と ある 男 が 授業 を し て みた 英語。 中学校の英語授業で使える、先生のための英語表現集

中学校の英語授業で使える、先生のための英語表現集

と ある 男 が 授業 を し て みた 英語

先日、子供達が算数検定を受けてきました。 2人とも学齢より上のものを受けるので 自宅で先取り学習をやっているとどうしても抜ける部分が出てくるのです。 そこで思い出したのがしばらく前に見つけたこのサイト 小学校3年から6年までの算数、 中学1~3年の数学、英語、理科、歴史の授業動画がびっしりです。 お一人で千本以上の動画を作られて 無料で公開されています。 例えば小学5年生の算数は10分前後の動画が61本、 計算も図形も教科書の内容がほぼ網羅されています。 授業をされている葉一さんは元々塾の先生をなさっていたそうで 覚えるコツなどもいろいろ教えて下さっていて とてもわかりやすい授業になっています。 許可をいただいたので参考に動画を載せさせて頂きます。 小学校5年生の割合と百分率の授業です。 以前は数検を受けるために抜けている部分は 自宅で教科書を6年生の分まで一式購入し、 私が直接教えていたのですが、時間もかかるし中々進みませんでした。 この動画があればそういうのがほとんどいらない。 つかカーチャン授業がいらない!なんて楽ちんなんだ!! 子供達も面白い、わかりやすいとすごく気に入っています。 以前紹介させていただいたeboard もとてもわかりやすく子供達も気に入って勉強していたのですが 小学校算数は計算だけなのでどうしても試験を受けると知らない部分が 出てきてしまっていました。 しかしいーぼーどは1年生の算数からありますし、高校の内容まで幅広く カーンアカデミーやTEDの翻訳動画などもどんどん増えているようです。 学ぶ楽しさ、概念の理解には素晴らしい内容です。 今回、小3の娘は算数検定8級(小学4年内容)、 小1の息子は7級(5年内容)を受けてきました。 息子はほぼ5年生の内容は理解していたので抜けがないか ざっと動画を見て確認し、過去問に取り組んだので心配なく受験。 娘の方は一応チャレンジを一学年上のものをやっていますが なにせまだ1学期が終わるところで半分もやっていません。 一週間で60本ほどの動画をひとつずつ自分で問題を解きながら 詰め込みで一気にやりました。 分からないところは少しフォローしましたが 声掛けで始めるところまで持っていけばほとんど自力で勉強していました。 まだ受けたばかりで結果は出ていませんが 2人とも自己採点では合否ラインは超えていました。 動画授業のいいところは「とある男が授業をしてみた」も「いーぼーど」も わかるまで何度も見ることが出来ること。 途中で止めて問題を自分で解いてみたり、戻ったりしています。 学校の授業でわからないところがあっても授業はどんどん進んで行きます。 自分一人がわかるまで学校の先生が教えてくれることはあまりないでしょう。 特に算数は階段のように積み重ねで理解していくものですから 途中につまづきがあれば先もわからないまま授業を受けなくてはなりません。 ちんぷんかんぷんの授業を毎日受けるのは苦痛です。 勉強の面白さはやはり「わかること」から始まると思います。 このような動画授業があれば、個々の子供達のわかるところまで戻り、 そこから一歩ずつ理解を進めていくことが出来ます。 「わかる」が増えれば学ぶことの楽しさが見えてくる。 子供達はみんなそれぞれ学ぶスピードは違っていると思います。 まして発達障害があり興味の偏りや発達に凸凹が大きいと 早いにしろ遅いにしろ、学習スピードは周りとかなり違ってくることもあります。 タイプにもよるでしょうが、紙のプリントよりは音と映像の動画の方が 子供の興味は惹きつけられやすく、理解しやすいと思います。 好き嫌いや興味によって集中力の差が激しい場合も多いと思います。 うちの子供達も興味が持てないことはさっぱり動きません。 なので、いかに面白く興味を引かせて勉強につなげるかが勝負だったりします。 他にもアプリやゲームや学習まんがなど色んなものも使っていますが こういう動画授業は本当にすごく助かります。 時々、先生のペットのかわいいハムスターが動画に登場し 子供達はすごい盛り上がっていましたw 先生のお顔も時々ちらっと見えるのですが 娘が「イケメン見えた!」って喜んでいます。 先生が娘の好みのタイプのようですw まぁ、不純な動機でしょうが動画を見て勉強するモチベーションの一つに なっているようでそれはそれでいいかなと^^; 数検が終わったあと、娘がいつものように学校の宿題や チャレンジを やりながら 「なんか前よりすっごい簡単になった」と言っていました。 一週間少し無理して詰め込んだ結果、 今までめんどくせーと思っていた算数の勉強がずいぶんと楽になり すいすいできる分、楽しくなったようです。 特に面倒だった筆算が暗算で出来るものが多くなったのも 先取りの効果だったようです。 息子は6年生の動画もとっとと見終わって中学の動画に進んでいます。 娘も動画を毎日少しずつ続けています。 次は11月の算数検定で一つ上の級を目指してがんばるそうです。 葉一さんの授業が参考書になって2016年7月に発売されました!.

