波動 オカルト。 「波動」というオカルトを信じる昭恵夫人

波動 (オカルト)

波動 オカルト

概要 本来は関連の用語であるが、拡大解釈されや等のとして使用されることが多い。 この項目では双方に関し説明を行う。 まともな物理学用語として 本来この単語はのであり「同じようなパターンが空間を伝播する現象」を意味し、要するにが他に伝わることの事である。 例えば、波の動きを記した方程式は「 波動方程式」と呼ばれ、物理学者が「動く微粒子はする」という理論を表した波動方程式「シュレディンガー方程式」で説明されるの一分野は「 波動力学」と呼ばれる ただし、シュレディンガー自身は後々量子力学の主流解釈に疑問を呈し、有名なという思考実験でしているのだが。 ちなみに…… 物理学用語の「波動」に相当する英単語が 波 であるのに対し、疑似科学用語の「波動」の方は vibration 振動 である。 要するに、元々別々の語が日本語に入る際に同じ単語で翻訳されただけで、両者には 全く何の関係もない。 逆にまともな物理学用語と同じ名称であるだけに、やでしかない段階にありながら あたかも科学的裏付けがあるかのようなを覚えさせるのである。 疑似科学・オカルト等 昔からあった目に見えない・などの概念が、的な考えと結びついて出来た概念であるとされ、類似例を挙げるとするならば「」や「」に近いで扱われることが多い。 これらの考えに基づいたやに類似した「 波動に影響する」などと称したも存在するが、このような商品のほとんどが各種やなどはなされていないと思われる。 フィクションにおいて この言葉はにおいても用いられ、もっぱら疑似科学的な意味で「 なんだかすごいとか」を指して使われる。 SFもの 的な設定を持った作品においては、物理学的用語としての「波動」を発展させ、現実にまだ開発されていないの高出力エネルギーなどにこの用語を当てはめることがあり、その代表格がのなどであると思われる。 バトルもの 現実性のあまり高くない、特ににおいては、本来の意味の「波動」とは意味合いが大分異なる場合が多く、「によるなエネルギー」的なニュアンスで使用されることが多い概念とされ、例としてはなどがそうであろうと思われる。 気配 また別の意味として気配を感じるときの表現としても使われ、例としてはなどがあげられると思う。 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00• 2020-07-13 19:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 09:57:32• 2020-07-16 09:55:43• 2020-07-16 09:55:07• 2020-07-16 09:54:12• 2020-07-16 09:52:43 新しく作成された記事• 2020-07-16 09:46:41• 2020-07-16 09:57:32• 2020-07-16 09:04:52• 2020-07-16 08:53:59• 2020-07-16 08:49:20•

次の

ドイツの波動医学バイオレゾナンス療法|大阪のラ・ヴィータ メディカルクリニック

波動 オカルト

ここは他のブログ記事やオカルト論者からは出てこない視点だと思う。 だがハーモニックABCDパターンはエリオットを学ぶのには良い教材だ。 というわけで、最初にABCDパターンについて一緒に見ていこう。 ABCDパターンとは まず、ABCDパターンというのは• クラシックABCDパターン• ABCDエクステンション の3つのパターンのことだ。 上から順番に、私と一緒に学んでいこう。 最終地点であるDが止まる位置に関しては覚えなくていい。 しかし、C(エリオット波動の2波)が61. 8で止まるというのは鉄板になる。 この61. 8で2波が止まりやすいのを覚えておこう。 これは斜めのレンジであるチャネルで決済をかける考え方になる。 これは3章で解説したので、本章では解説するつもりがない。 これはこのまま覚えていって間違いない。 もっとも伸びる3波が、127. 2か161. 8で止まるのはかなり鉄板のパターンだ。

次の

波動(オカルト部門)って具体的になんですか?つい最近、波...

波動 オカルト

概要 本来は関連の用語であるが、拡大解釈されや等のとして使用されることが多い。 この項目では双方に関し説明を行う。 まともな物理学用語として 本来この単語はのであり「同じようなパターンが空間を伝播する現象」を意味し、要するにが他に伝わることの事である。 例えば、波の動きを記した方程式は「 波動方程式」と呼ばれ、物理学者が「動く微粒子はする」という理論を表した波動方程式「シュレディンガー方程式」で説明されるの一分野は「 波動力学」と呼ばれる ただし、シュレディンガー自身は後々量子力学の主流解釈に疑問を呈し、有名なという思考実験でしているのだが。 ちなみに…… 物理学用語の「波動」に相当する英単語が 波 であるのに対し、疑似科学用語の「波動」の方は vibration 振動 である。 要するに、元々別々の語が日本語に入る際に同じ単語で翻訳されただけで、両者には 全く何の関係もない。 逆にまともな物理学用語と同じ名称であるだけに、やでしかない段階にありながら あたかも科学的裏付けがあるかのようなを覚えさせるのである。 疑似科学・オカルト等 昔からあった目に見えない・などの概念が、的な考えと結びついて出来た概念であるとされ、類似例を挙げるとするならば「」や「」に近いで扱われることが多い。 これらの考えに基づいたやに類似した「 波動に影響する」などと称したも存在するが、このような商品のほとんどが各種やなどはなされていないと思われる。 フィクションにおいて この言葉はにおいても用いられ、もっぱら疑似科学的な意味で「 なんだかすごいとか」を指して使われる。 SFもの 的な設定を持った作品においては、物理学的用語としての「波動」を発展させ、現実にまだ開発されていないの高出力エネルギーなどにこの用語を当てはめることがあり、その代表格がのなどであると思われる。 バトルもの 現実性のあまり高くない、特ににおいては、本来の意味の「波動」とは意味合いが大分異なる場合が多く、「によるなエネルギー」的なニュアンスで使用されることが多い概念とされ、例としてはなどがそうであろうと思われる。 気配 また別の意味として気配を感じるときの表現としても使われ、例としてはなどがあげられると思う。 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00• 2020-07-13 19:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 09:57:32• 2020-07-16 09:55:43• 2020-07-16 09:55:07• 2020-07-16 09:54:12• 2020-07-16 09:52:43 新しく作成された記事• 2020-07-16 09:46:41• 2020-07-16 09:57:32• 2020-07-16 09:04:52• 2020-07-16 08:53:59• 2020-07-16 08:49:20•

次の