インスタ 紙 飛行機 マーク。 【インスタ】DMの目のマークは既読!ストーリーの足跡にも注意

インスタライブとは?見方や保存方法、通知や配信方法も解説!

インスタ 紙 飛行機 マーク

インスタのDM(ダイレクトメッセージ)の送り方 TwitterのDMに慣れ親しんだ方からすると驚きかもしれませんが、インスタのDMはフォロー外のユーザーであっても誰にでもDMを送ることができます。 初期設定では全てのユーザーがDM機能を解放された状態なので、芸能人のアカウントや非公開アカウント(鍵垢)にも送れます。 冒頭で取り上げたようにインスタのDMはあらゆるものを送信(共有)できるので、送信箇所がいくつもあるのですが、基本は以下の3箇所です。 紙飛行機マークから送る方法 ホーム画面の右上に表示されている紙飛行機マークが、インスタのDM機能になります。 こちらからDMを送れるのはもちろん、 自分宛に届いたDMはこの紙飛行機マークから見ることができます。 届いたDMに返信するのではなく、DMを新規作成する場合は「検索」に相手の名前やユーザーネームを入力して相手とのDM画面を表示します。 あとはメッセージを入力して「送信」をタップすればDMを送れます。 カメラロールやギャラリー内の写真・動画を送りたい場合は、ライブラリから送ることができます。 プロフィールページから送る方法 DMを送りたい相手のプロフィールページを開くとメッセージボタンが表示されているので、こちらからDMを送ることも可能です。 相手がフォロー外の非公開アカウントの場合は、メッセージボタンは表示されていないので、「…」をタップして「メッセージを送信」からDMを送るようにしてください。 フィード上から送る方法 フォローしているユーザーの投稿が表示されるフィード上から、DMで投稿を共有することもできます。 紙飛行機マークをタップして送り先を決めて送信してください。 フィード上で見かけたお気に入りの投稿を共有しながら、話に花を咲かせましょう。 その他のDMの基本的な使い方 ここからはDMの送り方以外の基本的な使い方をご紹介いたします。 既読機能 インスタのDMにはメッセージを読んだことが伝わる既読機能がついています。 既読に関する裏技や疑問はこちらの記事をご覧ください。 関連記事 パソコンからDMを送りたい場合 以前まではWindows10版インスタグラムやIG:dmなどのアプリケーションを使わないと、パソコンからDMを送れなかったのですが、2020年4月からでもDMの送信が可能になりました。 送り方はアプリと基本的に同じで、以下の3箇所から送信できます。 ホーム画面右上付近の紙飛行機マーク• 相手のプロフィールページのメッセージボタン(フォローしている場合)• フィード上の紙飛行機マーク DMを送れない場合 インスタ側で不具合が起きている様子はないにも関わらず、DMを送れない場合は以下の記事を参考にしてください。 不具合以外の原因や対処法についても詳しく取り上げています。

