昭和46年 西暦。 年齢早見表|昭和46年生まれ

明治・大正・昭和・平成時代暦/西暦旧暦対照表(年号・干支・うるう年付き)@夏貸文庫歴史03

昭和46年 西暦

明治以降は「一世一元(いちげん)」とし、天皇1代の間にただ一つの元号を用いて改元しない。 明治元年9月8日の改元の詔によって制度化。 在位中の天皇は「今上天皇(きんじょうてんのう)」と呼ばれる。 薨去(亡くなられた)された天皇の諡号(しごう/おくりな)は慣習的に在位期間の元号を用いる。 干支(えと)についてはこちらのページを参照。 12月3日を明治6年元日とする。 (1867〜1912) 1867年(慶応3年)徳川幕府から朝廷に政権を返上する「大政奉還」で朝廷が日本の政治の頂点に返り咲く「王政復古」が始まる。 1868年9月「明治」に改元。 同年12月、天皇の名により王政復古の大号令を出す。 明治45年(1912年)7月30日薨去。 大正時代(たいしょうじだい) 20世紀初頭。 1921年11月、疾患のため皇太子裕仁親王 昭和天皇 が摂政に就任。 大正15年(1926年)12月25日薨去。 昭和時代(しょうわじだい) 20世紀半ば。 1926年践祚、1928年京都で即位。 第二次世界大戦終結後、1947年日本国憲法により象徴天皇となる。 昭和64年(1989年)1月7日薨去。 【践祚(せんそ)】 (「践」はふむ意、「祚」」は主人が堂に登る東側の階段、ひいて天子の位の意) 皇嗣が天皇の位を承け継ぐこと。 先帝の崩御あるいは譲位の直後に行われる。 もと即位と同義であったが、桓武天皇の時より別の日に行うことが常例となる。 【薨去(こうきょ)】 皇族または三位以上の人の死去。 【うるう年/閏年(うるうどし)】 日本では明治6年元日より太陽暦(新暦/グレゴリオ暦)を採用。 太陰暦(旧暦)の「明治5年12月3日」を「明治6年(1872年)1月1日」と定める。 新暦(グレゴリオ暦)では4年に1回うるう年を設ける。 平年は2月を28日までとし、うるう年は29日を設ける。 うるう年は「西暦年が4で割り切れる年(干支では子・辰・申)」。 ただし、「西暦年が100で割り切れるが400では割り切れない年は平年とする」。 西暦2000年は100で割り切れて400でも割り切れるので「うるう年」となります。 明治5年11月9日、改暦の詔書と太政官布告により明治6年(1872年)より新暦開始。 ただし先の勅令の内容が「西暦年が100で割り切れるが400では割り切れない年は平年とする」規定をを含まないため、勅令「閏年ニ關スル件」(明治31年勅令第90号)を出して、うるう年の決め方をグレゴリオ暦に合わせ、1900年を「平年」としました。

次の

西暦

昭和46年 西暦

明治以降は「一世一元(いちげん)」とし、天皇1代の間にただ一つの元号を用いて改元しない。 明治元年9月8日の改元の詔によって制度化。 在位中の天皇は「今上天皇(きんじょうてんのう)」と呼ばれる。 薨去(亡くなられた)された天皇の諡号(しごう/おくりな)は慣習的に在位期間の元号を用いる。 干支(えと)についてはこちらのページを参照。 12月3日を明治6年元日とする。 (1867〜1912) 1867年(慶応3年)徳川幕府から朝廷に政権を返上する「大政奉還」で朝廷が日本の政治の頂点に返り咲く「王政復古」が始まる。 1868年9月「明治」に改元。 同年12月、天皇の名により王政復古の大号令を出す。 明治45年(1912年)7月30日薨去。 大正時代(たいしょうじだい) 20世紀初頭。 1921年11月、疾患のため皇太子裕仁親王 昭和天皇 が摂政に就任。 大正15年(1926年)12月25日薨去。 昭和時代(しょうわじだい) 20世紀半ば。 1926年践祚、1928年京都で即位。 第二次世界大戦終結後、1947年日本国憲法により象徴天皇となる。 昭和64年(1989年)1月7日薨去。 【践祚(せんそ)】 (「践」はふむ意、「祚」」は主人が堂に登る東側の階段、ひいて天子の位の意) 皇嗣が天皇の位を承け継ぐこと。 先帝の崩御あるいは譲位の直後に行われる。 もと即位と同義であったが、桓武天皇の時より別の日に行うことが常例となる。 【薨去(こうきょ)】 皇族または三位以上の人の死去。 【うるう年/閏年(うるうどし)】 日本では明治6年元日より太陽暦(新暦/グレゴリオ暦)を採用。 太陰暦(旧暦)の「明治5年12月3日」を「明治6年(1872年)1月1日」と定める。 新暦(グレゴリオ暦)では4年に1回うるう年を設ける。 平年は2月を28日までとし、うるう年は29日を設ける。 うるう年は「西暦年が4で割り切れる年(干支では子・辰・申)」。 ただし、「西暦年が100で割り切れるが400では割り切れない年は平年とする」。 西暦2000年は100で割り切れて400でも割り切れるので「うるう年」となります。 明治5年11月9日、改暦の詔書と太政官布告により明治6年(1872年)より新暦開始。 ただし先の勅令の内容が「西暦年が100で割り切れるが400では割り切れない年は平年とする」規定をを含まないため、勅令「閏年ニ關スル件」(明治31年勅令第90号)を出して、うるう年の決め方をグレゴリオ暦に合わせ、1900年を「平年」としました。

