スロー ジギング リール。 必見!!スロージギング安くて使えるロッドやリール。初心者が揃えたい道具!!

ジギングベイトリールの選び方とおすすめリール

スロー ジギング リール

『』 『』 スロージギング専用リールに妥協は厳禁! スロージギングは、オフショアフィッシングの中でも大変ハードなジャンルになります。 アングラーにとってもですけど、ここではリールに対してハードという意味です。 だって、200gを超えるようなヘビージグを、ゴリゴリ巻き上げているわけですよ? シーバスを狙うキャスティングミノーが16~28gくらいだと考えるとその重量感は想像できるはず。 さらに、掛かってくる魚は極小から特大サイズまで様々! それを船の真下から巻き上げるには、強靭なギアシステムとギアの質が求められます。 ですので、スロージギング専用リールに求められるファクターは 超一級品のものに限られてしまうんですね。 そして、良い機能を搭載したリールは値段も上がってしまいますよね? 当然かもしれませんが、スロージギング専用リールは値段が高ければ高いほど、その性能は優れています。 スロージギングを始めるなら、リールに値段が張ってしまうことは覚悟してください。 しかし、長期的な目で見れば、必ず値段に応じたメリットがあるので安心してください。 スロージギング専用リールに求められるハードル スロージギングを本格的に始めたい スロージギングの楽しさを味わいたい とお考えであれば、スロージギング専用タックルの購入を奨励します。 最大ドラグ力7㎏以上であること 最大ドラグ力は 最低7kg以上は欲しいところ。 スロージギングでは小型回遊魚から大型根魚、大型青物など幅広い魚種が狙えます。 最大ドラグ力が大きければ大きいほど、汎用性が高くなります。 ハンドル1回転の巻き上げ量が90cm以上であること ハンドル1回転の巻き上げ量にもこだわってください。 最低でも90cm、できれば 95cm以上が理想。 スロージギングは、1ピッチ1ジャークが基本です。 スロージギングでも、ジグを大きく飛ばすことはあります。 魚の活性に合わせてジグの飛ばす幅を小さくすることもあります。 上記のハードルをクリアしているリールはこちら 格安のスロージギングリールを買うと大損するワケとは? 格安のベイトリールというと、どれくらいの値段を想像しますか? 私の知る限り、新品の 2万円以下で購入できるベイトリールに スロージギング専用リールはありません。 スロージギング専用リールに求められる条件はかなり高いです。 これらのハードルを満たしているリールは、どれも最新技術を搭載したものなので自然と値段は上がってくるのです。 もし、2万円を下回るスロジギリールがあれば、先ほど挙げた条件を満たしているか注意してください。 1度の使用で、リールのごろつきが出たりします。

