戴く 頂く。 頂くと戴くの違い!いただくは?一度覚えれば大丈夫♪

頂く/戴く(いただく)の意味

戴く 頂く

「いただく」の意味 「いただく」は「 物などを もらう」「〜してもらう」の謙譲語 「いただく」は「 物などを もらう」「〜してもらう」の謙譲語になります。 「お中元をいただく」「確認していただく」などと使います。 相手に対して「いただく」を使う場合は「いただきます」「いただきました」と丁寧語とあわせて使いましょう。 「お中元をいただきまして、誠にありがとうございます」「部長に確認していただきました」などとなります。 「いただく」の意味は「食べる、飲む」の謙譲語でもある また「いただく」は「食べる、飲む」の謙譲語の意味もあります。 食事をする際の「いただきます」は、「食べる」の謙譲語で「食事に携わってくれた人」や「食材そのもの」への感謝と敬意を込めて使います。 目上の人に対しても「お土産のお菓子、休憩時間にいただきました」「良ければこのお菓子いただいていってください」と使うことが出来ます。 「いただく」「頂く」ひらがなと漢字の違いとは? 「いただく」を漢字にすると、 「頂く」になります。 「頂」を使った言葉には、「山頂」「頂上」「頂点」などがあります。 このことから分かるように「頂」には、「一番上・てっぺん」といった意味があります。 「頂く」にする場合、「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 逆に「いただく」を「頂く」と漢字表記ではなく、平仮名表記にしなくてはいけない場合があります。 「いただく」を平仮名表記として使う場合は、補助動詞として使用するときです。 ひらがなで「いただく」と書く場合は、 「何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解です。 「〜して頂く」「させて頂く」は誤りになります。 また食事前の挨拶である「いただきます」も、ひらがなで表記するのが正しいです。 動詞は漢字表記、補助動詞は平仮名表記と覚えておきましょう。 <「頂く」の誤用> ・(誤)会議の後、私のところまで来て頂けますか。 (正)会議の後、私のところまで来ていただけますか。 ・(誤)今日はお休みさせて頂きます。 (正)今日はお休みさせていただきます。 ・(誤)こちらをお召し上がり頂けますか。 (正)こちらをお召し上がりいただけますか。 「頂く」と「戴く」の違い 「いただく」を漢字で表すとき、「頂く」の他に 「戴く」と表すこともできます。 「頂く」は、前述したように「食べる・飲む」の謙譲語、「もらう」の謙譲語として使用します。 一方で 「戴く」は、「ありがたく受ける」「もらう」の謙譲語として使用します。 「戴」を使った言葉には、「戴天」「戴冠」などがあります。 このことから分かるように「戴」には、「高く物を捧げる」「ありがたく受ける」という意味があります。 「戴く」は相手が自分より非常に上である場合や、品物に関わるときに使用されます。 「頂く」は自分の動作に対して使われることが多いのに対して、「戴く」は物品に対して使われることが多いです。 