関 さん マイクロ チップ。 【お笑い】【悲報】Mr.都市伝説の関暁夫、マイクロチップを2枚入れていることを暴露され怒る

関暁夫がブチギレした理由はマイクロチップの件?動画ナメやがってが話題!

関 さん マイクロ チップ

------------------------------ 本来 怒りというものは、 自分自身の利益に反することをされた場合に怒りに繋がります。 それ以外は喜びとかになるので なので暁夫さんにとって 「2つ目のマイクロチップ」をバラされた事は、 都合の悪い物と考えられます では、 ダークサイド側の 考えを考えてみます NWOの思想を持ち、チップの導入は好都合ましてやマスメディアでここまで広告塔になる人間は好印象なはず。 そして現段階では加入しているんだと... ということは 「チップを埋め込むことは利益につながるので怒る理由は無い」 チップ導入はいずれ果たされる目的そして普及していきたい なので、チップを入れましたよね?で暁夫さんがダークサイド側の考えがよぎった場合 「そうなんですよ!ですがまだこれを話す段階に来ていないので... 肉体から抜けないのかな? 暁夫さんはほぼすべての動画・LINEライブ・単独イベで高次の意識を高めろと口酸っぱく言っています ですがやりすぎのTVというメディアではそんなに言わないんです 言ったことあったっけ? というか言えないんでしょうな メタルギアのオセロットみたいなもんですね ということは、 「2つ目のマイクロチップを入れた」というのは、 光側?というか一般人向けの不利益になるため、 怒りに繋がったというふうに考えられます これで怒った理由がわかりました。 では なぜ(ナメやがって... )このワードなんでしょうか? ここに繋がるまでの工程や他人の発言がキーになります --------------------------------------------- 並木さん「関さんもう一つマイクロチップ入れましたよね?」 小島さん「え?一個入ってたけど?」 的場さん「また入れたの!?」 ・・・ 暁夫さん「おれ・・・ほんとに馬鹿かって・・・ふざけたことを・・・それは絶対言っちゃいけないことですよ・・・」 ジュニアさん「なんで怒ってんの?なんでなんで?」 暁夫さん「ナメやがって・・・」 --------------------------------------------- 的場さんの「また入れたの!?」これが中々圧力的な言い方でした笑 この言葉でスイッチが入りましたね笑 僕個人の予想です --------------------------------------------- 並木さん「関さんもう一つマイクロチップ入れましたよね?」 ここで暁夫さんアッと言っていますが、表情から怒りは読み取れないので、「そうですよ!」とか恐らく肯定的なことを言おうと思考が働いていると思われます。 この時点ではまだ表向き&ダークサイドの立場の思考 小島さん「え?一個入ってたけど?」 的場さん「また入れたの!?」 ここでちょっとニコっと笑顔が出ます。 この暁夫ヒーロー説を唱えるには、 この 「ナメやがって」が重要です それまでの「おれ~言っちゃいけない」だと、この説に繋がりが出てこないんですね 「ナメやがって」このワードが、怒りと共に出てきたということは 2つ目のマイクロチップを入れた事を広められる事、それが舐められていること そして 闇側では怒る必要はないので、怒る理由とすれば、 チップの普及は、無暗にテレビでの情報拡散は不要なので、怒りに繋がったという説が浮かんできます ただ、これが台本やカンペの指示の線も拭えないのはあります マツコさんとジュニアさんがカンペを見ている視線があるので ただこれは「並木さんチップの話題を」とかだと思うんですがね 台本で二つ目のチップの話で怒ってくださいっていうディレクションをするかなぁ 関さんの怒りの表情とそこまでの流れを考えると、やはり本当にお怒りだったんじゃないかな? 現場裏のスタッフの笑って場を何とかしようというゲラの声も入ってたので笑 どっちにしてもこれだとダークサイドに加担はしているので、ネットの一部で関暁夫は悪だ!!とかそういう人もいますね ただ、自分の利益だけ考えている方なのならば、わざわざ日本人に暗号メッセージを点で投げたりしないと思いますがね。 僕は プラス絶対に 神格化しろなんて言わないです。 奴隷化が狙いなのに笑 そういうアンチは、自分で理解できなくてただ怒ってるだけなんだと思いますよ。 あの、ヤンキーがガリ勉にムカつくのと一緒で笑 我々はロジカルにスピリチュアルにユーモアを持っていきましょね!笑 ------------------------------ 【HUS】都市伝説の情報から現在の社会を考察し語りつくしてお互いに高め合うサークルになります。 一人一人が考え盲目的にならず行動するを目標。 サークルメンバーにはいつでも有料記事を読めるようにしています。 【現在のメンバー数13名】【月額¥500】.

次の

都市伝説の番組で関さんが体にマイクロチップを埋め込んでこれか...

