後まで読んでくださり、誠にありがとうございます。 2019.

次の