イメージ バックアップ ソフト 比較。 第1話:イメージバックアップとファイルバックアップ

Windows 10 OSの丸ごとバックアップの救世主!フリーソフト「AOMEI」がすごいよ

イメージ バックアップ ソフト 比較

Windows 10とは Windows 10(ウィンドウズ テン)は、Microsoft(マイクロソフト)が開発およびリリースしている、Windowsシリーズに属するパーソナルコンピュータおよび8インチ以上のタブレット用のオペレーティングシステム OS である。 バージョン1507・1511のコードネームは「Threshold(スレッショルド)」、バージョン1607から1809までのコードネームは「Redstone(レッドストーン)」、バージョン1903からのコードネームは「19H1」「19H2」など。 また、Windowsシリーズでは最後のバージョンとなる。 ー出典:ウィキペディア Windows 10はWindows 8、Windows 8. 1の後継バージョンです。 デスクトップPCからノートPC、タブレット型端末、スマートフォン等々、幅広いデバイスに対応するマルチデバイスのOSとなっています。 Windows 7からもWindows 8. 1からも、それぞれのOSのいいところを吸収(基本部分の操作性はほとんど変わらない)し、使い勝手を向上させています。 Windows 10では、Windowsの使いなれた機能がさらに快適に進化しました。 例えば: スタートメニューが再び搭載されている。 ただしWindows 7のスタートメニューとは異なり、Windows 8のスタート画面(ライブタイル)と従来のスタートメニューが統合された形になっている。 全画面のライブタイルに切り替えることも、さらにカスタマイズすることもできる。 スタートメニューにアプリを「ピン留め」する機能が搭載され、簡単にアプリにアクセスできる。 タイル上で新着メールや予定・天気といった情報を確認することも可能となっている。 タスクバーには「タスクビューボタン」が新設されている。 これによって起動中の他のアプリケーションの確認や切り替えをより素早く行える。 また、仮想デスクトップが標準搭載され、作業中にデスクトップ上のウィンドウ配置を維持したまま他の作業に取り組むといった切り替えが可能となっている。 音声認識アシスタント機能(Cortana、コルタナ)は搭載されている。 音声でWindowsと対話し、困りごとを解決できる。 PCの中に常駐し、あなたのPCライフをサポートする。 様々な原因でWindows10システムが正常に動作しないことや起動しないことがあります。 また、重要なデータが失われる可能性もあります。 このようなトラブルを防ぐために、日頃からWindows10 OSをまるごとバックアップすることは必要不可欠です! Windows10ですべての初期設定が完了し、一番良い状態になっている時にバックアップを取っておけば、OSに何か不具合が生じた時、システムを簡単に正常な状態まで戻すことができます。 初期化ではなく、一番調子の良い状態に戻すことなので、 データ損失の心配もないし、 OSやアプリなどを再インストールする手間も省けるし、 バックアップから復元したらPCがすぐに以前のまま使える というと ころがWindows10 OSバックアップのが最大の魅力です。 システムバックアップ用の無料ソフト さて、どうやってWindows10システムをバックアップしますか? Windows10には標準バックアップ機能が付いていて、フォルダ、OSや個人データなどをバックアップできますが、多少制限があります。 それぞれのバックアップ機能の使い方を知っているのは少し難しいです(特にパソコン初心者にとって)。 2千万人以上のユーザーに信頼されてる ヒント:個人PC向けProfessional版またはビジネスPC向けWorkstation版にすると、差分バックアップを設定してバックアップ用のディスク 容量を節約したり、バックアップスキームを有効にして古いバックアップを自動削除したり、ユニバーサル復元を利用して異なるハードウェアまで復元したりすることができます。 データを安全に保つために、システムイメージを外付けHDDまたは共有フォルダに作成することを推薦します。 AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。 step 2. 「バックアップ」タブで「システムバックアップ」をクリックします。 step 3. システムパーティションが自動的に選択されます。 下図のように、システムイメージを保存する場所(バックアップ先、ターゲットドライブ)を選択します。 step 4. 最後は「開始」をクリックして、システムバックアップを実行します。 補足: システムバックアップ進行中、Windows10コンピューターを使用して、他の仕事を行うこともできます。 システムバックアップがあれば、パソコンに問題が発生した時に、AOMEI Backupperを使い、数回クリックだけでWindows10を復元することができます。 バックアップと復元以外、AOMEI Backupperは、に使用されるクローン機能、イメージを仮想ドライブとしてマウントする「イメージファイルの中身を確認」機能、ネットワーク経由でマイクロシステムをロードする「」機能など、他の高度なツールを多く提供しています。 この記事が役立つ場合は、友達と共有してください。 何か質問や提案がある場合は、コメント欄に残してください。 またはまでご連絡ください。 よろしくお願いします。

