五 か 年 計画。 中国の五カ年計画

中国の五カ年計画

五 か 年 計画

平成10年5月29日 閣 議 決 定 道路整備緊急措置法(昭和33年法律第34号)第2条第1項に規定する道路整備五箇年計画を次のとおり定める。 1.道路の整備の目標 国民生活の向上と国民経済の健全な発展を図るため、国の経済及び国土総合開発に関する長期計画に即して、日常生活の基盤としての市町村道から国土構造の骨格を形成する高規格幹線道路に至る道路網を、適正な道路空間の確保を図りつつ、計画的に整備することにより、道路交通の安全の確保とその円滑化及び生活環境の改善を図るとともに、参加と連携による国土づくり・地域づくり、輸送の合理化 に寄与し、もって均衡ある国土の発展と活力ある経済・安心できるくらしの実現に資することを今後の道路整備の基本的な方針とする。 これに必要な事業のうち緊急を要するものについて、平成10年度以降五箇年間に地方公共団体の行う単独事業を含めて総額78兆円(調整費5兆円を含む。 )を道路整備に投資するものとし、このうち国が行う道路の整備及び国の負担金その他の経費の交付又は資金の貸付けに係る道路の整備に関し、道路整備五箇年計画として、調整費を充当するものを除き、総額46兆2,000億円に相当する事業を行うものとする。 なお、本計画の実施に当たっては、財政の健全性の確保に留意しつつ、その促進に努めることとし、各種事業の整合性の確保を図り、建設コストの低減、事業の評価等により効果的・効率的な整備 に努める。 また、今後の社会・経済の動向、財政事情等を勘案しつつ、弾力的に本計画の実施を図るとともに、必要に応じ、その見直しにつき検討するものとする。 この計画においては、新たな経済構造実現に向けた支援のための道路整備、活力ある地域づくり・都市づくりの支援のための道路整備、よりよい生活環境の確保のための道路整備及び安心して住める国土の実現のための道路整備を推進するものとする。 これらの道路事業の実施に際しては、技術研究開発の成果を積極的に活用するとともに、環境の保全、土地利用との調和等について十分配慮するものとする。 以上の方針に基づき、計画期間中における道路整備の目標は次のとおりとする。 1 新たな経済構造実現に向けた支援のための道路整備の推進 交流ネットワークの充実のため、高規格幹線道路網について計画期間中に既供用区間を含め約8,600キロメートルの区間を供用するとともに、地域相互の交流促進等のため、地域高規格道路の整備を推進する。 また、経済構造改革の推進に寄与するため、空港、港湾等との連絡強化を図るための道路の整備、車両の大型化に対応した橋梁の補強等による物流対策及び中心市街地の活性化に資する道路の整備を推進する。 さらに、高度情報通信社会の構築に向け、光ファイバーの収容空間の整備、高度道路交通システム(ITS:Intelligent Transport Systems)に対応した道路の整備等を推進する。 2 活力ある地域づくり・都市づくりの支援のための道路整備の推進 都市圏の安全かつ円滑な交通を確保するため、バイパス・環状道路の整備、連続立体交差事業、共同溝の整備、交通需要マネジメント施策としての駐車場並びにバス路線及び都市モノレール・新交通システム・路面電車に係る道路の整備等による渋滞対策を推進する。 また、都市構造を再編しつつ、快適で活力ある都市を整備するため、都市高速道路、湾岸道路、環状道路等の整備、土地区画整理事業、市街地再開発事業、住宅宅地・公共公益施設等に関連する道路の整備、良好な市街地を形成する道路の整備、電線共同溝の整備による電線類の地中化等を推進する。 さらに、自立的な地域社会の形成を図るため、地域の連携を強化する道路の整備、交通不能区間の解消、奥地等産業開発道路の整備、離島、山村、過疎、半島地域等における道路の整備等を推進する。 3 よりよい生活環境の確保のための道路整備の推進 安全な生活環境を確保するため、歩道、自転車道、駐車場、休憩施設の整備、踏切道の改良等の交通安全対策、高齢者、障害者等の社会参加の機会の増大にも対応した幅の広い歩道等の整備を推進する。 歩道等については、その設置道路延長をおおむね16万2,000キロメートルの水準に引き上げることを目途に整備を推進する。 また、良好な環境創造のため、道路交通に関するエネルギー効率の向上により地球温暖化の防止に資する渋滞対策等を推進するとともに、生態系との共生を図るなど自然環境と調和のとれた道路の整備、生活環境の保全等に資する環境施設帯の整備、道路の緑化、遮音壁の設置、沿道整備事業等を推進する。 4 安心して住める国土の実現のための道路整備の推進 国土の安全と暮らしの安心を確保するため、安全で円滑かつ快適な道路交通の確保と多様な道路機能の向上に資する維持管理の充実等を図るとともに、防災対策、震災対策、避難路の整備、積雪寒冷特別地域における冬期交通の確保を図る事業等を推進し、道路網の管理の充実を図る。 2.道路の整備の事業の量 この計画における道路の整備の事業の量は、次のとおりとする。 1 施策別事業の量 a 新たな経済構造実現に向けた支援のための道路整備の推進.