関 さん マイクロ チップ

------------------------------ 本来 怒りというものは、 自分自身の利益に反することをされた場合に怒りに繋がります。 それ以外は喜びとかになるので なので暁夫さんにとって 「2つ目のマイクロチップ」をバラされた事は、 都合の悪い物と考えられます では、 ダークサイド側の 考えを考えてみます NWOの思想を持ち、チップの導入は好都合ましてやマスメディアでここまで広告塔になる人間は好印象なはず。 そして現段階では加入しているんだと... ということは 「チップを埋め込むことは利益につながるので怒る理由は無い」 チップ導入はいずれ果たされる目的そして普及していきたい なので、チップを入れましたよね?で暁夫さんがダークサイド側の考えがよぎった場合 「そうなんですよ!ですがまだこれを話す段階に来ていないので... 肉体から抜けないのかな? 暁夫さんはほぼすべての動画・LINEライブ・単独イベで高次の意識を高めろと口酸っぱく言っています ですがやりすぎのTVというメディアではそんなに言わないんです 言ったことあったっけ? というか言えないんでしょうな メタルギアのオセロットみたいなもんですね ということは、 「2つ目のマイクロチップを入れた」というのは、 光側?というか一般人向けの不利益になるため、 怒りに繋がったというふうに考えられます これで怒った理由がわかりました。 では なぜ(ナメやがって... )このワードなんでしょうか? ここに繋がるまでの工程や他人の発言がキーになります --------------------------------------------- 並木さん「関さんもう一つマイクロチップ入れましたよね?」 小島さん「え?一個入ってたけど?」 的場さん「また入れたの!?」 ・・・ 暁夫さん「おれ・・・ほんとに馬鹿かって・・・ふざけたことを・・・それは絶対言っちゃいけないことですよ・・・」 ジュニアさん「なんで怒ってんの?なんでなんで?」 暁夫さん「ナメやがって・・・」 --------------------------------------------- 的場さんの「また入れたの!?」これが中々圧力的な言い方でした笑 この言葉でスイッチが入りましたね笑 僕個人の予想です --------------------------------------------- 並木さん「関さんもう一つマイクロチップ入れましたよね?」 ここで暁夫さんアッと言っていますが、表情から怒りは読み取れないので、「そうですよ!」とか恐らく肯定的なことを言おうと思考が働いていると思われます。 この時点ではまだ表向き&ダークサイドの立場の思考 小島さん「え?一個入ってたけど?」 的場さん「また入れたの!?」 ここでちょっとニコっと笑顔が出ます。 この暁夫ヒーロー説を唱えるには、 この 「ナメやがって」が重要です それまでの「おれ~言っちゃいけない」だと、この説に繋がりが出てこないんですね 「ナメやがって」このワードが、怒りと共に出てきたということは 2つ目のマイクロチップを入れた事を広められる事、それが舐められていること そして 闇側では怒る必要はないので、怒る理由とすれば、 チップの普及は、無暗にテレビでの情報拡散は不要なので、怒りに繋がったという説が浮かんできます ただ、これが台本やカンペの指示の線も拭えないのはあります マツコさんとジュニアさんがカンペを見ている視線があるので ただこれは「並木さんチップの話題を」とかだと思うんですがね 台本で二つ目のチップの話で怒ってくださいっていうディレクションをするかなぁ 関さんの怒りの表情とそこまでの流れを考えると、やはり本当にお怒りだったんじゃないかな? 現場裏のスタッフの笑って場を何とかしようというゲラの声も入ってたので笑 どっちにしてもこれだとダークサイドに加担はしているので、ネットの一部で関暁夫は悪だ!!とかそういう人もいますね ただ、自分の利益だけ考えている方なのならば、わざわざ日本人に暗号メッセージを点で投げたりしないと思いますがね。 僕は プラス絶対に 神格化しろなんて言わないです。 奴隷化が狙いなのに笑 そういうアンチは、自分で理解できなくてただ怒ってるだけなんだと思いますよ。 あの、ヤンキーがガリ勉にムカつくのと一緒で笑 我々はロジカルにスピリチュアルにユーモアを持っていきましょね!笑 ------------------------------ 【HUS】都市伝説の情報から現在の社会を考察し語りつくしてお互いに高め合うサークルになります。 一人一人が考え盲目的にならず行動するを目標。 サークルメンバーにはいつでも有料記事を読めるようにしています。 【現在のメンバー数13名】【月額¥500】.

次の

関さんがマイクロチップ入れてますがあれって何の役に立つ、何の為に入れ...

