ライン 削除 の 取り消し。 【新機能】LINEのメッセージを削除して相手側からも消す方法 | verizonbienvenido.dja.com

【LINE】送信メッセージ「取り消し」方法──通知で相手にバレないか、削除した場合の対処法なども解説

ライン 削除 の 取り消し

メッセージの「削除」機能ってなあに? まず「 LINE」のトーク画面での「削除」機能は、「自分の端末上でメッセージを整理するために表示させなくする(削除する)」ものです。 削除できる対象は自分のトークも相手のトークも両方です。 削除したいトークを長押ししたら、このように「削除」と「送信取消」という項目が両方出てきます。 「削除」をタップすればそのトークが削除されます。 「削除」したら相手側にバレる? メッセージを削除すると、自分のトーク画面上では消えますが、相手のトーク画面上では何も変化が起こらないのが特徴です。 したがって削除したことが相手にバレるということはありません。 メッセージの「送信取消」機能ってなあに? 一方「 LINE」のトーク画面での「送信取消」機能は、「間違えて送信してしまったメッセージをなかったことにする(取消する)」ものです。 取り消しできる対象は自分が 24時間以内に送ったトークのみです。 「削除」の場合と同じようにトークを長押しし、「送信取消」をタップするとそのトークが取り消しされます。 「送信取消」したら相手側にバレる(本当になかったことに出来る)? メッセージを「送信取消」すると、自分のトーク画面上には送信時刻と「メッセージの送信を取り消しました」という表示が残ります。 したがって、メッセージを取り消ししたことは相手にバレてしまい、完全になかったことにできるというわけではないようです。 上手な使い分けや注意点 このように、「削除」と「送信取消」ではその対象や相手への影響が違ってくるので、それぞれ目的によって使い分ける必要があります。 トーク画面の整理のためには「削除」、一度送ったメッセージを消したい時には「送信取消」と簡単に覚えておきましょう。 また、どちらの操作も一度行うと元に戻すことはできません。 相手が「 LINE」をバージョンアップしていないと「送信取消」が機能してくれないケースもあるようなので、利用時にはよく確認したいですね。 メッセージ取り消し後、通知はどうなる? メッセージをの「送信取消」を行うと、通知はどうなるのでしょうか?iOSとAndroidの場合に分けて説明します。 iOSの場合 iOSで「送信取消」を行った場合、トーク画面上だけでなく、通知も消してくれます。 しかし相手が通知を見たかどうかの判断はつきません。 「送信取消」を行っても、すでに通知は相手に見られている可能性があります。 Androidの場合 相手がAndroidの端末を使っていた場合、こちらが「送信取消」を行っても、通知は消えません。 そのため、相手がメッセージの通知設定をオンにしている場合、一度送ってしまったメッセージは確実に見られてしまいます。 LINE取消しのリスクとは?! たとえ送信後すぐ「送信取り消し」をした場合であっても、相手の LINEの設定によっては通知で取り消したメッセージの内容がすべて見えてしまっている場合もあるのです! このように、即座に送信取り消しを押せば、ぎりぎりセーフ ……と思いきや、 たとえば「ポップアップ表示」でメッセージ内容が読めるようにしている場合、このようにリアルタイムで相手の待ち受け画面には表示されてしまっています。 さらに、トーク画面一覧でメッセージ内容の一部が見えてしまう場合にも表示がされてしまっており、内容が見られてしまうこともあります。 これらの場合は、どんなに送信後すぐ「送信取り消し」をしたとしても、すでに相手のスマホ画面には表示されてしまっており、その表示までを取り消すことはできません。 これを防ぐためには、送信相手に LINEの通知設定を内容が見えないものに変えてもらう以外に方法がないため、あまり現実的ではありませんよね。 自分でできる誤爆対策とは? そこで、自分でできる誤爆対策を徹底するしか事前に防ぐ方法はありません。 相手を間違えないように慎重に確認してから送付することはもちろんですが、それ以外に以下 3つの方法を設定しておくと誤爆を防ぐことができます! 名前を間違えないように分かりやすく設定しておく LINEを使用している方の多くは、フルネームの本名ではなくニックネームや下の名前のみ、時には誰だかわからない表示名にしている場合も多くあります。 何度もやり取りをして慣れていればアイコンやニックネームでも誰だかわかるかもしれませんが、相手がアイコンを変更した場合や、焦っているときなどは危険です。 そこで、表示名を自分がわかりやすい名称や本名に変更しておくと間違えることがなくなるのでおすすめです。 変更しても相手に通知されることはありません。 1回だけ会って連絡先を交換した人で「この人誰だっけ ……?」となってしまうこともなくなります。 相手に合わせて背景を変えれば誤送信リスクも減る!? 次に、相手に合わせてトーク画面の背景を変えておくと、文章を打っている時点で相手が違うことに気づけるので便利です。 相手の顔写真にしておけば間違えることは絶対になさそうですね! スタンプの設定は「スタンププレビュー」で誤送信防止! さらに、スタンプを送るのにはあまりふさわしくない上司や目上の方などに、手が滑ってついうっかりふざけたスタンプを送ってしまった ……なんてこともあると思います。 そんな事態を防ぐためには、スタンプの設定を「スタンププレビュー」 ONにしておけば、送信前にスタンプが大きく表示され、再度タップしなければ送信されない仕組みになっています。 事前に再確認をしてくれるので、間違えて送ってしまうこともなくなりますね! このように、そもそも間違えないように気を付けるだけでなく、「間違えにくい仕組み」にしておけば、ついうっかり誤爆をしてしまうことが防げます。