次の

Windows10でOSをまるごとバックアップする方法

イメージ バックアップ ソフト 比較

実売価格:約6,000円 シェアNo. 1の安心感 バックアップ性能 ・・・ 歴史の長いソフトだけあって性能は良いです。 新機能の5分毎にバックアップする機能も優れています。 バックアップ速度 ・・・ フル(完全)バックアップの速度は他社より速いです。 ただし、増分バックアップの速度は普通です。 ハードの認識 ・・・ たまに認識しないハードがありますが、メーカーに言えば個別にドライバ入りのISOファイルをもらえます。 スケジュール機能 ・・・ 古いバックアップファイルを自動削除可能です。 世代管理もできす。 ただ設定にコツが必要です(後述)。 機能の多さ ・・・ ファイルの完全削除や、怪しいファイルを安全に試せる機能など豊富です。 別ハードへの復元はオプションとなります。 操作性 ・・・ わかりやすいです。 ただ機能が多いのでやや迷うことも。 価格 ・・・ 比較的安いです。 ただしオプションまで買うと高くなります。 Acronisのここがすごい! - 5分前のデータも復元できる 復元時に、マザーボードやマウス、キーボードなどの デバイスを認識しないときがあります。 これはAcronisのブータブルメディアにパソコンのパーツのドライバが入っていないため起こります。 世の中のすべてのドライバをCDの中に入れておくのは不可能なため、このようなことが起こっても仕方ありません。 そんなときは、「ヘルプ」から「システムレポートの作成」を実行し、作成されたファイルを Acronisのカスタマーサービス部門へ送信します。 すると ドライバ入りのISOファイルが送られてくるので、このISOからブータブルCDを作成します。 それ以降は1つの質問につき900円のインシデント料がかかるようになりました()。 Acronisを購入後は、ブータブルCDを作成し、デバイスが正常に認識するか試しておきましょう。 可能ならば、一度復元テストもしておきましょう。 ただし復元テストはリスクが伴います。 を読んで、安全に復元テストを行ってください。 Acronisのここがすごい! - バックアップ速度が速い Acronis True Image Home 2010 はバックアップ速度が比較的速いです。 2つの環境で計測したところ次のようになりました。 ただ、フルバックアップは速いのですが、増分バックアップは他社と比較するとやや遅いです。 安いバックアップソフトは、古いバックアップファイルは自動で削除されないので、 そのうちディスク容量が一杯になってしまいます。 その点、 Acronis True Image は必要なくなった古いバックアップファイルを自動で削除(統合)し、ディスク容量が一杯になるのを防ぐことができます。 方法は2つあります。 1つは「自動統合」という機能で、フルバックアップと古い増分バックアップを1つのファイルに結合してくれる機能です。 もう1つは、「フルバックアップの再実行&以前のファイルの削除」を行う方法です。 この2つ方法の違いと、メリット・デメリットは別のページにまとめました。 もしご興味があればご覧ください。 特定のファイルのみ復元するのが難しい場合もあります。 Acronis True Image Home 2010 は、イメージバックアップファイルから、 特定のファイルのみ復元することが可能です。 この機能の良い点は、内容を破棄すれば、前と全く同じ状態に戻ることです。 普通、何かのソフトをインストールしてから、アンインストールすると、レジストリなどにゴミが残ります。 完全にインストール前の状態に戻ります。 怪しいソフトを試しに使うときに役立ちます。 万が一、ソフトをインストールしてウイルスに感染しても、元の状態へ戻すことができます。 グラフィックソフトや圧縮・解凍ソフト、オフィスソフト、メールソフトなど、 ソフトを色々試して、最終的に気に入ったソフトのみを通常通りインストールすることができます。 Acronisのここがすごい - バックアップファイルで起動できるか試せる Acronis True Image Home 2010は、その他にもたくさんの機能があります。 ここで幾つか紹介します。 ディスクのクローン作成 元のディスクから別のディスクへすべての内容をコピーできます。 別のディスクへ交換するときに役立ちます。 Acronis DriveCleanser ハードディスク全体を完全削除することができます。 元々は単体のソフトとして販売されているものなので性能も高いです。 ファイルシュレッダー ファイルやフォルダ単位で完全削除してくれます。 システム クリーンアップ 一時ファイルの削除や空き領域の完全削除など、使用履歴を削除してくれます。 vhd)と、Acronis独自のバックアップイメージ(. tib)を相互に変換できます。 新機能ですがあまり使う機会はないでしょう。 イメージのマウント Acronisはバックアップファイルをダブルクリックするだけで中身が見られますが、イメージのマウントを行うと、バックアップファイル内にファイルを追加することも可能です。 Acronis True Image Home 2010 Plus Pack 2,940円で Plus Packというアドオンソフトを購入すれば、異なるパソコンへ復元したり、仮想マシンへ復元したりすることができます。 また、ダイナミックディスク、Microsoft PEに対応しています。 本体が5,985円なので、Plus Packと合計すると8,925円と高額になります。 Plus Packを購入するくらいなら、これらの機能を含んでいるかを買うほうがいいと思います。 Acronis True Image Home 2010 のまとめ.