次の

【インスタ】飛行機、リボン、@のマークの使い方まとめ

インスタ 紙 飛行機 マーク

インスタのマークの意味 ハート 写真や動画の下に表示されているハートマークはいいねと呼ばれる機能で、「かわいい」「かっこいい」「素敵」「共感」「見たよ」といった気持ちを相手に伝える際にタップします。 タップするとハートマークは赤色に変わります。 画面下部のハートマークはアクティビティが表示される項目で、誰かにいいねされたり、フォローされるとお知らせしてくれます。 その他にもフォローしているユーザーがシェアした投稿やおすすめユーザーなども紹介されます。 紙飛行機 ホーム画面の右上に表示されている紙飛行機マークは機能です。 フォロワーなどからDMが届くと紙飛行機マークに数字入りの赤丸が点灯するので、こちらから確認しましょう。 写真や動画の下に表示されている紙飛行機マークは、その投稿をDMで共有したり、ストーリーに投稿する際に使います。 緑の丸 DMのメッセージ一覧に表示されている緑色の丸は、相手が現在インスタにログイン中であることを意味しています。 詳しくは以下の記事で解説しています。 関連記事 リボン リボンのマークはコレクションと呼ばれる機能で、相手に知られることなく写真や動画を保存できます。 コレクション名を決めてフォルダ分けもできるので、お気に入りの投稿を見返す際に重宝されています。 テレビ ホーム画面の上部に表示されているテレビのマークはIGTVと呼ばれる項目で、インスタが動画だけに特化したサービスでアプリもリリースされています。 インスタから投稿できる動画が最長60秒のところ、IGTVは一般アカウントでも15分まで投稿できるようになっています。 カメラ ホーム画面左上のカメラマークからはストーリーに投稿する写真や動画の撮影、ライブ配信、消えるDMの送信などが行なえます。 吹き出し 投稿の下に表示されている吹き出しマークはコメント機能です。 こちらからコメントを送信したり、他のユーザーから寄せられたコメントを見ることができます。 家 画面左下の家のマークをタップするとホーム画面に切り替わります。 自分がフォローしているユーザーの投稿はホーム画面(フィード)に表示されます。 虫眼鏡 虫眼鏡のマークは友達のアカウントを探したい時やハッシュタグ検索を行う際に使用します。 また、こちらのマークはエクスプローラー(発見)とも呼ばれており、上向きにスワイプすると、おすすめの写真や動画が次々と表示されます。 「テレビ・映画」「食べ物」「動物」など、トピックを指定すると、自分が興味のある分野の投稿だけを厳選して見ることもできます。 こちらからカメラロール内(ギャラリー)の写真や動画を投稿したり、その場で写真や動画を撮影してフィードに投稿できます。 人(アイコン) 画面右下の人型のマークをタップすると自分のプロフィールページに移動します。 プロフィール画像や自己紹介文を変えたい時、これまでの投稿を一覧で確認したい時はプロフィールページを開いてください。 ちなみにインスタの公式アプリにアカウントを二つ以上追加していると、人型のマークではなく自分が設定しているアイコン(プロフィール画像)が表示されます。 認証バッジ ユーザーネームの右隣に表示されている青丸白抜きのチェックマークは、インスタから本人と認められている公式アカウントを意味しています。 芸能人や企業アカウントなどに多く見られるマークです。

