イベルメクチン コロナ 臨床。 イベルメクチンで世界はコロナから救われるでしょうか?っていうか、なん...

【おすすめ】新型コロナ治療薬候補 日本発イベルメクチンが世界を救う!? アビガンに続き臨床試験

イベルメクチン コロナ 臨床

抗寄生虫薬の「イベルメクチン」が新型コロナウイルス感染症の治療に有効とする論文が8日までに取り下げられたことがわかった。 別の医学誌で取り下げられた論文とデータ提供元が共通しており、データの信頼性が疑われた可能性がある。 国内でイベルメクチンの臨床試験(治験)を予定する北里大学は計画に変更はないとしている。 取り下げられた論文は米ユタ大学などの研究チームがまとめていた。 新型コロナウイルスの患者にイベルメクチンを投与したところ、投与していない患者に比べて死亡率が約6分の1に低下したなどと報告していた。 専門家による検証(査読)は受けていなかった。 患者の臨床データは米データ分析会社の「サージスフィア」が提供した。 同社が関わった新型コロナウイルスについての論文は取り下げが相次いでいる。 4日には英医学誌ランセットが、抗マラリア薬の効果についての論文を著者らが撤回したと発表した。 同じく4日には米医学誌ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシンから、降圧薬の影響を調べた論文の撤回が発表されている。 北里大学・大村智記念研究所の花木秀明センター長は「新型コロナに対するイベルメクチンの効果は、別の論文で実験室レベルで確かめられている。 国内での治験は予定通り進める」と話した。 イベルメクチンは2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授が開発した。 アフリカなどで寄生虫による感染症の撲滅に効果を上げている。

次の

【コロナ治療薬】日本発の「イベルメクチン」!豪州で臨床実験!救世主になるか?

イベルメクチン コロナ 臨床

イベルメクチン 日本の大村智氏が放線菌から開発したイベルメクチンが、新型コロナウイルスを抑制できることが分かってきました。 ウイルス感染が世界に広がるなか、オーストラリアの大学が4日アタマジラミ症などの寄生虫感染症の治療薬イベルメクチンが新型コロナウイルスの抑制に効果があったと発表したのです。 イベルメクチンは、2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した北里大学特別栄誉教授・大村智博士が発見しました。 1979年、大村智氏が北里研究所にいたときでした。 静岡県伊東市川奈の土壌から採取した放線菌の一種(Streptomyces avermitilis)にアベルメクチンという物質を作り出す能力があるのを発見しました。 この物質がマウスに寄生した線虫を殺す作用があることがわかりました。 初めは、ウシなど家畜の寄生虫感染症に効く薬として開発されたものでした。 アベルメクチンから開発されたイベルメクチンにある効果が見られました。 それは、発展途上国の人々を苦しめていた河川盲目症(オンコセルカ症、ブヨにより感染)という寄生虫感染症に対してです。 そこで、人間用のイベルメクチンが開発されることになったのです。 そしてイベルメクチンは、象皮病にもなるリンパ系フィラリア症(カにより感染するフィラリアという蠕虫による寄生虫感染症)にも効果があることがわかりました。 この感染症は、世界で数千万人が感染しているとされる糞線虫症(糞線虫が消化器官に寄生する寄生虫感染症)、です。 イベルメクチンが、特に熱帯・亜熱帯地域の発展途上国で多くの人を救ってきました。 新型コロナ感染症が世界的に勢いを極めています。 治療薬の開発は差し迫った課題です。 このウイルスに対しては、これまで抗インフルエンザ薬のアビガン、抗エイズウイルス薬のカレトラ、エボラ出血熱の治療薬のレムデシビルなど様々な医薬品が試されてきました。 特にアビガンの効果は、現在のところ認められています。 その治療薬の候補薬に名乗りを上げたのが、イベルメクチンです。 オーストラリアのビクトリア感染研究所の研究グループが、イベルメクチンを試したところ、新型コロナウイルスの増殖を抑え、ウイルス数を劇的に減少させる可能性があることを発表しました。 年間3億人の治療に使われる寄生虫による感染症治療薬です。 1979年位発見されたわけですから、、オーストラリアなどですでに30年以上も使用されているとのことです。 オーストラリア南東部メルボルンのモナッシュ大学の研究チームが発表したものは、アタマジラミ症などに使われる抗寄生虫治療薬のイベルメクチンが実験の結果、新型コロナウイルスの抑制に効果があったとしています。 1回量のイベルメクチンで新型コロナウイルスの複製を48時間以内に止めることができました。 モナッシュ大学では、今後イベルメクチンの臨床試験を行いできるだけ早期に新型コロナウイルスの治療薬として応用したいとしています。 新型コロナウイルスに効いてくれることを期待しています。 このままですと、世界がおかしくなってしまうような気がします。 コロナウイルスが長期化すれば経済的に多くの人々が亡くなります。 新型コロナウイルスを99. 98%も抑制 イベルメクチンは寄生虫感染症の薬剤です。 HIV-1(ヒト免疫不全ウイルス)のタンパク質生成を阻害することが確認されています。 インフルエンザウイルスなどのRNAウイルス、狂犬病ウイルスなどのDNAウイルスの感染を防ぐことが実証されているようだというのですから、相当優れた薬に思えます。 米国のFDA(食品医薬品局)にも承認されていることが重要です。 イベルメクチンが約30年間に渡って人間の寄生虫感染症の薬剤として広く使用されてきたことです。 イベルメクチンが新型コロナウイルスの増殖を抑えることができれば、世界各国の薬事承認の過程を省くことが予想されます。 イベルメクチンのストックも大量にあり、生産ラインもすでに整備されています。 大村智氏は特許を放棄したことから、特許も切れているので必要としている国々に供給できるはずです。 イベルメクチンの安全性は、アビガン同様、妊娠中の使用に関してはっきりとわかっていません。 ただ、今のところ、有害事象の報告はないようです。 新型コロナウイルスは、SARSウイルスとよく似ていいます。 そのことから、イベルメクチンも新型コロナウイルスに効く可能性があることを期待されています。 研究結果では、イベルメクチンを使ってから24時間後に新型コロナウイルスのRNAが93%減少し、48時間後には99. 98%減少したことを観察されています。 また、イベルメクチンによる毒性作用は見られなかったということです。 アビガンに続いてイベルメクチンは、なんと優れた薬なのでしょう。 これこそがDの意思を継ぐ者、日本人だと思ってしまいました。 まとめ 大村智氏が放線菌から開発したイベルメクチンが、新型コロナウイルスを抑制できる イベルメクチンを使ってから24時間後に新型コロナウイルスのRNAが93%減少し、48時間後には99. 98%減少した Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の

