スロット 販売台数。 2018年スロット年間販売台数

北斗の拳 (パチスロ)

スロット 販売台数

アバックヨだ。 先週一週間のパチンコニュースを振り返るぞ。 2018年12月第2週のパチンコニュースまとめ 2018年度のパチンコ年間販売台数(見込み) 2018年 パチンコの年間販売台数は 133. 4万台(昨年144. 5万台・前年差11. 1万台減)。 パチンコの設置台数は275万台(警察庁発表値)なので、回転率は0. 49回転。 その昔、1回転の時代があったんですってよ? 気になる各メーカーの販売台数ですが・・・ベスト3だけ。 3位 三洋系(16. 8万台) アグネス・BLACKと大海4系が販売台数を稼ぎ、今年も「三洋は海!」でした。 4万台) シリーズ機が大半なんですが、実績コンテンツを他メーカーより多く抱えている蓄積の差ですね。 その意味と重みを理解しているのかなぁ・・・(と大きなお世話 AKB48-3の着地は蓋を開けて見ないと判りませんが、順位が入れ替わる事はないと思います。 1位 三共系(21. 旧規則機のストックを一番多く保有しながら、設定付きパチンコ第一弾の座もしっかりゲット。 SAKYOは設定付き新規則機もしっかり1発目でリリースしているし、65%規制撤廃後第1弾もヱヴァあたりで他社に先駆けてリリースしそう。 三洋は、JAPAN2が適合しなかった影響で、バージョン機ではない新機種の海をリリースできなかった影響が大だったか。 とはいえ、数年前ならこれらのトップメーカーは1機種でこれくらいの台数を販売していたことを考えると、順位が上位のメーカーでも利益をしっかりと上げられているかどうかは微妙なところ。 下位のメーカーならより・・・ 2018年度のスロット年間販売台数(見込み) 2018年 スロットの年間販売台数は 36. 4万台(昨年 78. 2万台・41. 8万台減)。 スロットの設置台数は168. 7万台(警察庁発表値)なので、回転率は0. 22回転。 前倒し認定取得状況から昨年の段階である程度予想されていた事ですが、6号機供給の遅れもあり、想定以上に・・・という感じです。 ここ10年の最低を記録。 気になる各メーカーの販売台数ベスト3は、 3位 ユニバ系(4. 0万台) 何だかんだ5. 9号機ハーデスは1. 5万台完売しそうなので、4万台はクリアの見込み。 ・・・ですが、サミー系が3. 9万台で4位に付けており、ディスクアップの増台が情報より多く行なわれていたら入れ替わる可能性があります。 2位 オリンピア(5. 3万台) 今年は1万台超えが9タイトルしかありませんが、オリンピアはルパン系で2タイトル。 世界解剖は残念な結果に終わりましたが、TYから逆算すれば、続く爽快感より終わる焦燥感の方が上回る事は想像できたハズなので、多台数導入したホールは単に見立てが甘いんだと思います。 4万台) 6号機第一弾の「HEY!鏡」をあのタイミングで登場させられたのはやっぱり底力を感じます。 同時に、『6号機とどう向き合うべきなのか?』 を実例で示唆したという点でも大きな意義がありました。 引用元: 様 スロットは前年比50%以上の減。 もはやスロット開発だけではやっていけないといえる状況だろう。 来年は、旧規則機の全台入替需要があるので、台数は必然的に増えるだろうが、現時点ではパチンコよりもさらに厳しい状況なのは間違いないだろう。 九州の店がすごく多い!• 法人としてはダイナムの多さが目立つ。 (都心にいるとまったく感じない・・・)• マルハンは1店舗もない。 個人的に感じたのはこんなところだ。 高稼働ホールランキングと比較すると面白いな。 — サンタクロース🐼大熊猫 鹵 pandanamu 今年は、ホール側・メーカー側ともに、「ネット社会による拡散」というものを、企業として強く意識しないといけないということを思い知らされる事件が多かったな。 現実として、「突っ込みどころの多い業界」であるのは事実なので、他業種よりもはるかに高い危機管理が必要だろうし、そこに対応できない企業は今後どんどん厳しくなっていくだろうな。 5%16R確 2160 小当RUSH 32. 5%6R確 810 次回 35. 演出面で凄いことをやっていることを期待しよう・・・.