次の

スロージギングリールの選び方|人気機種を厳選!おすすめリールランキング

スロー ジギング リール

先日、ハピネスで乗合になった時に隣の釣り客の兄さんとジギング談議になりました。 普段はアルバトロスに乗っているそうなので、さすがに詳しかった。 乗合の良いところは、釣り客同士で情報交換できるところ。 たまに気難しい方も居ますが(汗)、だいたいは気の良い釣り仲間。 釣りの話題になると止まりません(^^) パワーギアとハイギア その方とパワーギアとハイギアどちらが良いか?と、使用リールの話題に。 使っているリールはステラの6000PGと、6000HG。 パワーギアとハイギアの両持ちでした。 私の持っているリールはツインパワー6000HG、アセレーション6000HGとハイギアのみ。 最初にハイギアを買って、その後に釣具屋さんからパワーギアを薦められて買ったそうです。 やはりパワーギアは重いジグを付けた時の巻き取りが楽との事。 ブリとのやり取りもパワーギアの方が楽だと。 バーチカルな釣りではハイギアを使わなくなったと仰ってました。 う~ん、かなりパワーギアに心惹かれます(^^;) 実際に使わしてもらいました 実際に使わせてもらったのですが、ステラってのもあって確かに巻き取りも楽だし、ハイギアと変わらなく高速巻きできる。 ってかステラが欲しい(笑) チャリンコで例えると、坂道を軽いギアか重いギアで走るような違い。 パワーギア(軽いが遅いギア)=ボトム(坂道)から登る。 そりゃ楽だ。 ハイギア(重いが速いギア)=ボトム(坂道)からではしんどい…orz その逆で考えると、キャスティングなど水面近くを動かすのはハイギアが有利か。 パワーギア(軽いが遅いギア)=水面近く(平道)だと中々進まん…orz ハイギア(重いが速いギア)=水面近く(平道)だと楽々快適。 ただ… バーチカルでパワーギアを巻くのがしんどいって言うなら最初からジギングなんかするな!って怒られそうですが(汗)、日本海の釣りは8時出船の17時上がり。 時間が長くてしんどいんです(><) 若い子やしょっちゅう行って慣れてる人は良いですが、特に壮年期を過ぎた方や女性などは最初の1本のリールはパワーギアをオススメしたいですね。 巻き取り量を比較してみる ステラ6000HGのハンドル1回転の巻き取り量が103mm、6000PGが83mmと20mmの差があります。 って事は1回転で2cm、10回転で20cm、100回転で2m、1000回転で20m。 さすがに1000回転で20mも差がつくとハイギアが有利かなぁ… って思いますが、実際1回の落としこみでどれぐらい回してるんやろ? 単純に計算して100mを巻き上げるのに対してハイギアは約970回転、パワーギアは約1200回転。 その差が約230回転で巻き取り差は約4m60cm。 同じ力で巻き上げると、100mでハイギアだとジグを回収した時に対し、パワーギアはリーダーほどですね。 ま、単純な計算ですが、ポイント移動時にメタルジグを回収する事に関してはそれほど差が感じらず、むしろパワーギアの方が楽と言えるかも。 訂正しておきます。 単位がcmになると、1回転で20cmの差があり、10回転で2m、100回転では20mもの差が出ます。 これにより、パワーギアは巻いていても思ったより速くジグが動いていない事が分かります。 しかし腕が楽なので回転率は良くなり、後半戦もバテずにしっかりハンドルを巻けます。 魚を掛けてからの勝負も楽。 早巻きでしか食って来ない時はハイギアじゃないとパターンが合わず苦戦する事もあるでしょう。 その時のパターンによって使い分けが必要になりそうです。 肝心なのは… 一番肝心なのは、パワーギアであれハイギアであれ、高速で巻いて青物にしっかりとジグを追わせ、大きくジャークした時にメタルジグがロングフォール状態になって食うタイミングを作れるか、です。 日本海の深場ではしっかり巻いて勢いをつけてジャークしないとジグが動きませんから。 このポイントだけ頭に入れて自分の使いやすい方のリールを選ぶと良いと思います。 それで200gのジグを底から巻いてシャクってくるのでパワーギアが圧倒的に楽で使いやすい。 ハイギアと2本出しで体験するとその違いがよく分かります。 巻き重視のバーチカルなジギングはパワーギアをオススメします。 逆にキャスティングはハイギアがオススメ。 巻き取りが多い方が水面のプラグやルアーを操りやすく、糸フケもすぐ取れる。 ジギングはパワーギア。 キャスティングはハイギア。 ここは前述通り、パターンによって使い分けが必要。 早巻きでしか食ってこない時はハイギアで速く巻いてしっかりジグを追わせてから食うタイミングを与える。 通常の速さでワンピッチやロングジャークなどで食ってくる時は楽なパワーギアで攻める。 しかしパワーギアを使うと巻き取るのがほんと楽なんですね(^^;) 水深100mになると潮流などもあり、ハイギアを使う場合女性だと重くてしっかり巻けない事もあります。 ハイギアでしかできない事、パワーギアでしかできない事。 両者一長一短あり、使い分けが必要だと思いました。 今期は時化続きで中々海へ出れませんが、また実釣したらレポートしたいと思います。

