浜 学園 算数 ついていけ ない。 新三年の浜学園と馬渕教室について質問です。

Web講義でつかんだ合格

浜 学園 算数 ついていけ ない

学校とは勝手の異なる算数に触れて、お子さんも見守っておられる親御さんも、不安になられているのですね。 勿論、算数だけではありません。 今後は国語や理科、社会についても上手につきあっていかなければいけませんから、良いタイミングでご相談くださいました。 中学受験とは親の(ご家庭の)受験であると常に言われてまいりました。 たしかにその通りだと思います。 ただ、それは「ご家庭でなにからなにまでやらねばならない」ということではなく、「ご家庭主導で、周りの力を最大限使い切る」ということであると補足しておかねばならないでしょう。 塾で学ぶ算数が難しいのは、思考力を重視する中学校が、求める中学生の姿を小学生から見出だそうとしているからです。 必ずしも一足飛びに目の前の難しい算数の問題をすべて攻略する必要はなく、それこそ心身の成長に伴って周りが育んでいくものであるという視点も重要です。 日能研の先生方の中には、ご家庭のご相談事には丁寧に応えてくださる方も多いです。 「こんなことお願いしていいの?」ということも全て相談して良いことなのです。 個別指導や家庭教師も例外ではありません。 まず「できていること」についての話から始まり、続いて「お子さんに何が起きているか」を分かりやすく説明してくれる第三者が必要です。 お子さんに受験のチャンスを与える、そうお決めになったご家庭の方針を疑う前に、まずは適切な第三者の力を借りて、お子さんの可能性を広げる手がないかを考えることをお勧めします。 お子さんの現状と塾の使い方に通じたプロと一緒に知恵を出し合えば、それなりに解決策が見つかることも多いものです。 もしお通いの塾の先生とじっくりお話しするのが難しそうでしたら、ぜひSS-1のやの利用もご検討ください。 まずは、一度お越しいただき計算問題を一緒に解くことから始めてみましょう。 この度はご相談いただきましてありがとうございました。

次の

公文 そろばん 無くても 見てよ 浜学園算数大丈夫だから

浜 学園 算数 ついていけ ない

お子様が、好きだった科目まで勉強したくないと言われると、お母様としては「これがきっかけで勉強嫌いになったらどうしよう。 」と、とても不安になられますね。 いただきましたご質問を整理すると、 1 浜学園と四谷大塚の学習を両立させるにはどうすればよいのか、 2 大手進学塾についていけなければ中学受験は無理なのか、の2点になると思います。 お母様にご確認していただきたいことは、2種類の受験勉強を並行して行う、何か特別なご家庭のご事情があるかどうかということです。 浜学園は関西を基盤とし大阪府、兵庫県、京都府、奈良県の中学受験を得意としている学習塾で、その指導カリキュラムや指導方法もこれらに特化したものになっています。 一方、四谷大塚はその基盤が関東であるため、関東地方の多くの中学校の受験に対応できるような指導カリキュラムや指導方法を採用しています。 そのため、同じ時期であっても学習する単元やその解き方に大きな違いが存在し、本格的な受験勉強を開始したばかりのこの時期には混乱を起こしがちです。 ですから、今は関西の中学を受験する予定でも、転勤などの関係で関東受験を視野に入れなければならないといったような難しい状況でないならば、いったんどちらかの学習に1本化され、その学習を完全にこなせるようにすることを初期の目標とされることをお勧めいたします。 その際に、浜学園のような大手進学塾に通うことが絶対に必要かというと、必ずしもそうではありません。 大手進学塾に通い、中学受験に活用する場合には、ある程度の事前準備が必要だからです。 お母様にご確認いただきたいもう一つの点は、お子さんが入塾してから困らないようにするため、事前の準備、学習習慣がどの程度できていたかという点です。 そのチェックポイントは以下のとおりです。 ノートがとれること。 家庭で授業内容を復習してから、宿題にとりかかること。 間違いなおしを通じて理解を深める学習であること。 返却された復習テストをチェックして理解を深めること。 テスト、プリント類をファイリングする習慣を持つこと。 ノートには日付、テキスト名、ページ番号、問題番号などが書かれていること。 間違いをなげくよりも、どうすれば正解できるかに意識を向けること。 もちろん、これらの全てが事前に出来ていなければ、大手進学塾の授業についていけないわけではありません。 しかし、できているお子様の方が有利なのも事実です。 もし、準備が十分でなかった場合は、上記の 1 、 2 、 4 に力を入れてみてください。 塾での5年生が始まってまだ3か月です。 夏休み前までを目途に、この3つのポイントができるようになれば塾についていくことも十分に可能です。 しかし、困難だと予想される場合は家庭教師や個人塾、個別指導といった選択肢もあります。 大手塾の主なメリットは、カリキュラムの完成度、毎月の実力模試があることとその受験母集団が一定以上のレベルでありかつ大きいこと、志望校別の指導システムがあることです。 ですから、個人塾などを選ばれる際には、2年後を見据えた学習計画が逆算的に立てることが可能かどうか、受験予定校への進学実績は十分かといった点を満たしたものをお選びください。 少人数塾には少人数ならではの「細やかな指導」も期待できますので、十分に中学受験が可能です。