次の

これからの五年間を真剣に考えてみないかい?~五ヵ年計画の作り方~

五 か 年 計画

プログラム概要の策定 次は願望をもとに、プログラムの洗い出しと、それぞれの取り組み方針を定めていきます。 プログラムの洗い出しは、以下の様な項目を参考に、自分自身に最適な構成を考えます。 01.仕事 02.家庭生活 03.資産 04.健康と体力 05.個人的成長 06.社会や地域 07.精神的成長・心の平穏 ちなみに、私自身のプログラムは以下10項目となりました。 01.プログラムマネジメント 02.作品制作 03.制作環境の整備 04.作曲技術の向上 05.セルフブランディング 06.個人的成長 07.資産管理の高度化 08.健康の増進 09.精神的成長 10.家庭生活の充実 プログラムの項目が決まったら、前回の記事でも書いた通り、それぞれのプログラムについて以下の項目を順番にコミットしていきます。 このノート群がフローチャート内のプログラム概要になるのです。 プログラム概要の STEP5,6でコミットした内容をもとに、習慣と日課を5年間の表に落とし込んでいくのです。 習慣化する事自体が目的であれば、 年に何回、月に何回、週に何回、日に何回、という内容を年表に入れていきましょう。 また、 ゴールを数値化できるなら(例えば合計XX回やる!など)、それぞれの年に達成すべき回数を割り振り、積み上げていきます。 今年はXX回、来年はXX回といった具合にです。 172• 154• 239• 104• 143• 645• 120• 155• 108•