「戴く」は「頂く」と違い、「大切にする」という意味は含まれないのでもらった品物を大切に保管するという意味で使う場合は、「頂く」と書く方が良いでしょう。 「頂く」と「戴く」の使い分けの例としては以下のようになります。 お菓子を頂く・・・(自分が)お菓子を食べる お菓子を戴く・・・お菓子を受け取る お土産を頂く・・・お土産を大切にする お土産を戴く・・・お土産をもらう 「頂く」か「戴く」で迷った場合は、「いただく」でも大丈夫! 「頂く」と「戴く」、2つの言葉の意味するところが同じであれば、どちらを使っても間違いないということになります。 「頂く」か「戴く」か、 どちらを使うか迷った場合、平仮名表記で「いただく」と書いても全く問題ありません。 また「いただく」ではなく、「頂く」か「戴く」で、 迷った場合は「頂く」を使います。 理由としては「頂く」は常用漢字であり、普段はこちらを使うことが多いからです。 「戴く」は常用外漢字のため、通常ではあまり使うことはありません。 「いただく」の類語 頂戴 「頂戴(ちょうだい)」は、 「もらったものを恭しく頭上にいただくこと」という意味になります。 「頂戴」は、「頂く」「戴く」という言葉以上にうやうやしさが深まります。 「頂戴」は、人から何かをもらったり、もらったものを飲食したりするときに使う言葉で、自分のことをへりくだっていう謙譲語です。 「頂戴」は、一般的に 「頂戴する」「頂戴します」「頂戴しております」といったように使います。 「頂戴します」をより丁寧にした表現に「頂戴いたします」があります。 しかしこれは「頂戴」と「いたします」で二重敬語になってしまうため注意が必要です。 例えば、目上の相手から品物や書類をもらった時に「ありがたく頂戴します」というように使うことができます。 <「頂戴」の例文> ・この度は、貴重なご意見を頂戴し誠にありがとうございます。 ・ご丁寧なお見舞の御品まで頂戴し、本当にありがとうございました。 ・先ほど頂戴した資料についてお聞きしたいことがあります。 賜る 「賜る(たまわる)」は、 「もらう」の謙譲語と「与える」の尊敬語の2つの意味があります。 「もらう」の謙譲語としての「賜る」は、「目上の相手からものをいただく・ちょうだいする」という意味を持ちます。 「与える」の尊敬語としての「賜る」は、「目上の相手が物などをくださる」という意味を持ちます。 目上の人が、目下の人になにかをくれる(与える)という状態を表します。 「賜る」は、目上の相手の厚意からくる、物品や意見などの言葉を受け取る際に使います。 「賜る」や「賜ります」は、 比較的相手を敬う意味合いが強いので、ビジネスシーンで使うことが多いです。 とても丁寧な表現になるためとてもスケールが大きくなります。 そのため、上司などから受けた厚意であっても親しい間柄や何度もあるようなことで使うことは、かえって軽い印象になってしまうので使い方や使い過ぎには注意が必要です。 過剰な敬語使用とみられたり、慇懃無礼(いんぎんぶれい)な印象を与える場合があります。 <「賜る」の例文> ・結構なお中元の品を賜り、ありがとうございました。 ・この度は、お心尽しの品を賜りまして、誠にありがとうございます。 ・立派なお品を賜りまして、本当にありがとうございます。 たいへん重宝しております。