次の

サーバー向けバックアップ・ソフト(前編)

イメージ バックアップ ソフト 比較

バックアップソフト選びのポイントは? 最近のパソコンは頑丈で、なかなか壊れることはありません。 ただし、安心は禁物です。 機械である以上、経年劣化は避けられませんし、地震や電源トラブルなどの事故で突然壊れることもありえます。 こうしたトラブルに備えて、Windowsにはバックアップ機能が用意されています。 ただし、初心者に使いやすいかと問われれば、けっして十分とはいえません。 また、機能も必要最小限なので、より安全性や使いやすさを追求するなら「バックアップソフト」を用意することをおすすめします。 選ぶときは、「パソコン全体のバックアップ」か「データだけのバックアップ」かを考えましょう。 「パソコン全体のバックアップ」は、いま動いているWindowsをまるごとバックアップする方法です。 Windowsの動作に必要なプログラムやインストールしたアプリケーションをまるごとバックアップするため、より完全にデータを守ることができます。 ただし、すべてのデータをバックアップするため時間がかかり、手順も少し複雑です。 「データのバックアップ」は、ワードやエクセルで作成した資料、撮影した画像などのデータをバックアップする方法です。 これらのデータは一度失ったら二度と戻ってきません。 一方、ワードやエクセルなどのプログラムは、仮に失われても、もう一度インストールすれば使えるようになります。 したがって、より大切なデータを集中的にバックアップするわけです。 ほとんどの製品は、両方の機能を持っていますが、利用するときは、どちらの方法でバックアップするのかを意識するとよいでしょう。 では、おすすめのバックアップソフトを紹介していきましょう。 Acronis True Image 2018(アクロニス・ジャパン)~ランサムウェアからの保護も提供 バックアップソフトの定番として知られている製品が「Acronis True Image 2018」です。 米国のアクロニス社が開発した製品で、最初のバージョンは2002年にリリースされています。 歴史のあるソフトだけに安心して使える点、バージョンアップのたびに機能が充実している点が特長です。 Acronis True Image 2018。 高機能の定番バックアップツール。 画面にイラストが多用されて、初心者に分かりやすいのも特徴です 製品構成は、以下の3つになります。 STANDARD……5,480円 税込 永続版• ADVANCEDとPREMIUMは年間使用料を支払えば、自動的にバージョンアップされます。 機能の違いはを参照してください。 Windowsのシステム全体はもちろん、特定のデータだけをバックアップすることも可能です。 ADVANCEDは250GB、PREMIUMは1TBのクラウドストレージも利用できます。 最新版では、ランサムウェアを自動的に検出・ブロックし、暗号化されたデータを元に戻す機能が追加されました。 また、モバイルデバイスのバックアップにも対応しています。 必要なモバイル用のアプリは、App StoreやGoogle Playから無償でダウンロードして利用できます。 画面が分かりやすく、操作性が優れているのもAcronis True Image 2018の特徴です。 イラストが多用されたフレンドリーな雰囲気なので、「バックアップはよく分からない」という方にも、安心しておすすめできる製品だと思います。 ファイナル丸ごとバックアップのメインメニュー。 ユーザーインターフェイスが新しくなっています 最新版はユーザーインターフェイスが新しくなり、複数台のPCを持っているユーザー用に、従来の1台用に加えて3台用も用意されました。 価格は次のとおりです。 ダウンロード版……1台版 3,693円 税込 歴史のあるソフトだけに、必要な機能は十分揃っています。 