次の

【LINE】間違えて「削除」したメッセージを「送信取消」する方法

ライン 削除 の 取り消し

目次 CLOSE• ブロックで代用できる場合も多い LINEには、ブロックという機能が備わっています。 これを利用することで、自分の投稿が相手のタイムラインに表示されなくなりますし、相手からのメッセージが表示されることもありません。 実質、友達として登録はしているけれど存在しないような状態になります。 これを上手く利用すれば友達を削除しなくても、何とかやり抜くこともできるでしょう。 友達削除をするのは抵抗があると感じる人は、相手をブロックするということでも代用はできるので覚えておきましょう。 スポンサーリンク 友達一覧に名前を残さない方法が「削除」 それでも、友達の一覧にその人が存在するのが嫌だという場合もあるでしょう。 そんな時は、友達の削除を考えていかなければなりません。 友達を削除すると、自分の友達一覧から名前が消えるばかりかブロックリストにも、相手のアカウントを残さないようにするので完璧に自分の友達一覧から消すことができます。 スポンサーリンク 友達を削除するのは簡単 では友達を削除することは簡単なことなのでしょうか? 友達を削除するには、まずはブロックリストに入れる必要があります。 そこから、編集をして削除をするという2つのステップを実行しなければなりません。 とは言っても、そのやり方は難しいことは何一つありませんし、簡単な操作が分かっていればすぐに実践が可能です! スポンサーリンク 一旦ブロックしてから削除へ まずは削除したい相手の画面を開いて、右上にある「V」の形をしたアイコンをタップします。 これはメニュー画面に繋がるアイコンになっていますので、選択をするとメニューが出てくるので、「ブロック」を選びましょう。 「ブロック」をタップすると、該当する友達がブロックリストへ移動します。 そこで、今度は「その他」から「歯車」アイコンをタップして、別画面を表示させます。 別画面が出てきたら、スクロールしていき「友だち」を選んで「ブロックリスト」をタップしてブロックリストを表示させます。 すると、さきほどブロックした友達が出ていると思いますので、「編集」から「削除」を選択していけば削除が完了します。 友達を削除することによって、LINEでは通知がされることはありません。 ですがタイムラインの状況などで相手に気付かれる可能性は残されていますので、注意が必要です。

次の

【LINE】送信メッセージ「取り消し」方法──通知で相手にバレないか、削除した場合の対処法なども解説

ライン 削除 の 取り消し

LINEのメッセージは気軽に送れるため、うっかり相手を間違えて送信したり、タイプミスした文章を送ったりしてしまいますよね。 そんなときはメッセージを削除しましょう。 メッセージの削除には2種類あります。 ひとつは自分のトークルームのメッセージのみを「削除」 この場合、相手のトークルームのメッセージは消えない 、もうひとつはメッセージの「送信取消」です。 メッセージを「削除」する LINEのメッセージ「削除」は、自分のトークルームを整理したいときに使う機能です。 自分のトークルームではメッセージが消えますが、相手のトークルームにはメッセージが残っています。 メッセージを削除するには、削除したいメッセージを長押しして「削除」をタップし、削除したいメッセージにチェックを付け、「削除」を選びましょう。 確認メッセージが出るので、もう一度「削除」を押すと、自分のトークルーム上のみメッセージが消えます。 削除したいメッセージを長押しすると、「削除」などのメニューが表示されます• 削除したいメッセージは、チェックを付ければ一斉に削除可能です• 最後に確認のメッセージが出るので、「削除」を選びましょう メッセージの「送信」を取り消す LINEの「送信取消」は、送信して24時間以内であれば、相手のトークルームからメッセージを消せる機能です。 既読、未読のどちらでも取り消せます。 取り消せるのは、メッセージ、スタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、LINE MUSIC、URL、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴です。 送信を取り消したいメッセージを長押しし、「送信取消」を選択。 確認メッセージが出るので、「送信取消」を押しましょう。 これでメッセージの取り消しは完了です。 送信取消したいメッセージを長押しすると、「送信取消」の項目が出てきます• 確認メッセージが登場。 送信を取り消したい場合は、そのまま「送信取消」を選びましょう メッセージの送信を取り消すと、自分と相手のLINEに「メッセージの送信を取り消しました」と表示されるため、相手にはメッセージを取り消したことが伝わります。 スマホの通知欄に届いたLINEのメッセージは、OSによっては送信取り消し後も消えないことがあるので注意しましょう。 メッセージが取り消されました。 メッセージを取り消したことは相手に伝わるので、場合によってはトラブルの原因になることも。 送信取り消し後、なぜメッセージを取り消したのかを一言伝えるとよいかもしれません• 予めご了承ください。 関連記事•

次の