次の

英語教育に物申す!「こんな授業をして!」高校生の不満と提案|高校生新聞オンライン|高校生活と進路選択を応援するお役立ちメディア

と ある 男 が 授業 を し て みた 英語

In order to ask your teacher whether or not you have a class, you can say: Do we have a class today? This is the simplest way of asking if you and your teacher will participate in a class, that is why the word 'we' is used. You can also ask: Will you be teaching me today? This is the same as asking if there will be a class. But this focuses more on the teacher teaching you. It has the same meaning but implies that possible you may have another class with a different teacher instead so you want to check. I hope that helps! Do we have a class today? is an informal way of checking whether or not a lesson will be taking place and at what time. in session - to be in session. This means that a group of people will be meeting for a conference or class. For example, this is an example message that a school or teacher can send to students when class is canceled: Dear students, Please be aware that due to impending weather conditions, class will not be in session this coming Tuesday. Normal school activities will resume on Wednesday. Stay inside, stay safe, and stay warm! 例えば、以下は学校や先生が授業がキャンセルになったときに生徒に送る例文です。 Dear students, 生徒各位 Please be aware that due to impending weather conditions, class will not be in session this coming Tuesday. 今後の天候状況のため、今週火曜の授業は休講となります。 Normal school activities will resume on Wednesday. Stay inside, stay safe, and stay warm! 通常授業は、水曜より再開します。 暖かくして、安全に屋内待機をしましょう。 Teachers are usually highly reliable and if they should be a few minutes late, there is probably a very good reason for that. If after a few minutes you do not receive a call, any of the above example sentences should encourage a response - if the teacher is present. When you ask the teacher 'do we have a lesson today? ' it is a very safe question because sometimes maybe you got the time wrong and there is no lesson, or maybe the teacher cancelled some time ago and it is still not reflecting on your side. This way if the teacher replies 'no we do not have a class, I cancelled' then you can say 'okay, thank you, see you next time'. When you ask 'will you be showing up for class today? ' you are VERY sure there is a class and you want to ask the teacher if she can make it to that class. Rather use the first question, it is more polite. 先生に 'do we have a lesson today? ' (今日レッスンはありますか?)と聞くことはとても良い質問です。 なぜならばあなたが時間を間違えている、レッスンがないかもしれませんし、先生が少し前にレッスンをキャンセルしたけど、まだそれがあなた側で反映されていないかもしれないからです。 又次回お会いしましょう と言うことが出来ます。 'will you be showing up for class today? ' (今日は授業ですよね?)と尋ねる場合は、今日は授業があることが間違いないと思っていて、先生が授業に出れるかどうかを尋ねたいと思っています。 この質問は、あなたが授業があることを100%正しいと既に確信しているので、危険を伴う質問です。 最初の質問を使った方が良いです。 こちらの方がより丁寧です。 If it already past the the time that the teacher was supposed to call you to start the lesson, then it means that the teacher is late for some odd reason. It could be that the teacher has had internet connection problems, or, he has missed the class alerts and has therefore been unable to call you when the lesson time came. Don't we have a class today? or It appears you are late for the lesson teacher. Will you be coming to class at all today? レッスンを始めるために先生があなたに電話をかけなければならない時間を過ぎている場合、先生は妙な理由で遅刻したということです。 先生はインターネット接続の問題があったのかもしれません。 またはクラスの待機を逃してレッスンの時間になってもあなたに電話をかけることができなかったのかもしれません。 Don't we have a class today? Will you be coming to class at all today? 今日はクラスに少しでも来るのですか?.

