エクセル シート 再 表示 一括。 エクセルの非表示シートを一括表示

【Excel】シート名のタブが消えたとき、再表示するには

エクセル シート 再 表示 一括

この記事の目次• 非表示で隠れているシートを再表示する方法 それでは始めていきましょう。 「ホーム」タブをクリックして選択する 最初に 「ホーム」タブを クリックして選択しましょう。 「セル」グループの「書式」ボタンをクリックして選択する 「ホーム」タブを選択したら「セル」 グループの 「書式」ボタンをクリック して選択しましょう。 その開いた項目の中から 「シートの再表示」をクリックして 選択してください。 再表示させるシート名をクリックして選択する 「シートの再表示」を選択したら 「再表示」画面が開きます。 その開いた画面の中から 再表示させるシート名をクリックして 選びましょう。 「再表示」画面の「OK」ボタンをクリックして完了! 再表示させるシート名を選択したら 「再表示」画面の 「OK」ボタンを クリックして選択します。 そうすると、非表示で隠れているシートを 再表示することができます。 まとめ• 「ホーム」タブをクリックして選択する• 「セル」グループの「書式」ボタンをクリックして選択する• 項目から「シートの再表示」をクリックして選択する• 再表示させるシート名をクリックして選択する• 「再表示」画面の「OK」ボタンをクリックして完了! お疲れ様でした。 あなたの作業が、手を止めることなく 進められることを心より応援しております。

次の

【エクセル2013】非表示で隠れているシートを再表示する方法

エクセル シート 再 表示 一括

エクセルのシート名を切り出して任意のセルに表示させる これから紹介する方法では、シート名を任意のセルに表示させることができます。 まずは、1つのシートのセルにシート名を表示させてみせます。 シート名を表示させたいセルに、次の関数式を入力。 入力した関数式については、後ほど詳しく解説します。 シート名を全てのシートのセルに一括で表示させる シート名を表示させることができたので、シート名を表示させたいシート全てに一括表示させる方法です。 シート名を表示させる全てのシートを選択します。 そして、シート名を表示させるセルをクリックし、さきほどと同じ関数式を入力します。 シート名を切り出す関数式の解説 シート名を切り出す関数式についての詳しい解説です。 今まで入力してきた関数式の中で最も重要なのが、パス付きのシート名を取得するCELL関数です。 xlsx]シートA』の長さからFIND関数が返す『]』の位置を引くことで、『シートA』の長さが求まることになります。 ちょっとややこしかったですか^^ まとめると、『パス付きのシート名』から赤い下線部分のシート名(シートA)だけを切り出そうとしているわけです。

次の

ワークシートまたはブックの表示と非表示を切り替える

エクセル シート 再 表示 一括

【Excel】非表示列や行の再表示を一括で行う方法 科学に関するメーカーにおいて、データをまとめるときにはよくエクセル(EXcel)を使用します。 Excelを使用しているなかで、「非表示されているセルが多くあり、一つ一つ再表示させていると非常に時間がかかる」という状況に陥っているケースがあります。 このような場面で、シートにおいて再表示を一括で行えたら非常に便利だと思いませんか。 ここでは、エクセルのシートにおいて再表示を一括で行う方法について解説していきます。 ・行が非表示となっている場合に一括で再表示させる方法 ・列が非表示となっている場合に一括で再表示させる方法 というテーマで解説していきます。 行が非表示となっている場合に一括で再表示させる方法 それでは、以下のデータ(架空)を元に、行が非表示となっている部分を再表示させていきましょう。 (当サイトのメインテーマであるに関する「」と「」のデータを得たとします。 ) 行に着目すると、行と行の間が太い線となっている部分があります。 ここが表示されていない非表示行です。 これを一括で再表示させるには、まず再表示させたい行が含まれるように、範囲を選択します。 以下の通りです。 次に右クリックします。 さらに、コマンドが出てくるため、再表示ボタンを選択します。 すると、以下のように非表示行の再表示に成功しました。 とても簡単な方法なので、きちんと理解しておきましょう。 関連記事 列が非表示となっている場合に一括で再表示させる方法 行と同様に列が非表示となっている部分があるときに、一括で再表示させるテクニックを確認していきます。 さきほどとは別のの、、質量、高さ、奥行きがわかっているデータ(架空のデータ)があるとします。 このデータの列の一部が非表示となっているとします。 列が非表示となっている部分を再表示させていきましょう。 列に着目すると、列と列の間が太い線となっている部分があります。 ここが表示されていない非表示列です。 上の例では、CD列とF列が非表示となっています。 これを一括で再表示させるには、まず再表示させたい列が含まれるように、範囲を選択します。 以下の通りです。 次に右クリックします。 さらに、コマンドが出てくるため、再表示ボタンを選択します。 すると、以下のように非表示列の再表示に成功しました。 なお、列と行の両方が非表示となっているようなケースでは、上の列と行の操作を1回ずつ、計2回の再表示手順を踏むことで対応が可能となります。 関連記事.

次の