料理 玉ねぎ。 【玉ねぎ料理】玉ねぎのステーキ(ガーリックバター醤油ソテー)の作り方・レシピ【ばあちゃんの料理教室】/How To Make Onion Steak

玉ねぎを使ったおかずレシピ特集!また食べたいと言わせる絶品料理を一挙ご紹介♪

料理 玉ねぎ

【作り方】 【玉ねぎのステーキ(ガーリックバター醤油ソテー)レシピ】1.玉ねぎを1センチ程の厚みに切ります。 パセリをみじん切りにします。 にんにくを拍子木切りにします。 1.玉ねぎを1センチ程の厚みに切ります。 パセリをみじん切りにします。 にんにくを拍子木切りにします。 【玉ねぎのステーキ(ガーリックバター醤油ソテー)レシピ】2.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて香りをつけたら、にんにくを取り出します。 2.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて香りをつけたら、にんにくを取り出します。 【玉ねぎのステーキ(ガーリックバター醤油ソテー)レシピ】3.玉ねぎにしっかり焼き目がつくように両面を焼きます。 3.玉ねぎにしっかり焼き目がつくように両面を焼きます。 【玉ねぎのステーキ(ガーリックバター醤油ソテー)レシピ】4.バターを入れます。 4.バターを入れます。 【玉ねぎのステーキ(ガーリックバター醤油ソテー)レシピ】5.しょうゆ・酒・みりん、一度取り出したにんにくを入れてからませます。 5.しょうゆ・酒・みりん、一度取り出したにんにくを入れてからませます。 女性のための美容法• 女性に必要な栄養• 女性のための健康・美容チェック• ギフトマナー• 健康ギフトにえごまそば• グループサイト•

次の

紫玉ねぎの酢漬けのレシピ。きょうの料理で話題の紫玉ねぎマリネ。

料理 玉ねぎ

玉ねぎの栄養素について 栄養が豊富なことで知られる、玉ねぎ。 女性に不足しがちなビタミンやミネラルが多く含まれています。 特にビタミンBの一種で、お腹の胎児の病気を防ぐ効果がある葉酸が豊富なので、妊娠中も積極的に食べたい野菜です。 玉ねぎを切ると目が染みて涙が出るのは、硫化アリルという成分によるものです。 この硫化アリルは血液内の血小板の凝固作用を抑制し、血液をサラサラにし、決戦もできにくくする効果があります。 生の玉ねぎを食べた時に辛みを感じるのは、硫化プロピルという成分によるもの。 血糖値を下げ、糖尿病予防に効果的です。 もう1つの苦み成分、ケルセチンは、脂肪吸収疎外効果が高く、体内の脂肪を外に排出してくれます。 美容と健康、特に血液をサラサラにして成人病を予防するためにどんどん食べたい野菜です。 玉ねぎの調理法について 玉ねぎを料理するときに困ってしまうのが、切った時に目に染みてしまうこと。 これは包丁などで切ることにより硫化アリルが発生するためです。 対策は切る前に冷蔵庫で玉ねぎを冷やすか、レンジで丸ごと軽く加熱するか、包丁を濡らすかすると防げるので、お試しあれ。 生でスライスして食べるとシャキシャキした食感が楽しめますが、辛みが気になる時も。 辛みの成分は水溶性なので、水にしばらくさらしておくことで辛みを和らげられます。 半分に切って皮をむいたら、繊維にそって切ります。 生で食べる時には繊維に直角に切ると、ドレッシングなどの味がよく絡みますよ。 加熱することでぐっと甘みが出て、肉や野菜の臭みを取る効果もあるので、生で食べる以外にも、煮たり炒めたり焼いたりと調理法を選ばず大活躍します。 材料は、何とたまねぎだけ。 皮さえ無しで簡単にできる、斬新な焼売レシピです。 みじん切りした玉ねぎ、片栗粉、塩こしょう、ごま油を全てボウルで混ぜ、スプーンですくいラップを使って一口大の茶巾絞りにします。 ラップを外さないまま耐熱皿に並べ、レンジで加熱。 玉ねぎが透き通ったら出来上がり。 からししょうゆで食べれば、肉無しでも焼売そのもののモチモチ感に驚きます。 焼くと香ばしくなる納豆と、焼くと甘くなる玉ねぎの絶妙なハーモニーが楽しめるフライパン焼きのレシピです。 ボウルにさいころ状にカットした玉ねぎ、納豆、片栗粉、酒を入れて混ぜ合わせます。 納豆付属のたれがあれば、入れるとよりおいしくなります。 油を熱したフライパンに一気に流し入れ、両面こんがり焼いたら出来上がり。 からししょうゆやポン酢をつけていただきます。 生活習慣病や血液をサラサラにする効果がある「アリシン」を豊富に含む玉ねぎは、一年を通してスーパーで見かけ、比較的安定した価格で購入でき、長期保存にも適しているため日常に身近な食材です。 玉ねぎ独特の辛みの元である「硫化アリル」は、空気に触れることで「アリシン」に変化します。 水にさらしてしまうと栄養が流出してしまうので注意しましょう。 煮込むときも油で少し炒めてから煮込むことでアリシンの流出を防ぎ、無駄なく栄養が取り入れられますよ。 辛みが気になる方は「新玉ねぎ」がおすすめです。 通常の玉ねぎより水分が多く辛みが抑えられ、甘みを感じられます。 新玉ねぎは日持ちがしませんので新鮮なうちに調理してください。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 玉ねぎは色々な料理に使われる人気の野菜です。 生で食べると独特の辛みがありますが、炒めると甘みが出て食べやすく他の食材を引き立ててくれます。 和食・洋食・中華などどんな料理にも合わせやすく、低価格で1年を通して食べられる便利な野菜です。 玉ねぎには色々な種類があり、黄色種の辛たまねぎ・辛みが少ないサラダタマネギ・赤紫色をした赤玉ねぎなどがあり、料理に合わせて選んで使うことができます。 玉ねぎに含まれるケルセチンは強い抗酸化作用があり、血液をさらさらにする効果があります。 アレンジが効きやすい玉ねぎはたくさんのレシピや調理法がありますが、その中でも今回は玉ねぎを使った煮るレシピをご紹介します。 この記事では、「玉ねぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【みんなが作ってる】 玉ねぎのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