関 さん マイクロ チップ

前半はマイクロチップを全見せしてくれるMr. 都市伝説 関暁夫さん 前半からいきなり、マイクロチップを見せてくれる展開になっていきます。 指の音の回数が6回になったMr. 都市伝説 関暁夫さん 実は 【Mr. 都市伝説 関暁夫】天の道 一の音の動画では 10回叩いていた机が 6回になっています。 考察されていた方が何名かいましたが、どの考察も予測とは違っていましたね。 ここの回数は後々、わかってくるのかもしれません。 今の所は回数が10回と6回になったくらいの事実しかわからないです。 ですが、よくよく見ると 3回目で 「これを」と言っていますね。 マイクロチップの袋を開けながら未来の話 マイクロチップが入っている袋を開けながら、画面に文字が流れていきます。 「2026年に向けて点で考えるな 線で考えろwww」 と書いています。 2026年と言えば、 「サクラダ・ファミリアの完成」「イタリア・ミラノで冬季五輪の開催」などがビックイベントであります。 サクラダ・ファミリアの完成は関さんが昔から言ってますよね。 全てが分かると。 あの有名な世界計画の暴露の話を聞くと 2026年は戦争がもしかしたら起きる年になるかもしれないという考察もあります。 長い目で今をみましょうということでもありますね。 「同時にオフラインで情報を守らねければならない時代」 とも言っています。 またもや出てきたある組織のロゴマーク 前回の動画でも出てきて、記事でも取り上げたロゴが出てきました。 前回はよくわからなかったのですが、遂にわかりました。 これは 関暁夫さんが所属しているスウェーデンの組織です。 組織の目的は「 バイオニフィケンとは、人間の進化の追求をし、新しい価値観をテクノロジーとの融合により確立する組織のことを言います。 」 BioNyfikenのフェイスブックページが たくさんのプラットフォームが出てきましたが、 次は人間の体がプラットフォームになるとのことです。 マイクロチップを思いっきり見せる関暁夫さん 実際に注射器からマイクロチップを取り出して見せる関暁夫さん。 マイクロチップの針が太すぎて痛そうだなと思いました。 ただ、このマイクロチップは先ほど出てきたスウェーデンの一部の人やアメリカの一部企業の 人たちは埋め込んでいてPCのログインや自販機や券売機での切符購入時、オフィスの開け閉めもできるようになっているそうです。 28歳のウルリカ・セルシング(Ulrika Celsing)さんのマイクロチップは彼女の手に埋め込まれているが、ジムの会員カードと会社のカードキーの代わりになっている。 もしかしら今のサワニ騒動であり得そうなことを発言している 中盤からマイクロチップがどうなるのかを主に説明してくれています。 マイクロチップはそんなに焦って入れる必要はない。 「入れるタイミングがきたらこっちから合図出すから」と関暁夫さんは言っていました。 ということは もう入れることが確定している未来になっているのでしょう。 スタッフの方も 「まだ、入れるタイミングではないのですかね?」という問いに 「まだ」と答えています。 まだ、入れなくても大丈夫なのでしょう。 マイクロチップが恐ろしく進化している。 「これ言っていいのかな?」と関暁夫さんが言いつつ出したのが 薄い紙のようなシート型のマイクロチップ もう、あの小型の細いタイ米みたいなマイクロチップを入れずに新しいものが出ているのがわかります。 あそこまで薄いとパッと見では元から分かりづらいのもさらに分かりづらくなりますね。 マイクロチップの最も恐れていた形に変化する 「結局はね、液状になっちゃうわけ」と関暁夫さんが言います。 液状のマイクロチップに将来的になる。 液状のマイクロチップになったらなんでもありですよね。 病院で点滴されたら。 注射されたら。 どこでも忍び込ませれるチップになります。 今回の新型肺炎が広まって、ワクチンができた中にチップが埋め込まれたら。 もう、全てが管理社会。 そして、一緒に歩まなければならなくなります いきなり、元パイロットの話が出てくる。 「戦前はね、、、」と話だす、元パイロットの人 僕が一番気になるのが右上の194212という数字 ここは後に何かしらで出てくるでしょう。 単純に計算してもダメな数字なので何かの暗号化だと思います。 もう何言ってるかわからない関暁夫さん 「全ての基盤は本だからね」と関暁夫さんは言います。 確かに言う通りで割と本を買わないとスムースに理解していくのは難しいかもしれません。 最後の方では最新型マイクロチップの登場 後半でびっくりするマイクロチップが出てきます。 もう見えないマイクロチップが登場 「ほらね、もう見えなんだって」という関暁夫さん もう本当に全く見えないマイクロチップが登場する ここまで見えないと入れても全く違和感はないのでしょう。 これも液と一緒でどこでも入れることができますね。 もしかしたらすでに入ってるのかもしれないですね。 「脳みそもバージョンアップされるからね」と関暁夫さんが言います 後頭部に入れるような仕草をして上記のような発言をすると言うことは この見えないマイクロチップは頭に入れることが前提なのでしょう。 最後には「人として」とのメッセージ 最後にはメッセージが送られています。 最後にフラッシュでいくつか文字が流れますが、ちょっと難しいので割愛していきます。 分かり次第載せていきます。 全てを理解するためにまず大事なこと 関さんは 「まずは本を見ることから初めてください。 」と言っていました。 確かに本を見ると納得する部分がたくさんあります。 皆さんも理解するために本を見てみてください。 本を買うのは無駄と考えがちですが、読まないと損をしてしまうこともあります。 あらゆる著名人が人生をかけて書き上げた本を1000円以下で購入できて、今後のことを予測することができるなら。 多くの知識を蓄えることができるのなら、 かなりお得なかなと思います。

次の