次の

ジギングでのハイギアとパワーギアの違いを体験

スロー ジギング リール

ラインを放出したときに 中央で固定されたまま動かないもの(固定式)• ラインの放出したときに スプールに連動して左右に動くもの(連動式) 固定式のレベルワインド ラインの放出中にレベルワインドが中央に固定されたままで、ラインとレベルワインドに角度が生まれ摩擦抵抗が発生してしまいます。 この摩擦抵抗は、大物とのファイトの時にラインブレイクの原因になるんです。 最近は固定式のリールは、ほとんど出回っていませんので気にしないでください。 連動式のレベルワインド 一般的に、 シンクロレベルワインドと呼んでいます。 シンクロレベルワインドは、ラインの放出時にもラインの角度とレベルワインドの角度が0度に保たれたまま。 ラインとレベルワインドの角度はありませんので、 ラインの放出がスムーズに行われます。 スロージギングリールで使われているのはこちらのシステムです。 シンクロレベルワインドの利点 シンクロレベルワインドの利点を考えていきましょう。 シンクロレベルワインドは、スムーズにラインが放出されるため、 ジグの落下スピードは速くなります。 潮の速い日や水深100mを超えるような中深海スロージギングでは、素早く正確に底どりをすることが釣りを有利に進めるポイントにもなります。 スロージギングでは、シンクロレベルワインドを使用しましょう。 最上位機種にレベルワインドは搭載されていない スロージギングリールの最上位機種である オシアジガーや ソルティガにはレベルワインド自体が 搭載されていません。 なぜかというと、スロージギングでは、10キロを超える大型のヒラマサやカンパチがヒットすることがあるんですね。 これらの大型回遊魚の突発的な引きには、レベルワインド自体がラインブレイクの原因にもなります。 また、レベルワインドが搭載されていることでギアの構造が複雑になっている分、巻き上げ力が損なわれます。 スロージギングに慣れたひとは、 積極的にレベルワインドの付いていないリールを使用しましょう。 レベルワインドの付いていないリールの難点は、巻き上げの際にラインの角度を指でコントロールすること。 多少慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、マスターすればスロージギングで大型魚を獲れる確率が大きく変わってきます。 オシアジガー1500HG• <製品仕様> ジギングリールの先駆けとして、常に王道を歩んできたオシアジガー。 進化の過程で追求したのはリールの本質、ただその一点である。 いついかなる時でも信頼できる道具であることが、ジガーの求める唯一の答えだ。 そんなジギングリールの代名詞・オシアジガーが、回転フィールをいっそう高めて新登場。 新機構インフィニティドライブの搭載により回転抵抗を最大60%排除し、軽く、パワフルな巻き上げを実現。 耐性の面でも、高剛性なHAGANEボディと高い防水性能を誇るXプロテクトが内部構図をガッチリとガード。 さらにはボディやハンドル、クラッチレバーにも冷間鍛造を採用するなど、妥協なきタフネスを装備してオフショアアングラーの技に応える。 次元を超えたその回転フィールを体感するとき、ジギングはまた一歩先へと進む。 <製品仕様> 【大型魚に余裕で対応する堅牢ジギングベイトリール】耐久性の高さで人気を博した「ソルティガZ」の待望の後継機。 精密でパワフルなオールマシンカットアルミボディ、ピニオン部にはマグシールドボールベアリングを搭載し、メインギアにはハイパーデジギアを採用して耐久性がさらに向上。 フィールドでのテストを幾度となく行い、アングラーが持ちやすくサミングしやすい形状、パーツを徹底的に追求し、操作性と高剛性を両立。 最も塩ガミによるダメージを受けることが多かったピニオン部にはマグシールドボールベアリングを採用することで、高い耐久性を備えている。 さらにボディには水抜き穴を各所に設けており、入ってきた水をどんどん放出できる構造になっている。 ドラグはスムーズに作動し、使用し続けてもドラグ値の低が少ないATD(オートマチックドラグシステム)を装備。 またスプールロック機能、スプール簡単交換が可能なボディなど、オフショアに本気なユーザーの要望に応える機能を随所に搭載しており、あらゆる状況で自由自在に使い倒せる。 (参照:ダイワ公式HP) 初心者でベイトリールを握ったこともないというひと向けのリール オシアカルカッタ300HGや キャタリナ200SHから、スロージギングを始めてみるといいでしょう。 オシアカルカッタ300HG• <製品仕様> 【パワーと軽さを兼ね備えた快適ベイジギングリール】掌にすっぽり収まる小型ボディの中に秘められた、想像以上の操作性と耐久性。 無垢のアルミ素材に超精密マシンカットを施すことで形作られる堅牢なボディと内部の精緻なギアシステムがもたらすのは、滑らかで軽く、それでいて力強いリトリーブフィーリング。 トラブルレスのシンクロレベルワインドや便利なスプール交換機構が使い勝手の良さをさらに確かなものとする。 揺るぎない安心感を備えたリールはまるで腕の一部であるかのように自在に駆動し、ジギングゲームの更なる高みを目指すアングラーにとってかけがえのない武器となる。 100サイズ、200サイズともボディの径は同じで横幅が異なる。 両サイズとも高さ49mmというロープロファイル設計のため、しっかり握り込める優れたホールド性を有する。 キャタリナベイジギング、それはシンプルなタックルでシーバスやタチウオ、時にメータークラスの青物と渡り合うベイジギングの醍醐味を120%満喫できる頼もしき相棒。 (参照:ダイワ公式HP).

次の