次の

【中学受験】塾についていけない、成績が上がらないときの解決法は?

浜 学園 算数 ついていけ ない

浜学園の算数対策では時間の使い方の見直しがポイント 浜学園の学習システムについていけず、悩んでいるお子様が多いです。 どのような対策が必要なのでしょうか。 テストに追われる 浜学園では、頻繁にテストが行われます。 種類は主に3種類です。 毎回授業の前に実施される前回の学習内容を確認する復習テスト、1ヶ月に1回行われる公開学力テスト、志望校の合格可能性を判定する実力テストです。 浜学園のカリキュラムについていけていないお子様は、テストの点数がなかなか伸びません。 テストの成績でクラス編成が行われるため、プレッシャーになることもあります。 特に、毎回行われる復習テストに追われるお子様がとても多いです。 授業についていけないお子様にとってはストレスになります。 また、目先のテストで良い点数をとることにこだわりすぎて、直前の丸暗記に頼った勉強をしてしまうお子様もいます。 一時的に良い点数がとれたとしても、長期的にみると成績が下がる原因となります。 課題が多すぎる 浜学園は、徹底した復習主義です。 また、復習はお子様が自宅で行うというスタンスです。 そのため、授業で使用するテキストの解き直しや類題の演習など、復習をメインとした膨大な課題を出します。 授業についていけないお子様は、解いたり、理解したりすることに時間がかかり、全てをこなすことはできません。 多くの課題を与えられると、中途半端になり、次の授業にもついていけないという悪循環になる可能性があります。 浜学園の学習システムについていけない 浜学園の、授業、復習、テストというサイクルにうまくのり、ついていけるお子様は成績が上がるはずです。 しかし、全てのお子様が対応できるカリキュラムにはなっていません。 授業の内容が理解できずついていけないお子様もいらっしゃいます。 また、他の習いごとなどがあり、自宅で十分に復習できないお子様もいらっしゃいます。 お子様が浜学園をきちんと活用できているか確認せず、ただ通わせているだけの状態では、成績はのびません。 テスト勉強の方法を見直す 直前の丸暗記の勉強に走っているお子様には、内容を深く理解させる工夫が必要です。 そのことが、長い目でみると成績アップにつながります。 お子様が理解できていない部分をキャッチし、解法を丁寧に説明することで、理解は深まります。 答えを出すプロセスをきちんと理解できるよう意識することが大切です。 時間の限られたテストで結果を出すには、正しい解き方を身につける必要があります。 家庭学習を見直す お子様が浜学園の課題をこなせているか、やりっぱなしになっていないかをチェックすることが必要です。 浜学園で、授業内容を全て理解し、課題をこなせているお子様はほとんどいないといわれています。 しかし、中途半端な状態で進んでいては、受験勉強をする際穴がありすぎて、成績が伸びない可能性があります。 優先順位をつけ、やるべきことを取捨選択し、効率よく家庭学習ができるようサポートすることが大切です。 自己学習がきちんとできるお子様は、受験勉強を本格的に始める時期に、成績が大きく伸びます。 お子様が自己学習を効率よく行えるよう、早めにフォローすることが大切です。 時間の使い方を見直す 浜学園には、複数のコースがあります。 メインのコースである平日コースの他に、週1回のコース、難関校を目指すお子様用の特訓コースなどがあります。 浜学園は授業スピードが早く、復習に力を入れているため、膨大な課題を出す特徴があります。 ついていくためには、自宅でかなり時間を確保する必要があります。 習い事など様々な事情で浜学園のカリキュラムについていけないお子様は、週1回のコースにきりかえ、その分家庭教師をつけるなど、時間の使い方を工夫することで成績を上げることができる可能性があります。 RISU Japan inc.

次の