専修大学 人間科学部。 【2020年最新版】人間学部、人文学部、人間科学部の偏差値ランキング一覧

専修大学

専修大学 人間科学部

専修大学の特徴 専修大学はキャンパスが生田と神田に分かれているのが特徴です。 特に生田キャンパスは登下校に坂を通らなければならず、登校を表す呼び名は「登山」です。 あえて専修大学の立地の長所をあげるならば、生田緑地が大学の裏にあり、自然が豊かで岡本太郎美術館やプラネタリウムもあることです。 それらを魅力に感じるならば、専修大学生田キャンパスでもやっていけるでしょう。 逆にそれらを魅力に感じない人や、坂を上りたくない人にはおすすめしません。 神田キャンパスの学部か、他大学がよいでしょう。 満足していること:ゼミ・研究室 教授がとても人間的に成熟した方で、まさに「師」のような存在です。 普段のゼミでは真面目に議論したり、学ばせていただいたりできています。 たまにイベントとして新歓飲みやBBQなどをやりますが、そういったときにも楽しいだけでなく「学び」があるのがゼミに満足している理由です。 他のゼミがどんな感じか知りませんが、私が所属するゼミは成長していける環境だと感じています。 やはり、大学生たるもの、遊んでばっかりではなく学ぶことや成長も大切にしていきたいです。 新しい建物はきれいだし、設備も良いので気に入ってます。 ほかにも10号館や9号館はトイレもきれいだし、エスカレーターがあるので動きやすいと感じています。 また、9号館は図書館の本館があり、学習スペースというか読書スペースや会議室、ビデオ視聴ブースなどの設備が一通りそろっています。 加えて、同じく9号館には情報端末室があるので、図書館と併用して論文作成に役立っています。 不満に感じていること:授業 教授にもよるのですが、自分語りが多い先生が結構いる印象です。 特に年配の方に多いのですが、授業の内容から頻繁に逸れて過去の思い出話や自慢などを延々と聞かされるケースが結構あります。 その先生に対して人間的に興味があればそれでも問題ないと思いますが、よりによって興味を持てないような先生ばかり自分語りが多いのが悩みです。 ためになる自分語りならいいのですが、そうではないため、しっかりと科目の内容を網羅してほしいと思うばかりです。 気分であっちこっちへ脱線されると学ぶ側としては疲れます。 具体的には、1号館や4号館、5号館、7号館などはボロボロなうえに椅子や机も座りにくいため、それらは早く改善してほしいと思います。 特に地震が来た時のことを考えると、2・3・9・10以外の建物にはあまり近づきたくないです。 やはり、3. 11以降に建てられた建物であるほうが、耐震面では安心かと思います。 以前、2号館か3号館が3. 11によって階段ごと崩れ落ちたのもあって、現状はあまりよろしくないのではと思います。 専修大学のおすすめ学部:人間科学部 心理学科 心理学科は専修大学の中でかなり頭のいい人が多いといううわさを聞きます。 内容はより科学的で、実験のための設備など、他学部と比べてお金がかけられている印象です。 実験には動物などもかかわってくるので、動物が苦手でなければかなり真面目に学べる学部だと思います。 専修大学に通って良かった?• 大学:専修大学 人間科学部• 状況:大学卒業後、1年以内• 性別:女性• 専修大学以外にも2~3校、合格したのですが、専修大学を選びました。 理由は2つです。 1つ目は、専修大… 学んでいること 専修大学人間科学部では、心理学科に所属して心理学を専門的に学びました。 専修大学は基礎実験の授業に大変力を入れており、1年生の頃からその授業は始まります。 基礎実験の授業に… 満足している点 専修大学人間科学部心理学科には、教員が約14名在籍しています。 それぞれの先生たちは専門の分野が別々に分かれており、多岐にわたる分野の授業を受けられます。 またどの先生もそ… 不満に感じている点 専修大学の校舎と敷地は非常に広いです。 校舎までは最寄りの駅から近くて徒歩15分はかかります。 一番遠い校舎だと、最寄りの駅から徒歩30分近くかかります。 大学:専修大学 人間科学部• 状況:現在大学に通っている 大学2年生• 性別:男性• そのために、統計の勉強をしたり実際に実験を行ったりしています。 統計の授業で… 満足している点 キャンパスの周りには緑があふれており、自然の中で学ぶような感覚です。 キャンパスの近くには生田緑地という場所があり、空き時間にそこを散歩することでリフレッシュすることがで… 不満に感じている点 大学が山の上にあるので、最寄り駅である向ヶ丘遊園駅から歩いて15分ほどかかることを不満に感じています。 大学:専修大学 人間科学部 社会学科• 状況:現在大学に通っている 大学1年生• 性別:女性• この授業では、そもそも社会学とはどんな学問なのか、どんな学者がどう関わりどう考察してきた… 満足している点 私は受講していませんが、1年生から公務員試験対策講座が開講されています。 1年生から公務員対策講座が開かれているのは専修大学と東京大学の2校だけということもあって、合格率… 不満に感じている点 基本的に、学生のレベルは高いとは言えません。 授業中も大半が寝ているか内職をしています。 食堂は馬鹿騒ぎする学生のせいで落ち着いてご飯も食べられません。 大学:専修大学 人間科学部 社会学科• 状況:大学卒業後、2年以内• 性別:女性• 私は社会学部に所属していたものの、大学では広い教養を身につけたいという思いがあり、必須科目以外の教養科目… 不満に感じている点 専修大学は神奈川県にあります。 入学して初めてキャンパスに赴くまで知りませんでした。 東京都からは小田急線で30分弱、そこから歩いてさらに30分ほどかかります。 バスもあるに… おすすめ学部:人間科学部 社会学科 自分が所属していた学部です。 心理学部が他の大学でも根強い人気ですが、社会学とは、集団の心理によって成り立つものです。