次の

パチスロ・スロット・メーカー別実機

スロット 販売台数

パチンコ台販売台数4位~10位 第10位 CR不二子2~Lupin The End~ 10位は平和から登場した 『CR不二子2~Lupin The End~』です。 2017年11月に発売となり、 販売台数は35,000台になります。 ルパン三世のシリーズで 峰不二子が主役になっているパチンコ機です。 2017年10月に発売となり、 36,000台販売となりました。 エヴァンゲリオンシリーズの第12弾となるパチンコ機です。 「エヴァパト」を始めとし、 「初号機ギミック」「タイマーギミック」「エヴァハンド」など多くのギミックが搭載されています。 2017年6月に発売となり、 販売台数は37,000台でした。 リングは藤商事の人気シリーズで、2017年でデビュー10周年となりました。 異次元サプライズ演出の 「呪縛最恐の刻」では、 等身大の貞子が出現すると言う事で注目が集まりました。 2017年9月に発売となり、 販売台数は45,000台でした。 「アグネス・ラム」とタイアップとなった大海遊パチシリーズの第4弾です。 「ラグーンステージ」「アトランティスステージ」「トレジャーステージ」と演出が異なるステージがあり、好きなものを待機中や変動中に選択できます。 2017年12月発売となり、 販売台数は77,000台になります。 右打ち中の大当りの出玉が全て2,000発獲得できる16R確変大当りとなるスペックが人気となりました。 演出においては 「極大星梅鉢役物」「真・大太刀役物」「真・皆朱槍役物」「真・桜花役物」など多くの役物が搭載されています。 2017年11月に発売となり、 販売台数は78,000台になります。 CR大海物語のシーリズ第4弾となる機種です。 新デバイス 「ビッグバイブ」と、新ステージ 「クリスタルステージ」が搭載されました。 大当り中の音楽は、8代目ミスマリンちゃんが登場する 「全力アソビヨリ! 4 確変率:55% 確変システム:次回まで 時短システム:通常大当り後100回 大当り出玉:70 ~ 1890個 ラウンド:2or12or15 カウント:9 第4位 CRぱちんこ必殺仕事人Vシリーズ 4位は京楽産業.から登場した 『CRぱちんこ必殺仕事人Vシリーズ』です。 2017年5月に発売となり、 販売台数は80,000台になります。 ぱちんこ必殺仕事人シリーズの第5弾となる機種です。 3画面液晶「Feel Vision」と、 重低音と音圧が効いている「リアルスピーカー」、演出の 期待度を高める「激震剣デバイス」を搭載した新枠になっています。 「斬RUSH」では 「斬」を獲得するたびに 「斬アタッカー」が開放し、次回大当りまでの間も出玉の獲得が期待できます。 2 確変率:60% 確変システム:次回まで 時短システム:通常大当り後100回 大当り出玉:約90 ~ 1370個 ラウンド:15 カウント:7 パチンコ台販売台数ベスト3 第3位 CR牙狼GOLDSTORM翔 3位はサンセイアールアンドディから登場した 『CR牙狼GOLDSTORM翔』です。 2017年7月に発売となり、 販売台数は84,000台になります。 牙狼シリーズの第7弾として登場しました。 放映されたTVシリーズ 「牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔」がモチーフとなっています。 牙狼新専用枠 「金翔」が採用されていて、迫力ある本体です。 2017年4月に発売となり、 販売台数は95,000台となりました。 ぱちんこ北斗の拳シリーズの第7弾として登場しました。 右打ち中のバトル勝利時の出玉は、 全て約2,400発獲得となるスペックになっています。 メイン液晶と一体化して演出するロゴギミック 「ロゴVISION」「百裂VISION」「拳王軍エンブレム」にも注目が集まりました。 2017年5月に発売となり、 販売台数は118,000台となりました。 もう1人のマリンちゃん 「アイマリン」が登場しました。 新キャラクターのアイマリンは、オリジナル楽曲、ミュージックビデオを様々なクリエーターと多くのユーザーが 「共創」しており話題となりました。 9 確変率:100% 確変システム:~5回転 時短システム:大当り後25or50or100回 ST含む 大当り出玉:約528 ~ 1408個 ラウンド:6or16 カウント:8 2017パチンコ販売台数ランキングまとめ 2017年パチンコ台の販売台数ランキングベスト10を紹介させて頂きました。 10位 平和 CR不二子2~Lupin The End~• 9位 ビスティ CRヱヴァンゲリヲン2018年モデル• 8位 藤商事 CRリング 終焉の刻• 7位 三洋物産 CRA大海物語スペシャルWithアグネス・ラムSAP13• 6位 ニューギン CR真・花の慶次2• 5位 三洋物産 CR大海物語4• 4位 京楽産業. CRぱちんこ必殺仕事人Vシリーズ• 3位 サンセイアールアンドディ CR牙狼GOLDSTORM翔• 2位 サミー ぱちんこCR北斗の拳7転生• 1位 三洋物産 CRAスーパー海物語in沖縄4シリーズ 三洋物産の海シリーズが人気を誇り、3機種がランクインしています。 1位のCRAスーパー海物語in沖縄4シリーズが唯一10万台突破となりました。 今後は新シリーズの機種が出る事に期待したいと思います。 また、1位の海は甘デジで爆発力のある北斗を抑えています。 大量に獲得できる台より、甘デジの方が人気があるというのに、パチンコのユーザーの好みが変わりつつあるような感じがしました。

次の

パチンコパチスロ新台噂情報2020|新機種 6号機 導入日

スロット 販売台数

com』へご訪問頂きまして誠にありがとうございます。 『スロット解析. com』はパチンコスロット業界で店舗管理をしているサイト管理人が運営しているサイトです。 このページではスロット新台6号機の「 沖ドキ2 」の ・基本スペック ・機械割 ・ゲームフロー ・導入日 などの解析情報ページへのリンクを見やすいように一覧表にまとめて掲載しています。 基本情報 機種名 沖ドキ2-30 メーカー アクロス 導入日 2020年5月11日 販売台数 約35,000台 仕様 6号機AT タイプ 疑似Bタイプ 純増 約4. 0G コイン単価 約2. 6円 TY 確認中 ユニバーサルからバジリスク絆2に続き、6月で認定期限が切れる中毒者製造機【沖ドキ】の後継機が登場! 6号機の為初代沖ドキにはかなわないであろうが、現在公表されているスペック通りであれば6号機の中ではかなり優秀なスペックであり、現状のスロット稼働を考えるとホール側としては是が非でも欲しい機械である。 このスペックだと…う~ん 沖ドキ!2-30 天井 沖ドキ! 9 97. 0 98. 2 101. 7 103. 3 105. 2 107.

次の