創価 墓。 創価学会

質問!ITmedia

創価 墓

概要 [ ] ソメイヨシノ・フジザクラ・八重桜など約8000本を植樹、毎年4月中旬から下旬にかけて開花する。 造成工事に伴い懸念された土砂崩れ対策で設けた集水池は園内の景観と馴染む様にされ「熱原の池」と名付けられた。 熱原の池は周囲の自然から野鳥を飛来させる目的があり、1987年から渡り鳥のが居付き、繁殖していることでから注目されている。 また、熱原の池には自然風景を展望できる橋梁が景観を重視して建設されている。 橋の名称は創価学会のに因んで「池田大橋」と名付けられた。 公園内には富士山が見え法事会も行える「富士見亭 白雲」がある。 は桜に囲まれるである。 は創価学会の理念に従い、の観を基に全て同形状。 は休園日・休園期間を除いて毎日行なわれている。 開園時間 - 9時 - 17時• 休園日 - 火曜日(お盆・お彼岸・祝日を除く)• 休園期間 - 12月28日 - 1月4日(ただし、1月1日及び2日は入園可) 納骨堂 [ ] 約五万基の墓苑は完成前に全て埋まり、2017年現在墓所の募集は行われていない。 創価学会会員の墓苑事業は全国展開しているがまだまだ不足している為、が設けられている。 富士桜自然多宝納骨堂 [ ] 納骨堂施設の使用は創価学会会員またはその家族から受け付ける。 予約申込みを行い、募集大網が決まり次第、正式な申込みを行なえる。 納骨施設 - ファミリーL型(7寸骨壺4個収蔵可)、ファミリーS型(7寸骨壺2個収蔵可)• 使用期間 - 35年間 富士桜常楽納骨堂 [ ] 永久に遺骨を収蔵する施設。 納骨は骨壷に収めたまま、管理者が行なう。 納骨の申し込みは創価学会富士桜自然墓地公園事務局と具体的な相談で決まる。 参拝 - 納骨堂内の焼香室• 法要 - 墓苑礼拝堂 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

創価学会のお墓と納骨

創価 墓

創価学会には、墓地公園の霊園と長期収容型納骨堂、永久収容納骨堂の3つの納骨と供養の施設があります。 墓地公園は13ヶ所、長期収容型納骨堂は6ヶ所、永久収容納骨堂は15ヶ所がり、いずれも東日本から沖縄まで全国に展開されています。 墓地公園タイプの霊園は個人墓が中心で、長期収容型納骨堂と永久収容納骨堂が一般的にいわれる永代供養のための納骨施設と考えてよいでしょう。 というのは、創価学会では他のお寺や霊園のような一般的な永代供養の仕組みがないためです。 永代にわたって供養する永代供養は創価学会の原点です 永代にわたって供養するというのは創価学会にとっては当然のことなのです。 創価学会では個人墓でも納骨堂でも学会員が永代にわたって供養するという考えが、その教えにあるためなのです。 それは、墓地公園も長期収容型納骨堂も永久収納納骨堂も基本的に学会員のためのものである、という位置付けからも理解できます。 創価学会の長期収容型の納骨堂での永代供養は20万円からです 長期収容型納骨堂は、安置する骨壷のサイズなどによって納骨料が変わってきます。 20万円から30万円の設定です。 この長期収容型納骨堂では20年間、安置されて、その後は永久収納納骨堂に安置されることになります。 安置室は個別のロッカータイプで法要は遺骨に対面して行うこともできます。 創価学会の永代供養は学会員もしくはその家族が申し込みます 一方、永久収納納骨堂は、名称とおり永久に遺骨を収蔵する施設です。 石碑の下にある納骨室の棚に遺骨を安置するもので、納骨後は、遺骨の引き取りや改葬、分骨はできません。 また遺骨に対面した法要ではなくて、礼拝室で法要することになります。 以上の創価学会の永代供養を見てきましたが、基本的に学会員が対象です。 ただ、学会員やその家族の申し込みであれば、学会員に限らないとしていますので、問い合わせてみるとよいでしょう。