料理 玉ねぎ

切った玉ねぎは冷凍用保存袋に入れてなるべく平らにし、玉ねぎ同士が重ならないようにします。 これは平らにしたほうが固まるまでの時間が短くなり、冷凍によって味が落ちるのを防げるため。 ラップで包んで冷凍してもOKですが、この場合も重ならないように注意しましょう。 また重ならないように平らに冷凍しておくと、使いたい分だけパラパラと取り出すことができます。 金属製のトレーにのせる 冷凍すると食感は多少落ちてしまいます。 それでも極力短時間で凍らせることで、なるべく水っぽくなく、おいしさをキープすることができます。 家庭用の冷凍庫で短時間で凍らせるためには、熱伝導のいい金属製のトレーなどを利用して冷凍するのがおすすめです。 冷凍庫を開け閉めしない また、冷凍庫の開け閉めによって温度が上がってしまうと、固まるまでに時間がかかります。 完全に固まるまではなるべく開け閉めは控えましょう。 冷凍用保存袋に冷凍した日付を書いておく 保存期間が延びるとはいえ、長く冷凍庫に入れていては味を損なってしまいます。 おいしく味わえる期間を意識して使い切れるよう、冷凍した日にちをマスキングテープなどに書いて袋に貼っておきましょう。 解凍方法と冷凍玉ねぎのおすすめ料理例 冷凍玉ねぎを解凍すると、玉ねぎの水分が出てしまいます。 そのため冷凍玉ねぎは解凍せずにそのまま水分を飛ばしながら炒めたり、煮込んだりといった調理法が良いでしょう。 なお新玉ねぎも普通の玉ねぎも、冷凍後はべチャッとしてしまうため、生の状態で食べるのはおすすめしません。 冷凍玉ねぎを使えば、飴色玉ねぎが時短で作れる! 冷凍した玉ねぎは中の水分が膨張し、細胞壁が壊れます。 そのため解凍後に水っぽくなってしまうというデメリットはありますが、実はメリットも。 生の玉ねぎを加熱した時に比べ、冷凍玉ねぎは煮込んだり炒めたりすると水分が外に流れ出やすくなり、加熱時間が短くても甘く柔らかく仕上がります。 このことから、カレーなどに使うような時間がかかる飴色たまねぎも、冷凍玉ねぎを使えばぐんと時短に。 そのほかオニオングラタンスープやトマトソース、ミートソースなど、玉ねぎの水分と甘みを活かした料理に使用するのがおすすめです。 こちらの記事もおすすめ! 冷凍保存の期間 冷凍した玉ねぎは1カ月以内に使い切るようにしましょう。 家庭用の冷凍庫は開け閉めなどで温度が上がりやすく、溶けたり凍ったりを繰り返すうちに霜がついたり冷凍庫のニオイがついてしまいます。 冷凍したとはいえど、早めに使い切ってくだしね。 冷凍玉ねぎを使ったおすすめレシピ 最後に冷凍玉ねぎだからこそ、よりおいしく作れるレシピを紹介します。 フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、冷凍玉ねぎを入れて飴色になるまで炒める。 水400ml(分量外)とにんにく、洋風スープの素、酒を入れて10分煮る。 塩・こしょうで味をととのえる。 耐熱性のマグカップなどにそれぞれ2とフランスパンをのせ、750Wのトースターで5分焼き、ドライパセリをふる。 この他、パルメザンチーズをふっても。 玉ねぎは冷凍することで長持ちするだけでなく、炒め時間や煮込み時間が大幅に短縮できます。 ぜひ上手に活用してみてくださいね!.

次の