データを細かく設定してバックアップできるだけでなく、必要最小限の設定だけで自動バックアップできる「おまかせバックアップ」が用意されているのは、パソコン初心者には安心でしょう。 さらに、Windowsが起動しなくなった場合に備えて起動ディスクを作成する機能、バックアップをスケジュールして作業中にバックアップする機能も用意されています。 3台版も提供されているので、バックアップするパソコン台数が多い方には、特におすすめです。 4」は、アーク情報システムという国内企業が開発した製品です。 4」についても、ファンクションが販売とサポートを担当することになりまた。 一方、アーク情報システムは開発に専念するということです。 4」は実績も機能もまったく問題ない製品です。 たとえば、保存先を選ぶだけでシステムドライブをバックアップできる「簡単バックアップ」、一定間隔で増えたデータだけを増分バックアップできる「タイムスライスバックアップ」など、機能も豊富です。 パッケージ版の製品構成は、StandardとProfessionalの2種類で、それぞれ1台用と3台用が用意されているのも親切だと思います。 なお、アカデミック版や乗り換え版もあるので、詳細は製品ページを確認してください。 無料で使えるバックアップツール。 さらに、ファイルが変更されると自動的にバックアップを実行する「スマートバックアップ」という機能も用意されています。 Windowsにも標準でバックアップ機能はありますが、機能は多くはありません。 Windows標準の機能だけでは対応できない場合は、EaseUS Todo Backup Freeを試してみるとよいと思います。 なお、有料版を利用すれば、Outlookデータのバックアップ機能やサポートも利用できます。 個人活用なら無料版でも十分だと思いますが、まずは試してみて、機能不足を感じたら有料版に移行するのもよいと思います。 【関連サイト】 クラウドストレージを活用してデータバックアップ 最近は、DropboxやOneDriveなどのクラウドのストレージサービスも手軽に利用できるようになりました。 大切なデータは、こうしたクラウドストレージに保存するのも、1つの考え方です。 ほとんどのクラウドストレージは、堅牢で頑丈なデータセンターで運用されているため、データが失われることはまずありません。 また、クラウドに保存しておけば、万が一、手元のパソコンが故障しても、データは残ります。 したがって、大切なデータをクラウドに保存することは、データのバックアップという観点からも理にかなっています。 ただし、クラウドストレージでできるのは、あくまで「データのバックアップ」です。 あくまで、自分でファイルを保存する必要がある点に注意してください。 以下に代表的なクラウドストレージサービスを挙げておきますので、関心のある方は、調べてみてください。 Dropbox() 有名なクラウドストレージサービスで、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、さまざまなデバイスで利用できます。 無料だと2GBまで利用でき、有料プランに切り替えることで容量を増やすことができます。 OneDrive() マイクロソフトが提供しているクラウドストレージサービスです。 MicrosoftアカウントでWindows 10を利用しているなら、無料で5GBまで利用できます。 Office 365を利用すると1TBまで利用可能になります。 また、それとは別に有料で容量を増やすこともできます。 Googleドライブ() Googleが提供するクラウドストレージです。 Gmail、Googleフォトを合わせて15GBまで無料で利用できます。 有料で容量を追加することもできます。

次の