アメリカ インフルエンザ 死者 数。 アメリカでインフルエンザ感染が拡大 入院患者は21万人、死者は12,000人

アメリカのインフルエンザの過去死者数と感染者数がかなりヤバい事実

アメリカ インフルエンザ 死者 数

アメリカでインフルエンザ死者1万人超えと話題なので米国CDCのインフルエンザ統計ページを紹介します。 米でインフルエンザ猛威 死者数1万人超え 米国でインフルエンザが猛威を振るっている。 米疾病対策センター(CDC)によると 2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、 死者数は1万人を超えた。 現在のアメリカにおけるインフルエンザの流行度合いを調べることができるサイトは次の通りです。 アメリカのインフルエンザ死亡統計 アメリカのCDC Centers for Disease Control and Prevention =疾病管理予防センター こちらの以下のページでインフルエンザの各種統計があります。 肺炎が含まれているのは、新型コロナウイルスとは無関係です。 インフルエンザそのものが直接的な原因ではないが、その影響を受けて肺炎になったようなケースをインフルエンザ統計から外すと実態把握に不都合が生じるため、同じ表で両方の死亡者数を出しているのです。 上記表は2020年の1~3週のデータ(データ更新により数字は増減があり得る)。 報道にある「2019-2020シーズンは死者1万人を超える予想」というのは、インフルエンザによる死亡者数を指しています。 毎週約200人が53週、と考えると分かると思います。 「総死亡数」はおそらく過去1年間の合計です。 完了率はおそらく報告の進捗率でしょう。 2019-2020シーズンもインフルエンザ死者1万人超えは確実 上記ページを見ると、2019-2020シーズンが始まったのは2019年の第40週からです。 2019-2020シーズンの統計は継続中です。 報道は「2019~20年」なので、日本とは対象期間がずれていることに注意です。 2019-2020シーズンもインフルエンザ死者1万人超えは確実でしょう。 以上 Nathannate.

次の

アメリカでインフルエンザ死者1万人超えの統計ページ

アメリカ インフルエンザ 死者 数

アメリカでのインフルエンザによる今シーズンの死亡者数は1万2000人を超えた(写真:AP Photo/LM Otero) 2月1日までの1週間だけで罹病者数は400万人増え、今シーズンの罹病者は合計で2200万人。 これは、今世界を震撼させているコロナウイルス肺炎の話だと思われるだろうか。 いや、そうではない。 実は聞き慣れた病気、「インフルエンザ」のアメリカでの現状である。 アメリカでは、1月半ばになって急にインフルエンザが猛威を振るい始めた。 コロナウイルス肺炎の死者が1000人を超えたことでわれわれはパニックに陥っているのだが、アメリカ国内ではその10数倍もの人々が昨秋からインフルエンザによって亡くなっているのだ。 新奇な病気に目を奪われているうちに、足をすくわれたような寒気がしないだろうか。 死亡者数は1万2000~3万人と推定 アメリカ疾病対策センター(CDC)は、昨年10月1日以降2月1日までの間に、アメリカ国内で合計2200万~3100万人がインフルエンザにかかり、来院は1000万~1500万件、入院件数は21万~37万人、死亡者は1万2000~3万人となったと推定している。 数に開きがあるのは、「インフルエンザでは、罹病ケースを完全に監視することは不可能なため」という。 聞き慣れた病気だし予防接種もあるではないかと、インフルエンザは軽く見過ごされがちだ。 だが、CDCでは、アメリカでは例年1万2000~5万6000人がインフルエンザで死亡するとしている。 2017年〜2018年シーズンは悪夢のようなインフルエンザ流行に襲われ、何と6万1000人もの死者が出た。 場合によっては、コロナウイルス肺炎よりも注意を要する病気と言える。 ニューヨーク・タイムズ紙は1月上旬から、「今シーズンのインフルエンザシーズンは悲惨になる可能性があるとCDCが警告」とする記事を掲載していた。 インフルエンザ感染者が増え始めたのは昨年11月末と、例年になく非常に早かった。 当初はテキサス州やジョージア州など南部を中心に感染者が増えていたが、その後カリフォルニア州で猛威を振るった。 が、東部で感染者が爆発的に増えたのは今年に入ってからだという。

次の

アメリカのインフルエンザの過去死者数と感染者数がかなりヤバい事実

アメリカ インフルエンザ 死者 数

CDC は、「主要な指標によるインフルエンザウイルスの活動性は依然として高いが、第6週(2月9日から2月15日)に引き続き低下している。 全般的な重症度を追跡する指標(入院ケースと死亡ケース)はゆるやかな状態から低い状態だが、入院率は年齢によって異なり、小児および若年成人の入院率が高い状態である」と分析しています。 検査で確認された小児および成人のインフルエンザ関連入院を監視している によると、2019年10月1日から2020年2月22日の間に確認された患者数は累計15,319人。 FluSurv-NET は、18歳未満の小児(2003~2004年のインフルエンザシーズン以来)と成人(2005年~2006年のインフルエンザシーズン以来)を対象に人口ベースの監視を行っており、新興感染症プログラム(Emerging Infections Program:EIP)に参加している10州(CA、CO、CT、GA、MD、MN、NM、NY、OR、およびTN)とインフルエンザ入院監視プロジェクト(Influenza Hospitalization Surveillance Project:IHSP)州の70以上の郡が含まれています。 この15,319人の内訳は次のとおりです。 インフルエンザ A:10,439(68. 7人で、「」と発表されています。 人口10万人あたりの累計入院率は次のとおりです。 0~4歳:80. 1 5~17歳:20. 6 18~49歳:28. 6 50~64歳:69. 1 65歳以上:132. 0 は、インフルエンザは感染している人が咳やくしゃみをしたりするとウイルスが飛散し、周囲にいる人はウイルスが含まれた空気を吸うことで感染する飛沫感染で広がると考えられていることから、感染予防に次のような予防策を推奨しています。 生後6か月以上の場合はを受ける• 病気の人との密接な接触を避ける• 手を頻繁に洗う• 咳をする際は口をおおう• 病気のときは外出を控える• 病原体に感染することを避けるため、手で目・鼻・口をさわらないようにする• 自宅や学校、職場で、頻繁に触れられている表面や物体を清潔にして消毒する(特に病気の人がいる場合) CDC では、65歳以上、妊婦、出産後2週間以内の女性、2歳未満の幼児、特定の持病のある人など、について掲載しています。

次の