次の

とある男が授業をしてみた

と ある 男 が 授業 を し て みた 英語

また、「授業料」や「授業参観」など関連用語や、「国語」や「数学」などの授業科目の英語も確認しましょう。 目次: 1-1.英語の「class」で「授業」を表現 1-2.英語の「lecture」で「授業」を表現 1-3.英語の「course」で「授業」を表現 1-4.英語の「lesson」で「授業」を表現 2-1.「授業を受ける」は英語で? 2-2.「授業に行く/出席する」は英語で? 2-3.「授業を休む/欠席する」は英語で? 2-4.「授業をさぼる」は英語で? 2-5.「授業をする」は英語で? 2-6.「授業にお遅れる」は英語で? 2-7.「授業が始まる」は英語で? 1.色々ある!「授業」の英語 「授業」の英語は、どんな授業なのかによって単語を使い分ける必要があります。 よく使う「授業」の基本表現を確認しましょう。 1-1.英語の「class」で「授業」を表現 「class」(クラス)は大学や高校、それ以外の学校など一般的な「授業」に幅広く使える表現です。 「class」は、「授業」以外にも「学級」や「級」など幅広い意味があります。 1-2.英語の「lecture」で「授業」を表現 「lecture」(レクチャー)は、基本的には大学などの高いレベルの授業に使われる表現です。 日本語では「講義」と訳す場合が多いです。 1-3.英語の「course」で「授業」を表現 「course」(コース)は、複数の授業を継続して受ける時に使う表現です。 大学の授業も1回の授業を指す場合は「lecture」で、継続して毎週受けるコース全般のことについて話す場合は「course」を使います。 1-4.英語の「lesson」で「授業」を表現 「lesson」(レッスン)は、英会話やピアノのレッスンなど個人的な習い事に多く使う表現です。 個人レッスンなどにも使います。 また、授業の中で細かくパートを区切る時にも「lesson」を使います。 2.すぐに役立つ!「授業」を使う英語フレーズ集 「授業を受ける」や「授業をする」など、「授業」を使う様々な英語表現を見てみましょう。 2-1.「授業を受ける」は英語で? 「授業を受ける」は、 「take a class」(テイク・ア・レッスン)です。 「試験を受ける」という場合にも、同じ「take」を使って「take an exam」となります。 2-2.「授業に行く/出席する」は英語で? 「授業に行く」は 「go to a class」です。 「授業に出席する」は、「出席する」という意味の「attend(アテンド)」を使って、 「attend a class」です。 友達同士で気軽に話す場合には、「attend a class」ではなく、「go to a class」を使うことが多いです。 もし、学校にいて、「今日はAさんが授業を休んでいる」など、来ていない人の話しをする場合は「go」ではなく「come」を使います。 【】の記事もご参照ください。 2-4.「授業をさぼる」は英語で? 「授業をさぼる」は、 「cut a class」と 「skip a class」が使えます。 どちらも、友達同士で「授業サボっちゃった」というカジュアルな会話をするときに、ネイティブがよく使うフレーズです。 「class」を「meeting」に代えて「ミーティングをさぼる」など、他の表現でも使えます。 2-5.「授業をする」は英語で? 講師が「授業をする」という場合は、「教える」という意味の「teach」を使って、 「teach a class」です。 その他にも、「与える」という意味の「give」を使った 「give a class」という表現もあります。 2-6.「授業にお遅れる」は英語で? 「~に遅れる」は「be late for ~」で、授業に遅れるは、 「be late for a class」です。 2-7.「授業が始まる」は英語で? 「授業が始まる」の「始まる」は、動詞の 「begin」か 「start」を使います。 「The class start at eight. (その授業は8時に始まる。 )」のように時間や時期、日付などについて言う場合も「begin」や「start」が使えます。 3.「授業科目」の英語表現一覧 学校の授業科目の英語の言い方を確認しましょう。 「国語」:Japanese• 「現代文」:Modern Japanese Language• 「古典」:Classics• 「英語」:English• 「社会」:Social Study• 「現代社会」:Contemporary Society• 「政治」:Policies• 「経済」:Economics• 「倫理」:Ethics• 「理科」:Science• 「化学」:Chemistry• 「地学」:Geology• 「物理」:Physics• 「音楽」:Music• 「美術」:Art• 「図画工作」:Drawing and Craft• 「家庭科」:Home Economics• 「技術」:Technical Course• 「道徳」:Moral Education• 「習字」:Calligraphy• 「総合学習」:Integrated Studies 4.「授業」の関連英語 「授業」の関連表現を確認しましょう。 「英語の授業」:English class• 「授業中に」:during class• 「授業で」:in class• 「体験授業」:trail lesson• 「補習授業」:remedial class• 「observation」は「観察」という意味です。 「授業後」:after class• 「放課後」:after school• 「教科書」:textbook• 「先生」:teacher• 「復習する」:review• 「履修登録」:registration• 授業の進め方や、試験について、成績のつけ方などが書かれています。 大学の「授業料」はtuitionです。 大学では教授が「office hour」を設けていることが多いです。 この時間内であれば、授業についての質問を自由にすることができます。 アメリカでは一般的です。 評価が高い先生が表彰されたり、私立学校では評価が低い先生は契約更新ができない場合があるなど重要な評価です。 「休校」:no class, no lecture まとめ:「授業」の英語は案外使う機会が多い! 「授業」の英語は学校や英会話の授業、留学先などとても幅広い場面で使います。 学校に通っていないし、習い事をしていないという人も、学生時代のことを話す時にも「授業」の表現は使えます。 「授業を受ける」や「授業が始まる」など、「授業」の英語表現は基本的な表現ばかりですし、英検やTOEFLなど英語の資格試験でも出てくる表現なので覚えておきましょう。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の