次の

学科紹介|専修大学

専修大学 人間科学部

働き手の興味関心、能力、価値観などを引き出し、個人のキャリア形成を支援 「キャリア」とは何でしょうか。 本来、経歴、経験、職業を指す言葉ですが、最近では、「個人の人生や生き方そのもの」を指す言葉として世間で広く使われています。 キャリアカウンセラーとは、就職や転職、職場でのスキルアップを考えている人に対して、適性や職業経験に応じて職業設計を行い、これに合った職業選択や能力開発を支援するキャリアの専門家です。 働き方の多様化、年功序列から成果主義への移行など、「仕事」をめぐる情勢は近年大きく変化しています。 自らの職業観や人生観に基づいて自分自身でキャリアを形成していく時代になったと言われていますが、それは簡単なことではありません。 そこで必要とされるのがキャリアカウンセラーです。 2016年にキャリアコンサルタント国家資格が誕生し、今後ますます活躍が期待される職種です。 企業の人事や教育機関、公的職業支援機関、人材派遣・人材紹介会社など、活躍の場はさまざまあります。 キャリアカウンセリングを行う企業に就職するか、キャリアコンサルタント国家資格などの資格を取得後に教育機関や公的職業支援機関に所属するのが、キャリアカウンセラーになる第一歩です。 学部の特色 人間を科学的、実証的に理解し、心と社会に生まれる様々な現象のメカニズムを解明し、主体的に社会を支え活動できる、高度な専門性を備えた人材を養成していきます。 心理学科 心の仕組みを実験や観察によって確かめる基礎心理学と、カウンセリングなどの実践に取り組む臨床心理学をバランスよく学びます。 カウンセリング実習や心理アセスメント実習の他、動物実験や神経細胞の電気的な記録まで、実践的な研究が可能です。 さらに、学生数は専任教員1人当たり約5名と、徹底した少人数教育をベースに、心理学の研究方法や専門的なスキル、また、卒業論文の研究・執筆まで、一人ひとりにじっくり時間をかけて指導します。 社会学科 社会を多面的にとらえ、社会に対して働きかけることができる人材の育成を目標に、幅広い専門科目群から将来の進路を想定して学ぶために3つの系を用意。 メディア・文化・社会学理論に関心のある学生のための『文化・システム』系、家族、高齢者など人の生活に注目する『生活・福祉』系、「地域社会変動」をコア科目とし「環境・災害・コミュニティ」など日本の地域の変動に注目する『地域・エリアスタディーズ』系です。

