四国 旅行 おすすめ。 四国に行くなら何泊必要?エリア別おすすめ旅行日数

家族で行きたい!“四国”の子どもが遊べるおすすめ観光スポット30選

四国 旅行 おすすめ

626,019アクセス• 私は以前高松に住んでいて、その後も西日本の中を3度の転勤で動いてますが、高松の時は本州から友人や家族親戚が遊びに来てくれたり、高松を出てからもうどん人気やETC割引や龍馬人気もあったりで、今度は逆に四国に連れて行ったりで、この7年程で30組以上をアテンドしました(それ以外にも仕事絡みで訪れたり、自分は行かなくてもアドバイスを求められたりと、相当数四国と関わっています)。 最初、高松に住み始めた頃は、何処に連れて行ったらいいのか、凄く悩みました。 来る友人達は自分が育った関東からが主なので、名所にしてもグルメにしても、関東近辺ならそこら中にありそうなものばかりで、遥々来てくれる友人が喜んでくれそうなものって何があるのかと(7年前はうどんブームの前です。 でも、うどんは有名でした)。 そして、色々試行錯誤して、行き着いたのはやっぱり「うどん」と「かつお」でした。 この2つは、間違いなく四国にしかないもので、皆が一番喜んでくれました。 基本的に1泊2日で行く事が多いので、これで、1日目の昼に「うどん」、晩は高知に泊まり「かつお」という軸が決まり、後はアテンドした人の反応などを見ながら尾ひれ背びれを付け替え、何となく自分なりのベストな「1泊2日四国旅行」が出来上がりました。 という事で、前置きが長くなりましたが、今回は今年4月に行った旅行をベースに、その時は時間の都合等で行かなかった場所なども含めて、これがベストな「1泊2日四国旅行」というのを投稿(ご提案)させて頂きます。 また、ある程度主観は入りますが、その辺りはご了承頂けたらと思います。 【まだある寄り道ガイド】 或いは、こんぴらさんを早めに出て、「脇町」という手もあります。 こんぴらさんからは1時間ほど。 通り道からは30分程ずれます。 ここは、うだつの町並みと言って、江戸時代の町並みを残すエリアです。 ちなみに「うだつ」とは、民家の前の壁のようなもので、防火用の役目や、または装飾を凝らしたりと、この壁の立派さや高さ(値段じゃなく背)が裕福の象徴だったらしい。 うんちくが長くなりましたが、そんな街です。 全国各地にもあるものと一緒で、ややこじんまりしてますが、割と綺麗に残っています。 町並みを見ながら、ぷらぷらにはよいかと思います。 途中に、雰囲気のいい喫茶店もあります。 写真ははりまや橋。 札幌時計台とともに日本三大がっかり(あと1個は長崎の眼鏡橋、オランダ坂、沖縄の守礼門等諸説あります)に仲間入りする程の観光名所です。 ---------------------------------------- という事で、前編はここまでになります。 【寄り道ガイド】も含めて、僕が案内した友人や家族親戚たちに評判が良かったものの中から、ある程度広い世代、広い嗜好に対応出来るよう、自分なりに精一杯記憶を辿りながら書かせて頂きました。 後編では、もう1つの柱「カツオ」を含めた高知の夜と、2日目に訪れたいスポットについて書いておりますので、興味のある方は下記にて引き続きご覧頂けたら幸いです。

次の

四国旅行のモデルコース私流のおすすめはコレ!格安レンタカー付き

四国 旅行 おすすめ

626,019アクセス• 私は以前高松に住んでいて、その後も西日本の中を3度の転勤で動いてますが、高松の時は本州から友人や家族親戚が遊びに来てくれたり、高松を出てからもうどん人気やETC割引や龍馬人気もあったりで、今度は逆に四国に連れて行ったりで、この7年程で30組以上をアテンドしました(それ以外にも仕事絡みで訪れたり、自分は行かなくてもアドバイスを求められたりと、相当数四国と関わっています)。 最初、高松に住み始めた頃は、何処に連れて行ったらいいのか、凄く悩みました。 来る友人達は自分が育った関東からが主なので、名所にしてもグルメにしても、関東近辺ならそこら中にありそうなものばかりで、遥々来てくれる友人が喜んでくれそうなものって何があるのかと(7年前はうどんブームの前です。 でも、うどんは有名でした)。 そして、色々試行錯誤して、行き着いたのはやっぱり「うどん」と「かつお」でした。 この2つは、間違いなく四国にしかないもので、皆が一番喜んでくれました。 基本的に1泊2日で行く事が多いので、これで、1日目の昼に「うどん」、晩は高知に泊まり「かつお」という軸が決まり、後はアテンドした人の反応などを見ながら尾ひれ背びれを付け替え、何となく自分なりのベストな「1泊2日四国旅行」が出来上がりました。 という事で、前置きが長くなりましたが、今回は今年4月に行った旅行をベースに、その時は時間の都合等で行かなかった場所なども含めて、これがベストな「1泊2日四国旅行」というのを投稿(ご提案)させて頂きます。 また、ある程度主観は入りますが、その辺りはご了承頂けたらと思います。 【まだある寄り道ガイド】 或いは、こんぴらさんを早めに出て、「脇町」という手もあります。 こんぴらさんからは1時間ほど。 通り道からは30分程ずれます。 ここは、うだつの町並みと言って、江戸時代の町並みを残すエリアです。 ちなみに「うだつ」とは、民家の前の壁のようなもので、防火用の役目や、または装飾を凝らしたりと、この壁の立派さや高さ(値段じゃなく背)が裕福の象徴だったらしい。 うんちくが長くなりましたが、そんな街です。 全国各地にもあるものと一緒で、ややこじんまりしてますが、割と綺麗に残っています。 町並みを見ながら、ぷらぷらにはよいかと思います。 途中に、雰囲気のいい喫茶店もあります。 写真ははりまや橋。 札幌時計台とともに日本三大がっかり(あと1個は長崎の眼鏡橋、オランダ坂、沖縄の守礼門等諸説あります)に仲間入りする程の観光名所です。 ---------------------------------------- という事で、前編はここまでになります。 【寄り道ガイド】も含めて、僕が案内した友人や家族親戚たちに評判が良かったものの中から、ある程度広い世代、広い嗜好に対応出来るよう、自分なりに精一杯記憶を辿りながら書かせて頂きました。 後編では、もう1つの柱「カツオ」を含めた高知の夜と、2日目に訪れたいスポットについて書いておりますので、興味のある方は下記にて引き続きご覧頂けたら幸いです。

次の

四国旅行 JR四国ツアー(駅コミ)

四国 旅行 おすすめ

お客様がお使いのブラウザは、JavaScriptの設定が無効になっております。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。 以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 JavaScriptの設定方法 Internet Explorerの場合• Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。 「インターネットオプション」画面の「セキュリティ」タブを選択。 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。 Firefoxの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Chromeの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Safariの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 更新日:2020年7月14日 トラベルコのWebサイト及びアプリは、以下を閲覧推奨環境としております。 閲覧推奨環境以外をご利用の場合には正常な動作を保証いたしかねます。 恐れ入りますが、以下いずれかの環境でサイトをご利用くださいますようお願いいたします。 上記以外のブラウザ(Opera等)は、一部サービスで正常に表示されない場合があります。

次の