次の

道路整備五箇年計画の進捗状況と今後の取り組み方針

五 か 年 計画

四カ年計画(よんかねんけいかく、Vierjahresplan)は、において計画・実行された。 の第一次四カ年計画は失業の解消とドイツの富国を約したスローガン的なものだったが、の第二次四カ年計画はドイツの国際的自主性の確保とまたそれに伴う戦争に備えて、特に食料と原料を外国に頼ることのないの経済活動(アウタルキー)の確立を目指した。 ナチス政権のNo. しかし軍備充実を図る途上の1939年9月に第二次世界大戦が勃発し、計画はさらに延長されることになったが、次第に軍需省などに主導権を奪われていった。 第一次四カ年計画 [ ] 1933年1月30日にに任命され政権を獲得したは、2月10日の演説で「ドイツ国民よ、我々に4年の歳月を与えよ、しかる後、我々に審判を下せ! 」と訴えた。 ヒトラーは「ドイツは今後、四年間に失業者が600万人から100万人に減少するであろう。 全国民所得は140億マルクから560億マルクに増加するであろう。 自動車生産は4万5000台から25万台に増加するであろう。 ドイツは人類始まって以来の空前の道路を持つことになるであろう。 及び貿易は未曽有の好景気になるであろう。 幾百万の家屋を有する巨大新家族集団地が帝国各地に出現するであろう。 ドイツは一人のの力も借りずして知的覚醒を経験するであろう。 ドイツの新聞はドイツのためにのみ活動するようになるであろう。 」といった公約をドイツ国民に行った。 これをヒトラーは2月1日に国民へのラジオ放送で「四カ年計画」と呼んだ。 この宣言どおり、ドイツの失業率は1937年には完全雇用が達成される状態となり 、自動車生産台数は1936年の段階で30万台を超えていた。 ただしこの時期、ドイツの経済運営において最も影響力を持っていたのは経済大臣兼総裁のであった。 シャハトの方針は戦争準備のためのアウタルキーよりも対米協調による平和的アウタルキーであり、急激な軍拡を怖れていた。 しかしこの方針は「あらゆる公的な雇用創出措置助成は、ドイツ民族の再武装化にとって必要か否かという観点から判断されるべきであり、この考えが、何時でも何処でも、中心にされねばならない」「すべてを国防軍へということが、今後4~5年間の至上原則であるべきだ」と考えるヒトラーとは相容れないものであった。 また1936年の夏頃には外貨不足と食糧不足によって、ドイツ経済は失速する危機を迎えていた。 第二次四カ年計画 [ ] 1936年8月、ヒトラーは第二次四カ年計画の覚書の作成を開始した。 そして9月9日のにおいて第二次四カ年計画が発表された。 こちらが一般に四カ年計画と呼ばれるものである。 四カ年計画覚書の中でヒトラーは「経済の課題はドイツ民族が自己主張できるようにすること」「ドイツ経済は以降4年間のうちに戦争に耐えうる経済になっていなければならない」「は四年間で戦場に投入可能なレベルになっていなければならない」と書いている。 ・原料生産・貿易統制を推進して自給自足経済の確立を目指す内容そのものであった。 ヒトラーはこの四カ年計画の全権責任者にはおよび政府のNo. 2であるを据えた。 ゲーリングは12月17日の演説で「政治の必要に応じて採算を無視した生産を行わねばならない。 どのくらい費用がかかってもかまわない。 戦争に勝利すれば十分に償いがつくからだ。 」と語り 、ドイツの外国資源への依存を減らし、自給自足経済の確立を急いだ。 以降、1936年から1942年にかけて、ゲーリングはドイツ経済の独裁者とも言える存在になった。 四カ年計画庁による設備投資はドイツ全体の設備投資の50%に達し、1936年から1942年にかけて同様の状態であった。 このため非採算的な、、の生産拡充が行われ 、また軍備支出を大幅に増やしていった。 結果、国家負債は激増し、国民の生活水準の成長率も半減したが、戦争経済体制の構築は進んだ。 この四カ年計画において実質的な実権者はゲーリングと親密な関係にあったの()であった。 計画の役員もIG・ファルベンの社員で占められていた。 そのため計画の全投資の三分の二はIG・ファルベンに割り当てられている。 1938年からは実質的にIG・ファルベン計画となっていた。 1939年1月には軍備費の増大に反対したシャハトらが完全に失脚し、ドイツの軍事経済化は一層進展していった。 四カ年計画は個別においては注目すべき成果もあったが、現実を無視して設定されていたため、全体目標は達せられなかった。 本来ならば多様であるべき生産領域は輸出の制限から更に縮小させてしまった。 軍備増強による国民経済の歪みはナチ党政権が巧妙に国民の目から隠した。 1942年3月、軍需大臣にが就任し、戦争経済は大きく転換されることになった。 特ににおける敗北以降、戦争経済は軍需省を中心としたものに改編されていき、四カ年計画庁の影響力も低下した。 ただしゲーリングは戦争末期まで全権の地位を保ち、計画自体は存続した形となっている。 参考文献 [ ]• リチャード・オウヴァリー著、永井清彦監訳、秀岡尚子訳『ヒトラーと第三帝国』()• 阿部良男著『ヒトラー全記録 20645日の軌跡』(柏書房)• 編 『ファシズムと第二次大戦 世界の歴史15』(、1975年)• 「 」 『信州大学経済学論集』第16号、信州大学経済学部、1980年、 pp. 61-79、。 「 」 『立教経済学研究』58 4 、立教大学、2005年、 pp. 23-43、。 「 」 『金沢大学経済学部論集』26 2 、金沢大学経済学部、2006年、 pp. 57-90、。 中村一浩「 」 『北星学園大学経済学部北星論集』第31号、北星学園大学、1994年、 pp. 1-25,154、。 出典 [ ]• 『ヒトラー全記録 20645日の軌跡』324ページ• , p. , p. , pp. , pp. , pp. リチャード・オウヴァリー著『ヒトラーと第三帝国』(河出書房新社)58ページ• , pp.

次の