次の

インスタのマークの意味を全て紹介!ハートや紙飛行機・リボンなど|アプリ村

インスタ 紙 飛行機 マーク

インスタライブって何? インスタライブとは、誰でも無料で登録できる有名SNS、 インスタグラムの機能の1つ。 事前に録画や撮影したものでなく、リアルタイムで今していることを手軽に発信することができます。 芸能人などの有名人に限らず一般人も配信可能で テレビ番組で言うと生放送、youtubeで言うとライブ配信がインスタライブに当たります。 生配信中にコメントを送る機能もあり、場合によってはそのコメントに発信者からそのまま返事をしてもらえることもあるので、好きな芸能人や人気インスタグラマーなどと身近に繋がっている感覚を味わえるのも魅力の1つです。 インスタライブを見る インスタライブを見てみよう 見る方法は、ライブ動画を配信しているアイコンをタップするだけで視聴することが可能で とても簡単です。 それでは詳しく基本操作を説明していきます。 まず、インスタグラムのアプリを起動し、ホーム画面を開きましょう。 上部にフォロー中の人が載せているストーリーズがアイコンとなってずらっと並んでいると思います。 その中に、赤や紫のカラフルな丸で囲まれ『ライブ動画』と文字が書かれているもの、これが「インスタライブ中です」という目印。 そのアイコンをタップしてください。 そうするとすぐにライブ配信の画面に切り替わります。 コメント機能を使おう 冒頭でもお伝えしましたが、インスタライブは視聴者がコメントをすることができます。 そのコメントはライブ動画の画面左下に表示され、自分のものだけでなく閲覧しているすべての人のコメントが流れ、チャット感覚で楽しむことができるのです。 やり方は画面下に出ている「コメントする」と書かれている欄に好きな言葉を打ち込むだけ。 とっても簡単に相手に言葉を投げかけることができます。 ただし、一度コメントをすると消すことができないので注意が必要です。 たくさんの人からコメントがきている場合はすぐに上に消えていきますが少ない場合は画面上に残ってしまいます。 画面右下にハートマークがあるので、そこを押すだけでふわっとハートが上に向かって浮かんでいき「いいね!」と言う役割を果たしてくれます。 見てるよ!と挨拶のように気軽に押せるものです。 気に入ったライブ配信をシェアしよう 気に入ったライブ動画を誰かに送ってシェアしたい。 そんなことも簡単にできます。 ハートマークの左にある紙飛行機マークをタップ。 そうすると、自分がフォローしているアカウントが表示されます。 送りたい人を選択し送ると、送られた人は送られてきたライブ動画をタップするだけでダイレクトに参加可能。 ちなみにですが、非公開アカウントの場合は配信者のフォロワーでないとシェアすることはできません。 「?の箱」があれば質問もできちゃう コメントスペースの横に?が入った四角いイラストがある場合、配信者に質問することができます。 ただし、質問機能をつけるかどうかは配信者が決めるので、あるとは限りません。 やり方は、まず?の箱をタップ!「質問を入力」と書いてあるスペースに質問を入力し送信するだけ。 質問を送信しただけでは他の閲覧者に共有されませんが、配信者が自分が送った質問を選択すると画面に表示されるので、自分のユーザー名も出ることを頭に入れておきましょう。 インスタライブへの参加リクエストとは? 参加することで、配信者と一緒にインスタライブを配信することができる機能です。 画面が分割され、配信者と参加者2人の顔が画面上に表示されます。 もちろん勝手に誰でも参加できるのではなく、配信者への申請が必要。 まず、インスタライブの画面に入るとコメント欄に「〇〇 配信者のユーザー名 さんのライブ動画への参加リクエストを送信する」と流れます。 文章の右側に「リクエスト」と書かれたボタンも一緒に出てくるのでタップ。 そうすると、「リクエストを送信」と確認画面が出てくるので、そちらをタップすると配信者にリクエストが送信されます。 配信者から許可がおりると、無事に成立しコラボ動画を配信開始です。。 インスタライブは保存できるの? 基本的にはできません。 インスタグラムには現在、ライブ配信の保存機能が存在しないのです。 それでも保存したいという方は、画面収録機能 iPhone を使用する方法や アプリをダウンロード Android し録画する方法をとる人もいます。 ですが、あくまでも自己責任という形になるので注意が必要。 ライブ動画を見逃さないように通知はONに! 見逃したくないライブ配信、ありますよね。 そんな時は配信の通知が入る設定を忘れずにしておきましょう。 設定方法ですが、自分のプロフィールページの画面右上の3本線のメニューを開きます。 これで完了です。 インスタライブが始まると通知されるようになります。 ライブ配信終了後24時間であれば見直すことができます。 見る方法は簡単です。 自分のホーム画面にいき、ストーリーズに並んでいる再生マークのついたアイコンをタップするだけ。 その時流れたコメントなども一緒に見ることが可能になります。 ただし、配信者がリプレイ機能を使いシェアし、ストーリーズに残していない場合は残念ながらもう一度見ることはできません。 youtubeやTwitterなどの他のSNSに載せている配信者もいるようですのでチェックしてみてもいいかもしれませんね。 インスタライブを配信する インスタライブを配信しよう 次に説明するのは配信する側の方法です。 