コバ ステッチ 手縫い。 Obells - 革工房オーベルズのコンセプト

コバステッチとは何の意味? 便利な段付き押えの使い方

コバ ステッチ 手縫い

ミシンのように手縫いにも返し縫いがありますよ。 玉結び 手縫いをするときに、糸が抜けてしまわないように結んでおきます。 これを玉結びと言います。 かた結びなどは玉が小さく抜けやすいので、玉結びをしましょう。 A、親指で糸端を押さえながら、人差し指に1回まきつける B、糸を押さえながら、親指と人差し指をすべらせ糸をより合わせる C、人差し指でよりをおさえたまま糸を引く D、玉結びの完成! 返し縫い(返し針) 玉結びをして縫い始めますが、力が加わると抜けてしまうこともあります。 返し縫いをしておくと抜けにくく安心です。 A、ひと針縫ったら、同じ個所をもうひと針縫う B、初めに針を刺したヶ所にもう一度針をいれたら、ふた針先に針を出す C、そのまま縫い進める 縫い方 手縫いの基本の縫い方です。 何を縫うにも使える縫い方ですので、覚えておきましょう。 なみ縫い 基本の中の基本となる縫い方です。 縫った糸は引きすぎず、ふんわりと仕上げます。 半返し縫い ひと針縫って、ひと針の半分戻る。 ひと針縫ってひと針の半分戻る。 を、繰り返す縫い方です。 力の加わる箇所などに半返し縫いをすると、しっかり縫えます。 表から見るとなみ縫いのようになっています。 裏はこんな感じ。 本返し縫い ひと針縫ったら、ひと針戻る。 を、繰り返す縫い方です。 半返し縫いよりもさらに丈夫に縫えるので、よりしっかりと縫いたいときに便利です。 表から見ると縫い目がつながっています。 裏から見るとこうですよ。 縫い終わり 縫い終わったら、なんとなく結んで終わり。 ではなく、せっかくきれいに縫えたのなら 最後までしっかりと終えてあげましょう。 返し縫い(返し針) 縫い始め同様、縫い終わりにも返し縫いをするといいですね。 玉どめ 縫い始めと同様に、返し針をしてから結びます。 縫い終わりに合わせてきちんと結べると、ゆるみも出ずきれいに仕上がりますよ。 少しコツは必要ですが、慣れれば簡単ですので頑張りましょう。 A、針を糸が出ている根元にあて、針に糸を2. 3回まきつける B、巻き付けた糸が根元に近くなるようにきゅっと糸を引っ張る C、緩まないように巻いた糸を左手の親指で押さえ、針を抜く D、玉どめの完成! このまま玉どめのすぐそばで糸をカットしても良いのですがここでひと手間! ひと針だけ、玉どめのすぐ近くの布をすくってから糸をカットすると糸端が隠れてすっきりとします。 いかがでしたか。 玉結び、玉どめ、なみ縫いに加えて返し縫い。 これだけ覚えておくと手縫いで作れるものがぐんと増えますよ。 また、仕上がりも今までよりちょっと上出来に! 是非、覚えてたくさんの手作りを楽しんでくださいね。 当サイトnunocoto fabricで販売している 生地はすべて商用利用可能です。 催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。 また、サイト内で紹介している 無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。 ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。 こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、 無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。 nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。 申し訳ございません。

次の

なみ縫い・半返し縫い・本返し縫いの仕方(手縫い)