次の

創価学会のお墓

創価 墓

目次はこちら• 創価学会とは 創価学会とは仏教系(日蓮・法華)の新興宗教です。 新宗教の中で最も信者が多く、宗教団体としての影響力も強いと言われています。 創価学会に大量の会員が入会したのは、高度経済成長がはじまった1950年代半ば以降であり、1960年代、70年代が最盛期だと言われています。 現在の会員数は非公開で827万世帯と公称していますが、実際に活動している現役の会員はもっと少なく、その 多くは二世や三世の会員です。 創価学会の葬儀は少し特殊で友人葬とも呼ばれ、僧侶を呼ばず執り行う事で有名です。 創価学会の墓苑 創価学会の墓苑は3種類あります。 墓地公園と納骨堂(長期収蔵・常楽)の3つで、墓石の大きさやデザインは仏教の平等観から同じものを使う風習となっています。 いずれの施設に納骨する場合にも必ず法要があります。 これらの墓苑は、 創価学会の会員のための墓苑です。 創価学会のお墓は、厚めの台石に低くて幅の広い石が乗せられ、洋型のに近い形状をしています。 竿石には上部に「妙法」、その下に故人の名前や家名が掘られる形式が多くあります。 墓誌には一般的なお墓と同様に、水鉢と線香立てが設置されています。 そして墓誌の手前側には、創価学会のシンボルマークである八葉蓮華が、エンブレムのようにつけられています。 また、墓誌の両側には花立がついています。 他にも、風を避けるために水鉢の下に線香立てがあるタイプのお墓では、両側の花立の下に八葉蓮華が掲げられていることがあるなど、墓苑によっても若干の差があるようです。 創価学会の墓地公園 創価学会の墓地公園は基本的に全国共通した設計をされています。 全面芝生の公園で、墓地公園にあるお墓はどれも同じデザイン、同じ大きさの白みかげ石を使用したものとなっています。 墓地公園への納骨の費用は、一般公開されていませんが、墓石がおよそ40万円から90万円、他に永代使用料を合計して 約100万円程度が必要と言われています。 墓地公園の中でも戸田記念墓地公園(北海道)の桜は地元でも名所となっており、8000本を超える桜に囲まれ創価学会の会員には人気です。 創価学会の長期収蔵納骨堂 納骨堂は墓に墓石や永代供養が安く済みます。 長期収蔵型納骨堂は お骨の保存期間が20年間となっている場合が多く、20年後にお骨が永久収蔵納骨室に移動され、永久に供養、保存される仕組みとなっています。 納骨の費用は、20万円から30万円程度と金額が違い、納骨堂によっては5万円程度の寄付といった形をとっている場所もあるようです。 創価学会の常楽納骨堂 常楽納骨堂は長期収蔵型納骨堂と違い、納骨後、一定期間でお骨が移動されることもなく 保存期間は永久となっています。 注意したいのは、納骨した後の改葬や引き取り、分骨ができません。 常楽納骨堂での納骨の費用ですが、こちらも20万円から30万円程度と金額が違い、納骨堂によっては5万円程度の寄付といった形をとっている場所もあるようです。 納骨堂というお墓の考え方 納骨堂はお墓ではないという考え方もあります。 お墓でない理由として、昔は納骨堂と言えば遺骨の一時的な預かり場所という意味でした。 現在では、 長い期間に渡って遺骨を管理・供養してくれる施設(お墓)という考え方に変化しています。 納骨堂は主に建物内にあり、ロッカー形式、仏壇形式、墓石形式などその形式は実に様々です。 特に都心などのスペースが限られた地域において、そのニーズは年々高まっていると言えるかもしれません。 年間管理費を支払続けるかぎり、永代で遺骨の安置が可能なところは一般的なお墓と同様です。 全ての費用を前納する永代供養墓との違いは、年間を支払いの単位としているところが多いのが特徴です。 創価学会のお墓参り 創価学会にはお墓参りという風習は基本的にありません。 創価学会のお墓参りは、学会員が自宅の本尊前で勤行や唱題をすることで功徳を得、それを毎日故人やご先祖が成仏できるように捧げ、常彼岸としています。 そのため、お盆やお彼岸という風習は無く、特定の時期にお参りに出掛けるというような決まりはありません。 また、創価学会のお墓は全国の都道府県にありませんから、 最寄りの会館で法要という形で代用する事も出来ます。 また、一般的な仏花ではなく樒(しきみ)をお供えするのが創価学会の風習となっています。 まとめ.

次の