ライブ配信は、ストーリーを上げる方法に少しだけ手を加える簡単なもの。 インスタグラムのホーム画面をタップ。 画面を右方向にスワイプするとストーリー投稿用のカメラが起動されます。 画面下中央の「通常」というモードが選択されて起動されるかと思いますが、その文字を右にスワイプし「ライブ」という文字に合わせモードを変えます。 画面が変わったら真ん中の配信ボタンをタップ。 これで、ライブ配信開始です。 【一部のフォロワーにライブ配信を非公開にする方法】 ストーリーズ用カメラを起動した後、ライブモードに切り替えます。 左上に設定ボタンがあるのでタップ。 「ストーリーズを表示しない人」を選択し、表示してほしくないフォロワーを決めます。 【フォロワー以外の人全員にライブ配信を非公開にする方法】 自分のプロフィール画面を表示し右上の3本線をタップ。 目のマークをタップすると閲覧中のユーザー名を確認することもも可能です。 閲覧者のユーザー名も画面左下に「〇〇 ユーザー名 さんが視聴し始めました」と、その都度表示され、コメントも同じ場所に流れます。 ウェーブってどう使うの? 視聴者が使用するハートマークのいいね!ボタンのようなもの。 お手軽な挨拶と考えていいでしょう。 ですが、いいね!ボタンと違うのは、1度しか送ることができません。 ウェーブを送る方法としては、「〇〇 ユーザー名 さんが視聴し始めました」と表示された右手に手のひらのウェーブボタンがあるのでタップします。 視聴者と一緒にコラボ配信をしよう 視聴者側が参加リクエストを送ることができるように、配信者も視聴者を自分のライブ配信に誘うことができます。 ライブ配信中の画面下に顔が2つ重なったイラストがあります。 タップすると、現在視聴中のユーザー名が並びますので、選択し「追加する」を押す。 そうすると、相手に申請が届きますので許可されればコラボ配信が開始されます。 【受ける場合】 視聴者がリクエストボタンを押すと、アイコンが2つ重なった通知が表示されます。 【受けない場合】 コメント入力欄の右手に3つの点がならんでいるので、タップ。 「ライブ配信リクエストをオフにする」を選択すると視聴者がライブ配信のリクエストをすることができなくなります。 エフェクト効果で加工をして配信しよう 写真を撮るように、ライブ動画でも顔や画面に加工を施して配信することが可能です。 顔に動物のイラストをつけることや、画面にキラキラと光った加工などをし楽しむことができます。 画面下の顔が1つのイラストをタップし好きな加工を選択するだけです。 ライブ配信中に画像を掲示しよう ライブ配信中に事前に撮影・保存したカメラロールの写真を表示することが可能です。 写真を共有したい時や、資料を見せて説明したい場合など活躍する機能です。 方法はライブ画面右下のカメラロールをタップし選択するだけ。 掲示を止めたい場合は画像一覧、1番左のバツ印を押すだけで解除されます。 視聴者からの質問を選んで答えてみよう コメント欄に質問があると、そのまま上に流れ配信者は見逃してしまいます。 そんな時に活躍する機能です。 やり方ですが、通常のストーリーズ用のカメラ画面に切り替えます。 写真や動画を張り付けた後、スタンプアイコンをタップ。 スタンプ一覧の中から「質問」と書かれたボックスを選び、設置完了です。 「質問はありますか?」と表示されている文字を選択すると質問内容を変更することも可能となります。 ?をタップ。 すると、質問が一覧となって並ぶので画面に表示して答えたいものを選択します。 質問ボックスが画面上に表示され、視聴者も質問内容を読むことができるようになります。 何の質問に答えているのか分かりやすくなりますね。 コメントを受け付けない ライブ配信中に視聴者からのコメントは受けないようにすることもできます。 コメント入力欄の右手に3つの点がならんでいますので、そちらをタップ。 「コメントをオフにする」を選択するとコメントを入力することができなくなります。 インスタライブを終了と動画の保存 ライブ配信を終了したい場合、右上にある「終了する」をタップした後「今すぐ終了」を選択することで終了作業は完了します。 また、配信者のみライブ動画の保存をすることができ、方法としては終了画面右上の下矢印をタップするだけです。 終了画面の画面下に「ストーリーズでシェア」と表示されるので選択してください。 そうすると、ストーリートレイに載ることが分かります。 注意点とよくある疑問 視聴したことが配信している人に分かるのか? わかります。 ライブ配信をしている画面に切り替わった瞬間に、画面左下のコメント欄で「〇〇〇 ユーザー名 さんが視聴し始めました」と表示されます。 多くの人が視聴している人気アカウントであれば、コメントに紛れすぐに流れて表示されなくなりますが友人・知人で視聴したことがばれたくなければ注意が必要です。 ライブ配信中に写真を撮りたい! スクリーンショット機能を使用し写真を撮ることが可能です。 芸能人によっては、写真を撮ることができるように ライブ配信中に静止し、わざとその時間を設けてくれることもあります。 自分の携帯のスクショ方法を事前に確認しそのチャンスを逃さないようにしましょう! まとめ たくさんの機能がありますが、1度チャレンジし流れを見ると案外すぐに慣れてくるようです。 ぜひ、インスタライブをオリジナルの活用方法で取り入れてみてくださいね。

次の