次の

「頂く」と「戴く」の意味と使い方とは? 【ビジネス用語】

戴く 頂く

ビジネスメールなどで使うことが多い「頂く」「戴く」という言葉。 両者の正しい使い方をご存知でしょうか。 そこで今回は、「頂く」と「戴く」の違いや例文に加え、ひらがなの「いただく」の使い方についても調べてみました。 主な意味としては、「頭の上にのせる」「もらうの謙譲語 目上の人から金品をもらうことや恩恵となるような動作を受けることを、受け手を低めていう言い方 」「食べる・飲むの謙譲語」などです。 また、補助動詞として使う場合には、「動作を受ける意 ほめて- 」「動作をしてもらう意 お待ち- 」「動作についての許しを願う謙譲表現 待たせて- 」として用いられます。 よって、常用漢字を用いるとされている教科書や公文書などで、「戴く」が使われることはありません。 ビジネスシーンにおける文書などでも、常用漢字である「頂く」を使うようにし、基本的には「戴く」は使わないようにしましょう。 では、「戴く」はどんな時に使うのか。 「戴」という漢字一文字について調べてみたところ、「頭の上にのせる」「うやうやしく上にささげて持つ」という意味を持っており、即位する際に王冠を頭にのせる「戴冠」や、つつしんでいただく「奉戴」といった言葉に使われています。 一方「頂」は、「物の一番高いところ」という意味を持ち、「山頂」「頂点」などの言葉に使われています。 このことから、「頂く」よりも「戴く」の方がより重々しく、うやうやしいニュアンスがあるのが分かります。 よって、相手が自分よりも非常に上でかしこまるような場合には、"あえて「戴く」を使う"ことで敬意を強調するという使い方が好ましいと考えられます。 とは言え、「戴く」は常用外漢字ですから、あくまでも個人的なメールやお礼状などでの使用にとどめた方が良いでしょう。 ひらがな表記の「いただく」 「頂く」「戴く」の意味には、補助動詞としての役割も記載されていましたが、具体的な例文をあげると、「先輩に仕事を教えていただいた」「ご足労いただきまして」となります。 この例文を見て「いただく」がひらがな表記になっていることにお気づきでしょうか。 内閣告示の「常用漢字表」では、「いただく」の使い方について以下のとおり示されています。 頂く 「物をもらう」という意味で用いるとき• いただく 「~していただく」のような用法のとき このように、補助動詞の場合には「ひらがな」で表記するのが好ましいとされていますので、覚えておきましょう。 ひらがな表記の「いただく」には、もうひとつの使い方があります。 補助動詞に限らず、文章の中で漢字ばかりが並んでしまう場合や、文章が硬くなるのを避けたい場合には、このひらがな表記の「いただく」をあえて用いると良いでしょう。 文章を見やすくしたり、柔らかいイメージにすることができますので、状況にあわせて使い分けましょう。 「先輩からお土産を頂いた」• 「課長に夕食をご馳走して頂いた」 戴く ありがたく受けるイメージ• 「社長賞を戴き、光栄に存じます」• 「著名人からサインを戴きました」 いただく 補助動詞• 「総会に出席いただきまして、誠にありがとうございます」• 「お褒めの言葉をいただき、大変うれしく思います」 今回は、「頂く」「戴く」の使い方に加え、ひらがな表記の「いただく」についてもご紹介しました。 相手との関係性や状況に合わせて、上手に使い分けるようにしましょう。