次の

年齢早見表|昭和46年生まれ

昭和46年 西暦

例えば、昭和46年は、西暦何年かってパッと分かりますか。 答えは、西暦1971年なのですが、昭和生まれの人は、昭和と西暦の変換計算方法は昔教わったことがあるので、意外と知っている人もいるかもしれません。 【 昭和から西暦の変換計算方法 】 昭和の年数に「25」を足した数字が、西暦の下2桁の数字になります。 例えば、昭和46年ならば、46(年)に25を足した数字は「71」で西暦1971年になります。 昭和60年は、西暦1985年。 昭和64年は、西暦1989年、平成元年(1年)です。 私などは、数字に弱い根っからの文系なので、よく昭和と西暦の変換計算方法は「25」を足すのか、引くのか分からなくなってしまうことがあります。 そんなときは、自分の生まれ年と西暦は分かっているので、「25」を「足す」のだったと西暦を出しています。 覚えやすいイメージとしては、時間の24時間表示を頭に描き「24+1」を「足して」25。 そこから連想で「25を足す」と覚えるとよいでしょう。 【 平成から西暦の変換計算方法 】 平成と西暦の変換計算方法は、 平成の年数から12を引き、その数に2000を足すと西暦になります。 平成7年 西暦1995年 平成17年 西暦2005年 どうですか。 簡単に変換の計算ができますね! 【 令和から西暦の変換計算方法 】 新元号の「令和」になったとき、令和から西暦の変換計算方法をいろんなテレビでやっていましたね。 令和の年数を西暦に変換するには、令和の年数に「018 れいわ 」を足すのです。 例えば、令和元年は「1年」 1+018=019 ということで、令和元年は2019年です。 令和10年は、10+018=028で、西暦2028年です。 西暦を令和に直す場合は「018 れいわ 」を引けばOKです。 昭和と西暦の対照表一覧! 昭和と西暦の対照表の一覧がありましたので、貼っておきます。 参考にしてみてください。 病院やクリニックの受付には、昭和から西暦の対照表が置いてあるところがあります。 昭和から平成のときもそうでしたが、昭和64年は1月7日までの7日間しかありません。 昭和64年=平成元年は、計算上は同じ年に当たるので、混乱しないように対照表があるのでしょう。 「大正」から「昭和」に元号が変わったときも、昭和元年というのはとても短い期間でした。 大正天皇が崩御されたのが大正15年12月25日なので、昭和元年というのは、12月26日~31日までの6日間だけです。 年末年始という時期もあり、昔は出生届の期間もあいまいだったこともあり、この時期の生まれの人を見つけるのはなかなか困難です。 スポンサードリンク 昭和37年は西暦何年? この年の生まれの有名人とこの年のできごとは? 昭和37年は西暦何年でしょう。 上の昭和から西暦の変換計算方法ですぐに分かりますね。 昭和37年が出てきたので、この年の生まれの有名人やこの年の流行などをご紹介していきますね。 ちなみに昭和37年の干支は「 寅」です。 【昭和37年生まれの有名人】(順不同) ・松田聖子(3月10日生まれ)歌手、女優 ・小沢仁志(6月19日生まれ)俳優 ・豊川悦司(3月18日生まれ)俳優 ・柳沢慎吾(3月6日生まれ)俳優 ・木梨憲武(3月9日生まれ)タレント ・宇梶剛士(うかじたかし)(8月15日生まれ)俳優 ・風間トオル(8月19日生まれ)俳優 ・六角精児(6月24日生まれ)俳優 ・川平慈英(かびらじえい)(9月23日生まれ)俳優 ・石原良純(1月15日生まれ)タレント、気象予報士 ・石塚英彦(2月6日生まれ)タレント ・高木美保(7月29日生まれ)タレント 他にもたくさんいらっしゃいますが、個性的な印象の人が多い気がしますね。 実力ある方々ばかりです。 【昭和37年のできごと】 「 戦後」の高度経済成長期だったこの年代は、どんな出来事があったのでしょうか。 戦後の三種の神器の一つテレビの普及が拡大し、テレビ受信契約者が1000万突破しました。 広島テレビ放送・仙台放送開局しました。 ジャニーズ事務所が創業していますね。 オリンピック景気で景気さらに良くなっていき、新千円札(伊藤博文)が発行されました。 北陸トンネル開通、貿易の自由化、マリリン・モンローが謎の死は当時センセーショナルな事件になりました。 この事件は、まだ謎がたくさんありますね。 その他では、電子複写機(コピー機)、小型ポータブルテレビ ソニー 、電子レンジ(R-10)(早川電機工業)。 パンシロン(ロート製薬)、リポビタンD(大正製薬)、漂白剤 花王ブリーチ(花王石鹸)も発売。 年配の人に漂白剤と聞くと「(花王)ハイター」と言う人多いですよね、時代だったのでしょう。 働けば働くほど、収入も増え夢があった時代ですね。 だんだん生活が豊かになっていくという世相が感じられます。 今回のまとめ 昭和などの元号から西暦の計算は、元号別の一度変換計算方法を覚えてしまえば、あとは簡単です。 平成の元号になったときに、一般的に平成ではなく西暦を使う人が増えたように感じました。 令和の時代になった今は、元号と西暦が一緒に進んでいるような印象を受けます。 日本の象徴でもある「元号」を大切に守っていきたいですね!

次の