次の

学部紹介|専修大学

専修大学 人間科学部

人間の身体に作用する「心」を科学的・実証的に分析する「心理学」、社会における人間相互の関係について研究し、実証的に明らかにする「社会学」。 本学部では、この2つの循環的な学問を探求し、人間を取り巻く諸課題を解決へと導きます。 【キャンパス】生田キャンパス 【学生数】878名(2019年5月1日現在) 【専任教員数】30名(2019年5月1日現在) 【大学院】文学研究科/日本語日本文学専攻(修士課程/博士後期課程)、英語英米文学専攻(修士課程/博士後期課程)、哲学専攻(修士課程/博士後期課程)、歴史学専攻(修士課程/博士後期課程)、地理学専攻(修士課程/博士後期課程)、社会学専攻(修士課程/博士後期課程)、心理学専攻(修士課程/博士後期課程) 本学部は、心の研究を中心とする「心理学科」と、集団生活やその環境を研究する「社会学科」によって構成されています。 本学部では「人間」を「心」と「社会」の両面から探究します。 大きく分けると、「人間」は「身体」と「心」と「社会」でできています。 「心理学」では心という見えない存在に科学的・実証的に迫ります。 さらにそこで得られた知見をもとに、心のトラブルへの対処など、臨床的な実践につなげます。 さらに、人間は家族や学校あるいは職場などの社会集団なしに生きていくことはできません。 「社会学」では社会の中で生きる人間や人間相互の関係について研究し、社会的現実を実証的に明らかにしていきます。 さまざまな「心」を持った「人間」によって「社会」は構成されており、また、それぞれの「人間」は「社会」の中でしか生きていくことはできません。 人間をめぐる循環的な関係に心理学と社会学は位置しているのです。 閉じる 基礎心理と臨床心理をバランスよく学び臨床心理士として活躍する 心理学には大きく2つの分野があります。 心のしくみを実験や観察によって確かめる基礎心理学と、カウンセリングなどの実践に取り組む臨床心理学。 本学科では双方をバランスよく、より幅広い領域を学べるよう専任の教員スタッフ14人の陣容で教育を行い、専用の実験・実習室などの設備も充実しています。 この恵まれた環境によって、学生の興味・関心が喚起され、じっくり取り組める研究と出会うことができるはずです。 例えば、流行はなぜ起こるのか、あるいは人はなぜ人に共感できるのか。 日常から感じる疑問を実験や調査からデータ処理し、レポートや論文にまとめる。 こうした過程から人の心への理解を深め、社会でより良い人間関係づくりに役立てられる力を育てたいと考えています。 本学科では専用のコンピュータ約70台が自由に利用できます。 データ処理の方法やレポートの書き方など、分からないことがあれば何でも相談してください。 閉じる 社会に抱いた疑問は、自らフィールドへ出て解決策を探求する 人々の生活の場を対象に、そこに生きている人の意識や、社会の中でつくられ、社会に働きかける人の姿を学ぶのが社会学の基本です。 自分が立てた問いに対して、現場で聴き取り調査を行い、その声から仲間と議論を行い、独自の解を導いていきます。 フィールドワークを通して、社会は同質ではないことに気付き、自らも多様な社会の一員であることを認識するでしょう。 本学科は、専門科目数・専任教員数ともに社会学系学科を持つ大学のなかでも屈指の規模です。 幅広い専門科目群から将来の進路を想定して学ぶために3つの系を用意しました。 それぞれの系はゆるやかにつながり合っているため、学生は他の系に視野や関心を広げ、得た知識を自分の専門領域にフィードバックして研究を深めることができます。 社会を多面的に捉え、社会に対して働きかけることのできる人材育成が本学科の目標です。 閉じる アドミッションポリシー 人間科学部は、卒業認定・学位授与の方針および教育課程編成・実施の方針に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能、能力、態度を備えた人を求めます。 (2)高等学校に至るまでの履修内容のうち、「国語」と「英語」において、聞く・話す・読む・書く、という基礎的な能力を身に着けており、併せて、「数学(II、B)」の基礎知識に基づいて数理的分析を行い、その結果から事象を論理的に考察する思考を身につけている。 (3)人間性の理解をめざし、人間の意識や行動、それをもたらす精神活動や心理的機能について学ぼうとする強い意志を持っている。 (4)心理学と関連する、生理学・精神医学・人文科学・自然科学・社会科学等の専門分野に対して広く関心をもっている。 (5)心理学のさまざまな領域で蓄積されてきた研究成果や理論の修得、及び、実証科学としての心理学の研究方法について実習を通して体得し、卒業後は、社会に役立つ人材として活躍する強い意欲を持っている。 (2)高等学校までの履修内容のうち、「国語」と「英語」の両方において、聞く・話す・読む・書く、という基礎的なコミュニケーション能力を身につけている。 (3)高等学校までの履修内容のうち、科学的思考力の基礎として「数学(I、A、B)」において、確率・統計にかかわる知識を身につけている。 (4)高等学校までの履修内容のうち、「地理歴史(世界史・地理・日本史)」において、グローバル化する現代社会の多様性とその歴史的前提を理解するために必要な知識を身につけている。 (5)社会への寄与を念頭に、そのために社会学を学び、その高度な専門性を応用したいという意欲がある。 (6)必要な知識を身につけるための講義・実習・演習に最後まで取り組むことができる。 閉じる.

次の