コバ ステッチ 手縫い

準備 身頃と見返しを裁断しておきます。 見返しには多くの場合、接着芯が貼られます。 これは衿ぐりの形状を保持する目的ともう1つ、縫い代に切り込みを入れるので補強効果を目的としています。 接着芯の有無や貼る箇所はパターンやレシピに指示が記入されているのが一般的ですので、そちらの指示に従ってください。 肩線を縫い合わせる 身頃の肩線と見返しの肩線を縫い合わせ、縫い代はアイロンで割ります。 その後、見返しの端はロックミシンで始末しましょう。 出来上がり線でミシン 身頃の衿ぐりと見返しの衿ぐりを中表に合わせて、出来上がり線にミシンをかけます。 縫い代を整理する ここから見返しを裏側に折り返して行くのですが、このままでは縫い代がつかえてきれいに折り返すことが出来ないので、あらかじめ縫い代を整理します。 まず縫い代の幅を7mm程に揃えて裁ち落とし、更に縫い代全体に縫い代の半分程度の深さまで切り込みを入れます。 切り込みの過不足は、実際に縫い代を折り返してみるとわかります。 切り込みを入れたのにきれいに折り返らない場合は切り込みが不足していますので追加してください。 ただし、あまり余分な切り込みが入り過ぎると強度も落ちますし表にあたりが出て美しく仕上がりませんので少し注意が必要です。 実際に折り返して見ると、カーブのきついSNP付近がもっとも多くの切り込みが必要な事がわかると思います。 逆にカーブの緩やかなところはほとんど必要ありません。 裏コバステッチをかける 縫い代を整理したら、縫い代を見返し側に軽くアイロンで片返しをしてコバステッチをかけます。 下図のように、縫い代と見返しだけにコバステッチを入れますが、このミシンは表側からは見えませんので裏コバステッチと呼びます。 裏コバステッチは着用すれば表からは見えない部分ですので、多少幅が広くなったり曲がったりしてもあまり気にしなくても大丈夫。 ゆっくり丁寧に進めましょう。 one point ここで解説した裏コバステッチの他に、身頃の表側から見返しまで通してコバステッチもしくは広幅のステッチを入れる場合もあります。 違いはミシンが表側から見えるか見えないかという点。 目的としてはどちらも切り込みをいれた縫い代がほつれるのを防止する事と、衿ぐりの形状を安定させる事です。 目的に違いはありませんので、デザインでどちらにするかをチョイスして良いと思います。 表側からステッチを入れる場合はここではなく、次の工程6の後でミシンをかけましょう。 アイロンをかける 裏コバステッチが入ったら、衿ぐりを出来上がりの状態にアイロンで整えましょう。 見返しが既にステッチに固定されているので、衿ぐりにキセがかからず綺麗に手早くアイロンがかけられるはずです。 見返し端を固定する 綺麗に整ったら、最後に見返し端を身頃にミシンで固定します。 裏面から見返しの端をぐるりと縫い留めましょう。 しつけをかけてからミシンで縫い留めると、失敗なく綺麗に仕上がります。 衿ぐりのステッチを表側からかける場合はここで一緒に縫いましょう。 見返し端を固定するステッチに関しては、ミシンをかけずに浮かせたままにする場合もあります。 これだとペラペラとめくれやすくなりますので、肩の縫い代にまつりで軽く固定すると良いでしょう。

次の

コースターの作り方、ハギレで作れる簡単レシピ

コバ ステッチ 手縫い

菱目打ちは斜めに打ち込まないように気をつけましょう。 (斜めに打ち込むと表と裏で穴の位置がずれてしまいます)• 菱目打ちのピッチは、厚手の革を使う部分や、大きなものを作るときは、ピッチの大きい目打ちを、薄手の革を使う部分や、小さなものを作るときは、ピッチの小さいものを使いましょう。 きっちりした穴をあけると、縫製のときに糸もきれいに入り、ステッチがきれいにきまります。 (は、そのままお使いいただいてもきれいな穴があきますが、その他の菱目打ちは、刃先を整えてから使ったほうがいい場合もあります。 目打ちをしばらく使わないときは、油をしみこませた布で刃先を拭いておくと刃先のサビ防止になります。 作り方 1. 手縫いの線をひく ステッチ用の穴をあけるためのガイドラインを、革の端から等間隔に引きましょう。 糸の反対側の先も同じようにしごいて糸の両端を先細にしてください。 ステッチンググルーバーを使う場合 革の吟面に溝が彫られるので、縫ったとき、溝に糸が沈み込み糸切れの防止にもなります。

次の