次の

頂く/戴く(いただく)の意味

戴く 頂く

まず基本的に「戴く」「頂く」という漢字については「頂く」の方が多く使われることになります。 また「頂く」という表記については平仮名の表記が多く見られます。 迷ったら平仮名でも差し支えないのですが、漢字を使いたいところではあります。 そのため、まず「頂く」という漢字について覚えるようにしましょう。 「頂く」という漢字は食べるやもらうを意味する謙譲語表現になります。 自分がへりくだり相手への敬意を示すのが「頂く」をはじめとした謙譲語の特徴です。 例えば贈り物やお土産、あるいは書類といった形のあるものを相手からもらう場合には「戴く」という漢字を使うことができます。 目に見えるものにしか使えないというのが「戴く」という漢字表現の特徴です。 逆に「頂く」という漢字については目に見えないものをもらう場合にも使うことができる表現です。 例えばアドバイスを頂くという場合には「頂く」という言葉が該当し、「戴く」は基本的に使えません。 何故ならアドバイスは形のあるものではないからです。 「戴冠」という言葉がありますが、これはタイトルを手にした時に使う言葉であり、本来の意味は冠を戴き、王位に即位するという意味合いがあります。 その際に冠は高く掲げられるために「戴冠」という言葉が使われるのです。 「戴く」という漢字には食べるというニュアンスはありません。 「いただきます(頂きます)」は食べるに言うフレーズとして一般的になっていますが、これは「頂く」という漢字から来ています。 「もらう」ニュアンスは「頂く」「戴く」それぞれにありますが、食べるニュアンスは「頂く」にしかありません。 そのため、何かを食べることを表現する場合には「頂く」を使います。 ただし食べ物をもらう場合には「戴く」を使うこともありますので、それを食べるのかまずはもらうだけかを見分けて使うようにしましょう。 物をもらう場合には「頂く」という漢字を使うこともできますが、「戴く」の方がより丁寧なニュアンスの言い回しになります。 「戴く」を使うと相手に仰々しく響く場合もありますので状況に応じた使い分けが必要です。 また「戴く」という表現は「頂く」よりももらうことを表現する強い要素があります。 「頂く」という言葉は、物をもらってからそれを保管しておくニュアンスまであります。 そのため、物に対してあくまでももらうニュアンスを強調したい場合には「戴く」を使った方がその状況に見合った表現ができるということになります。 「頂く」と「戴く」をもらうという動詞の謙譲語で使う場合には、「戴く」を使った方がより丁寧でフォーマルなニュアンスになります。 そのため、もらうという動詞を使う時に最大限の敬意を相手に示したい場合には「戴く」を使います。 例えば「本当に美味しかったです!私にとって最高のご馳走を頂きました!」といった形で使います。 この場合ご馳走を食べた(頂いた)という意味になるため「戴いた」は使えません。 何を頂いたかにより漢字を使い分けるのです。 例えば「いつもお気遣いいただき申し訳ありません。 ありがたく頂きます」といった形で使います。 この場合の「頂きます」は前後の文脈により、「食べる」「もらう」両方の意味合いで解釈することができます。 例えば「会社設立の記念品として素敵な彫刻を頂きました」といった形で使います。 彫刻を頂いた場合にはただ単に頂くだけではなくどこかに飾って保管しておく要素も入っているので「頂きます」という漢字表現を使います。 「社長からお土産を戴きました」という際に「戴きました」という漢字が使えます。 もちろん「頂きました」という表現を使っても間違いではないのですが、社長という会社のトップに対する敬意を込めて「戴きました」を使っているのです。 例えば「これまでの功績により素敵な賞とトロフィーを戴きました」となります。 「戴きました」を使い相手に最大限の敬意を示し、また「戴きました」という表現は賞をもらったことについても敬意を払った表現になります。 単に受け取るという意味合いですがビジネスでよく使われる言い回しです。 下記の関連記事は「受領する」を丁寧に、ビジネスで活用できるよう紹介したおすすめの内容になりますので、こちらも参考にしてください。 もらうという意味合いを最大限丁寧にした熟語であり、「頂く」や「戴く」と使う部分で置き換えて使うことができる表現です。 一般的に使われるのは名刺交換の場合です。 初対面の相手に対して最大限の敬語表現を意識するため「頂戴いたします」となるのです。 戴くと頂くの対義語は「差し上げる」 戴くと頂くの対義語は「差し上げる」です。 「戴く」も「頂く」もいずれも相手から「もらう」という意味があり、その反対の言葉は「あげる」になります。 そのため、「あげる」を丁寧にした「差し上げる」という言葉がこれらの言葉の対義語になるのです。 eatは「食べる」と直訳できる動詞ですがhaveは他にも様々な意味があり「食べる」を意味する場合もあります。 例文を参照してください。 I received a souvenir from the president. 「はかる」という言葉には、「いただく」以上にバリエーションがあり、特に数値を算出したり把握する際に使う「はかる」にもバリエーションがあるため、極めて使い分けが難しくなっていると言えます。 下記表にまとめましたので確認してください。 「はかる」のバリエーション• ・図る:考えることや企画をすること• ・計る:数や時間を数える場合に使う• ・測る:長さや高さ、深さや広さを数える場合に使う• ・量る:体積や容積を数える場合に使う• ・諮る:相談する• 「すすめる」も「いただく」同様に、同じような意味合いで違う漢字を使う言葉です。 下記表に違いをまとめていますので確認してみましょう。 「すすめる」のバリエーション• ・進める:物事を進行させる• ・勧める:とある行為を相手に促しはたらきかけること• ・薦める:人や物事のメリットを説明し取り入れるよう働きかけること• ・奨める:勧めると同じ意味で使われる 戴くと頂くを正確に使い分けられるようになろう! 戴くと頂くを正確に使い分けられるようなれば、ビジネスだけではなく日常生活での語彙も増やすことができます。 分からない部分を平仮名で書いてある書類やビジネスメールよりも、漢字でキチンと書いてあるものの方が説得力があります。 ここで紹介した戴くと頂くの使い分けを早速実践で試してみましょう!.

次の