【おすすめ】新型コロナ治療薬候補 日本発イベルメクチンが世界を救う!? アビガンに続き臨床試験

イベルメクチン コロナ 臨床

画期的な薬剤:イベルメクチンはコロナウイルスに対して「驚異的な」結果を示す newsmax 2020年5月22日金曜日23:16 Google翻訳 米国および海外での複数の試験からの金曜日のレポートは、寄生虫感染を治療するためにFDAによって既に承認された薬剤が「驚異的な」結果を示しており、SARS-CoV-2ウイルスを根絶するための取り組みの突破口を表す可能性があることを示しています世界的なパンデミック。 医師は、いくつかの国でいくつかの同時試験でイベルメクチン薬を投与したことがあり、他の一般的な薬物療法と併用することもあります。 研究に参加した医師は、患者のウイルス量が、寄生虫、疥癬、アタマジラミとの闘いが承認された広く利用可能な処方薬であるイベルメクチンの投与を開始したほぼ直後に減少し始めたと報告しています。 COVID-19患者には承認されていませんが、臨床試験に詳しい医師は患者の結果を劇的だと説明しました。 フロリダ州パームビーチ郡の救急医であるピーターH. ヒバード医師は、金曜日の夕方の独占インタビューでニューズマックスに語った。 COVID-19医薬品として使用するためのFDA承認を獲得しています。 彼はそれが複数の大陸での臨床試験で医師に感銘を与えたと述べました。 「ここには共通点があります」とヒバード氏は言います。 「この薬は人々を死の床から救い出しています。 」 いくつかのケースでは、医師はイベルメクチンの1回の投与だけで患者の状態を著しく改善したと報告しました。 米国の患者は単回経口投与を受け、一部の患者は7日後に追加投与を受けました。 寄生虫感染についてはFDA承認の用量を使用した。 オーストラリアのビクトリア州の研究者が来月の抗ウイルス研究ジャーナルに発表する研究が試験管内のウイルスを一掃したことを示した後、この薬は最初にコロナウイルス治療の可能性があるとして浮上した。 木曜日に、フロリダ州フォートローダーデールのブロワードヘルスメディカルセンターにいるジャンジャックレイター博士が率いる米国の医師のチームは、調査結果を施設の審査委員会に提出しました。 この研究に詳しい医療関係者によると、約250人のコロナウイルス患者がブロワード試験に参加しました。 情報筋によれば、結果は劇的で、「統計的に有意な死亡率の改善」でした。 4月の初めに治療された最初の患者の血中酸素濃度は70%でしたが、数時間以内に50%まで低下しました。 インバーメクチン投与後、24時間以内に安定し、1週間で退院した。 一部の患者が緊急に薬を受け取っている間、FDAは5月1日に次の勧告を発表したことに注意することが重要です。 「人や動物でのイベルメクチンの使用は承認されていますが、予防または治療は承認されていません。 COVID-19の。 COVID-19を予防するために、医療提供者によって処方され、合法的な情報源から入手した場合を除き、薬を服用しないでください。 」 地球の反対側の別の試験で、バングラデシュの医師のチームは 金曜日に 、彼らがそこでイベルメクチンと一般的な抗生物質であるドキシサイクリンの組み合わせをそこで60人のコロナウイルス患者に投与したと報告しました。 そのチームは、薬を受け取ってから72時間以内に、患者のウイルス検査が陰性であり、4日目までに回復したと報告しました。 バングラデシュ医科大学病院の上級医師であるTarek Alam博士はインドのZeeNewsに、結果は「驚異的」であり、すべての患者が「完全な回復を経験した」と語った。 FDAが注意を払っている理由の1つは、薬物が他の薬物と相互作用し、場合によっては、吐き気、下痢、胃の痛み、めまい、突然の血圧低下、肝臓の問題、その他の副作用などの合併症を引き起こす可能性があることです。 TrialSiteNews. comによると、ゲイツ財団はフランスで3番目のイベルメクチンの臨床試験に資金を提供し ています。 ヒバード氏は、イベルメクチンの試験は、ワクチンへの架け橋を提供し、ウイルスを捕まえる下側リスクを潜在的に減らす「効果的な治療法」であることを示していると語った。 「それは私たちが仕事に行くことができて心配する必要がないことを意味します」と彼は効果的な治療薬を持っている見通しについて述べました。 「あなたはそれをキャッチし、私たちはあなたを扱い、私たちは国として前進します。

次の